診療日のお知らせ  治療院紹介

今度の診療日は
1月14日(木)15日(金)16日(土)です。


吉田鍼灸指圧治療院
0986−23−8531
※現在指圧は行っておりません。

クリックすると元のサイズで表示します
0

世界はフィクション  社会

私の文章は私が子供の頃から見ているビジョンについて記載されています。そのビジョンは人々の嘘、騙しです。表に見えている事象の裏が透けて見えるのです。人間界はフィクションで出来ています。そのベースには自然という完璧に機械的に動くシステムがあります。機械的な自然システムは何故存在するのかはいまだわかりません。その中で人間はフィクションを創り出しその中で生き延びてきています。現在、そのフィクションに綻びが出てきたので、新しいフィクションを創造しなければなりません。魔法が解けかけているのです。そして多くの人々はなんとなく恐怖感を覚えています。宗教とか経済システムとか科学のマジックが音を立てて崩れようとしているのです。私たちは何者であるのかという定義が崩れてきているのです。そのため新しいマジックが必要なのです。あらゆる概念の再定義です。もはや宗教も社会主義も資本主義も通用しません。そこで持ち出したのが電子管理的共産主義です。このマジックを創造しているのは支配者です。彼らはマジックが解けると困るのです。真実に気づかれると困る。しかし、長い間支配され続けてきた大衆にはもはや従う以外の経験が無いため、従うという選択肢を選ぶしかないようになっています。そこから出ることが出来ないのです。これは、犬を檻に入れて出口はオープンにして逃げようとすると電気が流れるシステムと同じです。もはや電気を流さなくても犬は檻から逃げることはしないのです。支配者よりも大衆の方が圧倒的多数なのにシステムを創り上げれば、大衆が支配者の目となり相互監視を始めるのです。ですから大衆は会話をしているが何も話していないという状況が生まれるのです。そこには虚無が横たわっています。虚無に飲み込まれないように考える必要があります。この世には深く思考できる人と思考できない人がいます。大衆のほとんどは深く思考できない人で占められています。深く思考できるひとは真実に近づくために思考し続けます。

深く思考出来るか、出来ないかと学歴は全く関係ありません。
9

無用人間  社会

無用人間

全国のインフルエンザ患者報告数 3日までの1週間で「69人」
例年の1000分の1

マスク、手洗い、3密が効果を奏したとのこと。ウイルス干渉であったとしても同じです。

理屈や解釈はいくらでも国や専門家は捻り出します。

今後もマスク、手洗い、3密は続けましょうとのことです。

新しい生活様式に世界は変化しました。

これがこれからの世界です。嫌だろうがなんだろうが、私達は、もう後戻りが出来ないことになりました。

確定です。

あとは電子管理的変態的共産主義(家畜)国家にまっしぐらです。

もう大衆は支配者に一切抵抗することは出来なくなります。

あなたはバーコードのデジタルタトゥーを施され全ての情報は監視されます。

あらゆる書籍は処分されます。
図書館戦争のはじまりです。 

国に異論がある人は全て反社会的行為と見做されます。

家畜として生きるなら生活を保証されるでしょう。

役に立たない人間は無用人間として処分されることになると思います。

おそらく無用人間には多くの知恵(智慧)のある人々が選ばれると思います。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210112/k10012810801000.html
6




AutoPage最新お知らせ