この世は騙しの世界  社会

真実や本質が理解できない人が多いのは、本を読まないからです。

本を読まない人はマスコミやテレビや専門家や政治家に簡単に騙されます。テレビは広く大衆を洗脳する装置であり、ネットは個別に洗脳を深くする装置です。完璧に騙されます。

本を読まず、テレビやネットを信じている人はおそらく取り返しが出来ないくらい脳が汚染されています。その洗脳を解くのはもはや不可能でしょう。

そして大衆は巨大な詐欺に騙されている真っただ中にあります。しかし、それが嘘であることに全く気付きません。

そして気づいたと思っても、騙しは2重3重に施されており、どれが真実か全くわからなくなりそのうち諦めて、騙しの中に埋没していくのです。

そして悟ったような人からこう言われるのです。

”全てを受け入れなさい”と

しかし、真実はその向こう側にあります。そこを超えたところに。

真実に近づくと警報(アラーム)がなり、恐怖感は絶頂を迎えます。そして怖くなり近づくことができません。

これが取り付けられたリミッターです。

実はその恐怖感はイリュージョンのトラップです。

人は真実は知りたくなく、真実を知ると自分を見つめないといけないし、自分の正体がバレるのです。

だから多くの人は真実を逸らし仮想現実の中に生きることを望むのです。

誰も自分の正体を見たくないし知りたくないのです。

実際は目の前に見えているのに盲目のふりをしています。

そうやってこの幻想の世界は逃げ延びて存続してい行きます。



拍手コメントの方へ

そうですね。

豪雪は見たことがありません。大変な思いをされている人々が本当に多く存在していますね。私にできることを日々問いたいと思います。
8




AutoPage最新お知らせ