自律神経の働きD−Aつづき 低気圧 副交感神経優位  医学情報

自律神経の働きD−Aつづき 低気圧 副交感神経優位


低気圧の日には副交感神経優位になります。あまり動く必要が無いので、怪我の恐れはありません。

あるのは、食事の際の飲食内のウイルスや異種タンパク質です。

それに備えるため、白血球のうちのリンパ球が増えています。

副交感神経の伝達物質アセチルコリンのレセプターをリンパ球は持っています。

身体は本当に理にかなった変化を見せます。

自律神経の乱れた人は、高気圧の天気の良い日、ワクワクして活動的にならず、ドキドキしてイライラします。

反対に低気圧の曇天、雨天の日には、ゆったりではなく鬱気味になります。あるいは、血管が拡張し痛みが出ます。

低気圧の極みは台風です。台風が来る前に体調を崩す人は自律神経の乱れている人です。

こういうところからも自律神経の乱れを感じることができます。
4




AutoPage最新お知らせ