今までの私の炎症@〜Fまでの記事の図  医学情報

今までの私の炎症@〜Fまでの記事を読みながらこの図を見てください。

炎症がわかり、現代医学の欺瞞がわかります。

この世界はほとんどすべて嘘です。

鍼灸は本物です。

クリックすると元のサイズで表示します



本間
2020/3/12 23:28
昨日は電話相談ありがとうございました。今日振り込ませていただきました。先生とお話して安心しました。今後ともよろしくお願い申し上げます。本間


本間さん

心配すべきことは、経済の崩壊です。なんとか助け合っていきましょう。
6

炎症E 炎症から治癒へ  医学情報

炎症E
炎症から治癒へ

炎症反応→毛細血管の新生→繊維芽細胞による肉芽組織形成→マクロファージによる異物処理→繊維芽細胞によるコラーゲン注入→瘢痕化治癒

※炎症は病気に関与するが、組織を修復し治癒に至る過程でもある。

ちなみにステロイドは、ホスホリパーゼA2から阻害し、炎症の反応を根元から無かったことにします。

当然、白血球は遊走せず、免疫は抑制され、代謝も上がらず、血管の拡張もせず、痛みは取れます。

しかし、何ら修復がなされることなく、壊れたまま副作用だけが現れ、いずれ破綻します。

緊急時以外は使用しない方が賢明かと思います。

鍼灸は炎症を副作用無しに治癒に導きます。
5




AutoPage最新お知らせ