人間の特徴とストレスH  医学情報



免疫抑制〜自己抗体産生

ストレスで胸腺の萎縮やリンパ球のアポトーシスが起こり、T細胞とB細胞の分化や成熟抑制も起こります。

一方では、胸腺外B細胞(古い免疫系)とB-1細胞は活性化し、自己抗体産生が出現します。

ストレスによる自己組織破壊が強いと自己抗体が出るのです。

ストレスを受けやすい人や紫外線に敏感な色白の人は要注意です。

鍼灸はストレスを和らげます。
5




AutoPage最新お知らせ