人間の特徴とストレスF  医学情報



ミトコンドリアへのストレス

ミトコンドリアの多い細胞は、脳、心臓、筋肉です。

ミトコンドリアの機能は低酸素、低体温で低下します。脳で機能低下が起こればうつ病に、心臓では狭心症、不整脈、心筋梗塞、筋肉では血流障害、腰痛、膝痛が起こります。

筋肉、関節、骨は同じ血管支配を受けているので、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症にもなります。

あまり激しく仕事をしたり、介護で負担があったり、長時間散歩をしすぎると、血流障害が起きてミトコンドリアが悲鳴を上げるのです。

鍼灸は@血流を増加A痛みを止めB炎症を鎮めC神経を整えます。
7
タグ: 鍼灸 自律神経




AutoPage最新お知らせ