糖尿病  医学情報

糖尿病

交感神経が緊張すると体温が低下し、顔色が悪くなり、血糖値が上昇します。

糖尿病はたくさん食べるから起こると考えていると治すことはできません。

交感神経にはαとβがあります。αは大変な血糖値上昇作用があります。

長時間労働が続くと、α刺激が持続し、血糖値が上がります。

血糖値が上がるのは、忙しさに耐えるためです。

無理をして糖尿病になっているのに、薬で抑えたり、無理やり運動させたり、食事制限をしているのでストレスの上塗りとなり、糖尿病は治らない病気となっています。

交感神経緊張で血糖値が上昇することを理解してください。

まずすべきことは、無理な生活を改善することです。

鍼灸は副交感神経を刺激し、インスリンの分泌現象を良くすると考えられています。
4
タグ: 鍼灸 自律神経




AutoPage最新お知らせ