熱  医学情報

多くの免疫系では(TCRとMHCを除く)38度、39度の温度が反応のピークです(最強です)。ですから、私たちが病気になった時に熱が出るのは、免疫反応を高めて早く病気を治そうとする反応なのです。

病気の時に熱を下げると治る機会が遅れます。

しかし、人間の体温にも限界があり、40度までは大丈夫ですが、41度とか42度、43度になると、温度が高すぎます(通常はここまで熱は上がらないようにできています)。

温度が高すぎると細胞の中でエネルギーを作っているミトコンドリアが活性酸素を出してしまい、突然死が起こります。

熱が高すぎる時は、氷などで身体を冷やしましょう。

汗でミネラルを失うので、塩水を多量に飲んでいれば、身体の代謝も良くなり、体液の交換も早く、ウィルスを外に出してしまうことができます。

熱を出して、ミネラルを補給すれば病気は早く治ります。

熱が上がりきらない場合は、鍼灸で熱を発散させることが出来ます。これも早く治る方法です。
8
タグ: 鍼灸




AutoPage最新お知らせ