あなたのマクロファージ  治療院紹介

マクロファージの働きは免疫の司令塔だけではありません。

栄養の処理も行っています。

栄養が過剰になると、そのまま脂肪細胞に引き渡したり、あまりにも栄養が多いと、動脈壁にはりついて泡沫細胞となり動脈硬化となります。

これも悪い働きではなく、栄養過多で血液の汚れを動脈壁に集めて、真ん中を血液が流れるようにするためです。

問題は栄養過剰にあります。この反応は血流不全から身を守るためです。

飢餓状態になるとこのような余分な組織を今度は栄養に変えます。

それで水だけで相当の期間を生きることが出来るのです。

痩せた人が、大食いすると苦しくなります。これはマクロファージの苦しみです。過食により炎症性サイトカインを放出します。

つまり炎症です。過食による炎症反応で苦しむのです。

鍼灸は代謝を高め、炎症を鎮めます。

過食は止めましょう。マクロファージもあなたなのです。

マクロファージの働きは、

リンパ球の誘導

組織修復

栄養処理

過食→炎症(合目的的反応)

鍼灸はこれらすべてに働きかけます。

6




AutoPage最新お知らせ