子供のお手当  医学情報

高熱による赤ちゃん(幼児)のひきつけ、熱性けいれんについて

現代薬を使用せず自然の治癒力でお手当しているのに、熱性けいれんやひきつけなどを起こしたり、元気が無くぐったりしている場合、一番疑われるのは脱水です。

水を与えているのにと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それでは脱水になります。

塩分(自然の塩)が必要です。水だけ飲んでいると汗やおしっこで塩分が排泄され、人間の代謝機能が働かなくなり、高熱状状態からぐったりし、けいれんやひきつけに至ります。

身体の神経伝達の仕組みは細胞膜に在るナトリウム/カリウムポンプとマグネシウム/カルシウムポンプが働かないと正常に働きません。

夏場に水分をしっかり摂っているのに日射病で倒れるのも、塩分不足です。冷え症も塩分不足です。減塩などしてはいけません。それは病気になる方法です。

だからといって医者がすすめる経口補水液などを飲んでいると神経が興奮し破壊され、もっと最悪の自体が想定されます。

自然の塩を摂取させて下さい。みるみるうちに元気になります。

心配しないで下さい。

その後、どうも熱が下がりきらないとかだらだら続くとか、上がったり下がったりするような状態で小児鍼の対象になります。

今の子供達は産まれて来る環境が昔とは違い、体温調節能力が著しく低く、暑さ寒さに非常に弱くなっています。

普段から日光に当てて、薄着を習慣にし、塩分を十分に摂取させて下さい。

もちろん自然の塩です。もうひとつ大切なのはマグネシウムです。こちらも日常的に摂取していると健康になります。にがりです。
8

本質への旅は続く@ 変態の集団いじめ国家(社会)へ対抗せよ  治療院からのメッセージ

本質への旅

巷では自己啓発やスピリチュアルなどが盛んです。この世の閉塞感かから多くの人が救いを求めています。しかし、何ひとつ役に立ちません。それどころかあなたはますます追いこまれていきます。

それは何故か?

あなたが苦しいとします。自己啓発本や心理学の本やスピリチュアルに救いを求めて学びます。そこには成功哲学や精神分析や引き寄せなど、さらに日頃実践すると良いような、良い言葉がたくさん記載されています。

もしあなたが苦しいのなら、そういうことをいくらやっても上手くいかない時は、それらの書籍や行動を全て止めて下さい。

そうしないとあなたは苦しくなるばかりで自己肯定感はますます低くなります。

もし、あなたがそのような本から良い言葉を使う様にとか、良い行動が良い結果をもたらすとか、記載されていてもそれは1mmもあなたの役に立ちません。

実際、あなたが“ありがとう”を一万回唱えようが、それは波動の法則であなたを変えることなど全くありません。それどころかあなたの惨めさをさらに強化するでしょう。現実は何も変わらないからです。

そんな啓発本やスピリチュアルセミナーなど止めた方があなたにとって健全な結果をもたらします。

そんなことをやっているとあなたの精神は分裂してもっと苦しくなります。

何が大切かと言うと、あなたは自分の心に正直になることです。あなたは腹が立っているなら、ばかやろうと言えばいいのです。汚い言葉を使うといけませんと人は言うかもしれません。

その言葉をあなたに言う人は、あなたをコントロールしようとしている人です。何か良い事を言うのだけれど苦しくなる人がいれば、その人から離れて下さい。あなたの精神は破壊されます。
良い事を言う人が最も恐ろしい人であるケースもあります。

あなたが苦しさから抜け出すには、良い行動や良い言葉を使用することではありません。

あなたがあなたと合致していることが重要です。それを咎める善良な人々、親がいるとしたら、それはあなたを人より劣っていると思わせ、自分の支配下に置きたい人です。相手にしてはいけません。徹底的に自分を守るために闘って下さい。

その際、良い言葉など使用する必要はありません。

あなたが悪いのでは無いのです。もし、あなたに出来ないとこがあったとしてもそれは責められるべきものでは無いのです。人は出来る事もあれば出来ないこともあります。

この社会において一般常識的に求められることにおいても、それが法律であっても、それが出来ない場合あなたが罰せられることは実際には理不尽なことです。

出来ないことを努力すれば出来るなどと言う人には警戒して下さい。どう努力しても出来ないことは出来ないのです。出来ない事をする必要はありません。それはあなたの能力が低い事を意味しません。

そういうことを言う人にも出来ない事があり、それを努力しろといって出来ないでしょう。それを出来ないからとその人を責め続ければ、その人も精神的に病んで行きます。これはもはや苛めです。

そいつはバカなんです。そんなことさえ分からず、自分は出来るからとおまえもやれと言う多数決の常識が蔓延して息苦しくなっているのです。

多くの人に思考が存在していないのでこのようなことになるのです。

会社であろうと、学校であろうと、一般社会であろうと善良で健全だと思い込んでいるバカが多数を占めているので、バカげた世の中が展開されていくのです。

汚い言葉は使ってはいけませんなどとしたり顔で言う善良なバカは決して相手にしてはいけません。

対抗するには汚い言葉大いに結構です。すっきりして下さい。自分の尊厳を守って下さい。

あなたは出来る事をすればいいのです。出来ない事を要求する方がおかしいのです。
たとえそれが法律的に要求されていることであってもあなたが出来ないからと罰せられる必要などありません。個人で出来ないのであれば、行政や国がそこまでカバーすべきことなのです。

強制され出来ないから罰するというのは、もはや国家的暴力に過ぎません。そこをカバーしてその人に出来る事をやってもらうということが重要なこと。その人の尊厳は守られます。

大多数の常識など、それは善ではありません。共同圧力、強制です。押しつけて来る側にも出来ない事があるのです。それを棚にあげてあなたにばかり出来ない事を要求されているのです。

この辺が理解できていないので、皆さん洗脳状態にあり思考が存在していないので、多くの人は劣等感や自己否定感から、苦しくなりひきこもりやうつや発達障害、ひいては息苦しさから自殺を選択するような世の中になっているのです。

これが家庭でも学校でも会社でも国でも平然と行われているのが、この国のシステムです。

変態の集団いじめ国家に成り下がっているのです。

あなたはおかしくありません。おかしいと思い込まされているだけです。

僕は相手が誰であろうと、徹底的に闘います。自分を守るために。あなたも自分を大切にして下さい。
17
タグ: 常識 善良




AutoPage最新お知らせ