”死”を考えますか?  社会

死ぬのが恐い。死を前にして、何もかも無駄に思えると相談を受けることがあります。

いずれ死ぬなら生きていても仕方が無いと考えてしまうのです。

人はこの世に誕生し、自我が芽生えた頃に、ふと気づきます。いずれ誰もが死ぬということに。

そして多くの人はその事実に愕然としながら、受け入れるではなく、考えないようにして生きていきます。

考えても答えが無いことは考えないと。しかし、人間の根底にはこの”死”というものは常に恐怖として付きまといます。

思春期は誰もが何故人は死ぬのか?などと悩んだりするのですが、そのうち考えないことにします。

人間とは何か?何故生きているのか?などとずっと考えている人は生きるのが苦しくなります。

”死”は全てを虚しくさせるからです。

死が恐いのはそれが未知のものであると考えているからです。未知への恐れなのです。

国や時代によっては”死”など日常茶飯事の場所もあります。そこでは死の概念はかなり違い、人間の生活の一部となっておりあまり恐れはありません。

私は”死”を考えることはより良き”生”に繋がると思います。誤魔化しているといつまでも脳裏から離れず恐怖感があなたを捉えて離しません。

それが行動の動機となってしまうと幸せ感は刹那的となるでしょう。

死とは”無”に還ることです。”無”は文字通り”無”です。この”無”の境地は誰もが体験しています。

それは母体に宿った時、あるいは着床する前の精子や卵子の時代。

あるいは、毎日の睡眠。熟睡している状態が”死”と同じです。

だけれど熟睡が恐いとは誰も思いません。

”死”は恐いものではありません。それは質の良い睡眠と同じです。

死を恐れるのは、自我です。赤ちゃんは11ヶ月で自我が芽生え、自他を区別しだし、人見知りが始まります。

そして、その後、いろんな情報がインプットされ自我は欲を欲しがり、サバイバルを始めます。

死を恐れているのは、自我であり、生存欲です。欲がなければ”死”は恐くありません。

死が恐いのは、生きて体験する痛みを自我が嫌がるのです。

死は怖いものではありません。それは睡眠と同じです。生はその束の間に観ている”夢”です。朝起きたら”夢”は忘れます。

同じように生まれ変わると、もう忘れているのです。

生とは大海の波のようなものです。波はいずれ崩れて大海へと戻ります。波が波である時はほんの一瞬です。

崩れて海の全体と同化します。

死を恐れて生を楽しめないのは残念なことです。せっかく波になったのであれば、その波を楽しめばいいのです。

いずれ疲れたら死(睡眠)に入ります。

恐れているのは自我(エゴ)です。エゴに人生を支配されていると苦しみしかありません。

抜け出しましょう。自我と自己同一化してはいけません。自我を飼いならし、客観的に眺め観察し見つけ出しましょう。

自我(エゴ)は恐れおののく可愛い奴なのです。
6

THINKER10周年イベント  治療院からのメッセージ

根本原因から探る健康情報サイト
http://www.thinker-family-health.com/

当日、お会いしましょう。


クリックすると元のサイズで表示します


拍手コメントの方へ

人間が本来食べるべきもの〜人類(ヒト)の食性〜 
https://happy.ap.teacup.com/yosimaki/762.html

これが真実です。
3
タグ: 真実 未来 希望

治癒とは  医学情報

※あくまでも個人的感想です。そして私は治療家です。

僕は子供のからの慢性気管支炎(喘息)40数年来苦しんだ。

しかし、完璧に治癒した。もう気配すら無い。喘息の治し方はあります。でもそれは治療家は言ってはいけないのです。

医者に話したところ、お医者様は、喘息が治ることはあり得ないので寛解状態でしょう。治ることはありません。

と笑いながら言われた。

お医者様の仕事は病気を治すことではなく、改善、寛解させてあとは薬物で維持するのが目標です。病気を治すという概念はありません。

辞書のように分厚い、医療診断学、今日の医療指針にも治癒の概念は記載しておらず、大学の医学部でも治癒は学びません。

そもそも治癒は存在しないのが現代医学です。

さて、私の経験では長年の喘息も治癒する時は、一瞬です。

あっけないほどです。治療家としての見解を述べると問題があるので、このような個人的感想しか言えません。

それがこの国のルールです。治る方法を、治療家が発言してはいけません。

もちろん医師もです。医師の場合、標準的治療を行っていますと言えます。

鍼灸師は国家資格にもかかわらず、医療からは外れており、概念としては”医療類似行為”というところに存在します。

”医療類似行為”とはどういう意味でしょう?

ですから医療関係者といった場合。鍼灸師は含まれません。

伝統的医術であるにも関わらず、国家資格で学校では現代医学を学んでいるのに(国家試験の内容はほぼ現代医療)おかしな位置づけなのです。

一昔前は、鍼灸や漢方はれっきとした医療でした。それも何千年というスパンの医療です。いや医術と言いなおさなければなりませんね。

まったく中途半端な国家資格です。国家資格は形骸化して、民間資格となんら差異はありません。

国家資格の意味が失われています。
7




AutoPage最新お知らせ