This is the way to spend New Year's typical Japanese.  社会

In Japan, it is called "Ohmisoka" that the new year eve. The day before the New Year, to watch the television program that the whole family "Red and White Singing Contest". And, At midnight, We will eat the Toshikosisoba(Buckwheat).

Midnight "Jyoyanokane" (bells on New Year's Eve: Buddhist festival) We will hear from the temple.

And We will celebrate the New Year.

When we wake up in the morning,first, we will go to see the "sunrise".Then, New Year dishes called "Osetiryouri" and Zoni (Ozouni: like a miso soup to rice cakes: Mochi) we eat.

After that, we will go to ancestor grave. And, we will go to the New Year's visit to a Shinto shrine. This is what our pray for health and safety, prosperity of the business of the family. It is a festival of Shinto.

This is the way to spend New Year's typical Japanese.



However, recently, such a culture has been broken. Everyone has a free time.

Hanetsuki also, top spinning, nor flying kites, also Carta, kadomatsu also shimenawa also, Mochi-tsuki also. It was no longer seen in the now.

Not only in Japan, the world will always continue to change.


Old days of Japan




コメント

liebe
2015/12/31 7:35
おはようございます。

今年も色々お世話になりました。

吉田さん、良い年末年始をお迎えください。

返事

liebeさん

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

朝から、初日の出を近くの神社(山の上にある)に見に行く予定です。良い写真がとれたら、掲載しますね。

もう眼が閉じそうです。

おやすみなさい。


4
タグ: New

良い一日を! Have a nice day!  社会

今朝のニャンコです。 おはよう。りんちゃん。そして、野鳥さん。Good morning. Rin-chan. And, it is wild birds that are on top of the wire. Have a nice day!


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


Shonen Tag noch  liebe


liebeさん

ありがとうございます。いろいろとあるけれど生きています。感謝申し上げます。


拍手コメントの方へ

「タヒバリ」でしたか。私も何と言う野鳥か気になっていました。教えて頂いてありがとうございます。よくわかりましたね。調べてみたら、まさにその通りです。

野鳥図鑑が好きで良く眺めますが、綺麗な鳥がたくさん載っていますね。でも、いつも本当にいるのかな?もう絶滅しているのではないかな。などと考えています。

何しろ、周りで見られる鳥が、昔と違ってきているからです。

良く見るのは、ハト、カラス、ヒヨドリ、メジロ、スズメなどで、昔よく見たモズやヒバリは全く見なくなりました。ツバメもほとんど見ないですね。

でも、たまに見た事も無い鳥がいるのでいつも気になりますが、そのままになってしまいます。

もっと探して、撮影したいと思います。猫ちゃんは、りんちゃんで女の子です。チョコと言う男の子がもう一匹います。猫は悟りの境地にいます。もともと野良猫でしたが、私が買うことに決めて、うちで子供を6匹産んで、1匹は生存競争に敗れは死んでしまい。2匹は里親に出し、3匹家で飼っていましたが、1匹は昨年何故か死んでしまいました。

猫はいろんな事を教えてくれます。

「タヒバリ」の情報ありがとうございます。感謝申し上げます。



私の講演料は、一時間当たり2万円、遠方ならこれに宿泊費、交通費が加算されます。

尚、私はお金で動きませんので、講演料は相談に応じます。

申し込み:0986−23−8531

又は、yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp






私への電話相談料は、一時間あたり3500円です。30分なら半額です。10分程度の相談は無料です。

仕事中は受けられないことがありますので、必ず、予約のメールか電話を入れて下さい。

電話での予約  0986−23−8531
メールでの予約 yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

振り込み口座 
宮崎銀行 都城営業部
普通 
口座番号 167822
口座名義 吉田 純久



真実を知りたければ、私のfacebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa をフォローするか、友達申請をして下さい。できればメッセージを添えて下さい。


liebeさん

ありがとうございます。

"Jetzt" Lassen Sie uns das Gefühl, das Glück. Wir werden am Leben. Gute Nacht.



liebeさん

今朝の月も綺麗です。ありがとうございます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


コメント

百軒
2015/12/29 19:56
吉田先生へ

欝民さんが、こんな本を書いています。

https://www.youtube.com/watch?v=nfcGfp0G83k

ジヌーを思い出すのは俺だけですかね?
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20060529


返事

百軒さん

全く興味の無い本ですね。買うつもりも読むつもりもありません。私は今、彼のことは放っといています。



4
タグ: にゃんこ 野鳥

月を撮影してみた  宇宙 

今宵は満月。治療院の玄関から写真を月を狙ってみた。三脚を使わずに手持ちで撮影したので、ちょっとピンぼけ。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


私の講演料は、一時間当たり2万円、遠方ならこれに宿泊費、交通費が加算されます。

尚、私はお金で動きませんので、講演料は相談に応じます。

申し込み:0986−23−8531

又は、yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp






私への電話相談料は、一時間あたり3500円です。30分なら半額です。10分程度の相談は無料です。

仕事中は受けられないことがありますので、必ず、予約のメールか電話を入れて下さい。

電話での予約  0986−23−8531
メールでの予約 yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

振り込み口座 
宮崎銀行 都城営業部
普通 
口座番号 167822
口座名義 吉田 純久



真実を知りたければ、私のfacebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa をフォローするか、友達申請をして下さい。できればメッセージを添えて下さい。



月に関しては、以下も参照。

私のfacebookのコメント


宇宙や月については良く調べたことがあり、非常に面白い。可視光線領域で見ている宇宙なので、真実をとらえることはできない。いろいろとあるけれど、説明すると長くなるので、私の過去記事を読んで頂くとよくわかる。もちろん書いていない事もあるけれどね。僕らの住む現実世界とは? http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/453.html#comment

私のブログの宇宙のカテゴリー  44の記事がある。http://happy.ap.teacup.com/applet/yosimaki/msgcate25/archive   いや〜面白いね。


私のコメント

月は不思議な位置に存在しており、太陽と大きさが何故か同じサイズに配置されています。だから、月食や日食が見られる。ぴったり太陽と同じ大きさ。月に人類が降り立ったと言われているが、人類は理論上宇宙には出られないことになっている。

地球を取り囲むバンアレン帯(放射線が強い)を通過できない。宇宙飛行士が宇宙と言っているのは、成層圏内で実際は宇宙では無い。

ただ、月に宇宙船は到達していると思われる。人類が月面を踏んだことになっているが、ハリウッドのスタジオだと言われている。撮影者はスタンリーキューブリックだったかな?間違えているかも。

しかも、月に人類が降り立ったと言うのに、その映像をすべてNASAは紛失したと言っている。???そんな貴重な映像を紛失するだろうか?月は地球に対して同じ面しか見せない。裏側を見せることはない。

最近、アメリカの探査船が裏側に行って撮影したという写真があるが本物かどうかはわからない。月に内部が空洞であることがわかっている。しかも、水が存在している。NASAの映像加工をしていた元技術者は、いろんな見せては行けない人工物が多くあり、それをマスキングするのに大変だったと告白している。

さらに、月に行ったとされる宇宙飛行士エドガーミッチェルは、宇宙人を見たと告白している(これも本当に行ったかという疑問があるが)。

月の裏側に行った宇宙飛行士は、ヒューストンに送った第一声は、月にはサンタクロースがいたとジョークを交えて送信している。日本の月探査衛星かぐやは、月をまんべんなく調べたにも関わらず、その報告がほとんどない。

我々の税金で月に行ったのに、不思議なことだ。本当に何があるのかな?月についてはもっと調べればいいのに、人類が月に降り立って以来、これまで技術も発達しているのに、誰も月に降り立っていない。なぜだろうか?キリがないのでこれくらい。とにかく面白いことだらけ。

さらに私のコメント

もうひとつ、人の身体、地球は月にコントロールされています。これも面白いことです。


liebeさん

7年間ですか、その間に人は成長します。良かったですね


今朝の月

やっぱり望遠ではボケてしまう。今度はマニュアルで撮影してみようかな。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


コメント

liebe
2015/12/26 7:53
おはようございます。

月、綺麗ですよね。月明かりの夜が一番好きかも。

前はオールシーズン、ベッドから月が見えたのに、最近は月の軌道が変わったのかあまり見えなくなりました。


思い出の中の悲しみや将来の不安、思考の呪縛から解放されていくと世界は変わりますね。
昨日の出来事もそのひとつ。
思考=感情は幻、本当に、そうね。

シンプルに「今」を生きる

幸せへの近道ですね。

只今こちら、−5℃。激寒だけど、冷たい空気が気持ちが良いです。


吉田さん、Schonen Tag noch!


返事

liebeさん

いろんな月を撮影してみたいと思います。風情がありますよね。月は地球からどんどん離れて行っているそうです。月がなくなれば、地球の環境は激変するでしょう。人類は生き残れないと思います。まあ、ずっと何万年か、何億年の単位でしょうけど、月以前に人類はすでに滅亡の危機にいます。

あと土星の輪も撮りたいと思います。出来るかな?

そして、また生き残った人々で一から再生するのでしょう。今は過渡期。生みの苦しみ。地球の治癒反応とも言えます。

-5度ですか。こちらはまだ12月末とは思えないほど、暖かいです。

liebeさん Dankeschön! 





6

陰謀論の罠  スピリチュアル

陰謀論にハマっている間は、思考停止状態になります。本人は覚醒したと思いこみます。しかし、それは罠です。陰謀論の罠にハマっているのです。そして、思考の自由が奪われ、監獄から出たと思ったらそこは陰謀論という自由に見せかけた監獄で、実際はその思考に束縛され、自由を奪われているのです。そして、そこには、出口がどこにも見あたりません。

これは支配者層の洗脳から逃れたと思っている人が、実は逆で支配者層の洗脳にハマっているのです。彼らの手のひらから脱出していないのです。私に言わせると陰謀論などありません。

というか、陰謀は人類の通常の営みであり、別に陰謀論と大袈裟に言う必要もありません。

狭い範囲で考えてみて下さい。小学校で友達と、別の友人を騙したことはありませんか?地域社会で、例えば公民館で何か新しいことを始めようとすると阻止されませんか?水戸黄門はどうですか、悪代官との会話で”越後屋お主も悪やな”などと言いながら、小判を渡すシーンを見たことがありませんか?ドラマはどうでしょうか?陰謀だらけでしょう。ハリウッド映画は?どう。

企業に勤めているサラリーマンは企業の仕組みがわかるでしょう。私は9年間いましたが、会社の会議は、会議を開く前に根回しが終わっていて、ただ集まるだけでしょう。

会社の組合の集まりは?私は、組合の決議で”賛成”と手を上げる、または拍手をするサクラを何度も演じました。

市議会はどうですか?答弁はもう決まっていますね。彼らは決まったことを演じているだけです。

これを拡大すると国家になります。世界になります。すべて陰謀だらけでしょう。陰謀なんて当たり前なんですよ。

現代の人類のレベルはまだその程度のレベルにしか精神性が発達していないのです。世のなかは偽善だらけなんです。それに耐えられず(気づかない人も多いが)、みんな言い訳をしながら生きているのです。

理想の社会など存在しません。

なぜなら、私がいつも言う様に、”あなたの理想は私の理想ではありません。そして、私の理想もあなたの理想ではありません”

これが、地球中に70億も転がっているのです。

”今”を大切にし、あなたの好きなように生きて下さい。





6

どう生きようがあなたの自由です  社会

これはある人へのメッセージへの返事を編集したものです。


私はビーガンですが、人に菜食を薦めたことはありません(病気によります。一時的に3ケ月程度菜食を薦めることはあります)何を食べようと自由です。

ただ、肉食が地球環境を破壊しているのは事実です(二酸化炭素の問題、畜産の育て方の問題、食糧の問題、排泄物及び水資源の問題、飢餓の問題、健康の問題、残虐性の問題、他にも多数、肉食には問題点があります)そして、このままそんな生活を続けると言うことは、人類全体で自殺に向かっているということです。目の前に崖があるのに、見えいているのにブレーキをかける事を人類は知らないのです。

気づいて欲しいなとは思っています。でも、人類全体の問題なので、なるようにしかならないでしょう。私は世の中を変えるつもりはありません。

自分の考えを人に押し付けるつもりもありません。

私が絶対でもありません。全てについて知っているわけでもありません。私は神でも仏でもないからです。(厳密に言うと、私は(皆さんも)神であり仏でもあるのですが、説明がややこしいので省きます)。

要するに完璧ではありません。だから、常に学びが存在しているのです。そして常に私は学んでいます。死ぬまで学び続けるでしょう。

一般の人は私の学びにはついていけません(もちろんすぐれた人も多く存在します)。何しろ、会社員生活や経済事情により(これは私も抱えていますが。日本の世界の金融資本主義の問題点です。私達は、早急に金融資本主義に変わる原理を創造することを迫られています)生活に追われているからです。

時間のある人も私ほど書籍や情報を収集している人は日本にどれくらいいるのでしょうか?確かに、私も時間がありません。しかし、自分の時間を作ることができます。いつ死んでもいいので無理をすることもあります。

そして、それは全て学びに費やされます。臨床と学び(知識と感性)です。でもたかが知れています。わたしもたかが何です。おバカなんです。無知なんです。

マグラックスは、必要な時もあるでしょう。でも、それは一時的であり、実際は、マグラックスを飲まないといけない状況という原因を見つけなければ根本的治癒には結びつかないのです。世の中の動物でマグラックスを必要とする動物は存在しないのです。

しかも、人間も近代まではマグラックスなどなかったのです。でも、○○さんの考えも否定しません。とにかく自由なんですよ。

肉食もマクドナルドもケンタッキーも、食品添加物も、砂糖も、小麦も、アルコールも煙草も、薬漬けに生きて行くのも、効かない抗がん剤で死ぬのも(殺されるのも)、戦争も、殺人も自由なんです(ここは誤解される可能性がありますが、説明は省きます。まあ、人間の営みの一つとだけ言っておきましょう。それほど人類は愚かなのです)それが狂った生き物である人間の正常な営みです。

好きなだけ好きなことをして、死んでも自由です。

こうでなければならないということを見つけるのが非常に困難です。そんなものは存在しないのです。

好きな事をして生きていればいいのですよ。地球環境なんてどうでもいいんですよ。人類が滅んでもどうでもいいのですよ。中東問題なんてどうでもいいんですよ。イスラエルーパレスチナ問題も、ウイグル自治区やチベットの問題も自分の子どもが戦争に行って、人殺しをしたり、殺されたりするのも自由なんです。

皆さんが選択したことだから。

それが、この世の仕組み。そこで、”愛”とか”平和”なんて叫んでも意味が無いのですよ。そんなのは幻想です。私達が見ているのは3次元の仮想現実、ホログラフィックな宇宙なんです。何も存在していないのです(これが本当に理解できれば私の言っていることがわかると思います)。一切は”空”であり、”無”なんです。

こんなことを書くと、私の気が狂ったと思われたり、○○さんが混乱するかもしれませんが、人の命なんて軽いものです。人命が大切なんて、嘘でしょう。人間のエゴでしかありません。アリは一生懸命生きていますが、人間はいとも簡単にひねり潰します。ハエが飛んでくると、ハエ叩きで罪悪感もなくすぐに殺します。それと人間の命と何が違うのでしょうか?私は頭がおかしいでしょう。

人類は知能も無ければ、知識もなく、理性も、道徳も持ち合わせていない。これが真理です。

私は気が狂っていますね。○○さんは、多分私に失望しているかもしれません。私は、人類に希望を見出すことが出来ません。人類には成長(全てを”欲(エゴ)”により破壊することに一生懸命です)が見られないからです。

表面的な(本当に愛が存在していると思っている人もいるがそれは自己満足のエゴがほとんど、”愛”という言葉で人を縛る人が多い)”愛”とか”平和”とか”絆”とか私は反吐が出ます。絆なんて、家畜を縛るロープではないですか。私は家畜の様に繋がれるのはごめんです。

家族愛とか、血縁関係の愛とか、嘘が多くて、その偽善が見えてアホらしくなります。そういう一見良い言葉で、親は子供たちをコントロールするのです。あなたのことを愛しているから、とか、あなたのことを思ってとか、あなたのことが心配でとか、

辞めて下さい。相手を思うがままにコントロールして自分が安心したいだけなんです。そこには”愛”なんて存在しないのです。言っている本人も気づいていないレベルです。

アホだらけなんです。無知だらけなんです。エゴだらけなんです。

もしかしたら、私が可哀そうな人に見えるかもしれません。

○○さんは、○○さんの思った通りに生きて下さい。私の言葉や周囲の言葉に振り回されずに、シンプルに自然に従い、常に”今”を感じて生きて行って下さい。時間など存在しないし、もちろん過去も未来も存在しません。

あるのは”今”だけ。

地球は太陽の周りをまわっているというのも嘘です。

地球は常にひとときも同じ場所を回ることはありません。二度と同じ軌道は描きません。地球は太陽を中心に回りながら、太陽系は銀河系に属し、銀河系は、ブラックホールを中心に回っており、その銀河系も何かを中心に回っており、銀河系も集団を作っており、その集団も何かを中心に回っており、銀河系の集団も、何かを中心に回っており、銀河系の集団は無数にあり、その無数の集団も何かを中心に回っているのです。

それは、もうキリが無い状態です。つまり、地球は常に宇宙を旅をしているということです。二度と同じ場所を訪れることはありません。人間も同じです。

宇宙が誕生して137億年とか言われていますが、それは、可視光線領域で観測できる範囲のこと。

宇宙が閉鎖系でなく、開放系であるならば、それはもうキリがない無限の世界でしょう。人間は、宇宙の可視光線領域で見ても、その存在を確認することはできません。存在していないも同じようなものなんです。

地球には私達の見えない、微生物の世界があります。このミクロの世界も、ほとんど宇宙と同じです。相似形を為しています。

人間は、地球上では大きいですが、私に言わせると細菌や微生物が巨大化しただけの存在であり、微生物と人間は同じです。

宇宙のスケールから見ると、微生物どころか、その存在を確認することすら不可能なくらい、小さい存在です。もう見えない。これも可視光線領域の話です。

しかも、私達が見ている宇宙は真の姿ではなく、見えているのは脳の限界である可視光線領域に限られます。私達は宇宙を知らないのです。違う周波数領域(電波望遠鏡などで)で宇宙を見るとまた全く違う宇宙が見えます。そうやって宇宙の全体像を見ようとしていますが、結局、脳の(人間の)物理的限界があるのです。

【宇宙から見た地球】人間のちっぽけさがよくわかる20枚の画像
https://www.youtube.com/watch?v=ycVrDs2NmSI



すべては幻想です。何も証明することはできません。証明するには観察者が必要です。しかし、その観察者が正しいか観察する観察者がいないといけません。でも、これも証明しようとすると、観察者の観察者の観察者の観察者の観察者・・・いつまでたっても証明できないのです。これが科学的エビデンスです。どこにも科学的根拠を証明する者が無い。あるのは、脳内のホログラフィックな幻想だけ。科学的には見えないものは存在しないのです。

同じ地球に住んでいて、アリにはアリの世界があります。バッタにはバッタの世界があります。微生物には微生物の世界があります。海の生物には海の生物の世界があります。アフリカの草原には多くの生物の世界があります。人間には人間の世界があります。植物には植物の世界があります。すべて可視光線領域も違えば、生きている周波数領域も違います。一体、どれが現実でしょうか?

すべては幻想であり、私達は幻なのです。

こう言うと、夢も希望も無いでしょう。私のことが嫌になったかもしれません。

でも、そうではないのです。とにかく、”今”を生きることです。

@”今”自分が幸せを感じること、A家族を幸せにすること、B余裕があれば周りの人を幸せにすること。

生きていく理由はそれだけです。

これが、私達の”Reason for being”です。これ以外に生きる理由・意味などありません。

明日があると思っているのは幻想です。常に明日んなんて無いのです。何もありません。いつでも、どこでも人間は簡単に死ぬのです。

以上の3つのことを、全ての人が出来れば、世界は一瞬で平和(地球環境も良くなる)になるでしょう。(絶対に無理ですが)。

私の場合は、C患者を幸せにすることが加わります。

自分が特別な人にならないことです。私はそう思って生きています。

失望されるよう内容かもしれませんが、私はそう思って生きているんです。

○○さんの言っていることは、何ひとつ間違いがありません。その通りです。感謝申し上げます。何か、悲観的なメッセージでスミマセン。


でも、これは悲観的な話では無いんですよ。幸せになる方法です。


私の講演料は、一時間当たり2万円、遠方ならこれに宿泊費、交通費が加算されます。

尚、私はお金で動きませんので、講演料は相談に応じます。

申し込み:0986−23−8531

又は、yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp






私への電話相談料は、一時間あたり3500円です。30分なら半額です。10分程度の相談は無料です。

仕事中は受けられないことがありますので、必ず、予約のメールか電話を入れて下さい。

電話での予約  0986−23−8531
メールでの予約 yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

振り込み口座 
宮崎銀行 都城営業部
普通 
口座番号 167822
口座名義 吉田 純久



真実を知りたければ、私のfacebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa をフォローするか、友達申請をして下さい。


拍手コメントのみやこさん

家族を幸せにすることと自分を犠牲にすることが私の中では結びつかないので、私は矛盾は感じません。感じる人もいるかもしれませんね。

自然なことです。生きていることは次の世代に命をつなぐことだけです。家族を養ったら、それでもうおしまいでしょう。

お父様大変でしたね。誰も、問題に気づかないのです。気づくと、周りと合わなくなります。私のようにね(笑)


liebeさん

可視光線領域以外の範囲が見えると、様々な色を放っています。それがオーラです。色がついますね。人間も実は見えている人間とは違うということがわかるでしょう。

感情とは、幻です。


コメント

liebe
2015/12/23 12:05
感情は幻。詳しく聞きたい。これについては、後日の楽しみにとっておきますね。

私は色が人と違う様に見えています。みんなが“真っ白”だという物が白には見えていない。他の色についてもそう。(色盲でもないし目の病気もありません)

だから思います。それぞれの身体で、違う世界が広がっているのではないかと。

だいたいは同じでも、まったく同じ物はないんじゃないかって。


今日は綺麗な青空です。これから散歩に行きます。

吉田さん、良い1日を!


返事

liebeさん

赤とか白とか、なんとなく共通概念があるので、同じように表現しますが、インターネット上で有名な洋服の写真がありますよね。ある人には青に見えて、ある人には金色に見える。

うちの家族でも意見が分かれました。

それは極端な例ですが、同じものは誰も見ていないのです。脳内のその人の経験や嗜好、思考などのフィルターを通してみている現実なので、実際は、赤も白も存在しません。

liebeさんが見ている赤と私が見ている赤は違います。すべて幻影で、すべて幻想なのです。わずかな共通点で、人は会話をしているだけです。

本当にコミュニケーションをとるのはほとんど不可能に近いと私は考えています。現実が違うからです。

日本なら1億3000万人の現実があります。世界では70億人のそれぞれの現実があります。どれが現実か誰にもわかりません。そして、常にお互いがお互いを観察することによってしか、自分の存在を証明できないのです。

これは常に観察者を必要とする、人類のジレンマです。

科学的エビデンスも観察者無しには成り立ちません。それに、研究をしてそれを発見するには、仮説(先に思い込み)が必要です。ですから、人間が想像できない物は、創造できないし、想像できるものは、創造できるようになっています。

そして、そこには常に、経済的バイアス、思い込みバイアス、洗脳教育バイアス、経験によるバイアスなどの幻想バイアスが入り込んでいます。ですから現代の科学的根拠はゼロだと私は常に言っているのです。

シュレーディンガーの猫 https://www.youtube.com/watch?v=Q8savTZOzY0&feature=youtu.be



の様なものです。常に観察者がいなければ、それは存在しないも同然。人間はそう言う存在です。

人間の存在自体が、矛盾しているのです。ですから、感情は幻なのです。

アメブロも見て頂いているのですね。感謝申し上げます。

コメント

liebe
2015/12/23 22:46
“感情は幻”の理由、理解できました。

>常に観察者を必要とする人類のジレンマ

これは吉田さんが紹介して下さった書籍にありましたね。(書籍名は思い出せませんが)

色の認識は仕事で困りました。「その青い容器使ってね」「え?青い容器なんてありませんよ」って。私しか青に見えてないんですから。
最近は「あれ、何色?」と先に聞いています。

アメブロもコメントが面白かったりするので覗いています。


私はクリスチャンだったので、毎年イブ礼拝に行ってましたが…キリストが生まれた日ではないんですか?!


返事

liebeさん

”感情は幻”という理由はこれだけではありません。もっとたくさんありますが、まあ象徴的で分かり易い例を挙げさせて頂きました。

私達は、シュレディンンガ―の猫と同じ状態にいるのですよ。死んでもいないし、生きてもいない。そこには何もないのです。

クリスマスはキリストの誕生日と、聖書に書いてありましたか?

私も聖書を読みましたが、どこにも12月25日がキリストの誕生日とは書いてありませんでした。

真実は、

クリスマスの起源 // 古代ローマの悪魔崇拝とサタンのキリスト教会


もっとありますよ。このyoutubeから辿って見て下さい。サンタクロースの正体とか。

日本では、ラッキーでたらめ放送局

らっきーデタラメ放送局★第182回『トナカイ!デタラメ〜二ュース!』



いくらでも出てきます。英語で検索をかけても出てきますよ。キリスト教徒(学者)にとっては常識のようです。

The True Meaning of Christmas
http://www.annomundi.com/bible/christmas.htm


クリスマスはニムロド(ニムロデ)生誕を祝うもの
http://kaleido11.blog.fc2.com/?no=291


クリスマスはキリストの誕生日ではない
http://satoru99.exblog.jp/14635428/


コメント

liebe
2015/12/24 0:23
聖書に日付が無いのは知っていましたが、牧師の言葉を信じていましたね。

YouTube最後まで見ました。やはりイブ礼拝は二度と行きません。

年々派手になっていき、老いも若きもベタベタ寄り添う奇妙なクリスマス。脳にプログラミングされてるんだ…すごい力。
悪魔の祭典は祝いません。

吉田さん、本当に本当に本当にありがとう。

あぁ…長い間やられちゃった…


返事

liebeさん

誰も教えてくれる人がいないからね。そもそも日本人は疑問も持たず、異文化を取り入れるというところがあるし、そこまで深く考えているわけでもない。

ただ、キリスト教を信仰している人達で気づいていない人にとってはショックなことだろうね。

それも、仕方が無い事。世の中の仕組みです。このようなすり替えはいたるところで行われています。

人々をコントロールするのは本当に簡単。そのような全体的な雰囲気をつくればいいのです。

戦争だってそうやってはじまります。


コメント

liebe
2015/12/24 23:47
貼り付け、全部見ました。

信徒生活の違和感。聖書の内容に、たくさんの「?」があったのは書き換えだったからなんですね。

これでスッキリしました。

私はプロテスタントではなくなりました。
どこにも属しません(笑)
ありがとう、吉田さん。
気持ちよく眠れそうです。

おやすみなさい!


返事

liebeさん

こうやってすこしずつ事実は改変され、いつの間にかすり替わる。あらゆることがそうなっている。

私も仏教ですが、どこにも属していません。自分で勉強することだと思います。

クリスマスはニムロド(ニムロデ)生誕を祝うもの
http://kaleido11.blog.fc2.com/?no=291

この記事も良くできている。

シンプルに”今”を大切に生きて行きましょう。

ありがとうございます。




5
タグ: 宇宙

私の講演の様子  講演

私はあまり写真に映るのが好きではありません。写真を撮るのは好きです(カメラは好き)。従って、私の写真はほとんどありません。私が死んだら遺影に困るはず(笑)

私の貴重な?写真です。

これは10月に中学校で講演を行った時の様子。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



liebeさん

こちらこそ、

本当に本当に本当に、ありがとうございます! おやすみなさい。Have a good dream!


コメント

百軒
2015/12/21 2:39
>私はあまり写真に映るのが好きではありません。

吉田先生、私もそうなんですよ。

>。写真を撮るのは好きです(カメラは好き)。従って、私の写真はほとんどありません。私が死んだら遺影に困るはず(笑)


これは、どうですか?
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/img/1450574744.jpg


話は変わりますが、池田医師に関する続報です。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201512/article_112.html

宗教団体ではありませんが、組織は怖いですな〜


返事

百軒さん

同じですね(笑)

今、死んだら遺影写真はそれになるでしょう。

酷い話ですね。ここにでてくる〇ナテックの社長及び役員一同と何年も前に会食をし一時間半ほど話をしたことがあります。(私の講演の後に〇ナテックの講演があった。別にコラボしたわけではない)私に商品を取り扱ってもらいたかったようです。もちろん取り扱いはしておりません。あれは詐欺ですね。

物凄く高価です。しかも、効果は???。添加物だらけ。それにマルチ(合法的ネズミ講商法)。まだ、やっているんだと愕然としました。

本当に組織は怖いですね。だから、私は徒党は組まないようにしています。

そろそろ、絵描きを再開しようかなと考えています。


コメント

またたま
2015/12/23 22:08
写真を見て吉田さんは格好いいと感じました。
自分の写真を撮るのはあまり好きではないですが…
TwitterなどSNSに平気で顔写真を載せている人が多いですが、危険な行為だと気づいていないのかなと感じています。
私も写真を撮るのは好きです。


返事

またたまさん

カッコいいとかカッコ悪いとかいう意識が無いので、服装もあまりこだわりが無く、いつも同じものを着ています。

でも、ありがとうございます。

写真は、幻想ですが、まあ、世の中が所詮幻想なので、幻想で遊んでもいいっでしょう。今の趣味は、写真でしょうか。でも撮影する暇がありませんが。絵もまた始めようと思います。




6

スタップ細胞その後  医学情報

病気を良くするには、口呼吸を改善することだと、今井一彰医師は言います。口から肛門までは腸です。川に例えれば、口は上流です。いくら海を綺麗にしても上流が汚れていれば海は綺麗になりません。それで、彼は上流を綺麗にしようと頑張っています。しかし、彼の本当の目的は、上流を綺麗にすることではありません。川をいくら綺麗にしても、森が綺麗でないと川は汚れます。

森とは、私達の周りの自然環境のことです。自然環境を綺麗にすることが、私達の身体を良くすることに繋がります。ちなみに、環境を綺麗にすると言うことは、除菌ではありません。微生物、動物、昆虫などなどとの共存です。つまり、自然に従えということです。

彼の講演や彼の著作には、森を綺麗にすれば海が綺麗になるでしょうと言ったり、記載されています。だから、彼の本当の目的は、口呼吸の改善(上流を綺麗にすることではなく)ではなく、自然環境を綺麗にすることだと私は思っています。

ただ、それが現実問題として、困難なので出来ることととして、口呼吸の改善による病気の予防、治療を薦めているのです。ノーベル賞をとった山中教授の研究などは、全く役に立ちません。なぜなら、自然の法則に反しているからです。彼の研究が日の目を見ることは無いでしょう。そして、彼は、このまま血税を湯水のように使い、ただ忘れられる存在になると思います。彼自身も絶対に上手く行かないことは理解しているはずです。どうやっても、彼の作った細胞はガン化するでしょう。ただ、マスコミは臨床応用が上手く行っている様な報道をすると思います。

ただ、カネにはなるかもしれません。カネになる研究がノーベル賞をとるのです。中村教授の青色発光ダイオードは、ノーベル賞をとりましたが、今では、偽善エコ(有害物質の塊)であることがバレた上に、国内の大学の研究により、虫を殺す光線であること、人間の慨日リズムを壊すこと、網膜を破壊することが分かっています。安倍総理はエコの為にこのLEDに全ての電球を変えるそうです。これからますます気が狂った人が増えるでしょう。

自己防衛策として灯油ランプや暖炉やろうそくを用意して下さい。LEDの冷たい光線は身体と心を破壊します。安倍氏はLEDの会社利権に深く関与しています。小保方さんのスタップ細胞は、外国の研究者が、その存在を証明しました。

本当に残念なことです。理研(利権)によって潰されたのです。笹井教授も自殺ですが、多分殺されたのに近いと思います。安保教授はマクロファージが細胞の元だと言っています。もっと前だと、千島博士が、赤血球分化説を唱えています。すでにスタップ細胞はその存在を知られているのです。

確か、熊本大学医学部も、スタップ細胞のようなものを同時期に発表したが、あれはその後どうなったのだろうね。



参考・・・小保方晴子さんの発見は真実だった!ネイチャーにマウスの体細胞が初期化して多能性を持つ「STAP現象」がアメリカの研究者により発表されました。 http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1047183994.html



Is the environmental destruction (economic) system that ridiculous. I think financial capitalism it would have come to the limit. We must create the new principles.

In Japan, Mind control in schooling. History education, economic education, and environmental education, the issue of nuclear power generation "Fukusima". It is like a North Korea.


コメント

百軒
2015/12/19 9:59
小保方さんは、胡散臭い人ですが、スタッフ細胞は確実にあるのは事実でしょうね。

吉田先生がネイチャーに医療系のことを公表してほしいです。

返事

百軒さん

残念ですが、私では全く相手にされないので無理です(笑)。
4
タグ: 万能細胞


Everything is backwards; everything is upside down. Doctors destroy health, lawyers destroy justice,universities destroy knowledge,governments destroy freedom, the major media destroy information and religions destroy spirituality.

-HUMAN RACE David Icke-






私の講演料は、一時間当たり2万円、遠方ならこれに宿泊費、交通費が加算されます。

尚、私はお金で動きませんので、講演料は相談に応じます。

申し込み:0986−23−8531

又は、yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp






私への電話相談料は、一時間あたり3500円です。30分なら半額です。10分程度の相談は無料です。

仕事中は受けられないことがありますので、必ず、予約のメールか電話を入れて下さい。

電話での予約  0986−23−8531
メールでの予約 yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

振り込み口座 
宮崎銀行 都城営業部
普通 
口座番号 167822
口座名義 吉田 純久



真実を知りたければ、私のfacebook https://www.facebook.com/yoshida.yoshihisa をフォローするか、友達申請をして下さい。


liebeさん

専門家になるつもりですか?凄い。あれは専門書ですよ。でも、彼は天才でしょう。彼の、額関節咬合治療による身体バランス調整と、私の治療院で使用している靴下を合わせると最高でしょう。

もう一回紹介しとこう。

2015/12/12 17:53
「直立動態と心身症状―人の立つしくみに内在する病因の発見と臨床応用」 臼井五郎著




臼井五郎歯科医師のサイト http://agozure.com/index.html

彼のサイトには、私のブログがリンクしてある。そして、歯科医師より、歯に詳しい鍼灸師と彼は私のことを紹介してくれた。

http://agozure.com/07_link.html

有り難いことだ。




コメント

liebe
2015/12/14 22:22
無事に帰省されたんですね。お疲れ様でした!

専門書なんですか?!どこまで理解できるかなぁ…でも面白いので頑張れます。すごい本です。目から鱗どころか、新しい眼球が生え替わりそうです(笑)。
吉田さんが側にいないので、自力でやるしかない(笑)
それに、娘のためだから頑張れるんですよ。

いつも良い本の紹介、感謝します。

おやすみなさい!


返事

liebeさん

ありがとうございます。まだ疲れが抜けず、ちょっと大変です。今日はふらふらしながらの仕事になるでしょう。もちろん治療には影響はありません。私の問題です。

専門書です。普通の人は読まないでしょう。

この本が凄いことがわかるliebeさんが凄い。普通は、読んでも退屈で、多分その凄さにも気づかずに放り投げてしまうでしょう。

良く読んで下さい。


コメント

百軒
2015/12/14 23:14
吉田先生、全く別の話題、すいません。

どう思います?
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151213-OYT1T50064.html

完全監視社会の到来ですね。


大学などは行かなくていいというのが俺の持論です。

洗脳教育が長期化されるだけなので。


返事

百軒さん

バカみたいな制度だね。どこまで子どもをコントロールしたいのか?どこまで庶民はコントロールされたいのか?大学はサボるのが常識。そうやってその時間に成長する。授業にまともに出ている人は、洗脳されロボット思考になる。

その通りだね。

私のfacebookより

今日、子供の楽しみにしていた可能性が潰された。潰したのは学校の父兄だ。自分の子どもを自分の物と思ってコントロールしようとしている親が多いのには呆れる。安全になったら行かせる?いつ、安全になるんだよ。アホか。国内なら安全?どこでも危険と隣り合わせなんだよ。子どもは自分の持ち物では無い。彼らの人生があるんだよ。貴重な経験を奪ってどうするんだよ。私なら、そこが危険でも、子供が行きたいと言えば行かせる。今回の件は危険でも何でもない。東京ディズニーランドは安全なのか?放射能はチェルノブイリの危険地域を越えているんだよ。スキーが安全なのか?雪崩や怪我があるんだよ。交通事故もあるんだよ。東京でも殺人事件なんてしょっちゅうあるじゃないか。戦争に加担させるのか?あそこは(ディズニーは)、イスラエル支援企業だぞ。そっちの方がもっと問題があるんじゃないのか?そんなに、子どもの安全ばかり言うのなら、家から出すなアホ。私は、学校の父兄ほど反吐が出るほど嫌いな人々はいない。吐き気がする。大体な、彼ら(子どもの)の自由なんだよ。2歳とか3歳では無いんだよ。親は子どもがやりたいことがあれば、バックアップすればいいだけなんだよ。コントロールなんてするんじゃない。死のうがどうしようが子どもの自由。人生は彼らが選ぶんだよ。子どもはあんたじゃないんだよ。もう一度言う、アホか。その場にいなくて良かった。多分、私が行けば、かなり問題になっただろうね。意味不明なコメントわからないと思うけれど、私は怒っている。子どもをダメにするのは、決まって親である。特に、この日本の親は最悪である。偽善的な愛情(これが偽善とも気がついていない愛情深いと勘違いしている。子どもを精神的に殺す愚かな親。自分は正しい事をしていると思っている。愚かな親だらけ)という絆で子どもを縛る。大体、絆という言葉が嫌いだ。この言葉は、人を見えないロープで縛りつける。もともと家畜を縛るロープを”絆”というんだろ。本当に私は怒っている。この国に未来は無い。この国の縮図を感じる。もう日本はダメだね。あきらめよう。

これは、アメリカのテロを受けて、子供の修学旅行(ホームステイ)に親が反対したことに対しての怒り。校長先生もかなり親に責められた可哀そうだったようだ。なんで校長先生が責められるのかが意味不明。校長先生はテロリストか?(笑) 世の中に安全な所などどこにもない。このことにも気づかない愚かな親。

こんな社会なんだよね。


コメント

○○○さん

人生に意味があると錯覚しているね。人生に意味なんてないよ。君はそんな大それた特別な人間なのか?

目標もなければ、意味もない、何で生きているのかもわからない。

じゃあどうすればいい。

私のブログを本当に読んでいるのかな。

君がしなけばならないことは、今に生きることだ。駄目かもでは無くて、はやくこの世の仕組みに気づき、もっと方の力を抜いて、常識と言う洗脳から抜け出して、妄想を辞めることだ。

生きることはシンプルなんだよ。

人は、生まれて死ぬだけなんだよ。それだけ。何もない。植物が芽を出して、成長し花を咲かせて、枯れて行きそして土に帰る。

目の前にいくらでも生命の営みは有るじゃないか。

君には見えないのか?

君が私に謝る必要など全くない。

君の自由なんだよ。君が駄目だと思うなら、そう生きることを選択したということだ。すべては君が選んだ事。君の思い描いた世界が、実現しているだけなんだよ。

さて、君はどうするかい。すべては君の自由だ。駄目だと思うなら思えばいい。君が選んだことに私が口を挟む理由は見当たらない。

ただ、私の願いは、君が幸せでいて欲しい。それだけだ。これも、私の願いであって、勝手なことである。


コメント

liebe
2015/12/15 16:10
今時の親って、いつまで子供に張り付いてるんだろう…薄気味悪いですね。

吉田先生、質問です。
化学物質に暴露されると、次の日に脹ら脛が痛くなって歩きづらくなります。
何故、脹ら脛なんでしょうか。


返事

liebeさん

親が自立できず、さらに無知(ここは致命的)で学びがない(これも致命的)からでしょう。それにエゴを愛情と勘違いしている(これも致命的)。もう本当に救いようが無いですね。こういう人達が人を虐めるのです。”無知で善良で学を好まない人は、人を虐める”

自分が正しいと思い込んでいるのです。

明確な答えを持ち合わせておりませんが、化学物質に反応して、副交感神経反射が起こり、血管が拡張し、鬱血が起こるからではないでしょうか。まあ、治癒反応の一つなので大丈夫です。

ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれるところですが、ほとんどの人が運動不足である上に、特に女性は毛細血管が多く、血流不全になり易い場所です。よく静脈瘤の出来やすいところでもあります。

足は身体の下にあるため、重力により、足に血液や老廃物が溜まり易いということも考えられます。

よく、整膚したり、ウォーキングをして下さいね。

それでは、おやすみなさい。ちょっとバテ気味なのでもう休みます。


コメント

liebe
2015/12/15 22:41
確かに、リュウマチの女性患者さんの脹ら脛には、静脈瘤がよくできていましたね。足が氷のようでしたし。血流ですね。

冬は天候により歩けなくなる日がでてきますから、油断しないで、整膚も取り入れます。

臼井先生の本に、セロトニンの活性化のために「歩行」「咀嚼」「複式呼吸」とありました。
良いタイミングで読めました。

今日も、ありがとうございました。

本の読み過ぎで、目が疲れました(笑)

おやすみなさい。


返事

liebeさん

血流不全から回復しようと、血管拡張物質であるプロスタグランディンが生成され、痛みが出ているのには間違いありません。

それは治癒反応です。化学物質に免疫系と自律神経系が連動して働き、血流の悪い部分に集まり、炎症を起こしている状態だと思います。

臼井先生の言う通りです。

本当に良い本ですので、最後まで頑張って読破してみて下さい。世界が違って見えるはずです。

本を読むのは体力もいるので、無理せずに読んで下さいね。

私のブログでも世界観は変わります。

今日は、午前0時半まで患者がいました。やっと疲れが取れたのですが、また疲れがとれない日が続きそうです。

まあ、臨床家としての宿命でしょう。全てを受け入れて、生きて行きたいと思います。

これから風呂に入ります。おやすみなさい。


コメント

liebe
2015/12/17 13:09
眼球の強膜から内側の世界、そこに焦点をあて働きかける仕事が臨床家なのでしょうね。

複雑でデリケートな分野です。が、本当に興味深い世界です。

ゼイリブの眼鏡をかけたら、瞬時に発狂しますよ!!

遅い時間にコメントをありがとうございます。


返事

liebeさん

治療家の仕事は本当に面白いです。興味深いことが多く、スピリチュアルな世界です。おそらく世界は「ゼイリブ」状態なのでしょう。ジムキャリーの「トゥルーマンショー」もこの仮想世界を再現しています。

最後に彼は仮想現実から抜け出していきます。

私達も、そういう時期に来ているのだと思いますが、未だに人類は仮想現実の中にとどまっています。

うちの猫から見た人間はどのように見えるのでしょうね。可視光線領域が広いので、身体のオーラが彼らには見えているかもしれません。

光り輝いてエネルギーを周りの人に分け与えながら生きて行きたいですね。


コメント

liebe
2015/12/17 22:27
空はレイリー散乱によって、人間の眼には青く映るけど(それしか見えないけど)、動物には(猫さんや鳥さん達も)何色に見えているのでしょう。

私もそんなことを考えていました。

そうですね。淀みを無くして光になりたいですね。
暖かいエネルギーを放つものになりたいです。


返事


liebeさん

今年の冬、初めて外の水道が凍結した。しかし、まだ冬らしくは無い。今日はいい天気です。むしろこの寒さが心地よい。素敵な雪景色の写真をありがとうございます。こちらでは決して見ることが出来ない景色です。映っているのはliebeさんかな?もっと大きな写真を見てみたいです。

北海道いつか行きたいところです。

暖かいエネルギーをもう放っていますよ。私も光を目指します。

良い一日を!
4
タグ: David




AutoPage最新お知らせ