意味も無くなんとなく死にたい空気・時代  社会

意味も無くなんとなく死にたい空気・時代が現代社会に溢れているような気がします。特に何か悩みがあるとか、不安があるとか、借金だらけとかいうわけではなく、ただ何気ない毎日が過ぎていく。

そんな日々にふと死にたくなる。そんな人が増えているような気がします。

私の患者の息子さんの友達で、あこがれの美容師をして、結婚して、皆が幸せだと思っていた人が突然、首をつって自殺しました。

周りの人によると、将来が楽しみで自殺をする兆候が全くなかったとのこと。

患者さんが私に言いました。

魔が差したのかな。人間は悩みが何もなくても自殺をすることがあるんですね。

私は、考えこみました。何も悩みも無く人が自殺をするだろうか?何気なく自殺したくなる。

そんな空気が、時代が来ているのではないだろうか?情報量が増えて、経済の見通しが悪く、世界が荒れている。なんとなく先が、若いころから決められてしまい、将来の見通しもなんんとなくわかる。

仕事を普通にしていても、重税に苦しむそこそこの生活しか出来ず、ただ毎日が何気なく過ぎていく。

妻や家族には恵まれ、特に不満はない。でも生きている感じがしない。それにもうなんだか生きているのもめんどくさい。生きているのがダルイというのが言葉としては当てはまる気がします。

何かそんな感じがします。

最近、元スピードの上原多香子さんのご主人が命を絶ちました。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/29/kiji/K20140929009011380.html

非常に不自然な”死”でした。誰もが首をひねる様な不自然な死です。車の中で首を吊るとか不審すぎます。私は事件ではないかと疑っています。

「死体は語る」で有名な上野正彦氏は、自殺の9割は他殺と言っています。

でも、私が先に述べたように、理由も無くなんとなく死にたい空気・時代は存在しているように私は思えます。

彼も、そのように魔が差したのでしょうか?

地獄はあの世にはありません。現世が地獄です。私はそう思います。


コメント


A(鹿児島県)

2014/9/29 9:07

初めまして。
2年程前にこちらのブログに辿りつき、お気に入りに入れて時々お邪魔していましたが、コメントは初めてです。
今日の記事がシンクロしました。
今とても苦しく、体調も変で自分ではどうにもなりません。
昔から薬は嫌いでワクチンも打っていません。でも今病院に行くと薬に依存してしまいそうで恐ろしくて行けません。
近々予約を入れさせていただきます。
ぜひ先生にお会いしたいです。


コメントへの返事


苦しいですね。ぜひお越しください。
脳(身体・精神)を鍛える(健康にする)には運動しかない http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1095.html

を良くお読みくださいね。

吉田


コメント 子宮内膜症 http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/858.html への

しんこ

2014/9/29 14:11
吉田様
はじめまして。
いつも楽しくブログ拝読しております。
子宮内膜症の鍼灸治療について興味を持っており、
関連のこちらの記事からコメント入れさせていただきます。
(気づいていただけるかな?)

今年4月に子宮内膜症(チョコレートのう胞/右:4.5cm)、
子宮筋腫(右:2cm)が見つかり、
ピルを進められましたが、吉田様のブログと出会い、、
現在は鍼灸と漢方薬で治療しております。
身体も冷やさないようにするなど、生活習慣も気を付けていますが、
西洋医学のお医者様は、チョコレートのう胞は血の塊ができている状態なので鍼灸で治らない(生理痛などの症状は軽減sるかもしれないが)、
長期間ほっておくと癌化する可能性があるし、ピルの治療を検討したほうがいいと定期健診で改めて言われて、少し心が揺れています…。
チョコレートのう胞も鍼灸で治る可能性はあるのでしょうか?
あるとしたら血の塊のようなものが、小さくなる、またはなくなるのはどういったメカニズムになるのでしょうか。
吉田雅の記事を拝読し、筋腫が小さくなるメカニズムは理解できたのですが、チョコレートのう胞はどうなのかな?と気になっており、メールいたしました。
ちなみに、今年4月から9月まで週に一回ほど鍼灸治療を続けており、
本日の健診では、筋腫、チョコレートのう胞のサイズに変化はありませんでした。

不躾なお願いで大変恐縮ですが、思い切ってメールしました。
何卒よろしくお願い申し上げます!


コメントへの返事

しんこさん

大変ですね。チョコレートのう胞が小さくなるかどうかはわかりません。しかし、ピル治療はお勧めできません。副作用が多数あります。血栓症による死亡例も出ています。癌になると言われていますが、その確率は非常に低く、9年間で0.72%と言われています。交通事故の確率の方が大きいですね。

漢方薬も薬です。何を飲まれていますか?病院で処方された漢方薬?それって必要でしょうか?それよりもご自分の身体の力、治癒力を信じた方が良いと思います。癒着した組織だって時間が経てばかならず変化して行きます。

血行を良くすることです。運動をして下さい。

脳(身体・精神)を鍛える(健康にする)には運動しかない http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1095.html

鍼灸は有効です。続けて下さい。ただし、のう胞があまりにも大きくなりすぎると、破裂する可能性があります。(血行を良くしていればその可能性(大きくなる)は低いですが)。

私は、浅はかな科学(医学)よりか、自然に任せた方が良いと思います。のう胞だって身体にとっては異物です。身体は異物を排除する方向に働くはずです。

良くなることをお祈りします。


拍手コメントの方へ

同感して頂いてありがとうございます。この世が地獄なのです。私たちは地獄に落ちている。


コメント


百軒
2014/9/29 21:51

配偶者が実は他の異性と浮気をしているないしは、投資詐欺にでも騙された、あるいは、健康上の理由。

私のような俗物は必ずなにかあると睨みます。

配偶者のDVや暴言・冷たい態度など、あるいは美容師をしているけど、全く指名されない、自分の技術はもうダメだと思った。

勝手な想像ですけど、そんなとこじゃないですか?

ちなみに、私の経験では、理容師や美容師は宗教や悪徳商法に騙されやすいですよ。

世間知らずです、必ずね、宗教団体に潜入すると、美容師・理容師・看護師はお約束のようにハマっています。

私のようなうす汚い俗物には理解できない悩みが皆さんあるようです、私の場合は何もしないと、すぐに爬虫類脳に支配されてしますので、爬虫類脳になり始めたら、アイクの本を読み、爬虫類脳から解放させます。


やはり、金も好きですし、権力も力も私は好きです、しばらくして、レプテリアンに共鳴していることに気がつきます、すぐにアイクの本を読み、治します。

実はアイクの本は私のような俗物を救う書籍でもあるんですね。

吉田さんは、俗物でもなく世俗に興味がないから、すでに根源意識を実践しているのでは?


コメントへの返事

百軒さん

芸術家タイプの人は、自分の才能の限界を感じた時に死にたくなるかもしれませんね。ASKAだってそうでしょう。才能の限界を感じたから薬物におぼれた。

私もすぐに爬虫類脳と同調してしまいます。常に意識しておかないと、土星〜月からの信号には勝てないようです。だから、そうならないように活字中毒症という重病にかかっているのです。アイクの本だけではなく片っ端から本を読みます。

根源意識にもまだ入れません。覚醒するのは死ぬ時かもしれませんね。


コメント


またたま

2014/9/29 23:39

自分もこの世の中は地獄で歪んでいると思います。
悪貨は良貨を駆逐する。そんな世の中で苦しいです。正直者がバカを見る。その言葉が奨励されているかのような感じです。

薬から解放されたいです…


コメントへの返事

またたまさん

正解です。ここが地獄です。ようこそおいで下さいました。薬から解放されたいという思いがあればいつか叶うと思います。いろんな地獄があります。またたまさんは、薬物地獄に今落ちているのです。

運動して下さい。


コメント

しんこ
2014/9/29 21:04
吉田様

しんこです。
早速のお返事たいへんうれしく読みました。

やはりとりあえずピルはやめようと決心しました!
癌化する確率って、そんなに低いんですね。知りませんでした。

漢方薬は、桂枝茯苓丸加ヨクイニン(内膜症)、六君子湯(胃腸が弱いので)、疎経活血湯(原因不明の膝関節痛)3種類を一日2回服用しています。
これも必要ないのかな?

運動は、ピラティスを週二回ほどしてますが、膝の関節痛(定期的になぜか水がたまって歩行困難になります)と腰痛が酷い時は、お休みしています。
もともとは体を動かすことが好きなのですが、4年ほど前から関節の不調が出て、あまり体を動かせないのがもどかしいです。
お風呂にゆっくり入ったり、湯たんぽしたり、腹巻したり、こんにゃく温湿布したり、できる範囲で努力しているので、良くなるといいです。

鍼灸をはじめてから、生理痛が劇的になくなりました。
以前は、ほぼ毎回鎮痛剤を服用していた上、最近は関節痛も酷く、
鎮痛剤服用率大幅アップしてたのですが、吉田様のフログを読み、
鎮痛剤は体を冷やすということを初めて知って、以後まったく飲まなくなりました。もっと早く知りたかった〜。

これからも吉田様のブログを拝見し、
身体をいたわっていきたいと思います。
東京在住なので、治療には伺えませんが、陰ながら治療院の発展(あまりご希望されていないかもしれませんが…笑)応援しております。

そうそう、吉田様のおすすめのよもぎ乳酸菌も購入してます!
おすすめの5本指ソックスも買おうかな〜と思っております!

ではでは、取り急ぎお返事まで。

しんこ


コメントへの返事

しんこさん

漢方薬も長期に摂取するものではありません。自分の身体を信じて下さい。関節に水がたまるとは血流が悪いということです。やはり運動しかないでしょう。

鎮痛剤は身体を冷やすだけでなく、交感神経を緊張させ顆粒球を増やし粘膜、関節、腱、金撒くで炎症を起こし、組織破壊が起こります。しかも治癒しません。

5本指ソックスお勧めです。サンワヘルスデザイン、湯島清水坂クリニックで手に入ります。今井先生のゆびのばソックスも素晴らしいようです。

良くなりますように。祈っています。


一ケ月以上咳が止まらない女性 http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1099.html

へのコメント

みーたん

2014/9/30 16:50

久しぶりの治療は気持ちよかったです‼︎

治療を受けながら、気付いた事をお知らせいたしますね。

治療を受ける方は、
診療台に寝転んだら、全身の筋肉を緩めて受けると効果的かな…。

難しい時は頭、顔、目、口、顎、喉、肩…って感じで自分の筋肉をパーツ毎に緩める。

呼吸して、緩めて…の繰り返し…。
雑念がよぎったら、「呼吸して、緩めて…。」と自分に言う。

針治療やてい針治療で感じる感覚をじわぁ〜と観察する。

吉田氏の治療とシンクロすると腸管が動き出す。
お腹が鳴っても恥ずかしがらずに、感覚を観察する。

目を閉じていて、映った映像やイメージがあっても否定せず観察する。
意味付けしない。
理由探しをしない。
そんな思考がよぎったら、「呼吸して、緩めて…。」と自分に言う。

身体に感じる感覚や耳鳴り?音も否定せず感じる。ただ観察する。

感覚は人それぞれだと思うので、自分が感じる感覚を信じてイイと思う。

今日、私は全身の細胞、臓器、器官に「いつもありがとう。」と自然に想った。

もちろん、吉田氏との会話を楽しんでもOKです‼︎

流れる音楽が変わった事でますますリラックスしてしまいました。



コメントへの返事


みーたんさん

ありがとうございます。

腸管が鳴るのは日常茶飯事です。副交感神経(休息のリラックスの神)が働いているのです。

これが効果です。

後は、私との会話で事実を知ってもいいし、静かにして効果を確認してもいいです。どちらにしても効果は確実に出ます。

ウォーキングや、勉強会、瞑想会をこれからも継続して行っていきます。参加される方が増えるといいなと思います。営業ではありません。

内観法、教えてくれてありがとう。今までの瞑想とへミシンク、そして、内観やってみます。

ありがとう。


コメント

A(鹿児島県)

2014/10/10 16:31

先日ヒーリングに伺いましたAです。
連絡をしなければ…と思いつつ遅くなってしまい申し訳ありません。
帰ってからも色々と不調が続いたのですが、なんとか持ち直して来ました。
まだ体力が回復していないので運動に関しては朝夕の散歩のみですが、あいうべ体操だけは毎日続けています。
確実に元気になれるよう、急がず焦らず日々を大切に過ごそうと思っています。
ありがとうございました。


コメントへの返事

いろいろな不調は、治癒反応です。大丈夫
。良くなります。

朝夕の散歩で十分。あいうべ体操も効果が出てくるはず。寝る時に口にテープも忘れずに。
もうひとつ即効性のある方法があるけどここでは伝えきれないので、また来られた時にお教えしますね。

現世での考え方、視点を変えることです。もっと違う視点、観点があるはずです。そうすれば悩みも楽になります。毎日、瞑想をしてください。元気になられますように。


11

スタンド能力  スピリチュアル

私の遠方の患者が、精神病院に入院させられてしまいました。全く正常なのに、妄想が激しいと強制入院です。精神薬も無理やり飲まされています。

酷い医療です。確かに、膠原病という病気を持っています。でも膠原病は病気ではありません。(皆さんはこの意味が理解できますか)

膠原病という状態はあります。

そのせいで苦しむこともあります。それが妄想が激しいと認識されたのです。私は彼女と電話で話しました。全く正常です。異常ではありません。というか精神病は存在しない病気です。ストレスに反応しているだけ。

彼女は、私と話して涙を流していました。はやく退院して、薬から脱却して、普通の生活が送れることを願っています。本当に腹が立つ事態です。

さて、私は昨年より、サンゲージング、断食、瞑想をを繰り返すうちに全身からエネルギーが溢れだし、ヒーリングが出来るようになり、今年に入ってからヒーリングをするようになりました。

この時点で、吉田はとうとう頭がおかしくなったと思われた人もいるでしょう。そう思う人は思えば良い。本当のことを私は言う。

このところおかしい。というか進化している。

ヒーリングをしていると、もう一人の自分が私の手に反対側から手を添えている。ヒーリング能力が増したようだ。(とうとうおかしくなったか)。

例えて言うと、ジョジョの不思議な冒険のスタンドのようなものだ。スタンド能力が身に着いた。(大丈夫か?)

これにより、飛躍的に患者さんの治癒を助けることが出来るようになった。治せるようになったわけではない。治すのはあくまでも患者さん。私では無い。私は神では無い。出水に神様を名のる異常な医者がいるが、私はそうではない。

勉強会を行っている。病気を治してもらいたい割には、勉強会には患者は来ない。来る人もいるが少数である。

患者の意識改革が必要だと感じる。まず、その依存心をなくせ。私に治してもらおうなどと甘い考えで来るな。

私はそう言いたい。私は商売人では無い。

臨床家である。



コメント


百軒
2014/9/27 22:23
レベルが高いですね、私は他の日本人よりは、まだ医療の裏側を知っている方かと思いますが、難易度が高くて、ついていくのがやっとです。

例えるなら、高校野球では強打者だけど、プロではなかなか対応ができていないレベルです。

膠原病は病気であって、病気でないですね、蕁麻疹とかと同じですね、主にステロイド治療が一般的になりますが、まざ薬物中毒者への道ですね。

さて精神病院ですが、強制入院はよく聞きます、家族が創価が精神病院を利用し精神病院に入院させるケースが多々あります。


それから、宗教にハマると発狂して、統合失調症になり、精神病院の御世話になるケースも多いですね。

患者になるような奴もまた、依存心が強く、クレクレ症候群なので、病気を本当の意味で治す気もない者が多いのも、これ現実でしょ?

まぁ、このタイプはシブトクってなかなか死にませんから、少々厳しく対応して大丈夫ですよ。

精神病院は旧ソ連・ナチス・現代の北朝鮮が、政治犯として収容してきた歴史があり、これが、家族レベルで実行されているケースもあります。

保護入院は確か、家族の同意でOKです、なんせ、患者は精神疾患なので、意志は無視でかまわないということです。

この辺の話になると、市民人権擁護の会と私の考えは合致しています。



コメントの返事

治療はステロイドなどの免疫抑制剤、生物学的製剤などが使用され、最初は劇的に効きますが、約20年くらいで死にます。ですから40代で発症し、60代で亡くなるということです。薬を使っている人はそうなる可能性が高まります。

薬をつかわず、過ごしている方は、膠原病が治癒するか、多少の不便を抱えながら寿命まで全うします。免疫力が強すぎて病気になっているのではなく、異常な自己細胞があるからあ古い免疫系(胸腺外分化T細胞などが優位になって)がその細胞を排除しようとするとき、炎症が起こります。この時起こる炎症は、悪化ではなく治そうとする合目的的反応(治癒反応)です。

ですから、免疫力を下げる治療ではなく、身体を温めるなど、血行を良くするなど、免疫力を上げる治療をしないといけないのです。

完全に現代医学は膠原病(自己免疫疾患)の治療を間違っています。

強制に入院には私は反対です。誰かの悪意により、誰でも収容される可能性があるからです。恐ろしい制度です。

例えば言うことを聞かない息子を、母親が精神病院に行って、頭がおかしいので入院させてくれと言えば、息子が正常であっても保護され、薬漬けにされます。息子はいくら自分は正常だといっても相手にされません。

やられますよ。



百軒
2014/9/28 16:01
そうなんですか?

20年で亡くなるですね、もしや原発性硬化性胆管炎という病気なども主に診断から10年から〜15年で亡くなるという話ですが、これももしや同じケースだったりします?


精神病棟は怖いですね、薬だけじゃなく、看護師からの暴行や暴言もあります、結束バンドもあるし、本当に怖いです、精神病院じゃないけど、こんな事件知ってます?

30代女性看護師が70代の患者に暴行 停職3日の懲戒処分 宮城の病院

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140926/crm14092611380003-n1.htm

甘くないですか?こんなの氷山の一角です。



コメントの返事

その可能性はありますね。身体は滅多に間違いをおかしません。人間(治療)が間違いを犯すのです。難病は難病でない可能性があります。

介護の問題は、医療と関連しています。70代の男性にしても汚物を垂れ流すようになったのはなぜでしょうか?70歳でそんなことになるはずがありません。全ては治療(医療)の間違いです。
認知症になったり、寝たきりになったり、癌になったり、全ては医療の間違い、そしてそうなってしまった人を介護という拷問で苦しめる。介護している人も、放っておけば良い部分まで手を出して忙しすぎて自分が拷問を加えている事に気がつかない上に、重労働に陥っている。

現代医学は根本から見直さなければなりません。そういう時期が来ているのです。


拍手コメントの方へ

サンゲージング、気持ちがいいです。私も夕日に感動します。
ありがとうございます。
13

一ケ月以上咳が止まらない女性  症例

最近、風邪をひいてから治りきらず咳が残る人が増えてきた。悪くすると気管支炎になっている。

これはほとんど風邪薬の後遺症(副作用)と免疫力の低下によるものだと私は理解している。

風邪をひいたら皆、病院に行き、抗生物質と解熱剤(消炎鎮痛剤)と風邪薬と称して鼻水や咳を止めたり、気管支を広げたりする薬を処方される。

風邪に効く薬は無いのに風邪薬の処方とは驚きである。何を医者は学んでいるのだろうか?風のほとんどはウイルスによるものだが、細菌に効く抗生物質の処方に至っては頭をひねる。常在菌まで殺して免疫力は低下するだけ、しかも副作用だらけ。

解熱薬は、細菌やウイルスを助けるし、咳止め鼻水どめや気管支拡張剤は交感神経を刺激し、さらに異物の排除が出来なくなる。

風邪を悪化させる治療が、風邪の治療である。

さて、当院に一ケ月も咳が止まらないという女性が訪れた。何でも、アレルギーだと言われ、耳鼻科で抗アレルギー薬と咳止めを処方されていた。

それでも全く治らず、当院を紹介され来院されたといった次第である。

おまけに頭痛も有り、頭痛薬まで貰っていた。

私はまず、そんな副作用だらけのウソ薬を全て辞めさせた。治るはずが無い。もし治ったと思っている医者がいれば、それは押さえこんだだけで、異物は体内に残ったままいつかまた悪さをする。

薬で治っても、それは治ったとは言わない。汚染物質や細菌やウイルスを体内に残して体内を汚染したというが正解だ。

私の治療でどうなったか?知りたい?

9月13日来院。

治療(詳細は記載しない)ブレインステムヒーリング、そして今井先生のあいうべ体操。


9月15日

咳がほとんど治まった。治療。ヒーリング。

9月26日

治った。ヒーリング。


これは私が治したのではない。私は治るように導いただけで、治したのは本人である。たったの3回で、一ケ月以上の難治性の咳が治まった。

現代医学は何をやっているのだろうか?患者を治したいの?カネを儲けたいの?カネだよね。


めまいがするといったお年寄りの男性85歳が来院された。血圧の薬を飲んでいる。血圧は上が110しかない。めまいがするので、めまいの薬が処方されている。

私が医者なら、即刻、血圧の薬を辞めさせる。そうすればめまいは治る。血圧が年齢に対して低すぎるのだ。ちゃんと測っている?この年齢なら170はないと全身に血液は送れない。循環不全によるめまいなのだ。

本当にバカな医療だ。めまいの薬で治るはずが無い。副作用だけ被る。めまいの薬って、本当にバカみたいな薬で全く効かない。

言っておくがめまいの治療は簡単だ。自律神経を整えればすぐに治る。

85歳女性が来られた。脚に力が入らないという。聞くと、血液サラサラの薬と、鎮痛剤を3年も飲んでいる。

医者はこの老女を寝たきりにしたいのか?

血液サラサラの薬を何で飲んでいるのと聞いたら、脚が冷えると言ったら処方されたとのこと。

呆れてものが言えない。大学で何を習ってきたの?血液サラサラにしたら、衰えるばかりに決まっている。血液ドロドロの解糖系優位の時に、細胞分裂や組織の修復が行われる。それも寝ている時に。

血液サラサラが24時間続けば、組織の修復も、細胞のリモデリング(再構築)も行われない。

弱るに決まっているじゃないか。血液サラサラが良いとは限らないのだ。血液はドロドロの時も必要。一日でいうと半分はドロドロでないと活力が出てこない。

多分、知らないのだな。

もっと勉強すべし。

呆れた医療に出くわすことが多々あり、私は治すために臨床家をやっているのだが、これでは治せない。

何しろ、私より医者を信用する患者が多いからね。患者も依存心丸出し。権威主義的。自分の病気なのに自分で調べず、医者が処方しているから間違い無いと思っている。

医者の無知やカネ儲けは罪深い。なんとかしろよ。


え、なになに、病院は医療を行うところではない。うんうん。商売を行うところだ。経営学部出ているのにそのようなこともわからないのかって。

そうか、こりゃまた失礼しました。


コメント


百軒
2014/9/27 2:26
とても勉強になりました、かつ共感し賛同します。

血液サラサラのクスリの正体はネズミ駆除剤であり、納豆は禁忌ですよね。

風邪薬も結構怖いですよ、皆さんは運がいい方です、クスリのアナフィラキシーショックで失明や亡くなる人もいます。

それと、抗生物質投与で本当に必要な感染症で効果をなくし、肝心な時に役に立たない可能性があります。

血圧のクスリに関しては基準を下げて、たくさん飲ませる意図があったのです、松沢などがその代表でしたね。

患者の治療より臨床や実験重視です、それも建前でさらに強い権威と金が医者どもの目的・目標ですね。

救急医療以外は保険適用外にすればいいと思いますが、どう思います?



百軒
2014/9/27 16:06
ところで、病院という詐欺集団・殺人集団で1番得をしている患者と損をしている患者をご存じですか?

3つのタイプいます。

1つ目 クスリだけ飲んで、生活保護も障害者年金も貰わない、1番損をしている患者。

2つ目は クスリは飲んでいるが、生活保護も障害者年金も貰っているタイプ、人生においてドロー

3つ目は クスリは飲まずに、生活保護&障害者年金をダブルで貰っているタイプ、ちなみに年収は軽く300万円近くなり、偽装結婚もすれば、300万円になります。

さらに、悪党は貰ったクスリを西成辺りで販売しています、ただこれは目立つので逮捕されるリスクがかなり高い。

3つ目のタイプは暴力団や創価が頻繁に利用し得意とするワザです。

1つ目のタイプが1番損をして、バカを見るタイプですね。

2つ目のタイプはクレクレタイプですが、自分の生活を守ったり、生きる力はまだある、すでに薬物中毒状態ですが、ブラック企業で働いて過労死する労働者よりも長く生きることが可能です。

精神病院を筆頭に医者というクズ集団は吉田さんの記事ブログ通りすぐにクスリを出します、奴らの撃退法は簡単です。

何らかの申請書を書けと言えば、渋い顔をします、これまで喜んで頼んでもいないのにクスリを出してきたかと思えば、急にあなたは健康でクスリは飲まなくてもOKですといいます。

奴らは自分の診断に根拠すらなく、患者が来れば、何も考えずにクスリを出します、奴らは六本木や赤坂の薬物の売人となんら変わりはありません。

違法か合法かの違いはありますが、人に対し不要な薬物を金で売る行為は何も変わりません。

アスカの常連だった新宿の薬局も街の薬局も客はカモであることに相違はないです。


医者や薬剤師を見れば、売人だと思うことが重要だと思います。


コメントへの返事

毎年、医師が8000人誕生します。1人の医師に年間約1億円必要です。国の予算は約95兆円でそのうち医療費が約35兆円、もうすぐ40兆円に迫る勢いです。お年寄りは元気になり、若い人に負担をかけないようにしないと、この国は潰れますよ。

この国は医療費で破綻します。

クリックすると元のサイズで表示します

本当にバカげたことです。医師不足など嘘です。医者が増えると病人が増えるのです。そうしないと医師は生活が出来ません。

医療が充実すると、病人が増える。死亡する人が増える皮肉なことです。

夕張モデルがそれを証明しています。

医療崩壊のすすめ


夕張市は財政破綻しました。それにともない医療も崩壊しました。さて、どうなったでしょう。

夕張市の死亡率は低下し、夕張市のお年寄りは元気になったのです。病院がないので、自分の健康は自分で守るという意識が強くなったからです。夕張市に行った鹿児島の医師は健康になるために医療崩壊を薦めています。

以前より健康な人が増えたそうです。これは、夕張だけではなく、他国でも起こっている現象です。医療が崩壊すると元気な人が増え、死亡率が激減する。医療が充実すると、死亡者数が増える。皮肉なことですね。

1973年 イスラエルで医師のストライキが1ヶ月間。死亡率は半減。1976年、コロンビアで医師のストライキ、死亡率が35%低下。ストライキが終わると死亡率は元に戻った。

安保教授は、こう言っています。70歳を過ぎたら飲む薬は一錠も無い。(というか若くても飲む薬は一錠もないですけどね)

75歳になったら病院に足を向けない。

健康診断もしない。自然に任せろ。そう言っています。そうしないと、痴呆、寝たきり、最後には殺されます。


今の病院は設備にカネをかけ過ぎで元をとらなければならない。

今の病院は、建物には膨大な建築費をかけているし、CTやMRIなど高額な設備を備え、多くの医師や、看護師、放射線技師、臨床検査技師など大勢の人を雇っている。そのため経営を維持するため、大量に薬を出し、無駄な検査をして病人を作り出さないと経営できないシステムになっている。

皆さんは、その認識が無い。皆さんの健康より、医療経済が優先なのです。

百軒さん

医療は救急医療に特化すべきと私も思います。

そうすると多くに医者は困ると思いますがね。最近、私の地元で脳神経外科の商売を始めた病院があります。犠牲者が増えなければ良いですが。性急に医療改革が必要です。患者の意識改革も。でも洗脳された患者は理解できないでしょうね。


拍手コメントの方へ

そうですか。ありがとうございます。

最近、ヒーリングしているともう一人の自分が自分の手に手を添えてきます。ヒーリング能力が増したようです。(とうとう頭がおかしくなったか)ジョジョの不思議な冒険のスタンドのようなものです(わかりますすか?)。これからも私のブログ読んで下さいね。





16
タグ: しつこい咳

第7回勉強会2  治療院からのメッセージ

コメントへの返信は記事の最後に

先日、勉強会を行いました。この勉強会は非常に重要な内容の為、聞き逃した人の為にもう一度行います。ぜひ、ご参加ください。


                第7回勉強会2 

日時:9月27日(土) 10:00〜12:00

場所:吉田鍼灸指圧治療院

内容:病院(鍼灸院、整骨院)では絶対に教えてくれない病気の真実

当院でしか聞けません。


   (私たちは何故病気になるのか?その仕組みについて。)

料金:3500円

定員:7名

参加ご希望の方は、前日までにお電話か直接申し込む下さい。

最初に瞑想を5分行います。

0986−23−8531


拍手コメントの方へ

ありがとうございます。これからも良い記事を書くように努力してまいります。
ぜひご覧ください。



以下コメント

2014/9/22 22:51
投稿者:百軒
>病院(鍼灸院、整骨院)では絶対に教えてくれない病気の真実


それは、病気を継続して貰っていて、いつまでも口座になってもらわないと、製薬会社も医者も金儲けできないからですね。

それから、心療内科は簡単に病人として診断しますが、傷病手当申請や障害者年金の記載は嫌がります。

医者はクスリは出すけど、申請書は出さない。

ちなみに創価や暴力団は不正に取得しています、障害者年金や傷病手当をね。


百軒さん

知れば知るほど嫌な世の中だな。



百軒
2014/9/23 13:53
>知れば知るほど嫌な世の中だな。

下記に関連記事を引用します、障害者年金・労災保険・傷病手当・あぶれ手当・民間の保険などは詐欺の温床でございます。

背後は創価や暴力団です。


詐欺未遂:傷病手当を不正請求 容疑で組員と組長逮捕/大阪
 自分でつくった会社をけがで休業したように装い、健康保険の手当金をだまし取ろうとしたとして、淀川署は13日、山口組系暴力団組員でトラック運転手、津田健市郎被告(43)=別の詐欺事件で起訴=と同組長で豊中市庄本町、無職、関基郎容疑者(41)を詐欺未遂容疑でそれぞれ逮捕したと発表した。同保険で支払い前に不正請求を見破ったケースは全国でも初めてといい、同署は同様の手口で暴力団が金をだまし取っていた可能性もあるとみて調べている。

 逮捕容疑は、津田容疑者が昨年12月に階段から落ちてけがをしたように装い、同容疑者が代表を務める建設会社で働けなくなったとして、全国健康保険協会から傷病手当約183万円をだまし取ろうとしたとされる。津田容疑者は容疑を認め、関容疑者は「津田(容疑者)が勝手にやった」と否認しているという。


何故、私が内海聡医師を批判するのか?http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/971.html

に小児科医師の先生からコメントを頂きました。

めんめん

2014/9/23 20:45

私は小児科医師です。荒唐無稽過ぎて面倒臭いので医師は相手にしないだけです。世の中には「地底人がいる!」と論じている人もいますがそれに真っ正面から誰も相手にしないのと同じです。たちが悪いのはちょっと正規分布から外れてしまった人たちが彼を持ち上げてしまうことです。百軒さんの分析が正しいと思いますよ。レッテル貼りや恫喝的発言で支持者を恐怖や優越感で離さないようにしているところはヒトラーと似ています。児童相談所を攻撃するのもたぶん自分が何らかのケースで目を付けられた事があるからでしょう。いつかは訴訟など社会沙汰になるとおもいますよ。



コメントへの返事

めんめんさん

コメントありがとうございます。やはりそうですよね。相手にする価値が無い。彼を指示している人々(患者やお母さんたち)は自分達がバカにされていることに気づいていないのか、恐ろしいのかのどちらかだと思います。ぜひ、彼の言うことを鵜呑みにせず自分で調べて自分の意志を持って欲しいと思います。

私に言わせると、彼を指示している人々は、マゾヒストだと思います。バカにされているのが心地よいとは変態ですね。私の予想では彼はいつか消えると思います。医師としても、セラピストとしてもヒーラーとしても全く失格だし方向性を失っている。

彼自身、自分がどうしたいかわかっていない支離滅裂な状態になっているのではないかな。はやく医者を辞めて自称ジャーナリストになるべきですね。

めんめんさんコメントありがとうございます。貴重な医師の意見が聞けて良かったです。

内海医師批判のコメント欄もお読みください。http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/950.html


百軒
2014/9/24 11:13
めんめんさんどうもです。

奴の医療の知識の源は市民人権擁護の会です。

実は私も、現代医療に関して否定的な立場の人間なんですが、大阪の岡本裕医師程度の否定レベルです。

医者が教える 本当に病気を治す医者の選び方

上記は素人の人にオススメするレベルですね、安保さんの本は気合いが必要で、勤め人が読むには体力的に厳しいく難解です、なので初級として上記の書籍をオススメします。

児童相談所もヤバい話も私は正直あると思いますが、話が誇張しているんですよね、南出弁護士って知ってます?彼は児童相談所の拉致問題に取り組む一方で戸塚ヨーットスクールとお友達です。【石原慎太郎も】

【2005年に静岡刑務所で服役中 の戸塚宏が東京地裁にて静岡刑務所を提訴した時には、戸塚の訴訟代理人を務めた。】

その弁護士と内海・戸塚は虐待主義者なので、そりゃ児童相談所は攻撃しますよ。

内海はよく、自分で調べることを多くの人間ができないと言っていますが、正論です。

自分で調べたら、内海の信者になることはありえない。

うつは甘え!ひきこもりは許さん!という思想が戸塚と内海には共通しています。

http://aoamanatu.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

上記のブログをご覧くださ


百軒
2014/9/24 11:19
これは、法の華の後継団体の天華の救済という団体ですが、法の華時代から言っていることです。

下記を参照ください。

琵琶湖を汚してごめんなさい
地 球を汚してごめんなさい
自 然を汚してごめんなさい

http://universal-joy.net/tenkablog/2010/11/10.html


内海 聡

子供たち、ごめんなさいm()m
この世界を放射能だらけにしてごめんなさい。
この世界を農薬まみれにしてごめんなさい。
この世界を添加物まみれにしてごめんなさい。

https://ja-jp.facebook.com/satoru.utsumi/posts/507318516018573

似ていません?最近は宇宙の法則に関しても話していたり、内海も法の華も共通していますね。

おいおい、奴はサイエントロジーじゃないのか?というここで疑問が出ますが、宗教の多くはロスチャイルドシオニスト【イスラエル】に帰結するので、ロジーでも法の華でも、関係ないです。

奴は支配者層の代理人です、ラルフネーダと同じです。


コメントへの返事

百軒さん

彼は、支配したいのでしょう。子供達を守りたいとは偽善者もいいところです。人類は滅んで欲しいのにね。彼の言う通りに行動していたら、極端な思考の子供が成長します。これはカルトです。彼は本当のことを知りません。自分の犯していることも知りません。そして仲間を作り、賛同する医者を集め絶好調です。真弓貞夫医師は素晴らしい医師ですが、内海医師はまったくダメです。医師免許をはく奪すべきでしょう。真弓医師と友達のようなふりをして、自分の価値が高くなったように見せかけています。

彼は百軒さんの言う様に支配者層側の人間でしょう。彼の信者には早く気づいて欲しいですね。

内海医師批判に対するめんめんさんのコメント

めんめん

2014/9/24 16:35

安藤さん、本当に同情致します。小児科医師をしているものです。
もう内海は宗教と同じです。奥様はもともと純粋で真面目で、しかし神経質なタイプな方なんだと思います。本当に可哀想に思います。ワクチン後に発熱することはありますがワクチンというよりはたまたま風邪と重なってということも多いですし、ワクチン原因でも一過性です。元気に走り回っていますしお父様の言う通りなんでもない子だと思います。相手は医師と言いますがまともな研修をしたことはなく、研修病院を転々としています。離婚云々は私にはどうすることもできませんが、子育てのストレスやプレッシャーがそうゆう方向に女性を向かわせてしまうのかもしれません。ほんとうにカルト宗教と同じです。7


私のコメント

めんめんさんと全く同意見です。あれはカルト宗教です。この問題は記事にしたいことがあるのでのちほど書きます。めんめんさんありがとうございます。


めんめん

2014/9/24 20:57
内海氏に対する批判は共通していますが吉田鍼灸院さんのワクチンに対する考え方も尋常ではありません。破傷風、ポリオ、百日咳で子供が死ななくなったのはなぜですか?近年細菌性髄膜炎が減少しているのはなぜですか?小児科医として申し訳ありませんがこのサイトからは撤収します。


コメントへの返事

めんめんさん

共通の意見もあるけど、そうでない部分もあるようです。尋常ではないのではなく、あなたが無知なのです。アイゼンスタイン博士の本を読んだことがあるのでしょうか?ブレイロック博士の本は?世界中の医師、小児科医がワクチンに反対するサイトを調べたことがあるのでしょうか?英語のサイトが読めますか?自閉症と関係しているという論文を読んだことがありますか?血中に、アルミニウムや、ホルムアルデヒドやポリソルベートや、水銀や異種タンパクを入れることが正常だと思われるのですか?あなたは通常の無知な医師となんら変わりがありません。日本の脳炎で予防接種をして子供が死んだ事件を覚えていますか?話にならないので撤収して下さい。そして、もっと勉強をするように。付け加えておきます。
それと、私は大学の衛生学で学びましたが、あなたが言う病気が減ったのは、衛生環境が良くなったからです。もし、ワクチンを信じているなら絶望的な小児科医ですね。あなたの病院は行かない方が良いことを言っておきます。


コメント

百軒
2014/9/25 0:45
う〜む良心的な医師でも、予防接種を信じている人が多数いるのが現実なのが怖いですね。

>衛生環境が良くなったからです

これ、重要ですね、ちなみに寿命が伸びたのもこれが理由ですね。

芸能人の泉谷も確かポリオの後遺症であのようになっているんですよね。

現代医学教会の聖水である、予防接種を推奨しているのはよろしくないですね、子供を悪魔に捧げる儀式に協力していることになるのですから。

めんめんさんも医者だから批判は得意だけど、ある意味で内海に騙されている一人ですね。

それは、内海が医学に関するワクチンなどの話を全く嘘だと断定している層ですね。

ワクチンを信用しているのは、古い世代の医者や親層ですね。

昔、地域猫を世話をしているババアがワクチンをさせて、その7ヵ月後に亡くなったんですよね。

高齢者猫だったんですが、まさか、ババアは予防接種は関係ないと思っているでしょね、動物虐待をしている現実があります。

めんめんさんもまた、子供虐待を知らず知らずにしているんですよね。

とりあえず、【子どもと親のためのワクチン読本 知っておきたい予防接種】 母里さんの本でも読んでください。

予防接種は病気を逆に流行らせ、不妊や自閉症の原因になっています。

ワクチンはかなり有害ですよ、牛乳くらいなら目をつむりますが、予防接種はダメです。


私のコメント

とても残念ですね。でも一般的な医者ですよ。科学という宗教を信じている。製薬会社や医師会の言うこと、大学で習った嘘の医学を信じている。

彼に何を言っても彼は盲目でしょう。多分、情報は入って行かない。これだけ情報が氾濫してなにが真実かを調べる方法はいくらでもあるのに、おバカな医者が減らないのはその信仰が以下に堅いか、洗脳が強いかを示しています。それとカネでしょう。健康な人に打つのがワクチン。注射針から健康が生まれるとは驚きです。これほど美味しい商売は無い。恐がらせて、打てばよい。

百軒さんが紹介した本は非常にお勧めですね。まあ、めんめんさんは否定するでしょうが。多分、医薬品の添付文書も読まずMRの言うことをそのまま信じ、サイエンスなどのおバカになる雑誌論文を読んでいる類でしょう。

めんめんさんはもうコメントしないで下さいね。もし、議論したいなら、住所、医院の名前、あなたの本名をここでお知らせ下さい。そうしないと全てをさらけ出して情報発信している、私とは対等(公平)ではありません。あなたとは議論(話に)になりません。どこまで行っても話にならないでしょう。時間の無駄です。

それにしても医者ってダメだな。


コメント

kj

2014/9/30 21:07

初めまして。
内海先生が宮崎県に講演に来ないかと『内海聡 宮崎県』
で検索したら1番にヒットしたブログで読ませて頂いたのが初めてでした!
偶然にも同じ都城との事で勉強会など伺いたかったのですが、仕事が忙しく行けずじまいで、その間に相談したかった、元々の気づくキッカケとなった子供のアトピーも自己流で良くなり日々を過ごしていたのですが、最近私の周りにすごく不妊症が多く、病院に通ったりしてるみたいなのですが、結果が出ないようです。
私的には病院の不妊治療に頼らず根本的な原因を見直して本来の自然治癒力をと思うのですが、なかなか私のような一般人が説明しても伝わりません…
そこでこんなにいい先生が都城にいるのでまずは私自身が勉強会に参加したいと思うのですが10月は予定されてますでしょうか?
また、不妊に対するお話を聞かせてもらいたいのですが大丈夫でしょうか?
突然の至らない文章での質問申し訳ありません!


コメントへの返事

kjさん

勉強会は内容を変えて毎月行っています。

今回の勉強会は同じ内容が3回目になるのでどうしうようかと考えているのですが、とても重要な内容なので3回目も聞いて欲しい気持ちはあります。人数が2人以上集まれば、開催しても良いかと考えています。

日程はこのブログでお知らせしますが、今月は11日を予定しています。不妊にも関係する話も大丈夫です。

ブログをよく見ておいて下さい。

9
タグ: 勉強会

安藤 純二郎さん、百軒さん、拍手コメントの方へ  

安藤純二郎さん

あなたの言う通りです。でもいろんな事をもっと自ら調べて下さい。具合の悪い時に病院に相談すればと言っていますが、病院には何もありませんよ。自分の身体は自分で守って下さい。医者に相談しても、身体を悪くされるだけです。私のブログを注意深く読んで下さい。現状の医療がどういうものかわかると思います。内海氏からは離れて下さい。奥様も目が覚めるといいですね。あなたの生活の仕方で良いと思いますよ。そしてとにかく運動して下さい(脳を鍛えるには運動しかないの http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1095.html 記事を読んで下さいね)。運動して代謝を上げていれば多少の有害物質を取り込んでも解毒できるので大丈夫です。




百軒さん

有益な情報ありがとうございます。安藤さんに読んでもらえるといいですね。この問題は奥が(闇が)深そうだ。


拍手コメントの方へ

その通りです。運動を続けて下さい。共感して頂いてありがとうございます。私も毎日運動しています。

8

内海聡医師批判 へのコメント  医学情報

私のブログへの投稿コメントへの返信は制限されている(出来ない)ため、記事にてコメント致します。

内海聡医師批判 http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/950.html

に次のようなコメントを頂いた。本名だろうか、あなたは勇気があり素晴らしい。

私はもうこの問題から離れようと思っていたのだがこの問題は終わりが無い。被害者は相当いるようだ。

病名が「ワクチン後遺症」とは、驚いた。なんていい加減な診断名?彼の言う、精神科医は99%誤診に匹敵するいい加減な診断。

ワクチンの害については私もブログにて警告しているが、このような診断名は確信が無くつけられない。

家族が崩壊していく。これが医者の仕事だろうか?


安藤 純二郎

2014/9/21 12:32

私は最近この医師から、4歳になる息子の診断書を頂いた父親です。病名は『ワクチン後遺症』内容は日本脳炎のワクチンを打った後に体調が悪化し、ワクチンの後遺症との事。現在栄養療法と心理療法的にて治療しているが、ワクチンの毒性物資の問題と父親の問題が混在しているため、双方の観点から治療していく事が必要であろうう。(一部省略)と・・・いつの間にか私の問題にされています。面識もない医師にこんな診断書を作って頂き驚愕し、困惑しています。私の妻はこの医師を崇拝している様で、本を何冊も購入し、無農薬や有機農法の食事をこどもに食べさせている様です。それ自体は良いこととは思うのですが、家計は逼迫し、子供に牛乳や砂糖は毒と教え込み一切口にさせないようになりました。そのことによる口論が絶えませんでした。私は医学は無知ですが、薬が全て悪とも思っていませんし、逆に全て善とも思っていません。子供は確かに日本脳炎の予防接種を受けた後に高熱をだしましたが、普段は元気に走り回ったりして、私の目には異常を感じなかったです。それでも妻はおかしいと主張し、色々な大学病院を転々とし、門前払いを受けここに行き着いたようです。妻とは現在離婚調停中で会話をかわす事もなく、裁判に提出する書類としてこの様な診断書を妻が作らせたと思いますが、何せ肩書き医者なのでとても困っております。マルチ商法やマインドコントロールを感じるのですが、内海という医者はどういう人物なのでしょうか?


>奥様はうつみん教という宗教につかまってしまったのです。私のアドバイスは、普通に生活し、内海氏からは離れなさいということです。

奥さんとの関係はもう修復不可能でしょうか?できれば修復してください。子供の為にも。

そのためには、奥様のマインドコントロールを解かないといけません。難しいですか?

私のブログの内海医師批判のコメント欄を読ませて、被害者がどう言っているのか認識させて下さい。

本当に不幸なことです。

もう一度言います。この男は虚無主義者で超悲観論者で、人間を人間と思っていません。彼自身が精神異常者です。

すぐに離れて下さい。彼の本を崇拝しないで下さい。

本物は、安保徹教授です。彼の本を読ませて下さい。最新刊は素晴らしい出来です。「病気にならない常識」


クリックすると元のサイズで表示します




彼のせいで幸せを失わないで下さい。


11
タグ: 本物の医師

脳(身体・精神)を鍛える(健康にする)には運動しかない  医学情報

 クリックすると元のサイズで表示します

2000年10月「ニューヨーク・タイムズ」紙は、デュ―ク大学の研究者が、うつ病の治療には塩酸セルトラリン(SSRIの一種。商品名ゾロフト)より運動の方が効果があることを証明したと報じた。



p10

運動をすると、セロトニンやノルアドレナリンやドーパミンー思考や感情にかかわる重要な神経伝達物質ーが増えることは良く知られている。

(基本的に抗うつ剤は、このような神経伝達物質を無理やり増やす)

※セロトニン・・・気分、衝動性、怒り、攻撃性に影響する。
 ノルアドレナリン・・・注意、知覚、意欲、覚醒に影響する。
 ドーパミン・・・学習、報酬(満足)、注意力、運動に関係する。


強いストレスを受けると脳の何十億というニューロンの結合が蝕まれることや、うつの状態が長引くと脳の一部が委縮してしまうこと、しかし運動すれば神経化学物質や成長因子がつぎつぎに放出されてこのプロセスを逆行させ、脳の基礎構造を物理的に強くできること、そういったことをほとんどの人は知らないのだ。

p130

運動をすると心筋から心房性ナトリウムペプチド(ANP)が分泌され、それは血流に乗って脳まで送られ、血液・脳関門を通り抜ける。脳に入ったANPは海馬の受容体にくっついて、HPA軸の活動を調整する。

クリックすると元のサイズで表示します


※HPA軸・・・ストレスを受けると、主に2つの反応が起きる。視床下部→脳下垂体→副腎の反応の系列を「HPA軸、HPA系」という。

(a)視床下部(CRH)→脳下垂体(ACTH)→副腎皮質ホルモン(コルチゾール)→免疫抑制
ストレスが加わると、その刺激は大脳辺縁系から視床下部に及び、視床下部からCRH(コルチコロトピン放出ホルモン)が分泌され、それが脳下垂体からACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を分泌させる。すると、副腎皮質から、コルチゾールが分泌される。
短期的には、ストレスに対処する反応であるが、繰り返されると、免疫力を低下させ、種々の病気への抵抗力が落ちる。コルチゾールは、血糖値を上昇させ、細胞面疫や液性面疫を抑制する。 ナチュラルキラー(NK)細胞の活動を抑制するので、がんを悪化させたり、起こしたりする。

(b)交感神経の興奮→種々の臓器に作用、副腎髄質からカテコールアミン
カテコールアミンは、血管収縮、心拍数増加、血圧上昇、血小板の凝集能増加、胃の粘膜血流の低下、肝臓からブドウ糖を血中に放出などの反応を起こす。繰り返される種々の病気を起こす。




難しい話ばかり書いても仕方が無い。ここからは自分の言葉で本書を紹介したい。

私は臨床の中で、病気を治すためには運動が必要ですよと強調し過ぎるくらい運動を薦める。

しかし、なかなか運動を始める人は少ない。残念な限りである。本当に病気を治したいのか頭をひねってしまうケースも多々ある。

運動をするとしないよりは身体に良いだろう。それぐらいにしか考えていない。

そうではないのだ。あなたの病気が治るかどうかという根幹にかかわる重要な問題なのだ。

運動をすれば、血流が良くなり、体温が上がり、代謝も上がる。そうすると身体中の機能が全て正常化するのだ。糖尿病の人は、インスリンがきちんと働くようになり、糖尿病は治る。

うつ病の人は、気分を改善し、海馬(短期記憶に関わる脳細胞、うつではここが委縮する)の脳細胞が増え、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの分泌が増えて血流が良くなる。

心臓からは心房性ナトリウム利尿ペプチドが、ストレス反応である、HPA軸(視床下部→脳下垂体→副腎→ストレスホルモン放出)というストレス状態を抑える。

人体の50から70兆個といわれている細胞全ては、血液によって養われており、適正な体温で遺伝子が発現し酵素(酵素は温度依存している)が働く。つまり代謝が上手く行われる。

病気の部位は、これが途絶えているのである。代謝が上手くいかないので病気になっている。細胞が養われないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
神経細胞が痩せていく。

代謝が悪いのに、代謝を止める薬物をせっせと摂取する。病気が治るはずが無い。

あなたがしないといけないことは、代謝を上げることである。止めることではない。

クリックすると元のサイズで表示します

つまり、身体を温める。血流を良くするということが治癒の条件である。

天変地異の災害があって、その村が孤立したときにその村を復旧させるにはまず何が必要だろうか?

道路などのインフラである。そこを通って、食糧を運んだり水を運んだり、家屋を修繕する物を運ぶのだ。そして、要らなくなった物を運び出すのだ。

この道路に当たるのが、人間では血管である。そして、汗水たらして、苦労して復旧して行くのである。

人間でも同じ、汗水たらして、苦痛に耐え(炎症などの不快な症状は治癒反応:かゆみ、痛み、しびれ、発熱などは治癒反応)治癒に至るのである。

人間の活動も、細胞の活動も全く同じである。

台所で生ごみが発生する。夏場だとすぐに腐敗し、ショウジョウバエが発生する。ここに殺虫剤を撒き、消臭剤でごまかし、袋に入れてしまう。

それがあなたたちが、現代医学がやっている治療である。原因は放置したまま。

大切なのは、その生ごみを早めに台所から取り除き自然のサイクルに戻すことである。その際は、身体を動かさないと出来ないでしょう。

運動が大切なのです。身体を動かさずに病気を治そうとは虫が良すぎるのです。

肩が痛かろうが、腰が痛かろうが、動くことです。じっとしていてはいけません(治りません)。


本書の通り、脳(身体・精神)を鍛える(健康にする)には運動しかないのです。太古の昔から人間の身体はそう出来ているのです。

安静にしておくのは急性期の一時的な処置、あとはひたすら動くのみ。

そうすれば、身体も心も癒されていくでしょう。

運動嫌いな方。本書を一読されることをお勧めします。



当院では、ウォーキングを企画しています。またお知らせします。一緒に元気になりましょう。


18

多発性骨髄腫  スピリチュアル

今朝、自分が多発性骨髄腫になったビジョンを見た。

病院での一場面。白衣を着た医者から多発性骨髄腫ですねと診断され、治療法を説明されている。

私は、がんになったら、抗がん剤、放射線、手術いずれも拒否しようと思っている。なぜならそれで殺されるからだ。

それなのに、ビジョンでは、抗ガン剤治療を受け入れる流れとなっていく。とても拒否できる雰囲気では無いのだ。医者も家族も常識も。

ああ、そうかみんなこのような流れで化学療法に入って、殺されていくのだナとぞっとした。

私の周りでは、癌になり治療を受けてだいたい1年、長くて3年くらいで亡くなって行く。

治療を拒否した人は、しぶとく元気に生き残っている。

一説では、統計によると、治療を受けた人の平均寿命は3年で、無治療の場合は12年だそうだ。

今朝のビジョンはリアルで現実であった。そして、癌になった気持ち、治療法の選択の苦悩が良く理解できた。

それを理解しなさいとという治療家である私へのメッセージだったのだと思う。

ビジョンのなかの私は、多分、3年以内に霊界へ旅立つのだろうな。

瞑想の時間だ。


音によって水の形が変わる。人間の70%水。水だけではなく、全ての原子、分子構造に振動は影響を与えるし、私たちは与えられている。それぞれは固有の振動数をもっている。面白い。

9
タグ: 精神世界




AutoPage最新お知らせ