水は記憶を持っている  スピリチュアル

今、私はデビッド・アイクの新刊(未邦訳)を読んでいる。読んでいると言っても、英語は全くできないので、いい加減なものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その中から紹介したい。本来は原文を載せて、訳文を書くといいのだが(訳の間違いがわかる)著作権に触れるかもしれないので、私のいい加減な訳文で抜粋、掲載する。誤訳があることを考えながら読んで欲しい(ごめんなさい)。

ホメオパシーの原理に関係する内容だと思う。


水の記憶について
以下p36〜37抜粋

ドイツのシュトゥッガルトにある航空宇宙研究所は、水の中の情報を撮影する技術を開発しており、宇宙のホログフィックについての情報を水が保持していることを確認してきました。研究者は、水のタンクに花を入れ、それを取り除き、開発した技術を用いて、水のしずくを観察しました。全てのしずくが花のイメージを含んでいることがわかりました(“水は記憶を持っている”YouTube参照)。

Water has Memory(水は記憶を持っている)
https://www.youtube.com/watch?v=ILSyt_Hhbjg

別の実験では、現地のコミュニティからボランティアを集め、水を同じ容器から4滴筒取り、皿に入れそこに名前を書くようにお願いした。彼らは、4人のいずれの場合もそのバッチの水は違っていたが、おのおのの4つの水滴のバッチは同じであったことを発見した。


クリックすると元のサイズで表示します

図48
4人のそれぞれの全ての水滴が同じように見える。水は、水を容器から皿に移すわずかな時間に個々のエネルギーフィールドを記録した。


皿にタンクからの水滴を移動させると言う単純な行為において、関与する人の固有情報フィールドを保持していた。今、その情報(記憶)を想像してみると、それは海に、湖に、川に含まれ、そして、その情報が、汚染と呼ばれるメキシコ湾の原油流出事故、福島の原子力の大惨事によっていかにひずんでいるかもまた考える。どちらも、私は示唆した事故であった;

人間の身体は60〜70パーセントは水であり、体内の分子の90パーセントは水の分子である。同じ原理が他のものと同じように体内の水分にも適用されます。それは、私達が摂取する、汚染された飲み物、呼吸、そして、食物の中の化学物質や飲み物の添加物、大気圏の汚染はボディマインドコンピューター情報の何を歪ませているのか?
その答えは明らかである。

以上 

抜粋終わり

12




AutoPage最新お知らせ