歯の話  医学情報

クリックすると元のサイズで表示します

この本は良書であるが、著者が肉食であり、なお且つ、内海聡医師の仲間である。

私は、内海医師の書籍はほとんんど持っている。賛同する部分が多いからである。しかし、嫌いである。彼に同調して、教祖のように集まっている人々も嫌いである。なぜ嫌いか、これは自分でもわからない。考え方が似ているのに嫌い。

きっと私がグーミンだからだろう。


著者の長尾氏は肉食礼賛者である。私は偽善者かどうかわからないが、肉食礼賛者は嫌いである。著者は「チャイナスタディ」を読んだことがあるのだろうか?

偽善者と言われようが、残酷な肉食は反対である。健康の問題では無い。植物も命がありそれを食べているのは偽善だとよく言われるが、植物は食べられることにより、種を運び、命を繋ぐ働きをしている側面もある。

動物とは違う。肉食がある限り、人間の残虐性は消えない。戦争も絶対に防げない。残酷すぎるのだ。それを偽善という神経がイカレテいる。

「歯医者が虫歯を作っている」その通りだろう。すべてカネの為に働いているのが現代資本主義社会。

良く描いたと言いたいが、切り込みが甘い。保身に走った書き方である。これなら内海医師の方がずっとまし。

歯磨き、ブラッシングが虫歯予防に歯周病予防に非常に有効なのは私は知っている。なにしろ自分の歯は私は自分で治す。

優秀な歯科医というのは、フレンズ歯科の谷先生 http://ameblo.jp/friends-dc/ や あごろべえ先生、臼井先生 http://agozure.com/index.html のことを言うのである。

この人たちが本物の医者である。

長尾氏の本は良書であるが、買って損した。

といっても、これは私の個人的見解なので気にしないように。

虫歯は全身病であり、鍼灸でも対応できる。これが長尾氏にわかるだろうか?これがわかればたいしたものだ。そうであれば認める。

良書なのに、残念な本だ。肉食礼賛を除けば、いいことが書いてある。しかし、中途半端。もっと批判しろ。そして本物の治療をしてるのか。と私は思う。

残念だ。








13

吉田鍼灸指圧治療院第一回健康座談会  医学情報

 急遽ですが、第一回健康座談会を行いたいと思います。限定5名です。会費は1000円。急遽なので参加者は誰もいないと思いますが、何か相談されたい方はぜひコメント下さい。


私の相談料は3500円なのでかなりお得ですし、面白い話も聞けるかも知れません。

参加希望者は、コメント下さい。今後、定期的に行いたいと思います。


日時:3月1日(土) 10:00〜12:00

会費:1000円

限定5名

前日まで


電話での問い合わせ 0986−23−8531

参加者がありました。まだ募集していますので、勇気を持って参加下さい。皆さんが知らない話をします。


まだ間に合うぞ、後一時間。実を言うと健康座談会はうちの治療院の患者には一切話をしていない。インターネットだけ。今後も続けます。




10
タグ: 健康座談会

かもねぎ  医学情報

逆流性食道炎の患者さんが来院された。

バカみたいな病気だ。そんな病気は存在しない。これは嘘病気。騙されている。これはあきらかに詐欺だ。

逆流性食道炎なんてすぐに治る。何年も薬を飲んでいるという。


それで治ったの?

患者さんに曰く、治らないから飲んでいるんです。


私は感性を養ってほしい。何年も病院に通って治らないのはおかしいと疑問をもたなければ。治せない病院も病院だが、患者も患者だ。


何かがオカシイって思わなきゃ。


今の人は、頭でっかちで感性(本能)を失っている。教育(洗脳)で教え込まれたマニュアル人間ばかりだ。


逆流性食道炎の正体は?


単なる、食べ過ぎ飲みすぎである。バカみたい。


これに薬を投与??? 逆流性食道炎の治療 http://p.tl/omX8

胃酸を抑えるというおバカな治療。薬の長期摂取により胃酸を抑えることにより、酸分泌細胞が胃酸を分泌しなくなり、委縮し、委縮性胃炎、慢性胃炎に陥り、いずれ胃癌となる。

胃癌にする治療法である。おめでとう。


これで金儲けできる。


私なら、そんなことをせず簡単に治す。バカバカしく簡単に治る。病気でも何でもない。


患者に、以下の様な例え話をした。


あなたたちは、カモですよ。カモがネギ(症状:実際は症状は治癒反応、現代医学では治癒反応を悪と見なし病気にしてしまい、これを抑える。つまり病気を治すと称し、治癒反応を止める)背負って、病院に行く。病院では、餌(薬)が与えられる。

もっとカモを太らせるため(カネににする為)。カモは、餌(薬)をたらふく食べ、その副作用で新しく病気を増やす。そうすると美味しくなる(カネになる)。

十分太り、ネギ(症状)も増えたところで、病院では、鍋が用意される。どうしても太らないときは、無理やり点滴や胃ろうで太らせる。

十分太って美味しくなったら(カネになったら)、最後にはカモ鍋にされて殺される。死んだら、葬儀社を紹介してリベート(カネ)をもらう。

あなたはカモ鍋コースに乗っていますよ。

家畜ですよ。家畜は最後に屠殺されカネに変えられ食べられるでしょう。

それが現代医学です。

太るのは、製薬会社と、厚生官僚とそこに金魚のフンのようにひっついた政治家、病院をはじめとする医療関係者、国、イガクムラと葬儀屋さんと、坊さん。

あなたたちは家畜であり、牧場主は病院、餌は薬(製薬会社)。元締めは国。

ワクチンを打たれたり、薬を投与されたり、ホルモンを飲まされたり、切り刻まれたり、血液を入れ替えさせられたり、被ばくさせられたり、思うがまま。

素敵な世の中ですナ。


ちなみに患者の、逆流性食道炎はすぐに治ります(断言)












17

不妊症  医学情報

みーたんさんの依頼で不妊症について記事にします。


まず、あらゆるワクチンを接種しないことです。不妊(添加物)物質が入っています。

不妊症の原因はワクチンや食品添加物、農薬、ホルモン剤など多岐にわたります。皆さんは医療産業、食品産業により、不妊化されています。背後にはもっと大きな問題がありますがそれは触れずにお話をします。

ここで私が言いたいのは、どうすれば妊娠できるかということです。


まず、女性は身体を温めることです。卵子はミトコンドリアのエネルギー生成系で生きています。それは、最初から400個なら400個準備され、そのまま生理の周期に応して排卵されます。

歳を重ねれば重ねるほど細胞は老化して行きます。早く妊娠して新しい卵子のまま受精した方がリスク(遺伝子異常の)は減ります。若い時に結婚して子供を産んだ方が良いのです。

子宝の湯って言うでしょう。ミトコンドリアは温かい環境を好みます。

男性は、逆です。裸祭ってあるでしょう。ふんどし一枚で寒い時に行います。あれは子宝を祈った祭りです。

精子は、解糖系のエネルギー生成系を主体としており、分裂増殖の世界です。増え方から見るとガン細胞と同じです。体温マイナス5度で、分裂増殖が盛んになります。だから、男性が主体の裸裸祭りがあるのですね。

昔の人は、科学的には知らなくても経験で男性は身体を冷やすと言いということを知っていたのですね。

男性の陰のう(こうがん)は、何故、外に飛び出していいるのでしょうか?陰のうが外に降りないと精子が作れず不妊になります(滞留こうがんhttp://www.twmu.ac.jp/KC/Urology/child/testicle.html )。陰のうを冷やすためでしょう。

男性の睾丸、陰のうは何故しわしわなのでしょうか?あれは、身体の熱を放散し、体温マイナス5度の環境を維持する為です。だから、しわしわで、伸びたり縮んだりしながら温度コントロールを行うラジエーターの役割を持っているのです。

男性は、陰のうを冷やさなければなりません。女性は温めなければなりません。男性は、風呂上がりに、陰のうを冷水シャワーで1分間冷やすと精子が増えます。

今度は違った視点から説明します。

”貧乏人の子だくさん”というでしょう。貧乏で暇があるから子供が増えるわけではありません。アフリカの貧しい意地地域での人口爆破は意味があります。

人間は飢餓状態では、子孫を残そうとするのです。それが本能。細胞本来の能力。

先進国になればなるほど満足した快適なぬくぬくした生活になり、子供は少子化になります。

飢餓状態のアフリカでは、子供をたくさんの残さないと、そのなかで生き残れないのです。


細胞だってそうです。低酸素、低体温の状態で細胞分裂が盛んになり、発癌します。発がんは、細胞の生き残りをかけた闘いです。そのままでは死んでしまうので、分裂増殖するのです。決して、遺伝子の間違いではありません。

戦後の日本も子だくさんでした。たくさん産まなければ、生き残れなかったからです。別にセックスが好きで暇があったからではありません。


クローン羊のドリーはどうでしょう。実験してうまくいかないので細胞をほったらかしにして飢餓状態にに陥った細胞が偶然にも増殖をはじめてドリーになったのです。”血清飢餓培養法”と呼ばれます。


不妊症の皆さん。ぬくぬくと、満腹した生活を送っているのではないですか?男子は、陰のうを温めた生活をしているのではないですか?女性は冷え症で悩んでいるのではないですか?

病院での不妊治療などバカバカしいことは辞めて下さい。身体も心も経済的にも破綻します。おまけに多胎妊娠で、念願の子供を何人か殺さなければなりません。

それで幸せですか?エゴ丸出しではないですか?自分のことは何ひとつ改善せず、人任せ。

医療まかせ。間違っています。

どうすれば妊娠しやすくなるかって?まだわからないのですか?

飽食のしすぎですよ。

まず、女性は身体を温める。男性は、毎日風呂上がりに陰のうを冷やす。ブリーフをトランクスに変える。

2人んで飢餓状態をつくる。つまり腹6分で常に空腹状態を作る。常に空腹なのが動物のあるべき姿。飽食に適応できるように身体は出来ていなのです。だから、高血圧、糖尿、高脂血症、痛風だらけなんでしょう。

私の、病気治療プログラムはおそらく不妊にも対応できます。この内容をよく読んで、不妊から脱出し、可愛い赤ちゃんを授かって下さい。

以上です。理解できましたか?

お子さんが出来る事を祈っています。くれぐれもバカな治療は辞めて下さい。

私のプログラム。


世界的快挙かもしれない(勝手に自分で言っているが、これが実現できれば本当である)病気(喘息)治療プログラム
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/913.html 


このプログラムを実践したい人は当院を訪れて下さい。きっと良い結果が期待できます。

このプログラムは、喘息以外の病気にも効果があると確信しています。


夫婦2人でやるのですよ。空腹だと、性欲も高まります。これが生き残りをかけた本能です。現代は本能が全く発揮出来なくなっているのです。


                                    以  上


誰も(産婦人科医も)カネの為に本当のことを言わないので記事にしました。









15

脊髄小脳変性症  症例

かじたにさんのこの言葉。彼は素晴らしい感性の持ち主ですね。全く的を得た言葉です。これは大事なことを言っています。

”「自らの良心」と、それを表現した結果としての「収入」との間にある逆進性こそがお金というもののシステムや、それを考え出しコントロールしている連中の悪魔性をよく表しているのかもしれません。”


さて、、脊髄小脳変性症(現代医学では治療法はありません。おバカな薬剤を使う治療はありますが)の旦那様を持つ奥様からコメントを頂きました。症例としてはまだ不完全ですが、鍼灸の力を知って欲しいと思い記事にします。

自慢する訳ではありませんが真実なのでここに記載しておきます。ここ都城では私以外にこの効果を出せる鍼灸師は存在しません(偉そうですが、本当です。何しろここ都城では100件近く鍼灸院があるにもかかわらず、全く私の話がわかるあるいは治療技術を持つ鍼灸師が存在しないのですから、本当だからしょうがない。勉強不足、臨床経験豊富なベテランも全てが不足、ダメですね。怒られるか(笑)


以下コメント


2014/2/19 7:54
投稿者:バロン
おはようございます。昨日夫婦で来院した者です。(ペンネームですみません)旦那が帰宅してから、(俺は感激したと、治療後にベッドから受付に移動する際に、スムーズに出来た。症状が出てからはじめての事だった)・・と私もホントに嬉しくて、もう感謝しかありません。断食にはまだ抵抗の様子ですが、少しずつ進めていければと思います。私が先に挑戦してみたいと思います。これからもよろしくお願い致します。

コメント終わり


ただ、一つの懸念は、患者が男性だということです。私の治療院は、9割女性です。

11年の臨床でわかっていますが、男性はダメです。何故ダメか?バロンさんの旦那様がダメとい言っている訳ではありませんよ。一般的な私の臨床上の話です。

男性がダメな理由

1.人の話を全く聞かない。
2.言う事を聞かない。
3.アドバイスを全く聞かない。
4.頑固。
5.どっちが立場が上か下かにこだわる。
6.治療を続けない。
7.治療院に来たがらない。
8.依存心の塊

女性はこの逆です。非常に素直で理解力に富、治そうと努力する。男性は、治りたいと言いながら、治す努力は一切しない。

だから女性が長生きする訳だ。

だから、バロンさんのご主人が、根気よく治る方法を続け(私のアドバイスを聞いて)治療に定期的に来られ良くなることを願います。(商売のためではありませんよ。私は真剣です)

本当に男はバカですね。私は心底そう思います。争いを好み戦争を起こすのも男だし、人を上か下かで判断するバカが多いのも男。私も男ですが男ってどうしようもない生き物ですね。

私は女性が好きです(笑)。私の話を理解し、柔軟で本気だからです。

自らの脊髄小脳変性症を治した女性鍼灸師。私は尊敬しています。
クリックすると元のサイズで表示します
次回の記事は不妊症です。




13

出雲のかじたにさんからのエール  治療院からのメッセージ

世界的快挙かもしれない(勝手に自分で言っているが、これが実現できれば本当である)病気(喘息)治療プログラム
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/913.html 


このプログラムを実践したい人は当院を訪れて下さい。きっと良い結果が期待できます。

このプログラムは、喘息以外の病気にも効果があると確信しています。







私の過去記事 

治療代 
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/925.html

に対してのコメントです。


以下コメント

出雲のかじたにです。

きちんとしたことをし(ものを創り)、相手の気持ちや立場に寄り添えば寄り添おうとするほど、お金と縁遠くなり、収入的に苦しくなっていきますよね。
わたしもひとりで仕事をしていますので、吉田さんの苦悩がよくわかります。

「自らの良心」と、それを表現した結果としての「収入」との間にある逆進性こそがお金というもののシステムや、それを考え出しコントロールしている連中の悪魔性をよく表しているのかもしれません。 

いろいろいな方たちが経済崩壊の可能性の高さを指摘していますが、今の流れを見る限り、残念ながらわたしは今回の命のある間にこのシステムの終焉を見ることは難しいと感じています。

ならば、ここにいる間は自らの良心や誇りを崩壊させることなく、お金というシステムと「ぎりぎりのところでの戦い」をしていくしかないのだと感じています。

生活や生存欲求ための「妥協」ではなく、自らの誇りと良心を携えて行う「戦い」です。 わたしは吉田さんの治療費改定の決断もその文章から「戦い」の決意だと感じました。
それが伝わっているからこそのみなさんの温かい理解のメッセージなのでしょう。

わたしは自分の体は自らで治療しコントロールできることを知っていますし、今回の命(生)ある間に、完全にそうなれることを目指していますので、今のところ…いえ、きっとこれからも吉田さんの治療を必要とすることはないと思いますが(笑)、吉田さんの存在と治療を必要とされる方たちのために、心から吉田さんを応援していますよ。
九州のみなさ〜ん、吉田鍼灸治療院をよろしくお願いしま〜す!

以上コメント終わり

全くその通りです。

ありがとうございます。

ここ都城と言う田舎で治療代を上げるということは自殺行為に近いことです。しかし、私は自分の治療方針及び治療に絶対的自信を持ってます。

それは毎日努力しているからです。書籍代には糸目を付けず、どうすれば患者の病気が良くなるのか?身体の仕組みは自然の仕組みはどうなっているのか常に勉強しています。

書籍で勉強しているからと言って、頭でっかちになっている訳ではなく、臨床に応用し、患者を観察し、感性と想像力と創造力をフルに働かせています。

感性と想像力と創造力と閃きは、努力しないと生まれません。

実際のところ埼玉からこられた患者さんが示した反応のように(彼は治療代があまりにも安すぎる、そんな安い治療を遠方から受けにきた訳ではないと反応しました)、私の治療代は、私の努力に対して安すぎるのです。

鍼も一番良い鍼を使用し、顔鍼だけでも、相場は5000円から10000円するのです。ただ、私の顔鍼は、美容鍼ではなく、脳幹に影響を与える治療のための鍼です。ただ、鍼の使用だけ考えると、コストと価格が全く合いません。私の閃きが招いた結果です。治療代を治療方法によって変えると、必要な人に必要な治療ができなくなるのです。それが私は嫌なので、結局、全て3000円で治療をしています。

そもそも、福田稔医師から直伝で習った自律神経免疫療法だけでも7000円から10000円が相場です。

ただし、この貧しい田舎(宮崎は平均年収200万の低所得地域)では、2700円から
3000円が相場です。だから、鍼灸師も貧乏。

私のところで治療を受けたことがある方はわかると思います。その治療効果がどれ程のものか。

自慢している訳ではありません。本当のことを言っているのです。

私は最高の治療をしたいのです。私のコスト面と生活面から計算すると、実際は5000円〜7000円は治療代をとらないと合いません。

しかし、それはこの田舎ではほとんど不可能。払える人が一部しかいません。それで、今回、苦渋の選択として500円値上げさせて頂きました。これでも都城で一番高い鍼灸院となりました。

しかし、患者のみなさんの反応は温かいもので、なんとか乗り切れそうです。皆さまに感謝申し上げます。

 もし、これでもどうしようもないときはコンビニでバイトするか新聞配達でもします。身体が持つかわかりませんが(笑)

皆様、感謝申し上げます。

まあ、私が商売人になれば解決するんですけどね。私は治療家であり臨床家であることに誇りを持っています。

治療家、臨床家は商売人であってはいけないというのが私の考えです。これは絶対に譲れません。

商売人が悪いといっているのではなく、治療家が商売人ではいけないとい言っているのです。

近頃、商売人が増えました。ここ都城でも商売人が流行っています。まあ、私の患者とは質が違いますけどね。

私の患者は”質”が高い。素晴らしい人ばかりです。

これは私が商売人ではなく、本物を目指しているからです。皆さん。感謝致します。

かじたにさんありがとうございます。







12

サンゲージングと瞑想と2日に一食と明晰夢  スピリチュアル

 ここ2日、快晴でようやく朝のサンゲージングが出来た。気持ちよかった。瞑想は毎日行っている。2日続けてお祝い事で外食が続いた。

 ブリサリアンを目指している私としては食べ過ぎである。たまいにはいいかと思っている。

しかし、これから、ブリサリアン(不食)を目指すものとして、これから2日に1食にしようと考えている。今日は夕食は食べない。

 といっても、全く食べないわけではなく、乳酸菌だけは摂取している。自家製豆乳ヨーグルトである。常に食べているわけではなく、出来た時に食べている。多分、一日2回食べている。

 将来的には、豆乳ヨーグルトだけで生きてければと考えている。

これで不食達成と言っても良いのではないだろうか?

 究極的には Elitom Ben のように、水も飲まない気食主義者になれれば最高であるが・・・。これは難しそう。

 私が、不食を目指しているのは、本能を呼び覚ますためである。人間本来の、生きるための本能。動物的感覚。

 これだけなら、不食までは目指さなくても、常に空腹でいることで本能を呼び醒ますことはできるかもしれない。

 しかし、それを超えたいと私は考えている。

 サンゲージングに瞑想、一日一食で私は明らかに変わった。ヒーリングが可能になった。

私の治療は、場合によっては、鍼も灸も使わない。手当だけで終わることがある。それで、痛みや、病気が良くなることがある。

 人間の手には大きな可能性がある。神経細胞で言う樹状突起である。この地球上には70億を超える人間が存在している。しかし、人間は分裂している。人間一人ひとりを細胞と考えると、神経細胞の軸策から出た樹状時が手である。これで情報のやりとりをしている。

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに宇宙と、人間の脳細胞の連携は相似である。

 しかし、人間は分裂している。同じ仲間(細胞)なのに、手を結ばない(突起を伸ばさない)、情報交換どころか、対立し、殺し合いを行う。

この、最大の悪は、人々を奴隷として支配している文化や宗教、価値観の違いである。

これを世界の支配者は知っており、分裂を加速させ奴隷状態にし、破滅をたくらんでいる。

そろそろ気づかないともう手遅れになる。

こういうことを書いていると、洗脳された高学歴の精神科医に、妄想壁のある精神病だと診断され、私も薬を盛られる対象となる。

 あきらかに統合失調症だ。そういうだろう。

 さて、私をご存じの方、私は確かに変人だが、狂人だろうか?判断はあなたにまかせる。

先ごろ、私の尊敬する フレンズ歯科クリニック http://ameblo.jp/friends-dc/ の 谷先生のブログを読んでいたら、確かこの本が紹介されていた。興味があったのですぐに取り寄せた。


 クリックすると元のサイズで表示します

「夢で会える」 誰でもできる体外離脱入門 高羽そら著 ハート出版


そこには、夢体脱の方法が記載されていた。これは面白い。昨晩、早速やってみた。

夢体脱はできなかったが、明晰夢(夢と認識できる夢)は見られた。私は、そこで宇宙人に会った。そこは宇宙船だったのかわからないが、見たことも無い機械類がたくさんあり、地球人の姿をした人が、これらの機械類は、すべてこれで出来ていると、10円玉くらいの、金属の様な塊を私に見せて、持たせてくれた。

その金属らしきものはあまり重さが無く、軽々と持てた。たったこれだけの量の金属で、この大きな母船と機械類が出来ているのには驚いた。

もっと、探求したかったのだが、そこで妻に起こされた。昨晩の台所の洗いものをしていなかったのでしてくれと言って起こされた。時間を見ると午前5時半であった。残念だった。

夢の中で自分にも会った。自分は、壁のところにもたれかかり、決してこっちを見なかったが、一目で自分とわかった。私もあえて話しかけなかった。

 私の妄想(精神的病気)だと思う方は、そう思えばいい。

私は、夢と現実を分けていない。脳なの化学物質の反応は、現実だろうと、想像だろうと、夢だろうと、同じである。あなたが想像したり、妄想したりしたことはすべて現実である。夢ではない。脳は区別しないし、実際にあなたが見たわけだから、それは実はすべて現実なのだ。

私のお勧めの映画は、ディカプリオの「インセプション」と「シャッターアイランド」である。

あれは事実を映画化している。夢も現実も同じなのだ。「マトリックス」も観るといい。

そして毎日、私達は夢と言う形で、すべてを私と同じように現実として経験している。

人間は寝ている時どこに行っていると思う?答えは非物質界の世界だ。これは現実である。

私は完全に頭が狂っているかい?

「思考は現実化する」と言われるが、思考は現実化するではなく、現実である。

夢体脱、体外離脱、誰でもできると、著者高羽そら氏は言う。楽しみだ。

13年前に交通事故で亡くなったミュージシャン(回天)の弟にも会えるかな。
HPはまだ残っている。FEEL SO HEAVY
http://www.geocities.co.jp/Broadway-Guitar/4941/index.html





16

めまいは治せるへの質問  医学情報

私のめまいの記事に以下の様なコメントがあった。


めまいの記事 

めまい(メニエル)は治せる
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/941.html


以下コメント

はじめの一歩
2014/2/14 9:34

コメント失礼します。

私も鍼灸師をやっています。
めまいで治療した方で、すぐ治ってしまう方と、
何年も治らず、一度軽快してもやっぱり繰り返す方がおり、
治癒率をなかなか上げれません。
末梢部の血行促進も考えて、手足の要穴や、めまいの特効穴といわれる第二太敦、えい風なども使っております。

具体的にどのようなアプローチをしたら良いものでしょうか。
勉強不足ですみません。

以上


私からの返信

教えたいのですが、多分私と同じことをしても同じ結果は得られないでしょう。それが鍼灸。相手を見て、個別にアプローチしていかないと良くなりません。ですから、伝えられないのです。あなたは私では無いからです(これは重要)。

ただ、ヒントだけお伝えします。

1.とにかく勉強して書籍を多く読み、患者をよく観察して、知識を蓄え、知恵を、感性を働かせて下さい。

2.そして自分の鍼灸が正しいと確信(自信)を持って行って下さい。(これには努力と言う裏付けが必要です)

3.特効欠とか忘れて下さい。確かにそのようなツボもありますが、どっかのボタンを押せば治るのが人間ではありません。特効欠とか要穴とか考えが狭すぎます。人間の身体はもっとダイナミックなものです。全体を捉えて下さい。

4.自律神経のポイントがどこに集中しているか勉強して下さい。

5.血行を良くするにはどうすればよいかそれだけを考えて下さい。

6.再発しないようなアドバイスをして下さい。(運動をして下さいとか、食べ過ぎないで下さいとか、知識は多岐にわたりますが単純です)

>何年も治らず、一度軽快してもやっぱり繰り返す方がおり、
治癒率をなかなか上げれません。

あなたの責任ではありません。患者の生活(性格)の問題です。あるいは口では治りたいと言っていても、治りたくない人もたくさんいます。病気になることで得することがあるからです。

あなたの責任があるとすれば、適切な生活のアドバイスが出来ていない。

あと、そのアドバイスを聞くかどうかは、患者の問題。あなたの問題では無い。だから、そこまでして、治せない人は仕方がない。あなたの腕が悪いわけではない。

全てあなたが良くできるのなら、あなたは神様でしょう。相手を自分の思う様にコントロールできる恐ろしい人と言うことになります。

病気を治すのは私達ではありません。患者です。私達は治るように導くだけです。あとは患者の問題。

具体的なアドバイスができなくてごめんなさい。自分で獲得するしか道は無いのです。人に聞いて教えてもらってもダメです。役に立ちません。自分で調べて、試して、観察して、知恵と感性と想像力と知識です。

私は、物凄く本を読みます。私の言っていることが理解できる鍼灸師がほとんどいないのですよ。あなたはどうですか?勉強してますか?安易な方法はありません。私のブログを隅から隅まで読んでみてください。

頑張って下さいね。応援しています。




10
タグ: 鍼灸師 めまい




AutoPage最新お知らせ