スイート・ポイズン  医学情報

さて、10月6日から、朝起きてサンゲージング(太陽直視)を15分から20分(本当はもっと眺めておきたいのだけど時間が許さない)行い、自家製豆乳ヨーグルトと果実菜食の食事を朝昼晩と食べ、途中、2日の絶食と3日の絶食を行い、それからは、太陽直視と朝昼は豆乳ヨーグルトだけ食し、夜は果実菜食という、ほぼ一日一食生活を行っている。

 胃が小さくなったのか、サンゲージングの効果が出始めたのか、一日一食で全く大丈夫だ。空腹感は無い。むしろ、身体のだるさがとれた。食べない分時間が出来た。このところそういう生活をしている。いつまでこれを続けるのか自分でもわからない。

 このところ、活字中毒の私は様々な本を読んでいた。宇宙生物学からみた人体についての本とか、電磁波は危ないという本とか、食べない人は長生きするという本とか、いずれも知っていることばかりしか書かれておらず、これはという本は無かった。

 寄生虫博士の藤田紘一郎氏の、「アレルギーの9割は腸で治る」は面白かった。

 世間では特定秘密保護法案などという自由を奪うような恐ろしい法案がどうも成立しそうで、あらためて、政治家はバカしかいないことを認識した。これで日本人の優秀な創造力や感性は奪われた。中国や北朝鮮並みの情報統制がはじまる。ブログでの情報発信も法案の処罰対象になるようで、先の展望が見えないと有名ブロガーがブログを閉鎖しはじめた。

 実際の罰則は適応されなくても、強制捜査の対象になる可能性は高いと言われている。

 私達が地元で選出した議員がこのようなことをやっているのだ。地元選出の議員がいかにおバカか認識しなければならない。どんなにいい人でも、それはダメ議員である。一票も入れてはいけない。

 さて、前置きが長くなったが、今回の記事は人工甘味料、食品添加物、不自然に加工された食べ物、飲み物についての記事である。

 過去記事にもあり、いまさら、アスパルテームの記事というのもなんだが、世間は全く関心が無く、やはり無知のままであり、それはますます酷くなってきている。これは環境問題についてもそうだが、何だか環境問題のことは忘れたかのような世界になってきている。

これから経済が回復し、TPPが導入されれば、人々は食品添加物や環境問題のことをもっと考えなくなり、お金と物が支配する欲望の突出した、滅亡路線に乗っかって取り返しのつかない(すでに取り返しがつかないところにきているのだが)事態を招くことになる。

私は、人間の8割は、ヒューマノイドのロボットではないかと本当に思っている。彼らに、私が話をすると、全く理解不能の様な反応を示すか、無反応に黙り込んでしまう。そして、違う話題を始める。

確かに会話は成立するのだが、肝心な話になると、洗脳されたその脳は機能停止するようだ。


スイート・ポイズン

クリックすると元のサイズで表示します

この本の著者は、自らが健康に良いと思って続けていた食習慣、低脂肪の食品や、低糖、無糖、ダイエット飲料などを積極的に続けた結果、甲状腺機能亢進症になってしまい、その原因が食生活、ダイエット飲料などに含まれる人工甘味料が原因であることを突き止め、甲状腺機能亢進症を克服し、人工甘味料の危険性を訴える活動を行ってきた記録である。

主にアスパルテーム(日本名は味の素のパルスイート)のことに焦点を当てているが、これはアスパルテームのことだけでなく、化学的に合成された不自然な人工甘味料すべてについて問題がある。

不自然な食べ物は、身体の中で不自然な反応を示す。なるべく自然な物を摂取すべきである。

避けなければいけないものは多数存在する。合成された人工甘味料、アッスパルテームやグルタミン酸ナトリウム(味の素、アミノ酸と表記される)、低糖、無糖、カロリーゼロ、ノンシュガーの飲み物、ダイエット飲料、スポーツ飲料、脂肪がつきにくいトクホの油、あらゆる食品添加物。もう避けられないほど蔓延している。

以下は、アスパルテームのことだが、他の人工甘味料の作用もほとんど同じとみても良い。

p89

「その成分を知れば、甘味料として使えるようなしろものではないのです。まず、フェニルアラニンというアミノ酸が含まれていますが、これは脳に有害であることが知られており、発作を引き起こします。それから、アスパラギン酸というアミノ酸。これは脳、特に発達中の脳に損傷を引き起こす可能性があります。そして、メタノール。これは目に損傷を起こしますし、加熱されるとホルムアルデヒドに変化します。−ホルムアルデヒドといえば、防腐剤として使われているのですから、明らかに毒性があります。」

注)ワクチンの防腐剤としてもホルムアルデヒドは使用されている。いつぞやか川からホルムアルデヒドが検出され、飲料水の供給停止騒ぎがあったが、ワクチンで血液に入れるのは誰も問題にしない。バカげた世の中。

p207

ホルムアルデヒドは「ゆっくりと蓄積され排出されないため、発癌物質として知られており、網膜障害を引き起こし、DNA複製を妨げ、先天性欠損症の原因となる。一般的な症状は目、のど、鼻の炎症、鼻の灼熱感、咳、気管支痙攣、肺炎である。急性毒性に関連した視覚障害は慢性的状況では表面化するとは限らないが、目のかすみぼやけ、トンネル視(視野狭窄の一種)といった症状が出る。激し胃痛、筋痙攣、下痢を伴う膵炎を発症することもある」




p112

米国保健福祉省食品医薬品局(FDA)報告書

この報告書にあげられたスパルテー無に関連する症状の一部。頭痛または偏頭痛、発作、しびれ、めまい、吐き気、筋肉のけいれん、体重増加、抑うつ症、神経過敏、不眠、難聴、呼吸困難、舌のもつれ、耳鳴り、記憶障害、発疹、疲労、頻拍、視力低下、心悸亢進、不安発作、味覚喪失、空間識失調、そして関節痛」

アスパルテームで悪化した慢性病

脳腫瘍、てんかん、パーキンソン病、精神遅滞、出生異常、糖尿病、多発性硬化症(MS)、慢性疲労症候群、アルツハイマー病、リンパ腫、線維筋痛、そしてバセドウ病。


p123

ほどほどの量であったとしても妊娠中にアスパルテームを摂取すると・・・脳機能が低下した子供の出生数が激増する恐れがある。

ダイアナ・ダウ―エドワーズ博士、SUNY(ニューヨーク州立大学)ヘルス・サイエンス・センター(ニューヨーク市ブルックリン)

p337

日本の多発性硬化症罹患率は驚異的な4倍増という上昇を見せ、また、現在では100万人以上の日本人がアルツハイマー病に苦しんでいいます・・・。アスパルテームが登場する以前は、これらの病気はほぼゼロだった集団で、こんなことが起こっているのです。


p358

日本の乳がん罹患率は、かつては世界最低でしたが、アスパルテームが摂取されるようになってからは上昇し続けています。人間の乳房の内部で母乳を作る細胞は、乳がんのうち最も多くみられる腺がんを発症する傾向が強いのですが、これらの細胞には、メタノールのホルムアルデヒドへの変性を確実にする酵素が高濃度で含まれています。こられの乳腺細胞は、自らをホルムアルデヒドから守るすべを持たないのです。


p341

フランスのリヨンにある国際ガン研究機関によれば、ホルムアルデヒドに関しては安全なレベルなどないとのことです。(再度言うワクチンに含まれている)


クリックすると元のサイズで表示します

人工甘味料アスパルテームE951の危険性~Diet Coke Zero


グルタミン酸ナトリウムの危険性@

ここから次々と見て下さい。
7




AutoPage最新お知らせ