頭痛  症例

 多発性骨髄腫の患者さんは、私の治療を受けて、手足の冷えと、手のだるさがとれた。これっから元気になっていくと思うが、10月7日から、抗がん剤第2クールがはじまるそうだ。

病院は患者が元気になると、抗がん剤を始める。元気になったら弱らせるのには驚く。

まさか、私のブログの読者のなかで、多発性骨髄腫は抗がん剤が有効な治療法だと(それは誰が出したデータかよく考えた方が良い)、インターネットで調べたら出てくるのでそれを信じている人がいるとは思えないが、そう思う人にとっては、私はきっとバカに見えるだろう。

 さて、中学生である。部活で7月に熱中症、8月に熱中症になってから頭痛がとまらない。いつも頭が重く、痛みに耐えかねて救急車で某病院に運ばれるような状態。学校にも行けないし部活も休んでいる。テストも受けられなかった。

 病院で検査しても何の異常も見られず、治療は頭痛薬のみ。4〜5か所病院を回ったが治療は同じ(頭痛薬)である。当たり前だ。病院は何ら治療法を持ち合わせていない。どうすれば治るかも知らない。

 バカたれ。頭痛ぐらい治せよ。

 どうしようもなくて当院を紹介で訪れた。

自律神経免疫療法に、吉田式顔鍼美容健康療法。そして、つめもみと顔もみを指導。

私のたった一回の治療で、頭はスッキリし、次の日は学校に行けた。もう彼は間違いなく治るだろう。部活にも行けるはずだ。

別に凄いことではない。そして、私が凄いわけでもない。

当たり前だ。

自律神経が整い、血行が良くなれば頭痛など治る。

血管の拡張を抑え、治癒反応を止めて誤魔化す、頭痛薬などで治るはずなど無い。逆に、交感神経を緊張させ、血流を悪くし、悪化の一途を辿る。実際そうなっている。

このような無駄な治らない治療法しかないので、医療費は圧迫され、庶民は健康保険税で苦しむ。イガクムラが存在するのだ。これは巨大なマネー(利権)を持っている。

私など、国民健康保険税と市県民税と国民年金が重なった時には、その金額から働くのがバカバカしくなるほどである。日本は重税の国である。国会議員はここに誰も切り込まない。自分達のお金がなくなると、増税に賛成する。それはそうだ。税金で給料をもらっているので、国会議員など国の手先。市会議員も同じ。

庶民は家畜。バカにされ続ける。重税でも見返りは無い。そのお金で国の借金が消えるわけでもない。社会福祉が充実する訳でもない。特別会計で処理され、議員や官僚の利権に回るだけ。

日本人はバカにされている。誰に?詐欺大国日本国家と詐欺師である議員、官僚に。あんたらも結局アメリカのエリートの家畜に過ぎない。家畜なら家畜らしく生きろとでも?

4〜5か所の病院はアホだ。生理学を知らない。医学部の教育とは何をやっているのだろうか?

勘のいい、薬剤師の方がまだ優れている。もっとも薬剤師もほとんど全滅だが。

教科書を疑え。自分の頭で考えろ。目の前の患者を見ろ。感性を磨け。
10

多発性骨髄腫  医学情報

 6月に多発性骨髄腫 http://p.tl/ThKp と診断され抗がん剤治療を行っている。抗ガン剤は”新薬”だそうだ。新薬ということは人体実験をされているということ。きっと論文の研究材料にされている。

9月13日に来院。すでに抗がん剤4回。残り4回の予定。

灸をした。顔もみを指導。

身体がだるくてしょうがない。食欲が全くない。水様便。すべて抗がん剤の副作用。

正常値(健康値)は
白血球総数 4000〜6000
顆粒球  54〜60%
リンパ球 35〜41%
リンパ球数 1800以上 単球300以上あると治癒の可能性が出てくる。


血液データ

8月23日

白血球総数 9429

顆粒球    84%

リンパ球   16%(1508)

単球      4%(282)

極度の交感神経緊状態。リンパ球が低く免疫力はボロボロ。


8月26日

白血球総数 9420

顆粒球    79%

リンパ球   15%(1413)

単球      7%(659)


さらに、リンパ球低下(免疫力)

9月24日

白血球総数 2590

顆粒球     55%

リンパ球    22%(570)

単球      23%(596)


ここにきて白血球総数が激減。これでは気力も何もない。顆粒球、リンパ球はバランスを取り戻しつつあるようにみえるが、白血球総数が少なすぎるので免疫力は弱すぎる。それを代償するように単球が極端に増えている。

病院によると、順調に治療出来ているとのこと。あと2回抗がん剤治療がある。


私の目からは、抗がん剤により、免疫力がズタボロになり、弱っているようにしか見えない。

これが現代医学の治療であり、大病院のやり方。

私は、抗がん剤を止めなさい。自分の身体を信じなさい。どうしても抗がん剤治療から逃げられないようだったら、その後の治療は、よく考えた方がよいですよ。と本人には言っている。

大体、10年臨床をしていて、抗がん剤治療で上手く言った人を見たことが無い。みな、この世にいない。しかも、短期間でボロボロに弱りサヨナラだ。

病院は、あなたのことは何も考えていない。どうなっても責任は全くない。多くの患者のうちの1人だし、研究材料であり、お金になるカモである。

身体が悪いのに、身体に悪いことをするなんて科学的根拠のある治療とは意味不明である。

私が抗がん剤治療を受ければ、みるみる弱るだろう。

大体、何もしない人の方が元気が良い。万が一のことがあったとしてもQOL(生活の質)が高い方が良いに決まっている。

脅かされて逃げられないシステム。自分の身体のことなのに、治療を拒否すれば先生に怒られる理不尽さ。

患者と医者は対等でなければならないし、患者の身体である。素人であっても、患者が自分の身体については決めていいのだ。



 
7

EDUCATION FIRST  社会

English speech contest at Takajyo Date 24.9.2013

He did not get the prize unfortunately 

However, I think the topic was very good.


Nishi J.H.S.

EDUCATION FIRST wrote by Haruya Yoshida(My son)

"One child, one teacher, one book and pen can change the world. Education is the only solution. Education first. "July 12, 2013, one girl gave a speech to the world. Her name was Malala Yousafzai, who was fourteen years old and lived in Pakistan. She has been asserting the rights for the woman, for the children, and for being to be educated since she was only eleven years old. She was the youngest human rights activist in the world, and become one o the most influential. One of her activities was to dispatched how terrorists in Pakistan were horrible, also people's livings frightened by terrorists through the internet. A large amount of people saw the web, and the atmosphere against the terrorism was gradually made. So the Taliban who felt scared the Malala's activity shot her on her way home from school on October 9,2011. She was only 14 years old then.
She survived, and she said "The terrorists thought that they change our aims and stop our ambitions but nothing changed in my life except this: fear and hopelessness died. Strength, power and courage was born." So that Pakistan government praised her "the courageous girl."

Let me talk a little about myself. I've been having an interested in international situation because I liked to know what is happening in America and the Middle East through books and TVs. I found Malala's article in it. she has been sserting the rights even she was shot by Taliban. She is as old as I. How strong will she has. I was attracted to her, I came to agree with her opinion or an idea. There are a lot of children who cant's study even they want. There are many children who always have fear to death. I must ponder that quit different life occurs.

"Dear brothers and sister, we must not forger that millions of people are suffering from poverty, injustice and ignorance. We must not forget that millions of children are out of schools. We must not forget that our sister and brothers are waiting for a bright peaceful future. So let us wage a global struggle against illiteracy, poverty and terrorism and let us pick up our books and pens. They are our most powerful weapons."

This is the last part of her speech when she made speech in United Nation. And this, "Education first". This is what she wanted to tell. My dream is to be a teacher, not in Japan. I want to teach for children who have no opportunity to study. I want to study with children who have no food to live and tell them how your futures are wonderful. I want to smile with children who feel fear to terrorism. Ms. Malala said, " Dear brothers and sisters, we want school and education for every child's bright future. We will speak for our rights and we sill bring change through our voice. We must believe in the power and the strength of our words. Our words can change the world.

Hey, Ms. Malala! your voice and your ambition reached here in Japan. I was moved you and I want take action with you. Though you are in Pakistan and I'm in Miyazaki, Japan, our goal is the same. Let's make our ideal world together.

Thank you for listening.


google翻訳

Takajyo日2013年9月24日で英語スピーチコンテスト

彼は残念ながら賞を取得していない

しかし、私はトピックが非常に良かったと思います。


西新宿J.H.S.

EDUCATION FIRSTは治也吉田(息子)で書いた

"子供ひとりは、一人の教師、一冊の本とペンは世界を変えることができます。教育唯一のソリューションです。教育が最初。 " 2013年7月12日には、一人の女の子が世界にスピーチを行いました。彼女の名前は14歳だったし、パキスタンに住んでいたMalala Yousafzai 、だった。彼女は子供のために、彼女は唯一の11歳の頃から教育されることのために、女性の権利を主張してきた。彼女は世界で最年少の人権活動家で、最も影響力のあるOの一つになっている。彼女の活動の一つは、パキスタンのテロリストにも、インターネットを介してテロリストにおびえる人々の暮らし恐ろしいあったか派遣することでした。人々の大規模な量は、ウェブを見て、テロとの雰囲気が徐々に行われました。 Malalaの活動は月9,2011で学校からの彼女の家に帰る途中で彼女を撃った怖がって感じ誰タリバンはそう。彼女はその後、わずか14歳だった。

彼女は生き残った、と彼女は言った、 "テロリストは、彼らが我々の目的を変更し、我々の野心が、これを除いて私の人生で変更何を停止することを考えた: 。恐怖と絶望は死に強さ、パワーと勇気が生まれた"だからパキスタン政府は彼女の "勇気ある少女"を称賛

私は自分自身について少しお話しましょう​​。私は本やテレビを通してアメリカと中東で何が起こっている知っているのが好きだったので、私は国際情勢に興味を持ってきた。私はそれでMalalaの記事を見つけました。彼女も彼女がタリバンによって射殺された権利をssertingされています。彼女は持ってますどのくらい強いI.と同じくらい古いです。私は彼女に魅了された、私は彼女の意見やアイデアに同意するようになりました。カントの調査でも、彼らが望む子どもたちがたくさんあります。常に死への恐怖を持っている多くの子供があります。私はやめ異なる人生が発生することを考える必要があります。

"親愛なる兄弟姉妹、私たちは、何百万人もの人々が貧困、不正義と無知に苦しんでいることを捏造してはいけません。私たちは、何百万人もの子どもたちが学校の外にあることを忘れてはならない。私達は私達の姉妹と兄弟が明るいのを待っていることを忘れてはならない平和な未来が。だから私たちは、非識字、貧困とテロに対するグローバルな闘いを繰り広げる、私たちは私たちの本とペン。彼らは我々の最も強力な武器であるをピックアップさせてみましょう。 "

彼女は国連で演説したとき、これは彼女のスピーチの最後の部分です。そして、この、 "教育の最初の" 。これは彼女が伝えたかったものです。私の夢は日本では教師ではなくなることです。私は勉強する機会がない子どもたちのために教えたい。私が住んでいて、あなたの未来は素晴らしいですどのようにそれらを伝えるする食べ物を持っていない子どもたちと一緒に勉強したいと思います。私は、テロへの恐怖を感じる子供たちと笑顔にしたい。さんMalala親愛なる兄弟姉妹は、我々はすべての子供たちの明るい未来のための学校や教育をしたい"と述べた。我々は我々の権利を代弁し、我々敷居が私たちの声を通して変化をもたらす。私たちは言葉の力と強さを信じなければならない。私たちの言葉は世界を変えることができます。

ねえ、さんMalala !あなたの声とあなたの野望は、日本でここに到達した。私はあなたを移動し、私はあなたと行動を取るしたいた。あなたがパキスタンにいると私は宮崎、日本にいるのに、私たちの目標は同じです。一緒に私たちの理想の世界を作りましょう。

聴いていただきありがとうございます。
2

吉田式顔鍼美容健康療法  自律神経免疫療法

 吉田式顔鍼美容健康療法とは


吉田鍼灸指圧治療院でしか行っておりません。


従来の自律神経免疫療法に、顔鍼と下顎の調整を加えました。


1.顔鍼

 もちろん美容になります。しかし狙いはそこではありません。顔が脳神経の塊で、副交感神経の刺激点であり、内臓が表面に露出しているところでもあります(内臓頭蓋)。口は消化管、鼻は呼吸器官、鼻と目は脳そのもの。顔面にある脳神経は、脳幹につながっており、ここが生命維持の中枢(自律神経の中枢)です。

ここのツボに鍼をすることにより自律神経に影響を与えられる可能性があります。


2.下顎の鍼(臼井先生のスイング理論http://agozure.com/index.html) 

 下顎動きを見ながら、下顎の可動性をよくする鍼をします。下顎は約1kgの重さがあり、身体のバランス取っています。試しに頭を傾けて下さい。下顎が動くのがわかると思います。下顎がずれていると、バランスがとれなくなり、首が捩れ、脳血流が上手く確保できなくなり、うつなどの心身症状を発症します。さらにバランスをとろうと身体も捻じれるため、肩こりから、腰痛、ひざ痛、自律神経失調による様々な病気の可能性があります。

 具体的には、下顎のずれ(前方にずれていたり、左にずれていたり、捩れていたり)に対して、顎関節の硬結(硬い)部に鍼をし可動性を調整します。

昔から気づいていましたが、この部位は非常に血流が悪く(あまり皆さん顎を動かさなくなった、硬い物を食べなくなった)血液が鬱血したまっている場所です。押さえると痛いところです。

ここの血流が悪いと、脳血流が悪くなります。惚けた老人は口が開いているでしょう。

ですから、皆さんいは日常から、この場所をマッサージしてもらいます。マッサージの仕方は教えます。

3.従来の自律神経免疫療法です。

  てい鍼(刺さない鍼:純金の鍼)で、指先、頭頂部のポイントを刺激し血流を良くします。これは自律神経反射を起こし、様々な病気の元である、自律神経を調整します。

 必要があれば、私の協力医のところで、白血球分画を調べてもらいます。自律神経のバランスがわかります。

4.背部の鍼灸、灸頭鍼

 背中に鍼と灸、または腰部、仙骨部に灸頭鍼(鍼を刺して、その先端にもぐさをつけるとても気持ちがいい方法です)

 これは、気持ちが良すぎて寝てしまう人がいるほどです。背中は、脊柱が走っており、脊椎の椎間孔から各内臓を支配する神経が、脊髄神経後枝、前枝として出ています。ここに鍼、または灸を行うことで、神経の流れが良くなり、自律神経も体調も良くなります。


これで、当院の薦める足元のバランスをとる5本指の靴下、サポートソックスを履けば、治療としてはばっちりです。

クリックすると元のサイズで表示します


普段は、

今井先生の あいうべ体操 http://mirai-iryou.com/mc_aiube.html

長田先生の 顔もみ療法 http://www.110e-kami.com/kaomomi1.html

それにつめもみ。乾布摩擦にウォーキングを行って下さい。野菜と果物をたくさん食べて下さい。

これで、あなたは、美しく健康になれるはずです。

病気は、私が治すのではありません。私は常に完璧な治療法を目指しています。良くなるかどうかは、皆さんの努力と、治癒力にかかっています。






 
5

青井岳までロードバイクツーリング  社会

 天気がちょっと心配だったが、朝6時に出かけた。11時にまでに帰宅しなければならない(長男のサッカーのトップリーグ最終戦が都農町であるため)ので、行ける所まで行こうと思った。野宿ツーリングの準備である。

 まだ薄暗い中の出発である。宮崎に269号線で向かった。最初は雨も降らず良かったのだが、山之口町あたりから雨が降り出し、山之口の道の駅で一休みした。


クリックすると元のサイズで表示します

出発して1時間30分くらいである。ここで濡れた服を着替えた。30分ほど休憩して、ぎりぎり8時半まで走ろうと思った。

ところがここから土砂降り、着替えた意味もなくびしょ濡れに。近くの青井岳温泉に行き、ここで雨が止むのを待つが降りやまず、ますますひどくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

しばらく待ってもらちが明かず、なお且つ11時までに戻るタイムリミット8時半が迫っていたので、雨の中出発した。

山之口をを過ぎると全く雨が降っておらず、快適に走れた。びしょ濡れのツーリングだったが気持ちが良かった。

10時ごろ帰宅。

走行データ

時間 2時間49分10秒(休憩除く)
距離 54.81km(往復)
AVE 19.4km(スピード)
最高速度 53.3km

速度はあまり気にせず、楽に走ることにした。100kmのロングライドはまだ遠いが、宮崎まで、休憩しなければ3時間あればいけることがわかった。

まあ、通常、休憩するので、その倍近く5時間はみて、日帰りするなら10時間は必要だなと思う。

1泊2日か、2泊3日のツーリング旅行を狙っているが、問題は仕事とカミサンだ。ちょっと今のところ無理だな(笑)

でも野宿はやるぞ。

サッカーはトップリーグ最期だったが祝吉中に残念ながら3−0で負けた。実力と言うより、流れを作れなかった。サッカーも”気”の世界だ。試合を”気”が支配している。雰囲気が変わればがらりと流れが変わる。それができなかったということだ。


クリックすると元のサイズで表示します
14番はうちの坊主

帰ってきてから、皿洗いと、風呂を洗って、いつものようにッ治療院の玄関でビールを飲む。


最高だ!

クリックすると元のサイズで表示します

そういえば、最近、ケムトレイルが減ったな?世界で何か変化があったか?
3

中秋の名月  宇宙 

 先日は、中秋の名月だった。皆さんご覧になられただろうか?

クリックすると元のサイズで表示します
庭から撮影

見事な月だった。

団子に酒で月見でもしたかった。

私が月はどうしてあんなに明るいのかと、下の娘(小3)に尋ねたら、月には電気屋さんがいるそうだ。いい線いっている。

それは九州電力かい?


外に出ると、気が充満している。気を科学的に測ることはできないが、人間は感じるセンサーを持っている。

私は、仕事が終わると玄関の外に椅子を出してビールを飲むのは気を充填しているのだ。

外には気が充満している。樹木の気、草花の気、心地よい風の気、鳥の声、虫の声、土の匂い(大地の気)


そうすると、ストレスでやられた心と身体にエネルギーが自然とチャージされる。

これは誰でも感じられることだ。できるだけ自然が一杯あるところが良い。人工物にも気は存在するがそれは充填されず、消耗する。

 最近、計画していることがある、”野宿”である。チャンスがあれば自転車で寝袋担いで”野宿”に行こうと思っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 外で星を眺めながら眠りたいのだ。エネルギーを一杯補充したいのだ。

しかし、残念ながら、時間がとれないでいる。野宿するなら今の季節の内だ。出来るだろうか。
5

養生の鍼(美容鍼灸)  自律神経免疫療法

 養生の鍼が鍼灸の神髄である。

いろんなタイプの患者さんがいらっしゃる。

1.どこも悪くないのに、定期的に通ってくる養生の鍼をするタイプ。

2.悪くなった時は一生懸命通い、治ったら、また悪くなった時に来られるタイプ。

3.一回きりで、その後音沙汰なしのタイプ。そして、忘れたころにやってくる。


どの方法でも良いと思っているが、未病治という観点と私の臨床経験から、養生タイプの方が一番健康をキープし、元気でいらっしゃる。

”養生の鍼”これが鍼灸の神髄だなと思う。

それに定期的に私と会話することにより、知識が増えていきどうすれば良いかが理解できるようになる。それにより元気になる。これも健康をキープするのに重要なファクターの一つである。

”養生の鍼”は一週間に一回か、10日に一回のペースで行う。

私は商売人では無い。臨床家である。商売の為に、患者を増やそうとこのようなことを言っているのではない。

事実を言っているのだ。

患者を増やすつもりは毛頭ない。できれば、ゆったりと仕事がしたい。

”養生の鍼”が鍼灸の真髄なのだ。養生に来られてください。

私の鍼は、進化し続けています。どうすれば良くなるのか。その一点に集約されています。

最近、顔鍼を始めました。通常は、美容鍼灸と言います。私の場合は、美容ではなく、病気を改善させるために行います。結果的に、患者さんは健康で綺麗になっていきます。

顔鍼をしたあとは、みんな目がまん丸になって、可愛くなります。

私が顔鍼を始めた理由は、顔が脳神経の塊で、副交感神経の刺激点であることに気づいたからです。

顔にある12の脳神経は、すべて脳幹(延髄、中脳、橋、間脳)につながっています。ここ生命を維持する点の重要な場所で、自律神経の中枢です。

そして自律神経のバランスが健康の全てです。

これまで、そこを刺激して調節するのに、井穴(手足指先)、頭、背中に鍼をしてきました。しかし、顔が脳幹に一番近いことを、長田クリニックの先生に書籍で教えてもらいました。

ここに鍼をすれば良いんだということに気づきました。今まで、美容鍼灸など興味もありませんでした。私の治療目的はあくまでも病気です。しかし、顔鍼という古来からある方法が、あることに気づきました。

考えてみれば、顔にはツボがたくさんあります。元気な人は顔色がいいものです。私達は顔色を見て判断します。

顔色の悪い人は、病気の人です。

美容と健康はつながっているのです。

したがって、吉田鍼灸指圧治療医院では、標準的な治療として、美容鍼灸ではなく、自律神経免疫療法に加え、顔鍼を加えました。


評判は上々です。結果も良好です。素晴らしいことです。それに、臼井先生から下顎のスイング理論も教えてもらいました。下顎のずれを治す鍼を考案中です。

これは、吉田式あたまかおせいけつ刺鍼療法(仮称)になります。


健康で綺麗になりたい方、ぜひお越しください。

そして、この方法は、心身症(うつやパニック、不安神経症など)にも絶大な効果をもたらします。大抵、このような方の顔色は悪く、表情は硬直し、笑顔も有りません。顔に鍼をすることにより、表情が和らぎ、精神的にも楽になります。

精神薬物療法を辞めることが出来た人もいます。

美容鍼灸は養生の鍼であり、”吉田式あたまかお(井穴)せいけつ刺鍼療法(仮称)”です。顔の鍼をする分だけ、私の収入は減るけどそんなことはどうでもいい。


私は、臨床家のプライドを決して捨てず、カネの為には一切働きません。生活できれば十分。自分の時間が必要。それが臨床につながる。

商売をするつもりは全くありませんので、そのような記事ではありません。


”養生の鍼”が鍼灸の神髄です。



関之尾
クリックすると元のサイズで表示します

彼岸花が綺麗でした。季節感を感じます。
クリックすると元のサイズで表示します

庭の彼岸花
クリックすると元のサイズで表示します
9

危険な思考(賛同しないで下さい)  社会

 先日、古い友人に会った。子供の頃よく遊んだ。35年以上の前の話だ。久しぶりだった。彼からその悲報はもたらされた。彼は私に会うなり、久しぶりと言ったあと、弟が自殺したと言った。

 弟とも良く遊んだ。元気な奴で、今でもたまに思い出しあいつどうしているかなと思うことがあった。

 9月4日のことだったらしい。9月4日は私は仕事をしていた。その時、彼は苦脳していた。そして死を選んだ。

9月4日は私は、患者さんと話しながら笑っていたかもしれない。しかし、彼は自らを殺した。

 その兄貴によると燥うつ病を患い、会社(大企業)を一年以上休職していたらしい。病院でも治療を受け、薬も飲んでいた。

 ちなみに薬の副作用は、衝動的な自殺である。

 私も企業に9年間勤めていたのでわかるが、仕事は過酷である。自分の能力(適性)に合わない部署に配置されたりすると、うつ病で休職する人は結構いた。私が在職中にも4人自殺した。

 日本の企業(社会)は”人殺し”企業である。人間は道具であり、使い物にならなくなれば死んでも構わない。”自殺”や”過労死”は、企業や官公庁、教職員でも同じである。

 日本社会は人を死へ追いやる社会であると私は思う。平和とか親切だとか、礼儀正しいとか、それは表の顔。裏の顔は妬みや嫉妬で、人と違った人は排除するか、孤立させる。

 そして、社会的死を与え、自ら死ぬように仕向ける。私は自殺の9割は、関節的な他殺だと思っている。犯人は社会である。

 ここからは、危険な考えなのでスルーして欲しい。

自殺はいけないという。私も、平和な国で年間3万人以上も自死する人がいる社会は、恐ろしい社会だということで記事を書いた。


自殺者1万人を救う戦い
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/833.html

しかし、人間の死において、不自然な死と言うものがあるのだろうか?どのような死でも
同じことかもしれない。幸せに天寿を全うするのが良いに決まっている。

大きな視点から見たら、人間の細胞も自殺する。自分の役割が終わると、アポトーシスといって自ら死滅する。

自殺は、アポトーシスだろうか?否、それは違う。どこが違うかというと、細胞のアポトーシスは完全に役割を終えているのに対し、人間の自殺は、役割を終えたとか終えていないとかいう話ではないからだ。

そもそも、生きていること自体に、個人的な意味など存在しない。全体的には、生命を存続させるといういうのが生命の目的であろう。

私の友人は、死ぬ必要は無かった。仕事を辞めてしまえば良かったのだ。そして、ゆっくり休めば良かった。しかし彼の不幸なことは、両親が病気で入院しており、帰るところがどこにもなかった。

想像するに、追い詰められていた。

そして”死”を選んだ。死ぬほど苦しいから”死”を選んだのだ。


ここから先は非常に危険な考えですので、賛同しないで下さい。


私の頭から危険な思考が離れない。


人の死には、”自殺”という選択肢もあるのではないだろうか?

自殺はいけないという理由を見つけられない。ある宗教では、自殺をすると地獄に落ちると脅かし、戒めているが、私は、死んだら、どんな人でも”光の世界(同じところ)”に行くと信じているので、殺されようが、天寿を全うしようが、自殺しようが、病死しようがそれは同じ”死”であると考えている。

あの世で”死”に違いがあるはずがなかろう。

私は自殺を薦めているのではない。自殺も人間であるが故の自然の一部の働きであるかもしれないと思ってしまうのだ。

おまえは頭が狂っている。そうかもしれない。

幼いころの友人に。

苦しかっただろう。もう大丈夫だ。生きていればいつか話が出来たかもしれない。あの時は辛かったと思い出話になったかもしれない。しかし君は”死”を選んだ。生きるのがそれほど苦しかったからだ。もう楽になったかい。

残念だよ。合掌。


ちなみに、この危険思考は、お釈迦様の言う様にこの世は”地獄である”という前提で書いている。

幸せな世界であれば、自殺など存在しまい。しかし、そのような世界は、世界中ではアマゾンの原住民にしか存在しないのではないだろうか?

注)間違わないで下さい。自殺を肯定しているわけではありません。自殺は悲しいだけです。してはいけません。





 

 
5




AutoPage最新お知らせ