ハンドヒーリング(癒しの手)  メンタル

”ここ(私の治療院)に来ると落ち着くんですよ”

と、私と歳の変わらない、ある大きな組織のNO.2は言った。彼は大きな責任を伴う仕事をしている。私にはそのような責任を負うことなど到底できない。たいしたものだなと思う。

私の治療院に来ると落ち着くという人は多い。

それはそうだ。何しろこちらは肩書や地位や名誉とは遠く離れているのだから。私はそのようなものに全く関心が無い。おまけに協調性も無い。こちらはそのような社会からドロップアウトしているのだ。あまりにもドロップアウトし過ぎて、治療院以外での一般的な世間の興味関心と随分ずれてしまい、世間話というものがほとんどできなくなってしまった。私には、どこの誰がどうしたとか、自分は何をしたとか言う会話に全く関心がないのだ。

従って、治療院以外で人に出合うと、何を話して良いかわからず、様々な集まりなどでは、話す事柄がなく孤立してしまうことが多い。苦痛なこともあるがしょうがない。無理して話を合わせると非常に疲れる。何しろ興味が無いので会話にならない。それでも良いと思っているし、目立ちたいという思いも無い。

それでも講演を頼まれたりすると1時間でも2時間でも話はできる。これも頼まれなければ自分からはいかない。

このような治療家であるので、利害関係も何も存在せず、私の治療院では気を使うことが無い。

そんな協調性の無い私でも9年間会社の総務をしていたので、自分でも驚く。よく出来たものだ。今なら絶対に出来ないし死んでもやらない。

私は一般的に言うと社会的不適格者である。非常にわがまままである。

私が治療、鍼や灸をしていると寝てしまう患者が多い。開業して10年経つが、最近、自分の手からエネルギーが出ているのではと思う。触っているうちに皆寝てしまう。これは私が特殊能力を持っているのではなく、きっと同じことを10年続けていると誰でも出来るようになるものだと思う。誰の手のひらにもハンドパワーはある。変な人と思われる方は思えば良い。

神経症の方が治療に来る。大体は、子供時代に親に否定的に育てられ精神的支柱(自分は失敗しても受け入れられるという自己肯定感、安心感)が育っておらず、常に不安に苛まれる。

精神的支柱(自分は失敗しても受け入れられるという自己肯定感、安心感)が育っていないということは、根本が無いということであり、失敗したらそれでおしまいという恐怖感に支配されており、従って、常に緊張している。サバイバルモードで生きているようなものである。周りは常に敵だらけということだ。ゆったりすることができず、生き残り(サバイバル)に必至であるため、余裕は無い。だから、いいアイデアも持てず、常に失敗しないようにというネガティブな思考で行動(闘うか逃げるか。多くは逃げ腰である)する。従って、選択肢(行動)は手足が縮こまり狭いものとなる。

精神的支柱がしっかりしている人は、安心感に満たされ、周りにいる人は常に肯定的に自分を見てくれると思っている。もし中に否定的な人がいたとしても、必ず自分を信頼してくれている人がいるという安心感から、失敗を恐れない。このような人は常に余裕があり、緊張していてもその緊張はポジティブな緊張感であったりする。

この育てられ方のその後の”差”はその人の生き方を左右する。この”差”埋めがたいほど大きい。

精神的支柱がある人から、精神的支柱が無い人をみたとき、その行動が理解できない。

精神的支柱が無い。自己肯定感が無い、自己蔑視している人は、生きていくことは苦痛でしかない。

これは、精神的支柱を持っている人には到底理解できない。

では誰が悪いのか?それはわかりきっています。あなたが悪いのではありません。親が悪いのです。これは決定的です。あなたに責任はありません。兄弟が絡んでいる場合もあります。そうなると家族で、あなたはいじめられた可能性があります。弱いところ(者)に家族の病理は押し付けられるのです。

では親の責任を問えば良いのかと言うとそれも違います。親を責めてもあなたの問題は解決できません。

ただ、理解するだけで良いのです。あなたの責任ではないと。

私は言いたい。

あなたにはあなたの価値があるのです。

例え仕事が出来なくても、他人とうまくやれなくても、存在を否定されても、孤独でも、

あなたにはあなたの価値がある。

あなたが出来ることもあれば出来ないこともある。出来ないことを責められても、それがあなたには価値が無いということではない。あなたには何かできることがある。あなたしか感じられないことがある。あなたにしかわからない世界がある。それはあなたの素晴らしい価値です。

協調せよ、ポジティブであれ、という一般的な社会の物差しが間違っているのです。

あなたの全てを肯定して下さい。自己否定、自己蔑視は精神的自殺です。このような感情はあなたの責任では無いのです。





村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

をまどかちゃんが貸してくれたので読んだ。いつも医学関係の本ばかり読んでいて小説は久しぶり、それこそ数年ぶりに読んだ。

村上春樹は、「ノルウェイの森」「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」「1973年のビンボール」「ニュークリアエイジ(訳書)」「ダンス・ダンス・ダンス」などを読んだことがある。

凄く面白かったとの印象は無い。今回、話題になっていたので期待しながら読んだ。書評は賛否両論あり、あまり参考にしなかった。

最初、冒頭の部分はつまらなくてもう読むのを辞めようかと思ったが、中盤、ひきこまれ一気に最後まで読んだ。

感想は、面白かった。いい小説だと思う。ただ、読んだ後はどうでもよくなった。これは赤川次郎的である。面白いんだけどそれだけ。というやつ。あくまでもこれは私の個人的感想であるので文句がある人は、どうぞ文句を言わないで下さい。個人的感想です。
何でノーベル賞に一番近い作家なのかな?非常に疑問???。
10




AutoPage最新お知らせ