enlightenment  スピリチュアル

 金土日と3日間にわたり、完全フル―タリアン(果実食)生活を行ったところ、お通じが素晴らしく良くなり、オナラも無臭生活であった。これは腸内に善玉菌が増えたことを意味する。悪玉菌がはびこるとオナラは臭くなる。体重も減った。何kg減ったかは、体重計を持たないのでわからないが、おなか周りと顔がスッキリとした。健康的にダイエットしたい人に超お勧めである。

1ヶ月〜3ケ月に一回、3日間のフル―タリアン生活を行うと、デトックスになるようだ。おそらく、ファスティング(断食)と同じ効果が得られるのではないだろうか?食べながらなので断食よりも数段やり易い。おなかいっぱい食べても良いのだ。もちろん果物だけ。

さて、ブログの記事であるがenlightenment(悟り)である。大袈裟なタイトルをつけたが、私は個人的にとても興味がある。

悟った人として、私はこのブログでエックハルト・トール氏を紹介していたが、実を言うと彼の本はあまり面白くない。これは、翻訳の問題かもしれない。彼の神髄は語りだと思う。

エックハルト自伝 1/7


まだ観ていない人はここから 

http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/688.html

http://p.tl/hIvf

7までご覧ください。

エックハルトの言っていることを理解しようと思えば、やはり仏教である。彼の語っていることはほとんど仏教だと思う。仏教と言えば、ちょっと難しく理解しがたいところもあるのだけれど、そえを非常にわかりやすく説いている方が存在する。それは、スリランカ仏教界の長老、アルボムッレ・スマナサーラ長老である。

スマナサーラ長老とはこのような方

スマナサーラ長老講演会(あべこべ感覚)その1


私自身、悟りには全く近づけないが、スマナサーラ氏やその他の仏教書、また様々な書籍を読み、そのたびに気づかされ、そしてすぐに忘れて俗世間に塗れて気がつくと、妬み、嫉妬、悩み、怒り、不安と恐怖、欲にまみれた妄想と錯覚の現世地獄に引き戻されてしまいます。

すぐに戻ってしまい。学びは意味無きものになっている気がするけど、これではいけないとまた悟りに出会うのです。

しかし、いつまでたっても学べない。無駄なようですがいつもそのように繰り返す。この一見無駄に見える繰り返しが学びなのでしょう。

今回は、私の尊敬するスマナサーラ長老の書籍を紹介したいと思います。彼の書籍は多数出版されていて、私が一番お勧めなのは、ちょっと難しいですが、「無常の見方」サンガ新書 です。これは素晴らしい。ぜひ、一読を。



この本を読んで、私は、昨年、スマナサーラの講演を聴きにいきました。それは素晴らしい体験でした。

クリックすると元のサイズで表示します

今回ご紹介する本は、「無常の見方」ではなく、もっとわかりやすい本「心がスーッとなるブッダの言葉」です。これも手元に置いておくと、いろんなことを乗り越えられる本です。

クリックすると元のサイズで表示します

私は、仏教的世界は絶対に完成しない世界だと思います。でも、一神教の世界よりも生き方の真理を提示したブッダの教えは、世界を平和に導くものだと思います。

こんな世の中だからこそ平和ということを目指さなければなりません。右傾化する国家に未来は無く、世界の平和も訪れません。右も左も行きすぎたらダメです。

悟りを目指しましょう。

私は治療家です。手による技術も大切ですが、私と話をすることで何かを感じることが出来ると思います。

ぜひ、話をしに来てください。



「心がスーッとなるブッダの言葉」成美文庫

内容を紹介しようと思ったのですが、抜粋すると前後の文章が抜けて陳腐なものになりそうなので、ぜひ購入して、ご自分で読んでみてください。




5
タグ: 精神世界 仏教




AutoPage最新お知らせ