デーヴィッド・アイク ビッグブラザー補欠選挙集会演説  社会

以前、この演説を聴いた時に感動した。アイクの語りかけ、その情報量、ユーモア、そして何よりもこの世界の真実について語られていることに衝撃とともに感動を覚えた。

そのビッグブラザー補欠選挙集会演説の後半部分、NO12以降が新たに公開されていた。

これは翻訳家 為清勝彦氏の手によるものである。彼はアイクの書籍を翻訳し世に出版している。彼は偉大な仕事をしていると思う。

長いと言わず、ぜひこのビデオを見て欲しい。きっと何も知らないあなたは衝撃を受ける。そして何をすべきかを考え始めるだろう。

どうすれば平和と自由を守れるのか。どう行動すればいいのか。そして、ちょっと他人に優しくなれるはずだ。

私はそう思う。

ビッグブラザーとは、ジョージ・オーウェル http://p.tl/kMsa の小説「1984年」に登場する支配者の名前のことである。

ビッグブラザーという言葉は、世界レベルでの監視や支配を行う、国や機関を、人物を指すときに使用される。

では、

ぜひ、ご覧ください。




http://p.tl/S0Zx
ここから19まであります。
1




AutoPage最新お知らせ