自転車生活  社会

クリックすると元のサイズで表示します

極力、車を使わないエコ生活をしようと思い。最近、自転車を買った。雨が降らない限り、自転車で移動することに決めている。

買うに当たっては、本当はロードバイクが欲しかったのだけど、これは高価で手が出ない。かといって中途半端なクロスバイクでは金額的にももったいない。どうしよかと悩んだ挙句、安価なピストバイクにした。これは変速機もなくシンプルで故障も少ない。安物でも、シンプルなので比較的軽い。

かみさんも文句を言わない値段である。

私が自転車に乗りはじめると、かみさんにいろんな目撃情報が寄せられる。どこそこでご主人が自転車に乗っているのを見ましたよって言われるらしい。本当に田舎である。恥ずかしいからあんまり乗らないでと言われた(笑)。

さて、乗ってみて思ったのだが、自転車が走れる道路が少ない。車道に出ると危ない。歩道は基本的に走行禁止であるし、デコボコしている。道が狭い。

私の自転車は、ピストバイクである。ピストバイクは競輪選手などが乗る自転車と同じ固定ギアで、足を止めることができない。タイヤが回転すれば、ペダルも回転する。ペダルを回転させればタイヤも回転する。後ろに漕げば、後ろに回転する。ペダルをフリーに出来ない。

それゆえにピストバイクは危ないと言われる。都会ではこのバイクにブレーキを付けずに乗っている人がいて危険だと問題になった。もちろん私のはブレーキは前後に付いている。

実を言うと、今日、転んだ。死ぬところだった。きっと知人に目撃者がいれば、明日ごろ話題になっているはずである。

車道を走っていて、ちょっと邪魔になるかもと思い。歩道に入ろうとした時に、車道と歩道の段差に前輪がとられ、歩道側に吹っ飛んだ。しかし、体勢を保っていたのだが、運が悪いことに、歩道側に車が停車している。あわてて急ブレーキをかけた。

しかし、私の自転車はピスト。足を止めたのがまずかった。思いっきりペダルに足を跳ね飛ばされた。そして、転倒。幸いにして、停車している車にはぶつからなかった。

まだピストバイクに馴れていないことが判明した。無意識に普通の自転車と同じように足を止めてしまうのだ。

漕いだ分だけ進むと言うのは、ピストバイクの魅力なんだが、難しい。

今回は、歩道側に転倒し、腕に擦り傷を負っただけで済んだが、これが車道側だったら確実に死んでいた。何しろ交通量の多いところである。

ぞっとした。自分があの世に行ってしまうと言うことより、他人に迷惑をかけるかもしれないということにぞっとした。

自転車で日本一周だなどとのたまわっていたのだが、これで気が引き締まった。

安全第一ですね。エコも楽じゃない。自転車に厳しい田舎道。

生きててよかった(?)



4




AutoPage最新お知らせ