FRYING DUTCHMAN  社会

原発反対っていうときっと左翼と言われるのだろうな。僕はフラワーハットの人たちには違和感を感じるが、原発は反対である。

FRYING DUTCHMAN humanERROR



FRYING DUTCHMAN
http://www.fryingdutchman.jp/

ちょっと政治的、社会的過ぎるけど、結構、僕は好きな音楽だな。


2

麻疹(はしか) MeaslesA  予防接種ワクチン情報 ※重要

前回の記事
麻疹(はしか) Measles
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/611.html

クリックすると元のサイズで表示します

Can the measles vaccine suppress the IMMUNE SYSTEM?

Dr. Moskowitz elaborated:
'True' or lifelong immunity of this type cannot be ascribed to the measles vaccine... Because the vaccinated individual has no obvious way of getting rid of the virus, the technical feat of antibody synthesis presumably represents, at most, a memory of chronic infection.

モスコウィッツ博士は、詳しく説明:

はしかワクチンは、免疫系を抑えることができますか?

実際、このタイプの生涯免疫ははしかワクチンに基づく事ができません。。。予防接種をされた人にはウイルスをなんとかする明らかな方法がないので、抗体合成の技術的な功績は、せいぜい慢性感染症の記憶をおそらく意味します。

It makes no sense to claim that vaccines render us 'immune' to viruses if in fact they weaken our ability to expel them, and force us to harbor them permanently.

In that sense, vaccines must themselves be regarded as immunosuppressive."

その意味はワクチンはウイルスに対する私たちの免疫"与えず主張しないようになり、実際に彼らはそれらを排除する我々免疫能力を弱めるならば、私たちは永久にウイルスを隠すことを強制されることになります。

その意味で、ワクチン自体は免疫抑制とみなされなければならない。"  Richard Moskowitz, MD

The measles vaccine and BOWEL DISEASE:

In fact, people who received the measles vaccine were 2.5 times more likely to develop Crohn's disease when compared to unvaccinated controls.

麻疹ワクチンと腸疾患:

実際には、麻疹ワクチンを受けた人々はワクチン未接種の対照と比較した場合、クローン病を発症する可能性が2.5倍だった。


Efficacy

During the pre-vaccine era, measles was a common childhood illness. Nearly everyone contracted it by the age of 10 and developed permanent immunity as a result.

However, a significant decline in measles began long before the vaccine was introduced. From 1958 to 1962, the number of cases toppled by 38 percent. The measles death rate tumbled on its own even more. In 1900, there were 13.3 measles deaths in the United States per 100,000 population. By 1955, eight years before the first measles shot, the death rate had declined by 98 percent to .03 death per 100,000. England experienced a similar decline in measles cases and the measles death rate before the vaccine was introduced.

有効性

ワクチンが導入される前の時代には、麻疹は、一般的な小児の病気だった。
ほぼ全員が10歳でそれに感染し結果として永久的な免疫を開発した。

しかし、ワクチンが導入されるずっと前に麻疹は大幅に減少し始めた。1958年から1962年、症例数は38%低下した。麻疹の死亡率はもっと低下した。1900年代に、米国では100000万人当たり13.3人の麻疹での死亡があった。1955年、最初の麻疹ワクチンが導入される8年前、その死亡率は100000万人あたり0.3人の死亡、98%減少した。イギリスでは、ワクチンが導入される前に同様の麻疹症例の減少と死亡率の減少を経験している。


What is herd immunity? Can it be achieved?

The measles vaccine does not confer permanent immunity - one reason eradication of the disease is so elusive. Epidemics regularly occur in vaccinated populations. Dr. William Atkinson, senior epidemiologist with the CDC, admitted that...

"Measles transmission has been clearly documented among vaccinated persons. In some large outbreaks...over 95 percent of cases have a history of vaccination.
=William Atkinson, MD,Senior Epidemiologist, CDC

集団免疫は何ですか? それを達成できますか?

はしかワクチンは永久の免疫を与えません−根絶できないひとつの理由は病気のウイルスを捉えにくいからです。 流行は、予防接種をされた住民で定期的に生じます。 ウィリアム・アトキンソン博士(CDCの上級伝染病学者)はそれを認めました ...
「はしかの伝染は、予防接種をされた人の間で明らかに確認されました。 いくつかの大発生の ... ケースの95パーセント以上には、予防接種の歴史があります。
=Williamアトキンソン、Md、上級伝染病学者、CDC


According to the World Health Organization, the odds are about 15 times greater that measles will strike those vaccinated against the disease than those who are left alone.

世界保健機構によると、病気の予防接種を受けない人は受ける人の15倍の確率ではしかに感染します。

In 2000, Nepal had a measles outbreak in which all (100 percent) of the people who caught measles were vaccinated against the disease.

2000年に、ネパールでは、麻疹の予防接種受けた人々全員(100パーセント)が麻疹(はしか)に感染した。




The measles vaccine shifted the disease to riskier age group

The measles vaccine dramatically altered distribution of the disease by shifting incidence rates from age-groups unlikely to experience problems (children 5 to 9 years old) to age-groups most likely to suffer from severe complications (infants, teenagers, and adult). In 1963, before the measles vaccine was introduced, it was extremely rare for infants to develop measles. This was because their mothers had contracted measles naturally as children and developed protective antibodies that were passed on to their babies during birth.

はしかワクチンは、病気をより危険な年齢層へ移しました

問題(5〜9才の子供たち)を経験しそうにない年齢集団から最もひどい合併症(幼児、ティーンエイジャーと大人)で苦しみそうな年齢集団へ発生率を移すことによって、はしかワクチンは、病気の分布を劇的に変えました。 1963年に、はしかワクチンが持ち出される前に、幼児がはしかになることはとても珍しかったです。 これは、彼らの母が自然にはしかと子供たちとして契約して、出生の間、彼らの赤ちゃんに渡された保護抗体を開発したからでした。

These babies were secure from measles for the first 15 months of life.
However, by the 1990s, more than 25 percent of all measles cases were now occurring in infants. CDC officials admit that this situation is likely to get worse, and attribute it to the growing number of mothers who were vaccinated. Fewer mothers now have natural immunity.

これらの赤ちゃんは、生後最初の15ヵ月はしかから安全でした。しかし、1990年代までには、すべてのはしか症例の25パーセント以上は、その時幼児に起こっていました。 CDC当局は、この状況がさらに悪化しそうであると認めて、それを予防接種を受けた増大する母のものであると考えます。 より少しの母は、現在自然の免疫があります。

"With an increasing proportion of mothers being vaccinated, the number of infants susceptible to resistant wild-type viruses may increase dramatically."
-Conclusion reached in the Journal of Medical Virology

"母親が予防接種をしている割合の増加により、耐野生型ウイルスの影響を受けやすい乳児の数は飛躍的に向上する可能性があります。"
-Conclusion reached in the Journal of Medical Virology

以 上
1

麻疹(はしか) Measles  予防接種ワクチン情報 ※重要

先日、長男(中学1年生)のサッカーの試合(宮崎カップ)が宮崎、生目の杜総合運動公園であった。九州沖縄の強豪中学校とクラブチームが参加するレベルの高い大会である。結果は?見事、鹿児島及び大分のクラブチームを破り、グループ一位通過。今日は各グループ1位通過のトーナメント選である。ぜひ頑張ってもらいたい。うちの坊主はまだレギュラーでは無いので本選には出場しないのだが、Bチームで練習試合がある。ぜひこちらも頑張ってほしい。

クリックすると元のサイズで表示します

さてさて、ワクチン情報である。ここに記載してることはいい加減なことではなく、膨大な医療文献及び公的な機関(WHOやCDC)一流雑誌の医学論文をもとに記載されていることである。

ただし、ワクチンをどうするかは皆さんの判断。僕は個人的にこのようなことを知っているのでワクチンはいりません。

以下の本をぜひ、医療関係者及び、厚生労働省の皆さんに読んで頂きたいと思います。

健康は注射針からもたらせられるものではありません。感染症は、ワクチンではなく栄養状態と環境の改善で減らす事ができます。

麻疹(はしか)

2010年6月に米国で出版され日本では邦訳されていないワクチンについて書かれた、アイゼンスタイン博士の本「Make an Informed Vaccine Decision」より一部抜粋して紹介します。


クリックすると元のサイズで表示します

麻疹(はしか)
※麻しん(はしか)に関するQ&A(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/qa/kenkou/hashika/

What is measles?
The disease confers permanent immunity; the infected person will not contract it again.

この病気は、終生免疫(自然感染した場合)を獲得し、再び感染することはありません。

Is measles dangerous?

Prior to the 1960s, most children in the U.S. and Canada caught measles. Complications from the disease were unlikely. Previously healthy children usually recovered without incident. However, measles can be dangerous in populations newly exposed to the virus, and in malnourished children living in undeveloped countries. Ear infections, pneumonia, brain damage(subacute sclerosing panencephalitis), and death are some of the possibilities.

1960年代より前には、麻疹による合併症は稀で、通常、何事も無く回復した。しかし、栄養失調の場合は、耳の感染症、肺炎、脳損傷(亜急性硬化性全脳炎)、そして死の可能性があります。

Vitamin A and nutrition:

Mild vitamin A deficiency in children who contract measles has been associated with a higher risk of diarrhea, respiratory disease, and death.

はしかになる子供たちの軽度なビタミンA不足は、下痢、呼吸器疾患と死のより大きな危険性と関係しています。
According to Dr. David Morley, infectious disease expert, "Severity of measles is greatest in the developing countries where children have nutritional deficiencies.

デイビッド・モーリー博士(伝染病の専門家)によると、「はしかのひどさは、子供たちが栄養的な欠乏症がある発展途上国で最も大きいです。

Fever reducers:

In one study during a measles epidemic in Africa, children were divided into two groups. One group received fever reducers - typical treatment at many hospitals. Mortality was five times greater than in the group that did not receive this treatment.
解熱剤:
アフリカのはしかの流行での1つの研究において、子供たちは2つのグループに分けられました。 1つのグループは、解熱剤 ― 多くの病院の典型的処置 ― を受けました。 死亡率は、この処置を受けなかったグループより受けたグループで5倍大きかった。

According to Dr. Harold Buttram, who studies the data, "It could be inferred that interference with the natural course of the disease significantly dampened immune responses of the children."

ハロルドButtram博士(そのデータの研究者)によると、「病気の自然の過程に対する干渉が子供たちの免疫反応をかなり弱めると推測される。」

The measles vaccine

Attenuvax- A live-virus vaccine "propagated in chick embryo cell culture." Each dose includes sodium chloride, sodium phosphate, sucrose, sorbitol, hydrolyzed gelatin, glutamate, neomycin, human albumin and fetal bovine serum. Produced by Merck. Given in 2 dose.

麻疹ワクチン:

Attenuvax - 生ワクチンは、"ニワトリ胚の細胞培養で増殖される" 各投与量には、ソルビトール、塩化ナトリウム、リン酸ナトリウム、スクロース、、加水分解ゼラチン、グルタミン酸、ネオマイシン、ヒトアルブミンとウシ胎児血清が含まれています。メルク社製造。
2用量で与えられる。

safety

encephalitis, subacute sclerosing panencephalitis(SSPE), Guillain-Barre syndrome, convulsions, seizures, ataxia, ocular palsies, anaphylaxis, angioneurotic edema, bronchial spasm, panniculitis, vasculitis, thrombo-cytopenia, lymphadenopathy, leukocytosis, pneumonitis, Stevens-Johnson syndrome, erythema multiforme, urticaria, deafness, otitis media, retinitis, optic neuritis, rash, fever, dizziness, headache, and death.

安全性

脳炎、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)、ギランバレー症候群、痙攣、発作、運動失調、眼の麻痺、アナフィラキシー、血管神経性浮腫、気管支痙攣、脂肪織炎、血管炎、血栓血球減少症、リンパ節腫脹、白血球増加、肺炎は、スティーブンスJohnson症候群、多形紅斑、蕁麻疹、難聴、中耳炎、網膜炎、視神経炎、発疹、発熱、めまい、頭痛、そして死。


Can the measles vaccine cause BRAIN DAMAGE?

The U.S. National Institutes of Health considers SSPE a delayed or "late" complication of measles, and reports that this slow virus infection occurs "an average of 7 years after initial exposure." Today, children vaccinated with measles (or MMR) continue to run the risk of contracting SSPE.

はしかワクチンは、脳障害を引き起こすことがありえますか?

米国国立衛生研究所はSSPEをはしか遅延した「後期」合併症と考えます、そしてレポートで、このスローウイルス感染は「最初の感染後の平均7年」で起こるといいます。 今日、はしか(またはMMR)で予防接種を受ける子供たちは、SSPEになる危険を冒し続けています。

The measles vaccine and BLEEDING DISORDERS:

Thrombocytopenia, a blood disease resulting in spontaneous bleeding, is a well-known adverse reaction to the measles vaccine.

In the United States, the Vaccine Safety Committee officially acknowledged thrombocytopenia as a serious adverse reaction to the measles vaccine.

麻疹ワクチンと出血性疾患:

血小板減少症、自然出血を伴う血液疾患は、麻疹のワクチンによく知られた副作用です。

米国では、ワクチンの安全委員会は正式に麻疹ワクチンに対する重篤な副作用として、血小板減少を認めた。


Ahttp://happy.ap.teacup.com/yosimaki/612.htmlへつづく
1

アメノウズメ塾中級編Q 高学歴者程教育から洗脳を受けてる  社会

CO2=P(人口)×S(個々の人間の選ぶ仕事)×E(仕事あたりのエネルギー)×C(単一のエネルギーから放出されるエネルギー)

二酸化炭素をゼロに近づけるには、このいずれかをゼロにすればいい。


もし私達が新たな”ワクチン”や健康管理や生殖に関する健康管理について真に取り組めば、人口を10〜15%削減することができます。

ビルゲイツ講演



そして911も見事だ。全てはNWO(新世界秩序)に向かっている。世界のエスタブリッシュメントにとっては当たり前。官僚も政治家も知っている。知らないのはおバカな庶民だけ。





ワクチンについては僕のサイト
http://happy.ap.teacup.com/applet/yosimaki/msgcate24/archive
1

アルボムッレ・スマナサーラ  水彩画

先日(11月20日)、私の尊敬するスリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)アルボムッレ・スマナサーラ長老の講演が宮崎であったので行ってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

テーマは「自分直し」であった。

僕はスマナサーラ長老に出会ってから世の中がもっと良く見えるようになった。そして、本物の仏教(初期仏教)に触れる事ができた。ブッダの言葉を間違った解釈なしにそのまま伝える人、それがスマナサーラ長老である。

彼は言う。仏教は宗教では無い。仏教は科学であると。(注)幸福の科学とは全く関係ない)。僕もそう思う。仏教は教えであり自由である。神様のように契約する必要も無い。自分で生きる道を切り開くのが仏教である。

そして、長老の話を聴くとよくわかる。この世は、感情による錯覚と妄想の世界(世の中は感情による妄想と錯覚から出来ている)。まさに仮想現実(バーチャル)。そこから抜け出さなくてはならないと。

素晴らしい講演であり、感動した。精神科医の香山リカ氏や養老孟子氏のとの対談の本はあるが、ぜひ、いつかデビッド・アイク氏と対談してもらいたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、講演の内容で僕がメモったことは以下の通り、

・何事も環境を変えるのではなく、環境に合わせる事が大切だ。変化とは命を守るために自分を変える。しかし、このことにより不自由に捉われている。

・変わらなければ生きていけない。コンサバティブ【conservative】保守的では生きていけない。世の中は無常であり常に同じものは無い。変わるのが宇宙の法則、現状が嫌なら変わる事。

・精神的に進歩主義でなければならない。何事が起きてもびっくりして驚いてはいけない。それは当たり前のこと。不思議なことなど何ひとつないあるのは無知。

・変わる事は、合わせることばかりではない。八方美人ではいけない。変わり方を間違えない。

・生きる目的などわからない。昨日より今日は少しましな人間になろう。それが生きること。

・自分を直すことは世界を直す事。周りを幸せにすれば世界は必ず平和になる。それが仏教の教え。

・自分の心の安らぎが大切な事。世界を救おうとは余計なこと。

・人や子供に説教することは無知の証し。

・一切の生命が幸福でありますように。これが全て。

・変わる事は”呼吸”と同じ。変わる事ができなくなれば止まる。

など、スマナサーラ長老の優しい語りかけは会場全体にそのエネルギーを満ち溢れさせた。

質問する機会を頂いたので、スマナサーラ長老と直接やりとりすることができた。

僕の質問は、スマナサーラ長老の衣のことである。長老は、からし色と橙色の衣を身に着けていた。日本の僧侶が真っ黒の衣や紫の衣をつけているのとは対照的に非常に鮮やかである。

僕の質問
日本の僧侶は黒っぽい衣を身につけているが、長老は鮮やかな橙色の衣を身につけていらっしゃる。それは何か仏教的な意味合いや象徴するものがあるのですか?

長老の答え
これはお釈迦様が言われたので身につけている。これは自然の色である。秋になると葉っぱは紅葉する。そして枯れると茶色になる。だから、橙色と茶色の衣を身につける。これが本当の自然の色だから。

クリックすると元のサイズで表示します

なるほど自然の色だ。日本の僧侶もぜひこのような鮮やかな色の衣を身につけて頂きたい。何故、黒っぽい衣なのか?葬式仏教だから?これはぼくは無学でわからない。しかし、直接目を見て話せたのは感動した。

講演の間中、僕にはスマナサーラ長老の周りに強い色がでているのをずっと見ていた。スケッチしてみた。これもこの絵よりももっと強烈で鮮やかに出ていた。この色は、調和とやさしさと冷静さ、奉仕、平和を象徴する色である。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

他の人が生命とは何かについて質問していた。

長老はこう答えた。

全ては物体である。人間の身体も物体。では他の物体との違いは何か。例えば机と人間は何が違うか?それは感じることができるかできないかの違いである。感じる機能が生命であり、生きる事である。
5

命を脅かす!!「健康診断」の恐怖A  医学情報

前回の記事
命を脅かす!!「健康診断」の恐怖
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/607.html

クリックすると元のサイズで表示します

冒頭の言葉
「病気でもない人が病院に行く」という日本独特の“奇習“

>日本人は病気でもないのに病気探しに病院に行くのだ。そして病気が見つかってホッとする。そこから本当に病気になり病気が増えて治らなくなるのに。早期発見早期治療で病気の完成。

ある人は、仕事先の健康診断で血圧が高い(実際はたいしたことはない)と言われ、産業医から高血圧の薬を勧められた。本人はいたって健康である。しかも信じられないことにその仕事先は毎月、産業医のところに行き血圧を測らないといけないようになっている。そのたび本人は血圧の薬を勧められるので、病院に行くたびドキドキして血圧が上がる。本人は、はっきりいって嫌なのだ。

仕事先は毎月、血圧の検査をしなければならないような過酷な労働環境では無い。何故、毎月検査。意味不明。これこそ税金の無駄使い。本人は、いたって健康なので血圧の薬を飲むつもりは全くなく断っている。しかし、毎回薬を勧められるストレスと、信じられないことに、産業医は本人が飲まないため、上司に本人に飲むように勧めてくれと依頼した。

余計なお世話である。なんでそこまでして飲ませたいのか?なんでそんなに管理したいのか?労働者は家畜か?飲まされないといけないのか?本人が飲みたくないと言っているのである。

医療はどんなことがあろうと本人が選択するべきものである。飲ませようとするなんてこれは犯罪的な行為ではないか?

僕が聞く話は、全く信じられないことばかりである。ぜひ、国会版事業仕分けに医療も載せてもらいたいものである。

つづく
5

命を脅かす!!「健康診断」の恐怖  医学情報

命を脅かす!!「健康診断」の恐怖

クリックすると元のサイズで表示します

本書は、

宝島社の記者が取材を行い編集した本である。

取材を受けた医師、教授は以下の通り、


慶応大学医学部放射線科講師 近藤誠医師

新潟大学医学部教授 岡田正彦氏

新渡戸文化短期大学学長 中原英臣医学博士

新潟大学大学院医歯学総合研究科教授 安保徹氏

早稲田大学国際教育学部教授 池田清彦氏

拓殖大学学長 渡辺利夫氏

鶴見クリニック院長 鶴見隆史氏

東海大学医学部教授 大櫛陽一氏

横浜総合健診センター新横浜ソーワクリニック院長 別府宏圀氏

大阪大学大学院教授 堤 修三氏

自治医科大学医学部教授 福嶋敬宜氏

昭和大学医学部乳腺外科教授 中村清吾氏

前田内科医院理事長 前田賢司氏


というメンバーである。みなさんそれなりの肩書(立場)を持った方が以下のようなことを言っているのだ。

なかには、近藤誠医師のように、「患者よ癌と闘うな」という本を書いてから、肩書が講師止まりになった人もいる。これは本当のことを言ったからだ。何事も本当のことを言ってはいけないのだ。皆さんも、出世したり成功しようと思うならば、本当の事を言わないようにして下さい。

さて、この本についてどう思うかは皆さんの自由である。一見、とても過激な本に見えるが、僕が治療家として集めてきた書籍資料(これは半端な量では無)、及び自分自身の臨床からも、決して過激ではなくこれが真実であると断言できる。ぜひ、購入して読み、自分自身及び家族を守って欲しいものだと僕は協力にこの本をお勧めする。

さて、

クリックすると元のサイズで表示します

つづく
2

横市地区祭り  社会

19日(土)20日(日)に、横市地区祭りが横市地区体育館及びその前の広場で行われる。昨年に引き続き、公民館長から絵を出して下さいと依頼があったので5点出品した。ぜひ原画を見てください。出品作品は、以下の5点。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、僕の友人の奥様の絵

こばやしまさこさんに絵を習っている。とても素敵だ。ポピーの絵。
それから、別の友人の奥様のトールペイント。可愛い。

クリックすると元のサイズで表示します


それからそれから、明和小学校6年生の昆虫採集の標本。本当に素晴らしい。感心した。
これもう一回見にいこ!

クリックすると元のサイズで表示します
3




AutoPage最新お知らせ