虚構の世界 イッツ・ア・スモール・ワールド  社会

世の中のほとんどの現実が虚構の世界である。それを現実と思い込んでいる。国家的詐欺行為は横行し、戦争や紛争は作られる。そして、考えない人々は、真実を知ったときにどうにもならないとあきらめる。だから、支配する者はおおっぴらに嘘を垂れ流す。庶民は恐怖でコントロールされる。


今日、ワクチンについての問い合わせがあった。仕事中だったのでじっくり話せなかった。彼女は真実に気づいてしまった。自分でいろいろ調べるうちに僕のブログに辿り着いた。

彼女は、自分の子供に積極的にワクチンを接種してきたことに責任を感じているようだった。真実に気づくと苦悩する。なぜなら、世の中の常識と全く反対だからだ。

僕は、あなたに責任はありませんよ。社会の仕組みがそうなっている。ワクチンを拒否して生きることは難しい。進学できなかったり、海外に留学できなかったりする。アメリカでは、ネグレクト(育児放棄)で訴えられる。

そう、世の中は狂っている。

気づいたあなたは、過去のことは後悔せずに、自分を責めることなく、子供を大切にして欲しい。あなたもまた、同じようにワクチン接種を受けてきたのだから。大切なのはこれからどうするかということ。

僕は、ワクチンについての指示はできない。ただ、情報を発信するだけ。ひとつの手掛かりとしては、僕はワクチンを一切受けない。僕の家族にも出来る限り(上記の理由により仕方が無いものもある)受けさせない。それしか言えない。
僕のような考えを持つには、この世界では覚悟が必要でしょう。覚悟がありますか?

自分で判断するしかないのです。でも、知らないより知っていた方が良いと僕は思います。僕は、ワクチンルーレットに乗るつもりはありません。

『ワクチン・ゾンビ』 マイク・アダムス


http://www.youtube.com/watch?v=_QTGIIMaa_c

そして、虚構の世界

未だに、世界貿易センタービルに航空機が衝突した9.11をテロリストの仕業と思っている人がいることに驚く。
ぜひ、ご覧いただきたい。

ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート2
http://video.google.com/videoplay?docid=274762950234337392#

そして、アメリカ、戦争と紛争の歴史
http://ameblo.jp/amilbajd/entry-10788856538.html

これを見れば、いかにアメリカが戦争で世界経済を支配しているのかわかる。

アメノウズメ塾中級編A.ファシズムアメリカ

そして、アメリカは第三次世界大戦を引き起こそうとしている。その舞台は、アーロン・ルッソ監督によると、中国である。

そして、世界統一政府

子供から大人まで洗脳する。世界はひとつ♪ 世界はひとつ♪
イッツ・ア・スモール・ワールド



そして、貧困と富

東アフリカ、過去60年間で最悪のききんに直面
http://www.christiantoday.co.jp/view-3348.html





3

児玉龍彦参考人は原発に対する国の対応に怒っている  原発

(このエントリーの続きもすごい)

児玉龍彦参考人がとまらない!議員の質疑に対する意見が説得力がありすぎる!(全内容書き起こし)


2011年7月28日衆議院厚生労働委員会にて児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)が議員の質疑に対して意見を述べています。このエントリーでは児玉龍彦氏を中心に編集した動画を文字に起こしています。
先程のエントリー「児玉龍彦参考人の、国の内部被曝対応への批判が凄すぎる上に、提言まですごい!(全内容書き起こし)」の続きです。


議員:

どうもありがとうございます。あのー、そうしますと大概はあのー、放射線によるがいげん(■当て字分からず)のほうはあるだろうというふうに、皆さんの意見をそう思いましたけれども。そうしますとですね、線量の問題が先ほど来出ておりました。あとは内部被曝って話が出ておりましたけれども。まずは線量のところでお聞きしたいのですが。あのー、まあ明石先生、それから唐木先生等は大丈夫だと、安心できますよという話だったんですけど。児玉先生のほうから、まあああいうお話があったんですけども。まあからき先生と明石先生の話はデータに基づいて、あの、出ていまして、まあ……、埋もれてある程度低いところでは埋もれてわからないところが出るんでしょうけれども、まあそれ以降については優位な差があって出ているということがありましたけれども。それに対するなにかご意見みたいの、なにか児玉先生お持ちだったらお聞きしたいんですけど。

議長:

児玉参考人。

54)

児玉龍彦:

えっと。放射線がですね、人間の遺伝子を障害します。その時に人間には25000の遺伝子がありますが、一定の数のDNA修復に関する遺伝子、DNAの保護に関わる遺伝子ってのがあります。それで普通はこれがやられないとですね、低線量のものは大体問題なく修復されるということがわかってます。

だけれども、さきほど例えばアルファー線でやられているP53だとか、それから我々最近癌ゲノムシークエンスというので肝臓がんや様々なものを遺伝子配列全体を決定していわゆるドライバーミューテーションていう最初に癌を作っていく方向に起こってしまう変異が、なんで起こるかというのを研究しておりますと。例えばP53のような最初のDNAを守ってたり、そういうところに関わる遺伝子を壊すと癌になるということがわかってます。

そうしますと、実際に25000の遺伝子の中でどこがやられるかということは極めて確率論的になってきます。ですから一般にわかるのは統計学的に非常にたくさんの人を集めて、例えば後でチェルノブイリの時の甲状腺のように、最初はですね、多分長瀧先生のほうがご存知だと思いますが、笹川財団で(長瀧氏を伺う)、えっと調べたときに50000人くらいまで(長瀧氏を伺う)調べたときに、優位な差がないと言われたんです。

ところがですね、それが今になってはコンセンサスとして6000人の甲状腺癌の15人の死亡例が生まれているっていうふうに変わってきています。

わたくしもともとこういう問題に興味をもちましたのは自分はコレステロールのほうが専門でして、コレステロールの薬を作るときにも沢山の論争がありました。それでわたくしは医学者として今一番感じておりますのは、このどこの線量が安全かという議論と国の政治的な関わり方を分けていただいて。国はようするにコレステロール論争の時に一番大事だったのは、コレステロールを下げる薬をやって心筋梗塞が減るかどうかという問題でした。

それで、今日の厚生委員会でも考えていただきたいのは、学問論争に対して厚生委員会で結論を出したり考える必要はわたくしはないと思っています。国民の健康を守るためにどういうことができるかというときに、まずセシウム137っていうのは自然界には1945年以前に存在していないものです。原発と原爆で生まれて、それが1960年代のはじめに水爆実験によってピークになったものであります。その時に猿橋勝子さんという女性研究者が、海水のセシウム濃度が100倍になっているということを微量線量計で確認してこれでアメリカへ行って、その公開実験というのをフォルサム博士とやって、これが大気圏内の核実験禁止の大きな学問的根拠になりました。その後セシウムはずっと減ってきていたのがまたそれを遥かに倍する量に今、上がろうとしてる時であります。

そうしますと、線量議論の問題を言うよりも、元来自然界にないセシウム137というのが膨大にまかれてガンマーカウンターで簡単にわかるような量に散らばっている。しかもそれが広島原爆の20倍の量、撒かれている事態に対して国土を守る立場から是非積極的な対応をお願いしたいというのが基本的なお願いです。

議長:

山口君。

14)

山口:

どうもありがとうございました。結論付けるつもりはないですし、まああの県民、国民はどうしてたかというと、一番不安な安全、危険なところを聞いて動いているというのが今の実態じゃないでしょうか。だからえーまあ、安全だと思ってらっしゃる方もいらっしゃいますし中にはまあ線量が少ないところであっても子どもを連れて県外に避難されてる方もたくさんいらっしゃると思います。やはり不安でしょうがないと、ですけれども。まああの、避難区域の住民が戻れる条件、今避難区域になってますけれども、先生方でまあこういう条件にしたら避難区域に戻れるだろう、まあ今でも充分に戻れるっていう場合もあるでしょうし。先生方によって違うでしょうが避難区域に戻れる条件を少し教えていただきたい。ちょっと次官がなくてですね、まあ聞きたいことたくさんあるんで、まあ簡潔にちょっといただければと思いますけれども。えーどなたでも結構です。

05)

議長:

えーそれでは児玉参考人。

25)

48)

児玉:

わたくしが一番申し上げたいのはですね、住民が戻る気になるのは行政なりなんなりが一生懸命測定して、除染している地域です。ですから測定も除染もなければ、安全だと不安だと言われても信頼できるとこがありません。

ですからこの数値が安全この数値がどうということではなしに、行政の仕組みが一生懸命測定をしてその測定に最新鋭の機械を投じて、除染に最新鋭の技術をもってそのために全力でやってる自治体が、一番戻るのに安心だと思います。

33)

吉田:

はい、どうもありがとうございました。もしですね、牛の基準であったり、お米、これから作物作っていかなきゃばいけないし、果物の基準とかもありますけれども。今まあ厚生労働省で、えーっと、あのー、基準を作ってえー、まあこれくらい食べても5ミリシーベルト超えなければ大丈夫ですよという先ほどのおはなしがあったかも知れませんけれども。まあえー、ひとつその、まあ、さく、農家でですね、コメを作るとかですね果物を作るとか、なんかそういったところのつくる段階での基準なんてございますでしょうか。どなたかよろしいでしょうか

22)

児玉龍彦:

えーと入口の方で基準を決めるというのは非常に厳しいと思っています。生物学的濃縮というのは様々な元素が体に入るとトランスファーターとか結合蛋白というので極めて特殊な集積の仕方をしますので。

ですからやっぱり出てきた農産物をきちんと見ると、いう仕組みを徹底的につくっていかなくてはならないと思います。

そうするとですね、やっぱりラインのような格好でどんどんイメージとしてその、農産物が、量がチェックできるような仕組みっていうのは実際にあるんですが、まだほとんどこういうのの測定に使われていませんので、そういうものを全国の産地に緊急に整備していかないと。今回の稲わらのように想定外の場所での濃縮事件ていうのは自然界では山ほど起こります。ですからやっぱり出口の食物の出て行くところでのチェックというのを緊急にものすごく良くするというのが大事になると思います。

21)

議員:

あのー、現地でもですね、各小学校単位毎にそれぞれの専門家の先生方をおまねきして放射線の勉強会、本当に参加の数は何百人、小学校単位ですから何百人というかたがくるんですけども何回やっても同じなんですね。ですからこれは本当にどうすれば不安を取り除くことができるのかな。例えば私はですね科学的ないくら説明してもまあ理解しても、自分の頭で理解しても体がついていかないというこういう状況下に置かれていますので。もうそのかたは避難できる方は非難してください、そしてそれに対して支援していく。避難できないかたはきちんと家庭での防護柵といいますか、それを我々政治の方をやるべきだなって、私自身は思ってるんですけど。そのへんはいかがでしょうか。あの熱い児玉先生。
34)

児玉龍彦:

えーと。要するにあのー、信頼感って言うのは言葉で説明を聞いて生まれるんではないと思います。わたくしも毎週南相馬に行っていますが。南相馬の例えば、かたたちが本当に汚染している学校やなんかを案内してくれるのは1回目じゃ、やっぱりないんですよね。そのだから支援に来てる人がただ1回だけ来て帰っていってしまうみたいなの……かえってすごく問題を、ひどくするだけで。

やっぱり本当に持続的にやっていこうとすると、一緒に計って一緒に考えて除染していく。避難されたい方は避難を応援する。そういうのがすごく大事ではないかと思っています。それで南相馬に行ってわたしどもが最初に言われたのは、やっぱりそのさっき言った線量の低いところから高いところへスクールバスで子どもが1000人この移動させられているということで。

それで実際に地域を見ても1つの学校を見ても、さっきから何ミリシーベルトだったら安全ですかっていう議論は、わたくし現実味がないと思うのは、例えば2マイクロシーベルトの学校を計っていても1箇所にいけば33マイクロシーベルトなんです。ですからその時に何ミリシーベルトをその土地とするかっていう問題が出てきてしまいますから。

やっぱり高いところがあったら必ず刈り取っていきますよと、計って一緒にやっていきますよと、不安があったら相談に乗りますよと、農産物があったら最新鋭の科学機器集めて最高の検査メーカーが来てやりますよと、いうような体制がない限り安心出来ないというのは当たり前、ではないかと。

ですから今求められているのは最高の施策が福島県民に与えられるように国会で是非考えていただきたいということであります。

25)

議員:

ありがとうございました。最後に児玉参考人に伺いたいと思いますけれども、正しく今日内部被曝の問題が随分話題になりました。また遠距離被曝っていうことも、今??先生がだいぶ指摘をされましたので、あの、そういう観点でずっと、除染作業もやってらっしゃる先生から一言伺いたいと思います。

議長:

児玉参考人。

44)

児玉龍彦:

はい。わたくし放射線に取り扱いに、千九…取扱者に1977年になりまして。1995年から放射線取扱主任として除染と規制に関わっております。それで今まで、まあ、あの科学技術庁告示平成12年から、我々がやらされていたことを1つだけご報告しておきます。

それは例えば妊娠可能の女子については第5条4項で、内部被曝を、1ミリシーベルトいかにする。それから、第6条第3項、妊娠中である腹部表面については、前項第4号に規定する期間につき2ミリシーベルトと。これを規制されてそのきせいをまもるべく30年やってまりました。

ところが(語気強く)、福島げんば…原発の事故で、広島原爆の20個分の放射線が撒き散らされた途端に、このような基準が全て反故にされている。

31)

先ほど、福島県の議員から、どのようにしたら安心かというご質問がありました。わたくしは安全に関しては基準を決めたら、危機になったらそれを変えていくかっこうでは駄目だと思います。今、今年できないかも知れないけれども、来年までにその基準に持っていく、再来年までにはこうするということがなければ、住民が安心出来るわけがないではありませんか!

そのためには、最初から申し上げているとおり、広島原爆20個分の天然にないセシウム137をまき散らした東電と政府の施策を反省し、これを減らすために全力を上げる以外に安心出来る解決なんてありえないのです! そのことを抜きにしてどこが安全だという議論をいくらやっても国民は絶対に信用しません!

28)

議員:

ありがとうございます。ひき続いて牛のセシウム汚染を始めとして今朝でしたか腐葉土にもかなり高濃度のセシウムがあるということで。単に牛だけでなく及ぼす影響は前食品に関わってきていると思います。また海への汚染がありますので今後魚への汚染ということももう避けて通れないと思います。えーそのなかで、先ほど唐木委員のお示しいただきました文、参考資料の中にですね、例えばまあ牛についてですけど、全量全体、全個体検査や抜き取り検査は、えーかなりこれは困難というか不適切であるというような表現でありましたが。あのー、これはまあ2週間ほど前NHKスペシャルでやっておりましたベラルーシでの取り組みは、チェルノブイリ事故25年以上を経ってもあのー、各学校でですね子供たちのミルクや野菜の放射性レベルを点検するということでございました。やはりわたくしはここまで食品汚染が広がって来た場合には、やはりなるべく口に入る身近なところで検査するという体制。それがどこまで身近にやれるかはあると思いますが、そうした考え方に立つことが重要ではないかと思いますが。この点について唐木参考人とあと児玉参考人は先ほどラインの測定でずっとフォローしていくような技術も我が国の現状においては可能ではないかというふうなお話でしたので、もう少しご披瀝を頂きたいと各々お願いいたします。

41)

児玉龍彦:

あの今、おそらくやられているのはあの、かなり旧式のやり方なんですがゲルマニウム半導体というので周囲を6センチぐらいの鉛で遮蔽した中にものを置いてやるのがやられています。それでこんにちは半導体の検知器というのはかなり多数の種類が改良されておりまして。

わたくしが最先端研究支援でやっておりますのはPETという機械でやるのをやってるんですが。PETで検出するときには内視鏡の先でも検出できるぐらいの感度の高いものを開発しております。それでそういうのを集めていっていまやろうとやられているのは、むしろイメージングに変えている。

ですからゲルマニウムの半導体っていうのはスペクトラムを出して長いスペクトラムを全部見るんですが。例えばセシウムに絞ってこの線量を見るのであれば半導体検知器の検出感度が今ずっと良くなってますから、画像型にすることが簡単に出来ています。

それで例えば画像型の1つのイメージみたいなのは、米軍から供与されているヘリコプターに乗って地上の汚染をやるのに、今いろんなところで今日あたりは茨城県をやってると思いますが、検知器で地上を写すようなものがずっとやられております。

それで農産物を沢山やろうとする場合には、ライン化したところで多数のものを出来る仕組みをやらなくてはなりませんから、イメージングの技術を基礎にして半導体を集めたようなもののセンターを沢山作って、流れ作業的に沢山やれるようにしてその中で、はねるものをどんどんイメージで画像上で、これが高いと出たらはねていくような仕組みを、これはあの既存の技術ですぐできますもんですから、そういものを全力を上げてやっていただきたいと思っております。これを生産地にかなりのところで作る必要があると思っています。

38)

議員:

最後に児玉先生に1つお願いしたいと思いますが、アイソトープセンター、これは全国にございますが今回の除染に活躍させるために何が必要がお願いします。

07)
児玉龍彦:

えっとあのー、5月に全国のアイソトープ総合センター会議というのがありまして。そこで色々議論をしていたときに、文科省の放射線規制室のかたがおっしゃってたのは、福島原発以来のRIはRIではないと。我々はその国民の健康に責任をもつという仕事をやっているんではなくて法律に決められた放射線取扱者を規制することが仕事だというふうにおっしゃっていました。

それである面では私は非常に違和感を感じたんですが、もう一方では例えば文科省の放射線の規制室のかたは、従来の規制に従ってやらざるを得ない。

それで高い線量のものは少量あるということに対応した法律体系はありますが、低い線量のものが膨大にあるという、それをどう除染していくということに関する法律がほとんどなくて。今も汚泥問題その他すべて問題になっているのはここであります。

それでしかしながら今の全国のアイソトープ総合センターやなんかは旧来の法的規制のまんまで、何らあのこれらの組織、例えば先ほどゲルマニウムの機械が足りないというお話がありましたがそんなものは全国で沢山あります。

ところがそこへの持ち込み、持ち込んだ廃棄物の引き取り、こういうのが法律的に全くない。だから今も東大のアイソトープセンターでやってんのは全部違法行為だと申し上げました。この場合にはセンター長であるわたくしと専任教官と事務主任の上で審査委員会を設けて、内部でチェックして超法規行為を勝手にやってるというのが現状であります。

それでそういう法律を一刻も早く変えて測定と除染というのに(語気荒く)是非立ち上がっていただきたい。それ無くして親の安心もないし、しかも先程から長瀧先生たちが仰っている原爆型の放射能の常識というのは、これは原発型の常識の場合にはまったく違います。

それから先ほどおっしゃいました長瀧先生のおっしゃった一過性に核医学で治療をやるというのもこれも形式が違います。我々例えば抗体にイットリウムをくっつけて打つと(ふりかえって長瀧氏を見て)ゼラリンという医薬がありますが、あれは一過性にもかなりの障害を起こしますが。それでもがん細胞をやっつけるために、(長瀧氏を振り返って)いいからやってるということであって正常者にこれをやることはとても許されない。無理なものであります。

それでですからわたくしが申し上げたいのは、放射線総量の全体量をいかに減らすか。これは要するに数十兆円かかるものであり、世界最新鋭の測定技術と最新鋭の除染技術を直ちに始めないと、国の政策として全くおかしなことになるんです。

今我々がやってる例えば幼稚園で除染します。除染して高圧洗浄機でやりますと、側溝に入ります。側溝をキレイにしています。しかしその側溝の水はどこへ行くかというと、下流の農業用水になっています。それで、イタイイタイ病の時の経験はカドミウムの除染を下手にやりますと2次被害を引き起こす。ですから国の政策として国民の健康を守るためには総量の問題をまず考えてください。緊急避難と1つ、総量の問題2つ。これをぜひ議論をよろしくお願いします。

34)

議員:

最後に1点だけ児玉参考人にお伺いしたいと思います。あの細野原発担当大臣がえーもうすでにですね、えー、避難区域の解除と帰宅ということを就任早々おっしゃられて、こんどまあ無人ヘリを飛ばして現地の調査を行って、場合によっては早期に解除して住人に帰ってもらおうと。こういう話が出てきています。しかしチェルノブイリの強制移住レベルを上回るようなですね、高濃度の汚染地域がまああの東京23区全体を上回る800キロ平方キロに広がっている中で、今の状況で避難区域を解除するということが正当化されうるのかということを児玉参考人にご見解としてお伺いをしたいと思います。

59)
児玉龍彦:

えーとまずですね、あのー、20キロ30キロの地域というのは非常にマダラ状になっています。

それで南相馬、わたくしが一番良く存じています南相場の場合ですと南北ではなくて東西に線量が違います。それで飯舘村に近い方は20ミリシーベルト以上で、現在避難が開始されている地域。それでこちらのほうは海側の方はそれよりもずっと線量が低いところがあります。

それでこうした場合には自治体が、判断したほうが。今は20キロ30キロ圏は病院は休診、学校は休校ということが一応指示となっております。それをやっぱり学校を開いて一番低い線量のところで子どもが授業をできるようにするとかそういう判断は自治体の判断でやっぱり出来るようにしたほうがいいと思います。

ですから今の線引きの問題という話よりも実際にいかに子どもの被曝を減らしたり地域を復興していくかという問題がまず1個あります。

ただそこでもう1つの問題は、地元で聞きますと商工会やなんかから、今は強制避難ですから補償が出ています。だけれども避難区域が解除されたら補償がなくなってしまうということで。実際にわたくしが南相馬へ行っている間も住民の中で非常に大きな意見の違いが生まれていて、見ていてとてもいたたまれない思いがいたしました。

それで是非避難の問題とそれから補償の問題を分けて。

それで先ほどおっしゃった避難の解除というのは要するにどういう問題があるのかというと、高い線量のところはこれ除染しないと非常に危険です。それで今そういう問題になってんのは主に年20ミリシーベルト以上の被曝を受けてしまう地域であると思いますから。そこに関してひきつづき強制的な避難が必要であると思っていますし。

ここの地域をどう、除染していくかということは、東電なり我々科学者なり日本政府がとてつもない十字架を背負っていると思います。

そのことを住民の判断だけに押し付けるのはとても難しい問題があると思っておりまして。20ミリシーベルトの地域に関しては、やはり是非とも国でここの非難している人たちの生活の補償と、せれから除染の努力をやっぱりどのように進めるかという見通しを本当に必死に考えないといけないと思っています。

それで20キロから30キロという現状の同心円がそれを正確に示しているかというと今はそうではなくて。むしろ地域復興の妨げになってる面がありますから、地元自治体との相談の上でそこの地域の様々な行政生活上の問題に関しては、子どものお母さんが一番安心出来るというものにするということを一刻も早くやっていただきたい。

それで細野大臣はある面ではそういう意見を反映している面があると思います。

もう一方ではそれを補償問題とどういうふうに結びつけるかという議論がないと、やはりこれもう一方で非常に大変な問題が生まれてしまいますので。やはり今は強制避難でないと補償しないとか、住民が被害を立証できないと補償しないという格好は、もうまずいんではないかとわたくしは思っております。

(書き起こし、ここまで)
1

児玉龍彦氏の意見陳述を文字に書き起こし  原発

児玉教授は怒っている。

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65754131.html

※このエントリーは「明日に向けて(208)放射線の健康への影響について(児玉龍彦教授国会発言) - 明日に向けて」を参考に、訂正と修正を加え、動画で発言者が話している言葉に出来る限り正確に基づいて文字に起こしたものです。

(動画)


26)

わたくしは東京大学アイソトープ総合センター長の児玉ですが、3月15日に大変に驚愕いたしました。

私ども東京大学には27箇所のアイソトープセンターがあり放射線の防護とその除染などの責任を負っております。それでわたくし自身は内科の医者でして、東大病院の放射線施設の除染などにずっと数十年関わっております。

3月15日に、まずここの図にちょっと書いてあるんですが、我々最初にまず午前9時頃、東海村で5マイクロシーベルトという線量を経験しまして、それを第10条通報という文科省に直ちに通報いたしました。その後、東京で0.5マイクロシーベルトを超えるその線量が検出されました。これは一過性に下がりまして。

次に3月21日に雨が降り、0.2マイクロシーベルト等の線量が降下し、これがこんにちにいたるまで高い線量の原因になっていると思っています。

それでこの時に枝野官房長官は「さしあたり健康に問題はない」ということをおっしゃいましたが、わたくしはその時に実際にこれは大変なことになると思いました。

なぜかというと、現行の放射線の障害防止法というのは、高い線量の放射性物質が少しあるものを処理することを前提にしています。このときは総量はあまり問題ではなくて、個々の濃度が問題になります。

ところが今回の福島原発の事故というのは、100キロ圏で5マイクロシーベルト、200キロメートル圏で0.5マイクロシーベルト、さらにそれを越えて、足柄から静岡のお茶にまで汚染が及んでいることは、今日、すべてのみなさんがご存じの通りであります。

われわれが放射線障害をみるときには、総量を見ます。それでは東京電力と政府はいったい今回の福島原発事故の総量がどれぐらいであるか、はっきりとした報告はまったくされておりません。

そこで私どもはアイソトープセンターの知識をもとに計算してみますと、まず熱量からの計算では広島原爆の29.6個分に相当するものが漏出しております。ウラン換算では20個分のものが漏出していると換算されます。さらにおそるべきことにはこれまでの知見で、原爆による放射能の残存量と、原発から放出されたものの放射線の残存量は1年に至って、原爆が10分の1になるのに対して、あ、すいません、原爆が1000分の1程度に低下するのに対して、原発からの放射線汚染物は10分の1程度にしかならない。

つまり今回の福島原発の問題はチェルノブイリ事故と同様、原爆数十個分に相当する量と、原爆汚染よりもずっと大量の残存物を放出したということが、まず考える前提になります。

そうしますと、われわれはシステム生物学というシステム論的にものをみるやり方でやっているのですが、総量が少ない場合には、ある人にかかる濃度だけを見ればいいです。しかしながら総量が非常に膨大にありますと、これは粒子です。

粒子の拡散というのは、非線形という科学になりまして、われわれの流体力学の計算ではもっとも難しいことになりますが、核燃料というのは、ようするに砂粒のようなものが、合成樹脂のようなものの中に埋め込まれております。

これがメルトダウンして放出されるとなると、細かい粒子がたくさん放出されるようになります。そうしたものが出てまいりますと、どういうことがおこるかというのが、今回の稲藁の問題です。

例えば岩手の藤原町では、稲藁5万7千ベクレルプロキログラム、宮城県の大崎1万7千ベクレルプロキログラム、南相馬市10万6千プロキログラム、白河市9万71千プロキログラム、岩手6万4千プロキログラムということで、この数値はけして同心円上にはいかない。どこでどういうふうに落ちているかは、その時の天候、また例えばその物質が水を吸い上げたかどうか。

それで今回の場合も、私は南相馬へ毎週末700キロメーター行って、東大のアイソトープセンターは現在までに7回の除染をやっておりますが、南相馬に最初にいったときには1台のNaIカウンターしかありません。農林省が通達を出したという3月19日には、食料も水もガソリンもつきようとして、南相馬市長が痛切な訴えをウェブに流したのは広く知られているところであります。

そのような中で通達1枚を出しても誰も見ることができないし、誰も知ることができません。稲藁がそのような危険な状態にあるということは、まったく農家は認識されていない。農家は飼料を外国から買って、何十万という負担を負って、さらに牛にやる水は実際に自分たちが飲む地下水にその日から代えています。

そうするとわれわれが見るのは、何をやらなければいけないのかというと、まず汚染地で徹底的な測量ができるようにすることを保障しなければいけません。われわれが5月下旬に行ったときに先ほど申し上げたように、1台しか南相馬になかったというけれど、実際には米軍から20台の個人線量計が来ていました。しかしその英文の解説書を市役所の教育委員会で分からなくて、われわれが行って、教えてあげて実際に使いだしてはじめて20個での測定というのができるようになった。それが現地の状況です。

それから先程から食品検査と言われていますが、ゲルマニウムカウンターというのでなしに、今日ではもっとイメージングベースの測定器が、はるかにたくさん半導体で開発されています。なぜ政府はそれを全面的に応用してやろうとして、全国に作るためにお金を使わないのか。3カ月経ってそのようなことが全く行われていないことに私は満身の怒りを表明します。

第二番目です。私の専門は、いわゆる小渕総理のときから内閣の抗体医薬品の責任者でして今日では最先端研究支援ということで、30億円をかけて、抗体医薬品にアイソトープをつけて癌の治療にやる、すなわち人間の身体の中にアイソトープを打ち込むのが私の仕事ですから、内部被曝問題に関して、一番必死に研究しております。

そこで内部被曝がどのように起きるかということを説明させていただきます。内部被曝というのの一番大きな問題は癌です。癌がなぜ起こるかというと、DNAの切断を行います。ただしご存知のように、DNAというのは二重らせんですから、二重のときは非常に安定的です。

これが細胞分裂するときは、二重らせんが1本になって2倍になり、4本になります。この過程のところがもの凄く危険です。そのために妊婦の胎児、それから幼い子ども、成長期の増殖の盛んな細胞に対しては、放射線障害は非常な危険性を持ちます。

さらに大人においても、増殖の盛んな細胞、例えば放射性物質を与えると、髪の毛、貧血、それから腸管上皮に影響しますが、これらはいずれも増殖の盛んな細胞でして、そういうところが放射線障害のイロハになります。

それで私どもが内部に与えた場合のことで具体的に起こるので知っている事例を挙げます。これは実際にはですね、一つの遺伝子の変異では癌はおこりません。最初の放射線のヒットが起こったあとにもう一個の別の要因で、癌への変異が起こるということ、これはドライバーミューテーションとか、パッセンジャーミューテーションとか、細かいことになりますが、それは参考の文献をつけてありますので、後で、チェルノブイリの場合や、セシウムの場合を挙げていますので、それを見ていただきますが、まず一番有名なのはα線です。

プルトニウムを飲んでも大丈夫という東大教授がいると聞いて、私はびっくりしましたが、α線は最も危険な物質であります。それはトロトラスト肝障害というかっこうで、私ども肝臓医は、すごくよく知っております。

要するに内部被曝というのは、さきほどから一般的に何ミリシーベルトという形で言われていますが、そういうものは全く意味がありません。I131は甲状腺に集まります。トロトラストは肝臓に集まります。セシウムは尿管上皮、膀胱に集まります。これらの体内の集積点をみなければ全身をいくらホールボディスキャンやっても、まったく意味がありません。

トロトラストの場合、このちょっと小さい数字なんで大きい方後で見て欲しいんですが。これは実際にトロトラストというのは造影剤でして、1890年からドイツで用いられ、1930年頃から日本でも用いられましたが、その後、20から30年経つと肝臓がんが25%から30%に起こるということが分かってまいりました。最初のが出て来るまで20年というのが何故かと言うと、最初にトロトラストはα線核種なのですが、α線は近隣の細胞を障害します。そのときに一番やられるのは、P53という遺伝子です。

われわれは今、ゲノム科学ということで人の遺伝子、全部、配列を知っていますが、一人の人間と別の人間はだいたい三百万箇所違います。ですから人間を同じとしてやるような処理は今日ではまったく意味がありません。いわゆるパーソナライズドメディスンと言われるやり方で、放射線の内部障害を見るときにも、どの遺伝子がやられて、どのような変化が起こっているかということをみることが、原則的な考え方として大事です。

トロトラストの場合は、第一の段階でP53遺伝子がやられて、それに続く第二、第三の変異が起こるのが20年から30年かかり、そこで肝臓癌や白血病が起こってくるということが証明されております。

次にヨウ素131。これはヨウ素はご存知のように甲状腺に集まりますが、甲状腺への集積は成長期の甲状腺形成期がもっとも特徴的であり、小児に起こります。しかしながら1991年に最初、ウクライナの学者が甲状腺癌が多発しているというときに、日本やアメリカの研究者は、ネイチャーに、これは因果関係が分からないということを投稿しております。なぜそういったかというと1986年以前のデータがないから統計学的に有意だということが言えないということです。

しかし統計学的に有意だということが分かったのは、さきほども長瀧先生からお話しがありましたが、20年後です。20年後に何が分かったかというと、86年から起こったピークが消えたために、過去のデータがなくても因果関係があるということがエビデンスになった。いわゆるですから疫学的な証明というのは非常に難しくて、全部の事例が終わるまでだいたい証明できないです。

ですから今、われわれに求められている子どもを守るという観点からはまったく違った方法が求められます。そこで今、行われているのは国立のバイオアッセ―研究センターという化学物質の効果を見る、福島昭治先生という方がずうっとチェルノブイリの尿路系に集まるものを検討されていまして、福島先生が、ウクライナの医師と相談…集めて、500例以上の、前立腺肥大のときに手術をしますと膀胱もとれてきます、これを見まして検索したところ、高濃度の汚染地区、尿中に6ベクレルパーリッターと微量ですが、その地域ではP53の変異が非常に増えていて、しかもその、増殖性の前癌状態、われわれからみますと、P38というMAPキナーゼと、それからNFカッパーBというシグナルが活性化されているのですが、それによる増殖性の膀胱炎というのが必発でありまして、かなりの率で上皮内の癌ができているということが、報告されております。

それでこの量に愕然といたしましたのは、福島の母親の母乳から2から13ベクレル、7名で検出されているということがすでに報告されていることであります。次のページお願いします。

われわれアイソトープ総合センターでは、現在まで毎週700キロメーターだいたい1回4人ずつの所員を派遣しまして、南相馬市の除染に協力しております。

南相馬でも起こっていることはまったくそうでして、20キロ、30キロという分け方がぜんぜん意味が無くて、その幼稚園ごとに細かく測っていかないと全然ダメです。それで現在、20キロから30キロ圏にバスをたてて、1700人の子どもが行っていますが、実際には南相馬で中心地区は海側で、学校の7割は比較的線量は低いです。

ところが30キロ以遠の飯館村に近い方の学校にスクールバスで毎日100万円かけて、子どもが強制的に移動させられています。このような事態は一刻も早くやめさせてください。今、一番その障害になっているのは、強制避難でないと補償しないと。参議院のこの前の委員会で当時の東電の清水社長と海江田経済産業大臣がそのような答弁を行っていますが、これは分けて下さい。補償問題と線引の問題と、子どもの問題は、ただちに分けて下さい。子どもを守るために全力を尽くすことをぜひお願いします。

それからもう一つは現地でやっていて思いますが、緊急避難的除染と恒久的除染をはっきりわけて考えていただきたい。緊急避難的除染をわれわれもかなりやっております。例えばここの図表にでています滑り台の下、滑り台の下はここは小さい子どもが手をつくところですが、滑り台から雨水が落ちて来ると毎回濃縮します。右側と左側にずれがあって、片側に集まっていますと、平均線量1マイクロのところですと、10マイクロの線量が出てきます。それで、こういうところの除染は緊急にどんどんやらなくてはなりません。

それからこういう様々なコケが生えているような雨どいの下、これも実際に子どもが手をついたりしているところなのですが、そういうところは、例えばですね、高圧洗浄機を持って行ってコケをはらうと2マイクロシーベルトが0.5マイクロシーベルトにまでなります。

だけれども、0.5マイクロシーベルト以下にするのは非常に難しいです。それは建物すべて、樹木すべて、地域すべてが汚染されていますと、一か所だけを洗っても全体をやることは非常に難しいです。

ですから除染を本当にやるというときに、一体どれぐらいの問題がかかり、どれぐらいのコストがかかるかということをイタイイタイ病の一例であげますと、カドミウム汚染地域、だいたい3000ヘクタールなのですが、そのうち1500ヘクタールまで現在、除染の国費が8000億円投入されています。もしこの1000倍ということになれば一体どれだけの国費の投入が必要になるのか。

ですから私は4つのことを緊急に提案したいと思います。

第一番目に国策として、食品、土壌、水を、日本がもっている最新鋭のイメージングなどを用いた機器を使って、もう半導体のイメージング化は簡単です。イメージング化して流れ作業にしてシャットしていって、やるということでの最新鋭の機器を投入して、抜本的に改善してください。これは今の日本の科学技術力でまったく可能です。

二番目。緊急に子どもの被曝を減少させるために、新しい法律を制定してください。私のやっている、現在やっていることはすべて法律違反です。現在の障害防止法では、核施設で扱える放射線量、核種などは決められています。東大の27のそのいろいろなセンターを動員して南相馬の支援を行っていますが、多くの施設はセシウム使用権限など得ておりません。

車で運搬するのも違反です。しかしお母さんや先生に高線量のものを渡してくるわけにはいきませんから、今の東大の除染では、すべてのものをドラム缶に詰めて東京にもって帰ってきています。受け入れも法律違反、すべて法律違反です。このような状態を放置しているのは国会の責任であります。

全国には、例えば国立大学のアイソトープセンターというのは、ゲルマニウムをはじめ最新鋭の機種を持っているところはたくさんあります。そういうところが手足を縛られたままで、どうやって、国民の総力をあげて子どもを守れるでしょうか。これは国会の完全なる怠慢であります。

第三番目、国策として土壌汚染を除染する技術を、民間の力を結集して下さい。これは例えば東レとかクリタだとかさまざまな化学メーカー。千代田テクノルとかアトックスというような放射線除去メーカー、それから竹中工務店などさまざまなところは、放射線の除染に対してさまざまなノウハウを持っています。こういうものを結集して、ただちに現地に除染研究センターを作って、実際に何十兆円という国費をかかるのを、今のままだと利権がらみの公共事業になりかねない危惧を私はすごくもっております。

国の財政事情を考えたら、そんな余裕は一瞬もありません。どうやって本除染を本当にやるか。七万人の人が自宅を離れて彷徨っているときに国会は一体何をやっているのですか。以上です。

(書き起こし、ここまで)
1

拍手コメントの方へ ありがとう  

僕のブログ絶賛!!

とは言っても少数の方であるが嬉しい。拍手コメントは、気づかない事が多く、つい見逃してしまう。特に過去記事についた拍手コメントは見逃していた。

改めて眺めてみて、嬉しいコメントが並んでいる。ちょっと褒めすぎであるが、是非、僕のブログを多くの人に見てもらいたい。そして、病気の予防に役立てて頂きたい。少しでも健康で幸せな社会を継続できるよう、暇で自由な僕が、忙しい皆さんの代わりに情報を集めてここに提供したいと考えている。

ありがとう。以下、拍手コメントを頂いたブログ記事

※モルゲロンズ病 2011/7/9 12:37
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/531.html

拍手コメント

世の中の核心をついたブログ楽しみにしてます!

※時計 2005/5/17 19:02
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/4.html

拍手コメント

偶然こちらのプログに辿り着きました。私は物が壊れたり傷ついたりすると気になって仕方がありません。こちらのプログを読ませていただいたら気が楽になりました。素晴らしい文章ありがとうございます。

人というものは 2005/5/23 11:48
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/5.html

拍手コメント
本日、偶然(必然か?)こちらのブログを知り過去の文章から読ませてもらっています。私の魂を揺さぶります!


自給自足 2006/1/6 9:11
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/7.html

拍手コメント
  
今まさに原発事故そして放射能問題!吉田鍼灸指圧治療院さんの言う通りに!

病気や悩みに取り込まれるな! 2008/9/5 21:18
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/104.html

拍手コメント
心に響く言葉、ありがとうございます!


アメノウズメ塾 2011/7/4 19:23
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/526.html

拍手コメント
アメノウズメ塾、私も見てました!あれが真実だと思います!


大人の発達障害 2010/12/8 20:31
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/429.html

拍手コメント
私は30点でした(笑)

>僕はそれ以上!


キッズサマースクール in ムササビの森☆ 2011/7/24 23:09
http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/535.html

拍手コメント

先生こんにちは!
葉書ありがとうございました(^^)/
綺麗な絵葉書でした✿
毎日暑いですがお身体に気をつけてお過ごしください☆
私は髪の毛をバッサリ切って涼しくなりました(*^_^*)

熱く熱烈なコメントありがとう!これからも楽しみにしていて下さい。まだ見てくれる人は少ないけど・・・。
3

キッズサマースクール in ムササビの森☆ 透明水彩教室  水彩画

キッズサマースクール in ムササビの森☆ 透明水彩教室

私が講師をします。夏休みの宿題として提出できます。子供さんだけでなく、お父さん、お母さん、小さな子供ちゃん、おじいちゃん、おばあちゃん、の参加も大歓迎です。道具の無い方は用意してあります。そのままお越しください。

場所がわからない又は不明な場合は、090−8220−7702までご連絡下さい。

日時:8月8日(月) 13:30〜
場所:ムササビの森 日高亭 都城市山田町大字山田2299−1
※かかしの里 ゆぽっぽから、そのだ商店へ、そのだ商店そば

日高邸までの道

http://minnari.miyachan.cc/e237816.html



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

キッズサマースクール in ムササビの森☆  水彩画

キッズサマースクール in ムササビの森☆

アムリタの陽気暮し
http://blog.goo.ne.jp/salon-amrta?sess=bf0f5ef1a30336b2b25dfa373f6de812

ほっと、一息南の国で
http://blogs.yahoo.co.jp/takachannikonikopolicy/35418296.html

上記の絵画の講師は、実は私なのです。私の友人からの依頼で引き受けました。とは言うものの、教えるほどの実力も無いので、先生と言う立場では無く、一緒に絵を描こうという立場です。

僕が担当するのは、「透明水彩」です。透明水彩は透明感があり、とても発色が綺麗です。きっと、皆さんは見た事が無いし、描いたこともないはず。描き方も面白いし、きっと楽しいと思います。希望される方は、上記ブログから申し込み下さい。

透明水彩とは、こんな感じです。
僕の絵http://happy.ap.teacup.com/applet/yosimaki/msgcate3/archive
ご覧下さい。
2

アドレナル・ファティーグ  医学情報

クリックすると元のサイズで表示します

医者も知らない「アドレナル・ファティーグ」 ジェームズ・L・ウィルソン著 本間 良子訳 本間 龍介監修 中央アート出版 2011.5.10出版

アドレナル・ファティーグとは、非アジソン病副腎機能低下のことである。日本で、このことについて理解している医者は、訳者の本間 良子医師と監修の本間 龍介医者スクエアクリニックhttp://www.squareclinic.net/しかいない。残念なことだ。

著者のジェームズ・L・ウィルソンhttp://www.adrenalfatigue.org/氏もおそらくあなたの主治医にこの本を渡しても理解できないだろうと言っている。それほど、今の医者は柔軟性と基本の生理学を忘れている。

頭の悪い僕などはすぐに理解できた。これは非常に当たり前のことだが、このような視点が無いのが現代医学。局所(専門的)な分野に入り込み、化学的な治療しか考えらなくなり、全体的な生理機能を忘れてしまった上に、頭が良いだけに頑固になり(素人が自分より知っているということにプライドが許さないようだ)、自分の知らない事は否定するという現代医学。

だから、当たり前のことが、とても素晴らしい理論になるのが、現代医学である。これは現代医学の“盲点”である。

ひとことで言うとこの本は素晴らしい。盲点を捉え、核心を突いている。このことが理解され多くの人が救われることを望みたい。

さて、このアドレナル・ファティーグであるが聞き慣れない言葉である。どのような症状があるのだろうか?日本語で病名を付けると「非アジソン病副腎機能低下」ということになるようだ。医学部では、副腎機能の低下はアジソン病と習う。ここで言う「非アジソン病副腎機能低下」とは、

アジソン病http://www.pediatric-world.com/asahikawa/fukujin/p06.html(10万人に4人の発症率)と確定されない機能低下状態(副腎疲労)のことである。

アドレナル・ファティーグのファティーグとは“疲労”のことである。この病気の際立った症状が“疲労”なのだ。

まず、あなたが耐えがたい疲労感を医者に訴えても、まず、副腎疲労を疑うことは無い。そのような考えは頭の中には全くないのだ。大抵は、血液検査やその他の病気について除外診断検査をして、何もなければうつ状態かうつ病とされてしまう。実は、アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)かもしれない。この概念が無い事は不幸だと思う。

著者の ジェームズ・L・ウィルソン氏はこう言っている。p41

“アドレナル・ファティーグを患う人は、低血糖症を伴う事が多い。アドレナル・ファティーグが悪化するにつれ、頻発する呼吸器感染症、アレルギー、鼻炎、喘息、風邪などの表面上関連のないようにみえる疾患や、線維筋痛症、慢性疲労症候群、低血糖症、成人発症の糖尿病、自己免疫疾患、アルコール依存症など数多くの健康問題を招く”

“副腎は精神状態にも影響を与える。恐怖や不安、うつ状態が強まる傾向がある。そして、混乱したり、集中できなくなったり、記憶力が冴えなくなったりする。正常な時より忍耐力がなくなり、イライラしやすくなる。”

そして、アドレナル・ファティーグは近代医学ではっきりと認識されていないが、この症候群は人生に大打撃を与える。“

あなたの、どうしても改善しない、慢性的な疲れ、自己免疫疾患、アレルギー、うつ(元気が出ない)はアドレナル・ファティーグが原因かもしれない。

慢性的に炎症(自己免疫疾患や喘息などのアレルギー)があったり疲れがとれずうつ気味なのは、副腎疲労により炎症を抑えるコルチゾールの産生が低い、または、低血糖によるものかもしれない。

驚いたことに、今の医学にはこの視点が全くない。



ストレスは自律神経の中枢である視床下部に働きかけ、脳下垂体を通じて副腎にホルモン(ACTH)が副腎を刺激し、コルチゾールの産生が増加する。(アルドステロンも増加する)コルチゾールは、肝臓に作用し糖新生を促進し、一方では炎症を抑え細胞を守る。

ストレスが重なると、副腎は疲労し、上記の働きがうまくいかず、低血糖、低血圧、慢性疲労から様々な病気に結びつく。

では、アドレナル・ファティーグの簡易的なチェックをどうぞ。

アドレナル・ファティーグ簡易チェックhttp://adrenalfatigue.jp/test/
1. 朝起きるのがつらい
2. 疲れが取れない。
3. 塩辛いものが無性に欲しくなる。
4. 倦怠感(エネルギー不足)。
5. 日常的なことが、とても疲れる。
6.性欲の低下。
7.ストレスに対処できない。
8.病気や怪我、外傷(トラウマ)から回復するのに時間がかかる。
9.頭がクラクラする。
10.軽度のうつ。
11.人生のすべてが虚しい。
12.PMS(月経前症候群)の悪化。
13.カフェインがないと、仕事ができない。
14.思考が定まらず、ボーっとする。
15.記憶があやふや。
16.午前10時まで目覚めない
17.午後3時から4時の間はぼんやりしている
18.夕食後、やっと元気になる
19.仕事がはかどらない。

自己診断テストはこちら
http://adrenalfatigue.jp/check/
※この自己診断テストは、非常に答えづらい。本間医師に是非改訂してもらいたい。


このアドレナル・ファティーグから快方に向かうには、間違った治療を止め(現代のほとんどの病院で行われている化学的な治療は、副腎の機能を低下させる。例:ステロイド(コルチゾール)の投与など)、この病気を認識することである。認識できれば、自分で改善できる。

尚、日本の病院では、おそらく上記スクエアクリニックでしかできない。参考までに、検査法は以下の通り。

1) 唾液ホルモン検査
2) 24時間尿中コルチゾール検査
3) 血液検査
4) ACTH負荷検査

アドレナル・ファティーグの改善

アドレナル・ファティーグのための食事については細かいので、本書を熟読願いたい。
避けるべき食品について記載したい。

精白砂糖、MSG(グルタミン酸ナトリウム)、アステルパームなどの脳神経毒、摂られずにいられない中毒食品、GMO(遺伝子組み換え食品)、カフェイン、チョコレート、トランス脂肪酸(硬化油、ショートニング、マーガリン、ピーナッツバターなど)、揚げ物、ファストフードなどのジャンクフード、アレルギー食品、中毒になっている食品(無性に食べたくなる食品)、アルコール、清涼飲料水など。他、喫煙。

そして、何か食事をした後に、非常に眠くなったり、だるくなったり、鼻水が出たり、ボーっとしてしまうときは、その食品は取るべきではない。身体の反応に気をつけてもらいたい。それで避けるべき食品はわかる。鼻水が出るような食べ物はダメである。食物日記をつけると把握できる。

他、気になった記載事項

P276
ジェームズ・L・ウィルソン医師は以下のように述べている。
歯科疾患の項目
・水銀の詰め物、水銀アマルガム(水銀は直接コルチゾール濃度を抑制する)。

※アマルガムについてはその危険性についていろいろ言われているが、これに対処してくれる医者は実際少ない。私もアマルガムだらけだ。いつか詰めかえたいと思っている。その時はまたレポートしたい。

・抗生物質の使用による腸内細菌叢の不均衡による腸内毒素症(有害細菌、カビ、酵母などの有害微生物による)はアドレナル・ファティーグに関連している。


・食生活とアドレナル・ファティーグ
 「ごみを入れれば、ごみしか出てこない」もし、「ごみ」を食べれば、体は最終的に疲れ果ててしまう。

・アドレナル・ファティーグは、月経前症候群(PMS),月経出血量の変化、つらい更年期障害と関係している。

・アドレナル・ファティーグを患う人の低血糖症状は、午前10時頃、午後2時頃、午後3時から4時の間に起こる事が多い。
※この時間帯に身体がだるく、眠くなる人は副腎機能疲労による低血糖症状(脳に糖分が足らないことによる)を患っている。コーヒーが欲しくならないだろうか?低血糖症状は、糖尿病に結びつく。

幸いなことにこのアドレナル・ファティーグは自分で改善できる。しかし、アドレナル・ファティーグの概念を知らなければ改善することはない。このブログを読んでこの概念に気づいた方は幸いである。

本書には細かく生活改善の方法やとるべきビタミンなどが記載されているが、私が常に言っていることで改善できるはずである。
それは、
1. 食生活の改善
玄米菜食、豆類、ごま類、ワカメなどの海藻類、野菜類、魚類、シイタケなどの茸類、いも類、味噌汁。※特に問題がある人は、野菜ジュースを毎日作って飲む事をお勧めします。1〜1.5リットル(一日で)
2. 早寝早起き(夜更かしをしない。夜更かしは万病のもと)
3. 適度な運動
4. ストレスに対処する

これを3ケ月続ければ必ず改善できるはずです。

そして、もうひとつ、私の専門である自律神経免疫療法http://immunity-club.com/(福田―安保理論、私のブログも見てください)、自律神経と白血球の関係について学べば、大抵の医学書及び専門書、病態生理は専門家でなくてもほとんど理解できます。ぜひ、安保徹教授及び福田稔医師の書籍(多数出版されたいます)をお読みください。見えない世界が見えてきます。

生きているのは“苦”そのものですが、苦痛から少しでも解放されますように・・・。
14

最も、許せないワクチンの全てを暴露,,,  予防接種ワクチン情報 ※重要

僕は、Dr. Mercola's.comに登録している。

Dr. Mercolaはこんな博士
http://www.mercola.com/forms/background.htm

マーコラ博士の膨大な記事が日々送られてくる。全てに目を通すことは困難だけど、気になった記事は読むようにしている。

以下ワクチンについてJuly 10 2011 の記事原文
One of the Most Inexcusable Vaccine Revelations of All...

http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2011/07/10/this-shocking-fact-is-never-disclosed-on-any-vaccine-informed-consent-form.aspx?e_cid=20110710_SNL_Art_N

そして、訳文(※これは僕が訳した、素人訳なので間違いがあるかもしれませんし、読みにくいです。ご了承ください)

ワクチンと自閉症の関係についてです。

以下、訳文

最も、許せないワクチンの全てを暴露,,,
Posted By Dr. Mercola | July 10 2011 | 34,677views

Previous

元製薬会社の科学者 ヘレンRatajczakは、彼女が、包括的な自閉症の研究レビューを発表した時、ワクチンによる自閉症の副作用問題の側面から、最近、大きな議論を巻き起こしました。これは、複数の理由から、大規模な研究です。その、ひとつの要素は、監視のもとに、ワクチン製造時に中絶された胚細胞の使用を維持してきたことを明らかにした。

Ratajczakはレポートで、ワクチン製造会社はほぼ同じ時期に、ほとんどのワクチンからチメロサールを除き(未だにチメロサールを含んでいるインフルエンザワクチンを除いて)、彼等は、人体の組織を使用して、いくつかのワクチンを製造し始めたことを報告している。

Ratajczakは、人間の組織は、現在23のワクチンに使用されていると言います。彼女は、MMR(はしか、風疹、おたふくかぜ)ワクチンへのヒトのDNA導入により、自閉症の発症率の増加を説明し、その2つは関係している可能性を示唆している。

Sources:
CBS News March 31, 2011
LifeSiteNews April 23, 2010
J Immunotoxicol Jan-Mar 2011
EWTN
Environ Sci Technol 2010
Sound Choice Pharmaceutical Institute
National Network for Immunization Information
LifeSiteNews February 7, 2005

Dr. Mercola's Comments:
マーコラ博士のコメント

元製薬会社の科学者 ヘレンRatajczakは、彼女が、包括的な自閉症の研究レビューを発表した時、ワクチンによる自閉症の副作用問題の側面から、最近、大きな議論を巻き起こしました。しかしながら、彼女の79ページのレビューには、ある詳細で簡単に見過ごされている5つの言葉が含まれており、大きな製薬会社がこれまであなたに続けてきた最も衝撃的な秘密を明らかにしている。

“、、、人間の胎児組織で増殖させた”

ページ70:

水痘ワクチンをヒトの胎児組織で増殖させた1995年に自閉症発生率は増加上昇した。あなたがワクチンの同意書に署名する時に、もし、あなたが、署名を取り消すか苦労しているならば、この重要な事実を見逃しているかもしれない、それはあなたの誤りではない。その理由は、そのことがいかなる同意書にも明らかにされていないからです。

ほとんどの人々は、中絶されたヒト胎児由来の細胞で培養されたものがワクチン製造に広く使用されていることを何十年も知りません。そして、ワクチン製造会社は、彼らの目の前で使用することが出来、大衆の大部分がこの事実に無知であることに満足している。

さておき、当面は、中絶された胎児の組織の使用することにについて、DNA汚染の長期的な健康へ未知の影響と宗教的な信念―その機密保持の論理は非難されるべきです。製薬会社とワクチン製作者があなたとこの情報を共有するかどうか決定することは許されないことです。これは、あなたが予防接種を受けるかどうかの選択を行う前に受け取っているはずの情報です。


Which Vaccines Might Be Produced Using Aborted Fetal Cell Lines?
どのワクチンが中絶された胎児の細胞を使用して製造されているのか?

水痘ワクチンは、この方法で製造された唯一のワクチンではありません。SCPIによると、次の24のワクチンは、中絶されたヒトの胎児に由来する細胞、、DNAの含まれた、または関連する細胞の破片を使用して製造されている。

Rabies Imovax (Sanofi)

ポリオ Poliovax、であるPentacel、DTポリオは吸収、Quadracel(サノフィ)

はしか、おたふく風邪、風疹 MMR II、Meruvax II、MRVax、BIOVAX、ProQuad、MMR - V(メルク)
Priorix、Erolalix(グラクソスミスクライン)

水痘(水痘と帯状疱疹) Varivax、ProQuad、MMR - V、Zostavax(メルク)
Varilix(グラクソスミスクライン)

肝炎 Vaqta(メルク)、
Havrix、Twinrix(GlaxoSmithKine)
Avaxim、Vivaxim(サノフィ)
Epaxal(Crucell /ベルナ)

狂犬病 Imovax(サノフィ

SCPIはまた、中絶された胎児の組織から同様に生産されている化粧品の一覧を示します。これは少しあとで説明します。

The Sordid History of Viral Vaccines
ウイルスワクチンの汚れた歴史

35年以上にわたり、研究室で培養している2つの一次細胞があり、何億ものワクチンを準備するために使用されています:

1. WI-38: 1961年、アメリカのオリジナルで、妊娠3ケ月で意図的に中絶された人間の胎児の肺細胞に由来する。

2.MRC-5: 1966年、イングランドのオリジナル、14週で意図的に堕胎された、男の胎児の肺の細胞に由来している。

予防接種情報全国ネットワーク(NNII)のウェブサイトには、ヒト胎児の細胞を使用する根拠を説明した記事と、それらがどのようにワクチン製造に使用されてきたのかを説明する記事があります。これらの胎児は、ワクチン研究やワクチン製造の目的の為に中絶されたものではなく、また、作成した細胞生物学者は人工中絶自体も実行していませんと述べられている。

NNIIの記事は、“生物学的な薬”のいくつかの困難は製造に関係しており、それがウイルスを成長させる場合は特に困難であると説明している:

“それは(例えば、ペニシリンやアスピリン)などお化学製剤を生成することより、生物学的製剤(例えば、ワクチン、抗体)を製造する方がはるかに複雑です。
さらに、特定のワクチンを作成するのは他のものを作成するより複雑です。細菌のワクチンは、単純に実験室の培養液で成長させることができます。対照的に、ウイルスの成長には、生きた細胞を必要とします。

ウイルスは、自分自身で増殖する事ができません。彼等は、成長するために、ニワトリの胚細胞のような生きた宿主を必要とし、そして動物由来の細胞で培養されています。ワクチン製造メーカーは、有効な医薬品であることと、人間の安全上の懸念について、ウイルス培養のためのいくつかの要件があります。 

例えば、水痘(水疱瘡)ウイルスは、ヒト以外の種のほとんどの細胞ではうまく増殖できません。また、動物の臓器由来の細胞は、ときどき動物のウイルスを運び、ヒトを傷つけることがあるので、ヒトの細胞が好ましい。

それは、より困難かもしれませんが、ヒトまたは動物の細胞を使用せずにウイルスワクチンを製造できることを、今日のB型肝炎ウイルスワクチンが証明しています。今日のB型肝炎ワクチンは、1986年からアメリカで使用され、酵母細胞を使用しています。他のウイルスワクチンは、ニワトリの胚やサルの腎臓を使用しています。

それでは、何故、ワクチンメーカーは完全にヒトの細胞を使用することを避けずに、以下の論議のある方法を選ぶのか?私はワクチンメーカは、すでに既存のものから利益を得ているときに、新しいワクチンを開発し、テストするためのインセンティブがあると疑っている。もちろん、これらのワクチンを得る方法について、真実が広く知られるようになった時に、彼らの利益が落ち込み始め、新しい方法を見つけることを余儀なくされるかもしれない。

One Particularly Egregious Example: Rubella Vaccine
特にひどい一つの例:風疹ワクチン

風疹ワクチンを作る際に使用される風疹ウイルスは、もともと風疹ウイルスに感染した母親が流産した胎児の組織由来のものです。風疹に感染した母親から生まれた赤ちゃんは、重大な先天性障害の危険性に晒されます。

国立ワクチン情報センターのバーバラ・Loe・フィッシャーによると:

“現在米国で使用されている風疹ワクチンは、風疹に感染した母親が流産した胎児から、アメリカの研究者がウィスター研究所で培養した後に、ほとんどの国で開発されたものです。

このワクチンは、1964年に風疹が流行した際、27番目に流産した胎児にから分離されウィスター研究所に送られたためでRA 27/3と呼ばれています。
研究者は、ウィスターに送られた、母親が風疹を持っており医師により流産させられた最初の26人のどの胎児の組織からも風疹ウイルスを培養することが出来ませんでした。”

最近の環境保護庁(EPA)の研究では、ワクチンの使用(1988)のための胎児細胞の導入とアメリカにおける自閉症の発症率の急激な上昇との間に相関関係があるかどうかの問題につながっている。

この相関関係は中絶された胎児のDNAが子供の自閉症を引き起こしている可能性(原因)について、研究者に疑問を促している。これまでのところ、メカニズムの理論が提案されていない。
しかしながら、その相関関係は、少なくとも調査する必要があります。


もしあなたは、あなたの身体に入ったり、あなたの子供に入るか心配している場合、あなたはこの情報に憤りを感じていますが、それはあなただけではありません。

どうして、人々は妊娠中絶合法化に反対であるのに、これらのワクチン使用に反対しないのですか?

多くのワクチンが中絶された胎児の細胞に由来するという知見の影響は巨大であり、非常に多くの妊娠中絶反対論者の人々に伝えられました。誰かが、中絶胎児のワクチンにはDNAが含まれているのを発見することは、イスラム教徒がワクチンは豚に由来していることを調べることのようです。

多くの人々は、科学研究のために中絶された人間の胎児由来の細胞で培養された、DNA、タンパク質、またはそれに関連する細胞破片組織を含むワクチンを子供たちが密かに注射されているということを知る時に、中絶胎児の使用に反対している人々の多くが衝撃と憤慨を覚えると予期するだろう。

これは人口のごく一部のことではない!

米国の2大宗教は人口の50%を占めるカトリックと福音です。そしてそれらは、人工中絶反対論を共有するだけの2グループではなく、これらの数を考えると、2人に1人は単独で宗教的信念に基づいて、彼等はワクチンをどのように製造したかについて、完全な真実の情報を与えられワクチン接種を拒否していると推定することができる。

カトリック教会は、中絶への“正式な協力”に反対している。しかしながら、ワクチン政策の観点から、その命令より多くの灰色の領域があります。
バチカン市国は、代替のワクチンを使用する、すなわち中絶された人間の胎児由来でないワクチンを利用可能する“重大な責任”があると述べています。また、
道徳的な問題により、良心的な反論を行う必要があると述べています。

しかしながら、バチカンは、これらのワクチンを使用するかどうかについて選択する権利は、あなた自身が決めることだと指示しています。

全体として国民全体の健康を考慮考え、選択肢の無い状態では“自分の子供の為だけではなく、深刻な危険性を回避する為、具体的には、人類全体の健康状態―とりわけ妊娠中の女性の為に”このワクチンの使用を考慮する必要があります。

この問題に関するカトリック教会のスタンスの詳細は、ナショナルカトリックの生命倫理センターにおいて、胎児細胞に由来するワクチンについてのQ&Aをテーマに彼らのウェブサイトのセクションを持っています。

あなたがカトリックとこの問題については混乱している場合、あなたの司祭と、それについて話し合うことも必要かもしれません。

あなたが、宗教的またはその他の理由で妊娠中絶反対である場合、あなたは、あなた自身、予防接種に同意する前にこの情報を真剣に検討する義務があります。
カソリック教徒とその他の人は、この人工中絶反対の視点を共有することにより、ワクチン製造会社とワクチン政策立案者に代替のワクチン戦略について圧力をかけることによって、ワクチン政策の将来に重要な役割を果たす可能性があります。

食品や化粧品業界で、中絶された胎児の細胞を使用した衝撃的な例

さらに厳密な調査を行うと、あなたは中絶された胎児の細胞がワクチンを超えて使用されていることを発見するでしょう。バイオテクノロジー企業は、スープからアンチエイジングスキンクリームに至るまでの製品の研究開発でこれらの細胞株を使用しています。

例えば、サンフランシスコの化粧品会社、Neocutis社は、アンチエイジングスキンケア部門では、PSP、中絶し寄贈された男性の胎児の細胞から開発されたことを認めています。抗しわクリームへの胎児組織の使用は、特に企業がこの情報を隠していた場合は、間違いなくほとんどの消費者にとって道徳的、倫理的な境界を越えている。しかし、それは悪化している、、、。

中絶(流産)した胎児からの細胞は、スープやソフトドリンクを作るための調味料に使用されたかもしれません。次の通りです。
ペプシコ、クラフトフーズ、及びネスレはSenomyxと呼ばれるバイオテクノロジー会社と提携し、積極的に人間の味覚受容体に影響をあたえる味を見つける為に、中絶(流産)した胎児(HKE293)採取したヒト胚性腎臓細胞を製品でテストしていると報告されています。

このニュースがリークされた時に、キャンベルスープ社は、Senomyx社との関係を全て断ち切ることによって、憤慨した公衆に対応した。しかし、ペプシコは、消費者の為に低カロリーで、おいしい製品を作るためには提携が必要だとし、同社との関係を維持している。

本当に?ソーダポップの味を作るために人間の胎児の細胞を使用する必要が本当にあるのですか?

これは、私に、どのくらい多くの企業がそのようなことを行っているのかという疑問を思わせます。彼等が、ワクチン、化粧品、食品でこれを行っているならば、彼等が他にも何かやっているかもしれません。

今すぐ行動を起こして!

NVICは、あなたの健康を害することができるワクチンの汚染に関することを教育するWebページを提供しています。NVICのウェブサイトにその上にワクチンの成分の計算があり、どのような種類のヒトのタンパク質、DNA、化学物質、その他のワクチンの成分について学ぶことができます。

NVICは、定期的にワクチンのニュースレターで、ワクチン政策やワクチンに関する法律の最新情報、警告を発しており、あなたは無料で購読する事ができます。

NVICは、ワクチンを含む医薬品を、に関する十分な情報、自発的な意思決定をする権利をサポートして擁護しています。どのようなワクチンがあり、どのようにワクチンの成分があなたの健康に影響を与えている可能性があるのか、正確に知る権利があります。あなたが行動を起こす方法の明確な手順がこのページに含まれ、それに加えて多くの有用な情報があります。

ワクチンの詳細な情報については、私のウェブページを訪れることをお勧めします。

Related Links:
They Want to Ban Our Times Square Billboard Message
Does Inflammation Play a Role in Autism?
What Happens When Your Government Chooses to Side-Step Scientific Truth?

2011.7.13訳




6




AutoPage最新お知らせ