自由意思は存在する?脳は6秒前から行動を決定している  

これは面白い。人間の脳は、皆同じ機能を有している。個人、個人があって皆自我を持っているが、それは錯覚である。自我は単なる脳の思い込み。皆、いろんな洗脳を受けて、脳の形を形成している。(僕も)。

自分は自分だと自我がはっきりしており、自信を持っている人は、思い込みが強いだけの幸せな錯覚である。

人間は、結局同じである。バイオコンピューターのようなもの。人間の行動や、反応は決まっている。完全にプログラムされている。だから、犯罪捜査のプロファイリングができる。特に、恐怖を与えると”思考停止:フリーズ”するように作られている。

だれが、作ったのか?進化したどこかの星の宇宙人?そうならば、いつか実験の結果を確認し、操作しようということになるかもしれない。宇宙に無数に生き物が存在していることはもう当たり前のことだと認識されているが、地球人を超える知的生命体に出会うことは不幸な事だと思う。なぜなら、人間はサルであることを認識することになるのだから。

人間は、感情で動くが、それは単なる条件反射であって実は感情はどうでもいいこと。人間は、”意識体”であると思う。それも、全てに共通した、ひとつの意識体。そこが、生命の本質。そこに、アクセスするには、脳の機能は制限されすぎている。



宇宙のスケールから考えると、太陽系や地球、そして、そこに住む地球人は、大腸菌などの微生物よりたぶん小さい。それは存在しているかどうかわからないレベル。

6秒は結構長い。もっと反射のいい人は、これがもっと短いのだと思う。ランプがついた方のスイッチを押してください。と実験すればわかる。脳の判断から、行動に移すまでは神経の伝達スピードにより、遅れが生じるのは当たり前のこと。ただ、右のランプを押そうと思ったという思考が遅れて判断されるのは面白い。思考が生まれる前に、脳が行動を決めている。
しかし、そうではなくて、先に、どちらか押してください。との指示があるので、すでに思考は生まれている。あとは、無意識の領域から、意識にのぼるまでのタイムラグがある。この無意識が人間の本質。ここにアクセス出来れば全てとつながる。

僕は、どこで生まれ、誰の子供で、どういう性格でというのは、その人の本質ではなく、脳というコンピュータの経験による思い込み。根本は皆同じ、ハードを持っている。

自分ってこんな人なんだよね。って思っている人は、思い込めると言う意味では、とてもお幸せで気楽な人。
2




AutoPage最新お知らせ