福島原発放射能漏れ 提言改め、ひとつの考え  原発

バカな提言かもしれない。バカだと思う人はバカだと思ってください。というか他に考えている人がいると思うが提言したい。提言は大それているので、ひとつの考えとしたい。


自衛隊や消防の方は、行方不明者の捜索、救助、食料運搬、水の確保、トイレの確保、道路の復旧、原発の支援など仕事は多岐にわたる。

国は、国際支援チームの取りまとめ、自衛隊への支持、各避難所の行政担当者への支持、そして、大きな問題として、原子力発電所放射能漏対策に大きく労力を奪われている。

避難されている方に一番必要なことは、水、食料の確保、トイレの確保、寒さ対策、衛生面の確保(疫病など)である。

マスコミの報道を見ていると、うまく連携が取れていなかったり、食料が不足したり、水が不足していたり、トイレの問題など他にも多数。うまく機能していいないように見える。これに加え、福島原発の放射能漏れである。

今後も、不足した物資はどうも届かないように見える。避難されていらっしゃる方も、限界に近付きつつある。


僕は放射能も漏れていることだし、水も電気もガスも水道も食料も無く、衛生面も確保できないところに避難させておくのではなく、人々を安全なところまで、集団輸送し、

集団疎開をすすめるべきだと思う。

これは戦争と同じだ。避難している人も、自らが生きていいなければ、不明者の確認もできない。


福島、宮城、岩手、茨城周辺以外の全国の都道府県、市町村で、その規模に応じて、100人から1000人疎開する人を受け入れたらいい。それくらいだったら、市町村で対応できるはず。廃校となった学校を利用してもいい。電気もガスも水道もトイレも確保できる。

食料や水を運ぶより、人々を移動させた方がはやい。放射能からも逃げられる(影響を少なくできる)。

そして、被災地では、自衛隊の皆さんは、行方不明者の捜索及び救助に専念できる。まだ助かる人はいるはずだ。

そして、福島原発も、周りに人がいない方がいろなんことができるのではないだろうか?

被災地には、救助隊と原子力の専門家チームが残って、あらゆる手立てを尽くすべきだ。

国が動かなければ、知事会で決めればいい。

僕はそう思う。無理か?
8

プルサーマル  原発

2号機はもうだめではないか?1号機も3号機も、そして、4号機も怪しい。
世界初の、プルトニウム汚染が現実になろうとしている。まだ、希望を捨てていないが、2号機はメルトダウンしたのかもしれない。放射線は、制限値の16倍http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110315-00000177-yom-soci

東電は、処理に当たっていた人員を緊急避難させたようだ。

広島、長崎に原爆を落とされ、第五福竜丸の事故、スリーマイルの事故、チェルノブイリ、様々な原子力の事故を見ていたのにもかかわらず、原発で最悪の事故を起こす。しかも想定していない。お粗末すぎる事故。

つい最近まで、宮崎県串間市は、原発を推進していた。推進していた人は、自らの欲深さ、愚かさを反省してほしい。

日本人は、世界でも類を見ない(世界中に存在しない程)お互いを助け合う素晴らしい民族であるが、原爆を落とされ、原子力の怖さを十分に知っていたはずなのに、こんなことになると。本当に愚かである。こんなことが無いと気づかない。
何度も言うが、今回の件(原子力発電所)は、天災ではなく、人災だ。

世界も、気づいたかな?でも人間は僕も含めて愚かなのでダメかな。

最悪のことを想定して、日本人の生き方は決まった。文字通り、世界初の被爆国家として、そして、被爆者として、原子力の怖さを訴え、世界平和を訴えることができる民族となった。被爆だけではなく、あらゆる悲惨なことを食い止めることが日本人にはできると思う。・・・できないか?人は成長せずに、同じ過ちを繰り返す単純な生き物。それが限界かも。

僕らは、もう十分生きてきた。僕らはいい。でも、子供たちには可愛そうなことをした。

なんとかして、子供たちを守らなければいけませんね。やれやれ、
24




AutoPage最新お知らせ