奇跡の医療  鍼灸

クリックすると元のサイズで表示します

ごしんじょう療法を行う、貴田晞照(きだ・きしょう)氏http://kihodo.com/prof/profile.htmlのことについて書かれた本である。

見た目や治療法は怪しげであるが、僕は本物だと思う。もちろん面識は無い。

書名が「奇跡の医療」となっているが、本人は奇跡とは言っていない。そして、僕も奇跡とは思わない。そうなっているとしか言えない。ただ、一般常識的にいえば”奇跡”になるのだろうと思う。

彼の治療法は、本人が”ごじんじょう”と言っている金の棒で悪いところをこすり、邪気を払えば病気は自ずと良くなると言っている。治療法としては、単純でそんなことで病気が良くなるとは信じられないと思うのが普通であろう。

僕は、そんなことで良くなるというのは別におかしなこととは思わない。たかが、そんなことではなく、治療法として本当に素晴らしい。邪気を払うという考え方も、東洋医学の王道である。これは、東洋医学を日々行っている治療家でさえ、この概念を失っている。

彼が”ごじんしょう”と言っているのは、古代の鍼”てい鍼”のことである。てい鍼とは、刺さない鍼のことである。

僕が、この”ごしんじょう”のことを知ったのは、僕のブログと相互リンクさせて頂いている、
スピリチュアルラボ :: 今を精一杯に生きること ::http://teruterulog.jugem.jp/?eid=815

のTeru Sunのブログで見たからだ。てい鍼で治療を行っている人がいるとは珍しいと興味を持った。

なぜなら、僕も治療の中心は”てい鍼”で、僕の周りにも、僕が知る限り”てい鍼”を治療の中心にして使用している治療家を見たことが無かった。それに、僕が、同業者に鍼は刺さなくても病気は良くなると言うと、そんなバカなと不思議な顔をする人が多い。僕は、なぜ、鍼を刺さなくてもいいということがわからないのか、逆に不思議だ。

この本の著者であるジャーナリストも、”てい鍼”で治療する治療家は稀であると書いている。そして、奇跡だと言っている。そしてこの本が書かれた。


この本を読んでとてもうれしかったと同時に、この”ごしんじょう療法”の貴田晞照(きだ・きしょう)氏は素晴らしい人物だと思う。

僕の”てい鍼”療法と似ているが、それは違うものだろう。そして、僕はこの人の多分足元にも及ばない。

優れた治療家というのは、人間的に成長した、人格の優れた人物だと思う。いい勉強になった。

僕は、まだまだだ。

写真は、本と、僕の使用している”てい鍼”僕の命の次に大切なものだ。
チタンと純銀と、純金のてい鍼。そして、オリジナルの純金の小児鍼(胎児の形をかたどった)。これは、小越建二さんhttp://www.tedukuri-teishin.com./index.htmlに依頼して作ってもらった。

僕は自らの仕事を”天命”だと思っている。

クリックすると元のサイズで表示します
4

原子力廃絶  原発

原子力損害の賠償に関する法律
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E6%90%8D%E5%AE%B3%E3%81%AE%E8%B3%A0%E5%84%9F%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

責任の所在
「原子炉の運転等の際、当該原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは、この限りでない」(3条1項)


驚いたことに、原子力事業者は責任を持つ必要が無い。こんな法律があるから、原発は推進される。


小出裕章さん(京都大学原子炉実験所 助教)
【原子力の専門家が原発に反対するわけ】





日本で原発が稼働し始めてから今まで(1966年から毎年、原爆5万発分の放射性物質 注※原発は現在54基あるが、すべて稼働してと言う意味で、5万発×45年ではない)生み出された放射性物質は広島型原発の120万発分。この処理が確立されていない。これは原発を止めても始末が出来ない。

処理に100万年かかると考えられている。

300〜1000mの地中に埋めると言っているが、もし漏れだしたらどうするのか?

政治家や、官僚、科学者、皆気が狂っている。それを知ろうとしない、そして知る手段も無い無知な庶民が、お金に目がくらんでバックアップしている。

原発推進の人々は、多分、確信犯、と無知だが金が欲しい人に別れると思う。両方とも犯罪者だ。

多分、ずっと電気を使ってぜいたくな生活してきた、無知だったころの僕もそれに加担している。

でも、皆がもう無知でいてはいけない。知りませんでしたでは取り返しがつかないのだ。上記の京都大学原子炉実験所 助教 小出裕章さんの講演を見てほしい。40数年、原子力の専門家として、その危険性を訴えてきた人の言葉である。 


6

「世界で一番の暴力は”貧困”である」  社会

先ほど、報道ステーションだったと思うが、その中のニュースで福島原発の近くにまだ住んでいる人がいるという報道があった。自衛隊(多分?)の方々が、福島原発から5kmのところに住んでいるおばあさんに避難を促していた。僕は驚いた。そのニュースの構図に。自衛隊員の方は、服装は完全防備でおばあちゃんに避難を説得していた。おばあちゃんは、普段着で窓を開けて、説得に応じている。何と言う構図だろうか?一方は完全防備で、一方は生身の身体むき出しである。

原発から5kmのところにまだ人が住んでいることにも驚きだが、凄い光景である。自衛隊員の説得におばあちゃんはこう言った。「私はどうなってもいい。放っといて」おばあちゃんはかたくなに窓を閉めた。

これは言い訳を作るために放送したのだろうか?一応避難を促したが、本人が逃げなかったので仕方が無いという。被曝は本人の責任なのか?

これから先、この日本は、世界はどこにいこうとしているのか?

「世界で一番の暴力は”貧困”である」

そして、経済的に恵まれた国に住んでいる人々は、僕もあなたも犯罪に加担している犯罪者(暴力を振るっている)である。

貧困で世界中の人々が死んでいくシステムをまだ続けるのか?原子力という悪魔のようなシステムで、経済発展という破滅に向かうエレベーターは上昇しながら、落下していく。そして、間違いなく落下し、皆、即死する。

まだ、そのエレベータに人々は乗りたいようだ。調べれば調べるほど、絶望しか見つからない。後10年、僕は、そしてあなたは生きているだろうか?


ZEITGEIST: MOVING FORWARD | OFFICIAL RELEASE | 2011
http://www.youtube.com/watch?v=4Z9WVZddH9w&feature=player_embedded

2時間40分を超える映画だが、よくわかる。観る人は少ないだろうな。是非、見てほしい。そして考えるしかない。これから、どうすればいいのか?
2
タグ: 暴力 貧困 ZEITGEIST

九州でも計画停電がはじまる。そして、原発は推進される。  原発

原発が必要だという口実が、原発を促進する。庶民の皆さんの生き方が問われている。ゆったりとした生活に切り替えるか?それとも、酒池肉林の欲望を追求するか?

原発は、安全か?安全でないか?(本当はこれが最大の問題だと思うが、人類はバカであるとの前提に立つと)の問題ではなく、僕は、皆さんがどのような生き方をしたいのかという問題だと思う。


原発推進派の皆さん、安心して下さい。
原発反対は一時的なもの、そのうち不便を強いられて原発が必要だと思うはず。だから、いずれ原発推進派が増える。絶対にエコでクリーンで安全なエネルギーは推進されない。それは、金にならないから。貨幣経済に変わる経済主義は今のところ考えられる人はいない。

いずれ、原発は推進される。とても残念で信じられないことだが、今回の件が、より安全な原発促進のステップになると思う。科学は失敗を繰り返し発展してきた。

多分、僕の予想は当たると思うょ。歴史がそうなっている。


皆、金がほしいか?


ぶら下げられたニンジンについていく人間になりたい人の方が多い。残念だが、間違いなく。人類は、単純な豚だと思う。餌をぶら下げれば何でもする。歴史を見るとその繰り返し。そして僕もその一員。困ったもんだニャー。

九州でも計画停電がはじまる。


九電、玄海原発2、3号機の再開延期 夏に停電の可能性http://www.asahi.com/business/update/0324/SEB201103240012.html
1

東京の水道水は汚染されたが・・・  社会

金町浄水場で放射性物質…乳児には飲ませないで
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00598.htm

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1544451&media_id=20

東京の水道水は汚染されたが・・・

理論物理学の井口博士は、放射能は、磁気と高濃度の酸素と水で消滅させることができるかもと言っている。

「プロジェクト・オーロラ」:ミニ地球による遮蔽、「ミニ地球作戦」
http://quasimoto.exblog.jp/page/3/

バカ丸出しで、井口博士に質問してみたい。

浄水場で、あるいは、ネオジウムなどの強力な磁石で、自分の家の水道水の蛇口を挟み、その部分に高濃度の酸素を注入すれば、水道の水から放射能を除去できるのではないだろうか?

誰か、放射能の濃度を測る装置を持っている人は、是非試してほしいものだ。

やっぱりバカバカしいか?
2

人類は学べない  原発

翻訳家の為清氏のページ
http://tamekiyo.com/documents/original/20110322.html

僕が普段から思っていることをうまく表現してある。僕らは皆、成長しなければならない。でなければ、人類に未来は無い。福島は、元通りに復興してはいけない。新しくならなければ、同じことを繰り返すだけ。そして、世界は、学ばなければならない。しかし、学びの代償としては被害が大きすぎた。

でも、やはり学べない。僕の懸念は、このような人が出るだろうということだ。
「原発ヒステリー」批判 イスラエルの学者
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110322/mds11032221450009-n1.htm

かくして、原発の推進は止められない。

東京電力の、計画停電は、原子力推進に有効的だ。なにしろ原発が無いと、電力が足りないということと強調できるのだから。きっと、この原発問題が治まったら、今回のことを教訓に今度は絶対に安全なものができるとということになるだろう。各廃棄物の問題が解決できないにもかかわらず。六ヶ所村の問題はどう考えるのか?

そして、庶民はまた(金で)騙される(目がくらむ)。残念だが僕はそう見ている。

為清氏が言うように、問題が起こるたび、まるでその問題を解決してはいけないかのように、悲劇にまい進するのはなぜだろうか?

僕は、いつも思うのだが、解決したくない人が大勢いるに違いない。今回の件に限らず、考えたくもないが、これを機会に儲けようと思っている人達や、恐怖を長引かせて、国民をコントロールしたり目的を達成(政治利用)しようとしている人たちがいるに違いない。

今回の放射能の件は、解決策はたくさんあったし、これからも解決できると考えている科学者や識者は大勢いるようだ。でも、科学者の中心にいなかったり、重要な肩書を持っていなかったり、権力を持っていなかったりするので、その人たちの意見は全く相手にされない。ここにも、解決したくない心理がが垣間見える。

放射能汚染は無害化できるようだ。
「光改善法」の発見者ブラウン博士は暗殺されていた!?
http://quasimoto.exblog.jp/

日本にも研究者がいるが、多分、声が通らないか、科学者自身が(その立場に無いので)黙っているのではないかと思う。

いつも権力や名誉の中心にいる科学者は、大きな障害になる。

僕はそう思う。

2

生命の本質について 川田薫理学博士  原発

生命の本質について 川田薫理学博士

世界ではじめて生命を作り出したかもしれない科学者であり、死の瞬間に魂の重さ(質量)を計測した科学者。

生命の本質とは何か
クリックすると元のサイズで表示します

死の瞬間に体重が減少する!
クリックすると元のサイズで表示します

理学博士 川田薫氏の講演 

生命の本質について@
<

生命の本質についてA
http://www.youtube.com/watch?v=uh5WRjrV1BY&feature=related

生命の本質についてB
http://www.youtube.com/watch?v=LeYFAKcF8t8&feature=related

全てが正しいとは言わないが、生命について示唆に富んだ講演である。一見の価値あり。
川田博士は、今後、天変地異が起こった時は、それは人工的なものだと言っている。自然の変化は、もっと時間のスパンが長いものだと。川田博士の言葉に耳を傾けて頂きたい。


陰謀論を否定する善良な人に、陰謀論を語ると、とんでもないことを言うなと怒られてしまうが、(このブログでも根拠はなどと問い詰められるが)、陰謀論は、当たり前のことであり、普通の生活にも転がっている。普通の言葉で言うと、口裏を合わせたり、根回しをしたりというのが陰謀になる。別に特別なことではない。これが、国家単位になると立派な“陰謀論”になる。

もう一度言う。別におかしなことではなく、人間が存在するところには、必ず陰謀が存在する。そんなことを考えない善良な人には全く分からない。ということは、僕は善良で無いということだ。

ただ、陰謀論は、陰謀である間は、証拠をつかめないので、それが正しいかどうかはわからない。証拠が出たところで、陰謀ではなくなる。だから後で判明することが多い。正しいかどうかわからないことを言うな、人を惑わすなという理屈であろうが、それは僕は違うと思う。

陰謀論には、とんでもないことが結構あるが、とんでもないことでも、それを考慮にいれて考えている方が、必ず役に立つし、考えていない人よりも確実に思考範囲が広くなると僕は思う。だから、とんでも無いことを言う人がいても、人間がそこまで考えられるのかという、何らかの情報を含んでいるはずである。

以前、あなたの情報を見た子供が、世の中を悲観して自殺したら、あなたは責任を
持つのか?と言われた事があるが、それは、その家の家庭の問題であって、こちらの問題では無い。悲観するような子供に育てたのは誰ですか?と僕は言いたい。

ちなみに、そう僕に言った人は、別に悪い人では無い。僕は彼の考えには理解できる。でも、否定する人は、こちらの考えを全く理解できない。

さて、どちらが、自由だろうか?

最も、どちらが正しいとか、優れているとかいうつもりは無い、それは、僕にもわからないことである。世の中は難しい。

今回の、福島原発の放射能漏れだが、僕は、今回の件で、放射能がこんなにも安全だと知ったのは、衝撃であった。政府も学者もマスコミも“安全”を強調する。最近、たしいた事故では無いのではないかと思いだしている。

それで、僕のひとつの懸念であるが、今回の事故を受けて、原発の開発がストップする。脱原発の流れが加速するとの論調が見えるが、僕は逆である。このまま終息した場合、日本の原子力の開発は数年の足踏み期間ののち、加速するとみている。

多分、今回の件を教訓に、もっと安全な原発が出来ると科学者がの賜ると思う。そして皆さんも、今回のことで、もっと安全な原発ができるかもと思うはずだ。そんな馬鹿なことがと思うかも知れないが、科学は失敗を繰り返し発展してきた。
次は、安全かもしれない。

これにより、常温核融合や、国家が恐れるフリーエネルギー(太陽や潮位による発電や、風力や、宇宙空間で無尽蔵にとれるエネルギーの開発がやはり隠蔽されるのではないかと、そうでなくてもコントロールされることが続くのは間違いないと思う。

皆さんが、陰謀論と馬鹿にしている間に。

軍事科学の無い日本以外の国の科学は、すでに変態的SF的、科学力に達しているのは間違いないと僕は見ている。


ちなみに僕は、原発反対である。
1

ニュースの深層3/17  原発

常常日記さんより

ニュースの深層3/17(木)「福島原発事故 メディア報道のあり方」http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/
2




AutoPage最新お知らせ