病気についての認識  症例

3月より遠方から僕の治療院に月1回治療に来る親子(母子)がいる。お母さんは40代、後天性C1インヒビター欠損症http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/imed3/lab_2/page4/angioedema.html

で、子供(高校3年生の男の子)は、ぶどう膜炎http://www.skk-health.net/me/19/index.htmlに緑内障を併発している。

お母さんは20代より、ステロイドと抗アレルギー剤で病気を抑えてきた。子供は、某大学病院で、やはりステロイドと、眼圧を下げる薬、散瞳薬の点眼、などをもらいずっと使用していた。そし、月一回の定期検診。眼圧は左右とも30〜40の間を行き来し、主治医からは失明の恐れがあるので、常に手術を勧められていた。

当院に来院したのは、新潟大学 安保教授http://www.med.niigata-u.ac.jp/zoo/の書籍を読み、自律神経免疫療法を行う病院や治療院ははないか、自律神経免疫療法学会http://immunity-club.com/index.php?FrontPage
問い合わせて紹介されたようだ。

お母さんも子供も、薬にやられた色の悪い顔をしていた。2人とも疲れやすく、体調も悪かった。子供は、薬を飲むと体がだるくなり何もしたくなくなるし良くならない。眼圧が高く眼も痛いし、頭痛もよくする。と言う。お母さんは、人に会いたくないし、身体がだるい。家事もつらい。とのこと。


そうだろうな。

僕は、必ず良くなると言った。それが身体の仕組みだから。食事を変えることと、必ず良くなるから、薬を減らしましょうね。と薬理学的な説明をしました。僕は、医師ではないので薬の指示はできません。でもその作用についての説明はできます。それを聞いて判断するのは患者さんの仕事。

根気よく治療に来られました。治療開始から9ヶ月。どうなったか?

お母さんは20年飲んでいた薬を、一切飲んでいません。そして、とても元気になりました。家事も出来るし悪化もしない。嘘みたいだと言っています。子供は、眼圧が左右とも正常値です。左が20で右が18です。そして、薬は何も使っていません。あれだけ手術を勧めていた、主治医ももう手術のことは言わなくなったそうです。

主治医には、薬を飲んで眼圧が下がっているのだから、薬を絶対にやめないようにと言われ、薬を減らしてくれと言うと怒られるため、本人はハイハイと返事をして、家に薬が溜まっているし、余計なお金を支払っています。こんなことが医療費を圧迫させるのでしょう。でも、患者さんの多くは、お医者さんとの関係が悪くなるといけないので、言うことを聞かざるをえません。

お医者さんは、薬の効果が9ヶ月たってやっと出たと思っているので、本当に滑稽なことです。

お母さんが、私も含めて奇跡が起きたと喜んでいます。でも、僕が驚かなのでびっくりしています。僕が驚かないのは、それが体の仕組みで当たり前と思っているからです。目の前でガンが治っても驚きません。

これは奇跡ではないし、僕が治したのでもありません。治したのは、このお母さんと子供さん自身です。よく僕が言うこと、食事の改善、運動、睡眠など生活の改善を根気よく続けました。たいしたものです。不安も一杯あったと思いますが、僕は一貫して良くなると確信して言い続けました。そして、一生懸命がんばりました。

何を信じればいいのかということですが、僕がいつも言っていることは、”自分の身体の仕組みを信じてください”ということです。それができれば自然と病気は良くなります。

”奇跡”という方がおかしい。それは金もうけ主義者が言う言葉。

こういうと、誰でも良くなるのかと言う人がいますが、答はNOです。誰かに治してもらおうと思っている人や、自分自身の体の仕組みを信じられない人は良くなりません。だから、誰でもは良くならない。それが道理です。

別件ですが、

僕が今のところ病気になったときに勧めているものは、MMShttp://mms-japan.web.officelive.com/default.aspx(飲みにくいのが問題)と
春ウコンhttp://www.haru-ukon.com/index.php?FrontPage(ウイロイド理論は非常に面白い)と
アマニ油(αリノレン酸)http://www.umaimono-club.co.jp/0001_amaniyu.htm

とビタミンDです。

医師の間で、超キモ水と呼ばれている、野島ミネラルhttp://www.super-mineral.com/ も良いと思います。野島医師は本気です。どっちがおかしいかって。それは超キモ水と言っている何の病気も治せない癖に頭でっかちな一般的な医師の方です。

それにEM菌も効果があると思います。


病気のほとんどは感染症だと思います。免疫力が向上すると病気は良くなります。遺伝子が間違えるはずがない。

病気のきっかけは、ワクチン接種、化学物質、ストレスだと思います。



素晴らしい。僕では無くて、あなたたちが・・・。

5

「Make an Informed Vaccine Decision」H 〜ポリオ  予防接種ワクチン情報 ※重要

誤訳があるかもしれません。

http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/427.htmlのつづき


これらは、多くの研究に記載されています。それどころか、ほとんどの医師は、少数の例外を除いて、ほぼ全ての条件下であなたの子供が使用可能なすべてのワクチン接種を受けることを勧めています。

今日では、子供たちは出生時に一つのワクチン接種を受け、生後2ヶ月で8ワクチン、4ヶ月で8ワクチン、6ヶ月で9ワクチン、そして12ヶ月〜18ヶ月に12のワクチン接種を受けます。彼らが1歳半のときに38回のワクチン投与になります。
情報源:CDC(疾病管理予防センター)の予防接種推奨スケジュール2010より

自由な社会とは、言論の自由と、可能な限りワクチンについて正しい事を学ぶことだと信じています。それらは、あなたが求めるならば情報が制限されるべきではありません。そして、誰もが、ワクチンを受けるか拒否するかの自由があるべきです。私は、ワクチン接種に対して推奨しません。この情報は、私があなたに科学的文献を見せて、ここに提示するものです。重要な何百もの研究をこの本にまとめました。彼らの多くはワクチンに批判的です。したがって、この本は、“公式な見解”とその他の情報の両方を熟考し補う必要があります。

親として、私たちは私たちの子供や孫について心配しています。我々は、彼らの完全で最善の利益を求めたい。しかしながら、正しい方向の行動は、必ずしも明確ではありません。業界の真実はーそのワクチンの効果を上回る副作用の危険性について―確立された事実または、単に効果的なマーケティングの手段にすぎないのだろうか?この本を読んだ後、私はあなたの子供の健康の為に、より多くの適正なワクチン情報を得られると信じています。



ポリオ

ポリオとは何ですか?

ポリオは、脳やせき髄の神経細胞を攻撃する可能性がある腸内のウイルスによって引き起こされる伝染性の病気です。症状は発熱があります。頭痛やのどの痛み、嘔吐。一部の感染者は関節の痛み、一か所または複数の四肢まひまたは呼吸筋麻痺が生じます。深刻な重症例では、呼吸筋麻痺により致命的なことがあります。


どのようにポリオに感染しますか?

ポリオはウイルスで汚染された糞便(例えば、感染した赤ちゃんのおむつを交換する時)との接触を介して感染が広がります。そのウイルスは、口や鼻から入り、腸より取り込まれます。次に、血液に取り込まれ、“抗ポリオ抗体”が産生されます。ほとんどの場合、ウイルスの活動は停止し、個々の病原ウイルスに対して永久的な免疫を獲得します。

どのように流行しますか?そして、深刻なポリオとは?

多くの人々が、ポリオに感染すると麻痺になるか死んでしまうと誤って信じている。しかしながら、ほとんどのポリオ感染はいくつかの特徴的な症状があります。実際には、95%の人は流行という条件下で自然に感染し何の症状も示しません。感染者の約5%が、のどの痛み、肩コリ、頭痛、発熱などの軽い症状を経験します。しばしば、風邪やインフルエンザと診断されます。筋麻痺は、病気に感染した1000人に1人、発生すると推定されている。これは、いくつかの研究者は、麻痺性ポリオになる者は解剖学的になりやすい(感受性がある)という、ほんの一部の人々を含んでいると結論を導き出しています。残りの大部分の人々は、ポリオウイルスの自然免疫を持つ事ができます。

DPT(三種混合ワクチン)およびその他の予防接種はポリオの誘因になる。

ジフテリアと百日咳ワクチンが1940年代に導入された時、麻痺性ポリオの症例が急増した。これはランセット及びその他の医学雑誌に掲載されました。1949年、イギリスの医学評議会はこの問題を調査するため二の委員会を設置し、ワクチン接種後30日間は麻痺の危険性が高いと最終的に結論づけた。1992年には、以前の調査結果の検証が感染症誌に報告されています。DPTワクチン(ジフテリア、破傷風、及び百日咳)の注射を受けた子供たちの方が、その後30日以内にコントロー群より麻痺性の灰白髄炎に苦しむ可能性が高い事が有意である。著者によると、“本研究では、注射が灰白髄炎(ポリオ)を誘発する重要な原因であることを確認している”

1995年には、ニューイングランドジャーナルオブメデスンが、ひとつのワクチンを受けた後1ヶ月以内にポリオワクチンを接種すると、注射を受けない子供たちに比べるとポリオに感染する可能性が8倍高いという調査結果を発表、掲載した。これらの研究は、ポリオが流行している国では他の注射は避けなければならないことを示している。

2010.12.11


ここで重要なことは、

DPT(三種混合ワクチン)およびその他の予防接種はポリオの誘因になる。

誰かこの本をきちんと翻訳して出版してくれないかな?

0




AutoPage最新お知らせ