「Make an Informed Vaccine Decision」G Introduction   予防接種ワクチン情報 ※重要

誤訳があると思って読んでください。


私たちも、少量のサンプルを行うことができます。たとえば、私たちの完全な保護のもとで過去10年間私たちは約4000人の子供をフォローしている。これらの子供たちは、いずれも予防接種を受けておらず、それらのどの子供も自閉症はありません。あなたは、この規模での25〜30例のワクチン接種による自閉症を予想できるでしょう。(自閉症の章は、両方の議論の有名な研究をまとめたものです)

20人のうち18人の医師は、産婦人科医と放射線科医の文献の徹底的な見直しを行った。彼らは、マンモグラフィ―(乳房]線撮影)存続論者であった。その結論は、人生を1分でも救うことができると言う説得力のある証拠があるということでした。科学者たちはまた、乳房切除術、単純乳房切除術、放射状乳房切除術などの乳ガンの治療をみました。それらは生き残るための生存率に何のメリットもありませんでした。彼らは、超音波の写真を見ました。彼らの非常に高価な赤ちゃんの写真とも言えます。それは私の家族のようなものなので、しばしば質問されます。“まあ何故、私はあなたのところに行くのですか?”私は言った。“言い質問だ。その通り”私の診療所の家族のほとんどは、非常に健康です。
私は、家庭出産、ワクチン非接種、母乳育児をほとんどの部分取り入れてきた。母親の大半は、2年間、わが子を保育してきた。


私は代替の計画について言いたい事がある。我われの医療行為ではあらゆるワクチンを与えないー三種混合ワクチン、ポリオ、はしか、おたふくかぜ、風疹。私たちは、生後6カ月まではワクチン接種を開始しません。

今日においては、そこにはもっと多くのワクチンがあります(子供のための16種類のワクチン)、だから、多くの親は予防接種の計画を設定します。たとえば、一部の親は、MMR(はしか、おたふくかぜ、風疹の三種混合ワクチン)のワクチンを子供に与えたくありません。彼らはむしろ、麻疹、おたふくかぜ、風疹のワクチン接種を別々に分けて与えたい。この方法は、1970年代に与えられた方法です。他の親は、アルミニウムの含有量の少ないワクチンを選択したい(アルミニウムの章を読んで下さい)これらの方法は、一度に行うワクチン接種よりおそらく賢明な方法です。(複数のワクチン接種の章を読んでください)。また、乳幼児の神経の成長と免疫学的システムへの大量の有害な添加物(ワクチンの成分についての章を読んでください)。ただし、あなたは単に、初期成長に与える潜在的なダメージを軽減しているにすぎない。私は、あなたがワクチンを完全に排除するだろうとは思っていない。




現在の、推奨しているワクチン接種のスケジュールは混雑している。医師は、赤ちゃんに一回の診察でいくつかのワクチンを接種するー 最大で一回の接種で、8〜9種類のワクチン接種を行う。(赤ちゃんは、1歳半までに38回分の用量のワクチンを接種する)。
両親や医者は、しばしば、ワクチンが薬であることを忘れている。我々大人は、どれくらいの頻度で、同時に多くの薬を服用しますか?私たちが、ワクチン接種をするかしないかで副作用を被ることに我々は、より驚くでしょう?

両親はしばしば質問する。“私の子供が、予防接種を受けておらず、病気になった場合それは何ですか?”
まあ、子供は病気になって合併症で死んでしまう可能性はあります。しかしながら、それは各疾患で異なり、個別に分けて検討する必要があります。これが、すべての章で各疾患の罹患率と誰が一番リスクが高いのかについて説明する理由です。
私はあなたに伝えたい。多くの人々がワクチンで損傷したり死亡したりしている。これらの可能性についてあなたは学ぶことができます。これらに保障はありません。

当局はワクチンが病気の発生率を減少させると主張している。しかしながら、いくつかの疾患―結核や猩紅熱、ペストー 毎年数千人が感染するにも関わらず、ほとんどのワクチンが事実上姿を消した。


どのように我々はこれを説明しますか?医師はまた、地域の他の子供たちへの感染を防ぐために両親はワクチンを子供に接種させる義務があると主張している。(社会的義務の章を読んで下さい)。彼らは免疫を惹起する。しかしこれはワクチンが意図したとおりに働くことを前提としています。この本ではどのように効果を測定するのかについて学ぶでしょう。過去数年間で、私たちは、はしか、おたふくかぜ、百日咳の予防接種を受けたほとんどの子供たちに流行しているのを見ている。研究では、水痘ワクチンの免疫は非常に長続きしないことと最近では、ワクチン接種した子供たちは他の人に病気を感染させることが判明した。



当局はこれを“二次感染”と呼んでいます。アフリカにおいては、経口ポリオワクチンは、ポリオの原因となっている。米国では、彼らが生のワクチンの投与を停止するまでこれが問題であった。FDA(米国食品医薬品局)とCDC(疾病管理予防センター)は、重要なワクチンの研究を行い製薬会社が製造販売できるように検討されている。これは鶏小屋の守り方をキツネに尋ねるようなものです。これはワクチンの真の副作用について小児科医によって書かれた滅多にないものです。


ここで重要なことは

”私たちの完全な保護のもとで過去10年間私たちは約4000人の子供をフォローしている。これらの子供たちは、いずれも予防接種を受けておらず、それらのどの子供も自閉症はありません”

”我われの医療行為ではあらゆるワクチンを与えないー三種混合ワクチン、ポリオ、はしか、おたふくかぜ、風疹。私たちは、生後6カ月まではワクチン接種を開始しません。 ”

国立感染研究所 感染情報センター
予防接種スケジュール
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule/Imm10-03JP.gif

少なくとも生後6ヶ月までは受けない方が良いようだ。

”当局はこれを“二次感染”と呼んでいます。アフリカにおいては、経口ポリオワクチンは、ポリオの原因となっている。米国では、彼らが生のワクチンの投与を停止するまでこれが問題であった。”

これはまさに日本の問題だ。日本は生のワクチンで、ポリオをばらまいている。

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ