乳がん インフォームドコンセントという強迫  ガン

先日、乳がんになって手術をした人から相談があった。乳がんは右の乳房に1cm程で転移も認められないことから、ピンポイントのくりぬき手術で、手術も簡単なもので、すぐに退院した。

本人は手術前も手術後も元気である。

さて、相談はその後の治療についてである。病院の担当医からは、放射線25回に抗ホルモン剤(エストロゲンを抑える)治療をしましょうと言われた。

その際、放射線の副作用で、肺の一部が線維化する可能性があることと、抗ホルモン剤で、子宮内膜癌の可能性が多少高まるが、再発を抑える作用の方が強いので是非受けて下さいとの説明だった。それにエストロゲンを抑えると、不安や落ち込み、イライラ骨密度の減少、体温調節がうまくいかないなどの副作用がありますよ。

本人は、肺が線維化したり、子宮内膜癌もきになるので、それに元気だしちょっと考えさせて下さい。と言ったら、

医者は、これは標準的な治療ですよ。あなたみたいな人は初めてだと、手間をかけるな!といった態度になったそうです。

これが、この国の標準的インフォームドコンセント。選択の余地はなく、患者の意向は無視する。患者に”説明して同意したという”ごまかしと保身に利用している。

あなたみたいな人は初めてだなんて、酷い言葉だ。みんな恐がらされているので嫌々ながら放射線や抗がん剤、抗ホルモン剤治療に向かっているのだ。先生に何も言えないだけなのだ。

慶応大学の近藤誠医師は、早期に発見されるガンは、ほとんんどが放っといてもいい”がんもどき”だと言っている。彼は、患者が希望すれば無治療、様子見もありえると言っている。(この当時”がんもどき”はおでんの中にしか無いと言ったバカな某○○ガンセンターの医師がいたが・・・)

そして、もし悪性ならすでに転移は成立しているし、乳房温存療法でも全摘でも、生存率は変わらない。それなら、乳房温存療法の方が、患者のQOLは高いと言って、乳房温存療法を日本に広めたのだ。

さらに、早期発見によるガンの生存率の向上はみせかけだと言っている。どうでもいいガンを見つけて治療して、ガンの治癒率が上がったと言っているに過ぎない。ごまかしだ。と。もしかしたら、患者は被害を受けているだけかもしれない。

ガン検診による早期発見早期治療は意味がないと言っている医師は多数いる。そればかりか余計な治療で苦しみ、抗ガン剤や放射線で死期を早めている可能性すら指摘されている。

相談に来た彼女には、結局、決めるのは自分しかいないということを伝えて帰ってもらった。ガンはストレスにより、交感神経が緊張し、顆粒球が増え、相対的にリンパ球比率が低下し免疫力が落ちて、さらに血流が悪くなり、低酸素、低体温に感染症が加わり発症する。最初は、ストレスによる免疫力の低下がきっかけである。

理解のない医者によるストレス、放射線、抗がん剤、抗ホルモン剤によるストレス。彼女は、ガンになるきっかけとなるストレスの中に今もいる。

僕は、自分の身体の仕組みを信じて生きた方がいいと思うけど、答は本人しか出せない。

近藤誠医師は、最近、静かにされていると思ったら、文芸春秋に「抗ガン剤は効かない」という手記を載せているようだ。後で買いにいこ!
3

大人の発達障害  メンタル

「大人の発達障害」 備瀬 哲弘著 マキノ出版

を読んだ。

巻末の「自閉症スペクトラム指数」http://development.kt.fc2.com/aq.html(バロンーコーエン博士らにより作られた発達障害の傾向を探るためのチェックリストをやってみた。

@33点以上 発達障害の診断がつく可能性が高い。日常生活に支障がでるレベル。

A27〜32点 発達障害の傾向がある程度認められる。一部の人では日常生活に支障がでる可能性。

B26点以下 発達障害の傾向は弱い。日常生活に支障なし。

結果は、34点。Bの発達障害の診断がつく可能性が高い。とのこと。ちなみにかみさんは、15点。精神的に非常に健康である。僕のせいでとても苦労していると思うが、ありがたい。

どおりで生きづらいわけだ。子供のころからずっと生きづらい。小学校入学時のことを思い出す。入学前に、学校に両親と一緒に呼ばれ、校長室に通された。そこで、知能テストをさせられたことを思い出す。呼ばれたのは、僕の他にもう一人いた。こちらは僕から見ても明らかに違っていた。

これは、どうも特殊学級に入れるかどうか判断をするためのテストだったようだ。結局は普通クラスに入ったのだけど。両親はそのことがかなりショックだったらしい。

僕の生きづらさは子供のころからだ。

発達障害なんて、頭の隅にもなかった。ただ、なんで僕は人と変わっているのだろう?とずっと思っていた。普段からかなり抑うつ的なのは”生きづらさによる二次障害かもしれない。

とにかく人と合わせることができない。会社員から自営業に仕事を変えて正解だったと思う。それに、今の仕事を選んだのも、僕と同じような生きづらい人をサポートしたいとの思いからだった。

何がそのひとの生き方を決めるかわからないもんだね。

すこしだけ、自分が分かった気がした。もっとも、このテストだけで”発達障害”かどうかはわからないのはいうまでもない。

それに、それが障害かどうか?個性かもしれないし、育てられ方で、脳がそのように発達したのだろう。

ただひとつ言えることは自分を理解することにより、ストレスが少しでも減るということは言える。
クリックすると元のサイズで表示します
5

精神医療、ひきこもり、うつ  メンタル

精神医療に確立された手法は無く、精神科医は海図なき航海にでて、海をさまよい。魔の三角地帯で方向を見失い自ら命を絶つ。一般人の5倍の自殺率。自ら心を病んでしまう。それが精神科医。

心を病んで、そこに助けを求めている患者。何を相談すればよいかわからない患者と方向性を持たない医者。答えは見つからない。

心の問題に答は無い。自らが自らを助ける以外にない。だから医療は、セルフヘルプに寄り添う医療が必要だと思う。そして、社会の無理解が自殺者を増やす。

最近は、非定型うつ病も増えてきた。家に帰ると大丈夫だが、会社に行くとダメというやつだ。これは心の問題を抱えていない人からみると、完全に怠け者である。気分変調障害も、単なる気分屋さんである。社会の隅に追いやれら、強者からみると自然淘汰(自殺に至る)される。

僕は、うつやひきこもり、不安障害におちいる弱者は、本人が悪い訳ではない。例えて言うと、腕立て伏せが足りなかったのだ。子供のころ、あるいは、適切な時期に、うでたてふせをして、鍛えた人は、多少、回数を増やしても、そんなにしんどいことは無い。しかし、全く鍛えてこなかった人は、その行為自体が、嫌である。でも、大人になると、同じように求められる。それでは、会社が嫌になるのは当たり前のことである。

要するに、何が言いたいかというと、人間の身体は鍛えたところが強化され、使わないところは衰えるのだ。筋肉を動かせば、その情報は脳に集まり、適切な動きと筋肉が作られる。

脳も同じだ。いろんな体験や経験で、脳内の化学物質に変化が起き、その部分の神経ネットワークが増え強化される。

子供のころに、愛情いっぱいの安心感の中で育てられ、失敗しても心配するな大丈夫と励まされて育った人と、怒り、嫉妬、妬み、恐怖、で神経質で不安が支配し、失敗が許されない環境で育った人の鍛えられる脳は、筋肉と同じで自ずと違う。

前者は、人に会っても緊張しないし、失敗も恐れない。そして、人が好きであるにに対し、後者は、人間不信で、人嫌い。いつも対人的に緊張を強いられる。常に失敗を恐れ、積極的になれない。これは、不安に対処するための防御反応の部位が鍛えられることによる。

本人の責任ではない。というと、過酷な環境でもきちんと育っている人もいるではないか?と疑問を呈する人も出てくるが、それはその通りだが、それはもっと個別にみていかないといけない。そういう人は、確かに過酷だが、誰か一人でもその本人を受け入れてくれる味方がいる場合である。誰も味方がいない場合は、絶望しかない。どんなに過酷でも、誰か一人でも理解者がいれば大丈夫なのだと思う。そこが違う。

だから、絶望している人がいれば、薬ではなく、そのよき理解者になる人が必要ということである。これが非常に難しいことになる。

過酷ななか生きてきた人は、今後、生きていくのもやはり過酷である。なぜなら、不安の脳が、大丈夫と頭で理解しても、その反応する部分が本能の部分であるため、反射神経のように反応する。これは、きっと愛情に囲まれて生きてきた人には想像できない部分であると思う。


どうすればいいのか?確立した治療法も無い。ただ、良くなる方法はある。ダメだと思う必要はない。ただ、画一的な方法が無いのだ。あるのは、個別の良くなっていくストーリーだけ。厳しいが、是非、自分自身に問いかけて欲しい。セルフヘルプ。そこに答がある。

デビッド・D・バーンズの「いやな気分よさようなら」星和書店の”読書療法”は非常に有効な方法だと思う。自分の心に合う本を見つけて、自らのこころを助けてほしい。

僕は、カウンセリングも会話も、指導も、薬も何も無く、ただ、多数の読書療法に使える書籍と、心地のいい椅子とデスク、心休まる静かな音楽がある。緊張せず使える、”読書療法カフェ”のようなものがあるといいなと思う。

インターネットカフェのように空間を仕切らず、大勢で集まる。孤立しない一体感があるが、会話も何も必要ない。ただ、一緒に読書療法を行う。時間も、出入りも気にしなくていい。そして孤立しなくていい。規則正しくそこに通う。

そんな場所が出来るといいように思う。無理か?多分?



「精神科医はなぜ心を病むのか」 西城有朋著 PHP

彼は、精神医療を「海図なき航海」と呼ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
7

「Make an Informed Vaccine Decision」G Introduction   予防接種ワクチン情報 ※重要

誤訳があると思って読んでください。


私たちも、少量のサンプルを行うことができます。たとえば、私たちの完全な保護のもとで過去10年間私たちは約4000人の子供をフォローしている。これらの子供たちは、いずれも予防接種を受けておらず、それらのどの子供も自閉症はありません。あなたは、この規模での25〜30例のワクチン接種による自閉症を予想できるでしょう。(自閉症の章は、両方の議論の有名な研究をまとめたものです)

20人のうち18人の医師は、産婦人科医と放射線科医の文献の徹底的な見直しを行った。彼らは、マンモグラフィ―(乳房]線撮影)存続論者であった。その結論は、人生を1分でも救うことができると言う説得力のある証拠があるということでした。科学者たちはまた、乳房切除術、単純乳房切除術、放射状乳房切除術などの乳ガンの治療をみました。それらは生き残るための生存率に何のメリットもありませんでした。彼らは、超音波の写真を見ました。彼らの非常に高価な赤ちゃんの写真とも言えます。それは私の家族のようなものなので、しばしば質問されます。“まあ何故、私はあなたのところに行くのですか?”私は言った。“言い質問だ。その通り”私の診療所の家族のほとんどは、非常に健康です。
私は、家庭出産、ワクチン非接種、母乳育児をほとんどの部分取り入れてきた。母親の大半は、2年間、わが子を保育してきた。


私は代替の計画について言いたい事がある。我われの医療行為ではあらゆるワクチンを与えないー三種混合ワクチン、ポリオ、はしか、おたふくかぜ、風疹。私たちは、生後6カ月まではワクチン接種を開始しません。

今日においては、そこにはもっと多くのワクチンがあります(子供のための16種類のワクチン)、だから、多くの親は予防接種の計画を設定します。たとえば、一部の親は、MMR(はしか、おたふくかぜ、風疹の三種混合ワクチン)のワクチンを子供に与えたくありません。彼らはむしろ、麻疹、おたふくかぜ、風疹のワクチン接種を別々に分けて与えたい。この方法は、1970年代に与えられた方法です。他の親は、アルミニウムの含有量の少ないワクチンを選択したい(アルミニウムの章を読んで下さい)これらの方法は、一度に行うワクチン接種よりおそらく賢明な方法です。(複数のワクチン接種の章を読んでください)。また、乳幼児の神経の成長と免疫学的システムへの大量の有害な添加物(ワクチンの成分についての章を読んでください)。ただし、あなたは単に、初期成長に与える潜在的なダメージを軽減しているにすぎない。私は、あなたがワクチンを完全に排除するだろうとは思っていない。




現在の、推奨しているワクチン接種のスケジュールは混雑している。医師は、赤ちゃんに一回の診察でいくつかのワクチンを接種するー 最大で一回の接種で、8〜9種類のワクチン接種を行う。(赤ちゃんは、1歳半までに38回分の用量のワクチンを接種する)。
両親や医者は、しばしば、ワクチンが薬であることを忘れている。我々大人は、どれくらいの頻度で、同時に多くの薬を服用しますか?私たちが、ワクチン接種をするかしないかで副作用を被ることに我々は、より驚くでしょう?

両親はしばしば質問する。“私の子供が、予防接種を受けておらず、病気になった場合それは何ですか?”
まあ、子供は病気になって合併症で死んでしまう可能性はあります。しかしながら、それは各疾患で異なり、個別に分けて検討する必要があります。これが、すべての章で各疾患の罹患率と誰が一番リスクが高いのかについて説明する理由です。
私はあなたに伝えたい。多くの人々がワクチンで損傷したり死亡したりしている。これらの可能性についてあなたは学ぶことができます。これらに保障はありません。

当局はワクチンが病気の発生率を減少させると主張している。しかしながら、いくつかの疾患―結核や猩紅熱、ペストー 毎年数千人が感染するにも関わらず、ほとんどのワクチンが事実上姿を消した。


どのように我々はこれを説明しますか?医師はまた、地域の他の子供たちへの感染を防ぐために両親はワクチンを子供に接種させる義務があると主張している。(社会的義務の章を読んで下さい)。彼らは免疫を惹起する。しかしこれはワクチンが意図したとおりに働くことを前提としています。この本ではどのように効果を測定するのかについて学ぶでしょう。過去数年間で、私たちは、はしか、おたふくかぜ、百日咳の予防接種を受けたほとんどの子供たちに流行しているのを見ている。研究では、水痘ワクチンの免疫は非常に長続きしないことと最近では、ワクチン接種した子供たちは他の人に病気を感染させることが判明した。



当局はこれを“二次感染”と呼んでいます。アフリカにおいては、経口ポリオワクチンは、ポリオの原因となっている。米国では、彼らが生のワクチンの投与を停止するまでこれが問題であった。FDA(米国食品医薬品局)とCDC(疾病管理予防センター)は、重要なワクチンの研究を行い製薬会社が製造販売できるように検討されている。これは鶏小屋の守り方をキツネに尋ねるようなものです。これはワクチンの真の副作用について小児科医によって書かれた滅多にないものです。


ここで重要なことは

”私たちの完全な保護のもとで過去10年間私たちは約4000人の子供をフォローしている。これらの子供たちは、いずれも予防接種を受けておらず、それらのどの子供も自閉症はありません”

”我われの医療行為ではあらゆるワクチンを与えないー三種混合ワクチン、ポリオ、はしか、おたふくかぜ、風疹。私たちは、生後6カ月まではワクチン接種を開始しません。 ”

国立感染研究所 感染情報センター
予防接種スケジュール
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule/Imm10-03JP.gif

少なくとも生後6ヶ月までは受けない方が良いようだ。

”当局はこれを“二次感染”と呼んでいます。アフリカにおいては、経口ポリオワクチンは、ポリオの原因となっている。米国では、彼らが生のワクチンの投与を停止するまでこれが問題であった。”

これはまさに日本の問題だ。日本は生のワクチンで、ポリオをばらまいている。

クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ