子宮頚がんワクチン ガダ−シル  クリスの場合  医学情報

原文
http://www.nvic.org/vaccines-and-diseases/HPV/christina.aspx

焼酎を飲んでいるせいか、訳しながら涙が出た。

予防と言う名のもとに、経済活動にのせられ不必要な恐れから、不必要なことを行う。環境に恵まれた世界では、ワクチンも薬も何もいらないのではないだろうか?もちろん、人類がもっとやさしくなれば、病気は地上から無くなる。生理的な老化現象以外は・・・老化現象もロシアではコントロールする段階にあるようだが・・・。

Gardasil Vaccine & the Damage Done
Christina Tarsell and Emily, her mother

ガダ−シルのワクチンとそのダメージ
クリスティーナ・ターセルと彼女の母エミリー


Christina Tarsell was a 21-year-old college student majoring in studio arts at Bard College when she received a series of three Gardasil shots. A talented athlete, artist and honor roll student, she died suddenly and without explanation shortly after the third shot in June 2008. Her mother Emily Tarsell, who is gathering information on Gardasil vaccine reactions as NVIC’s Director of Gardasil Network Development, writes on the website she has created for Christina (www.Gardasilandunexplaineddeaths.com):

クリスティーナ・ターセルは、3回のガダ−シルのワクチン接種を受けた時、バード大学でスタジオアートを専攻する21歳の大学生でした。才能にあふれる優秀なアスリートで、2008年6月に3回目のワクチン接種の直後、何の前触れもなく当然死亡した。
彼女の母、エミリー・ターセルは、ガダ−シルネットワークNVIC’s(The National Vaccine Information Center) の管理者として、誰がガダ−シルのワクチンの副作用情報を集めているのか、クリスティーナのために作成したウェブサイトに書き込みをした。
“When Chris wasn't in the studio painting, constructing or writing, or at the gallery working, Chris liked to hang out with her friends. Chris would have been a senior in studio arts at Bard College, a community she loved. She liked exchanging ideas, observing nature, listening to music, debating, dancing, cooking, and laughing with her companions.

クリスは、スタジオで絵を描いていないとき、作ったり、物を書いたり、ギャラリーで作業し彼女の友人と集まるのが好きでした。クリスはバード大学のスタジオアートで先輩と慕われ、彼女はその集まりを愛していました。彼女は彼女の仲間たちと一緒に意見交換や自然観察や音楽を聞いたり、討論したり、踊ったりするのが好きでした。

Frequently, she and friends would take excursions to New York City where she did an internship. They explored museums, galleries, and neighborhoods like Chinatown, Brooklyn and Williamsburg. It was all so exciting and the future looked rich with possibilities. But it all came to an abrupt end when Chris was found dead on June 23 at home in Tivoli, NY in a house she shared with several other college students. Chris was 21.

よく、彼女と友人は、ニューヨークへ研修旅行に行きました。彼らは、博物館、美術館そして、チャイナタウン、ウィリアムバーグのような場所を探索した。それは全てにおいてエキサイティングで、将来の豊かな可能性に見えた。しかし、その全ては、クリスがチボリの自宅で6月23日に発見されて時、突然終わった。ニューヨークの家は、何人かの大学生と共有していた。クリスは21歳だった。

Born and reared in Sparks, Maryland, Chris was an honor student, a member of NHS, Amnesty International, The Towson Unitarian Universalist Church, and Girl Scout Troop 589 who presented her with a Gold Award. An avid and accomplished athlete, Chris played baseball on the boy’s team in middle school, varsity softball in high school and tennis in college. She was art editor of two literary magazines, Brillig and Verse Noire, in high school and college, respectively.

スパークスで生まれ育った。メリーランド州で、クリスは優等生で、国民健康保険に加入し、アムネスティインターナショナル(人権擁護団体)の会員だった。ツーソンのユニタリアン派のユニバーサリスト教会とガールスカウト団体589は、彼女に金賞を贈呈した。熱心で、名選手で、クリスは、中学では、男の子の野球チームでプレイし、高校ではソフトボールの代表チーム、大学ではテニスをしていた。彼女は、2つの文学雑誌のアート編集者でした。ブリリングとバースノアレ(ノワール?)それぞれ、高校と大学で。

Her passion was art and she won several juried art honors. She loved texture, light and color and was just embarking on a serious and challenging senior project integrating sculpture and painting when her life tragically ended. Sweet, spirited, questioning, generous and caring, she is deeply missed. We love you Chris.”

彼女は芸術に情熱的で、彼女はいくつかのコンテストで芸術賞の栄誉を獲得した。彼女は、慎重に施された光と色のテクスチャ(模様)を愛し、調和のとれた彫刻術と絵画のより上のクラスに挑戦した、そんなとき、彼女の人生は悲劇的に終了した。優しくて、元気が良くて、知りたがりで、気前が良くて、思いやりがあって、彼女がとても恋しい。私たちは、クリスを愛しています。

1

尖閣諸島ビデオ  社会

尖閣諸島ビデオ

http://www.youtube.com/watch?v=PO3icKluj7o

http://www.youtube.com/watch?v=mLKJB2LRQfI

政府が公開したのか?誰かが暴露したのか?

いずれにしても、中国は認めることは無い。根拠など役に立たない。メンツを潰されて、すみませんなどと中国が言うわけがない。

これを見て中国が何とコメントするのか?ニュースを注視したい。
1
タグ: 尖閣諸島




AutoPage最新お知らせ