日韓併合  社会

「族譜」http://www.seinengekijo.co.jp/s/zokuhu/zokuhu.htmlという演劇を観た。

今年は日韓併合100年だそうだ。

族譜観劇するにあたって、韓国の歴史を調べ、書籍を4冊購入し読んだ。反日の人の書籍、親日の人の書籍、韓国人の書いた書籍。バランスをとりながら読んだ。

そして、今日観劇した。


日本人は本当に酷いことをしたという内容だった。そして、そのことを自分達に置き換えてくださいという内容だった。それは確かに歴史の一場面だと思う。いろいろと考えさせられる場面も多く、また、考えるきっかけになったことはいいことだったと思う。


韓国併合を考えるとき、大きく3つの視点があると思う。

@日本人は本当に酷いことをしたので、反省しきちんと謝罪しなければならないという視点。

A韓国人の中にも、植民地になって助かったという声もあるので、悪いこともあったがそれだけではない。韓国の発展に寄与したという視点

Bその当時は仕方がなかったという視点。立場が逆になれば、韓国人が日本人を大切に扱ったかどうかはわからない。戦争で植民地支配した国で、相手を全く対等に扱った話など聞いたことが無い。当時の戦争も今の戦争も、とにかく戦争にルールを決めているが守られたためしはない。残酷で残虐なのが戦争である。そもそも、最初から戦争などしなければいいいのだ。

では、どの視点で見れば、みんなが納得し、平和的に解決するのか?


@の視点は、いくらきちんと謝っても多分解決できない。謝罪を要求することが外交に使えるし、どの程度で謝ったことになるのかはわからない。それに、謝って、じゃ許してやるという関係で、対等に付き合えるとは思えない。歴史の一場面だけみれば、残酷だったのは、日本人も韓国人も同じである。きりとって誇張して、そこを拡大しても真実からはほど遠くなる。

Aの視点は、日本が言うことではない。韓国内部の人が言うのは問題ないと思う。実際に、韓国人でこれを命がけで言っている人が何名かいる。親日のレッテルをはられ家族まで危険さらして何かメリットがあるのだろうかと思うが、本人もこのままでは韓国はダメになると思って言っているようだ。

Bの視点は、真実だろう。そうだと思う。だとしたら、仕方が無かったと言えるのだろうか?


アメリカと日本の関係を考えてみた時、反米の人もいれば、親米家もいる。結局、解釈はいろいろある。


韓国の教科書や、反日の人の視点では、とにかく日本人は野蛮で残虐であると解釈されている。そして、心やさしい日本人は、とにかく反省している。そして、自らが日本人でありながら、世界でもまれにみる残虐な国民だと言う。

僕は、違うと思う。残虐で残酷なのは、日本人では無く、中国人も韓国人も朝鮮人も、アメリカ人もドイツ人も、あらゆる国の人々が残虐で残酷である。それは歴史が証明している。何一つ悪いことをしたことが無い国があれば教えて欲しい。

僕は、どこかの人種が残虐、残酷なのではなく、地球人が残酷で、残虐なのだと思う。

戦争は、恨み、妬み、嫉み、怒り、嫉妬など負の感情から起こる。人間の持つ一般的な感情で、とても人間的な行為であると思う。

昨今の、世界の動きを見ていると、人間は戦争が好きとしか思えない。

僕の中では、戦争を回避することは、人間である以上、ほとんど絶望的だと思う。戦争は多分、回避できない。残念なことだ。ほんのすこし幸せな国で、戦争のはざまである平和な瞬間(時代)生まれた者だけが戦争を回避できるが、それすら100年と持たないので、ほんの少しの平和と戦争を味わうことになるのだと思う。


戦争をなくすことはできないということを認識したうえで、無理を承知で、戦争を避けることを考えたい。そして、以前、僕がブログに書いた記事をもう一度ここに示したい。戦争をはじめるきっかけに加担しないように。僕はこう思っている。


http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/418.html


これを踏まえて、もし何か行動を起こしたいなら。団体を作らず個人で(街頭演説するなり、国に直訴するなり、情報を発信するなり、今はインターネットがある。)行うべきだと思う。

これはあくまでも僕個人の考えである。他の考えもあると思う。


頭が悪いのに考えてしまった。疲れたので寝ます。

4

Under construction  水彩画

少しずつ。ぬりぬり。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


やっと完成!
クリックすると元のサイズで表示します
4
タグ: 透明水彩

「Make an Informed Vaccine Decision」F Introduction  予防接種ワクチン情報 ※重要

Introduction

誤訳があると思って読んでください。英文をそのまま写すのは問題があるので、訳文だけにします。訳分は、私が訳しました。誰か、きちんと訳して出版してもらえないだろうか?と思う。


私は1968年に、イリノイ大学医学部で医学を学び始めた。最初の2年間はストレートに解剖学、生理学、生化学を学びました。後半の2年間は小児科、内科、外科をローテーションで学びました。1970年、医学部の3回生のとき、私は小児科のクラスを履修した。そこで私の教授として、はじめてロバートメンデルソーン博士にあった。私たちは、生涯の関係ができた。彼は、医者として、私の最初の子供の出産に付き添い、私の6人の子供の名付け親になった。

メンデルソーン博士は素晴らしさを超えており、私の健康哲学に深い影響を与えた。彼は、※プロジェクトヘッドスタートの国民医療局長を務めていた。(リンドンジョンソン大統領によって任命された)イリノイ州の医師免許交付委員会の会長であり、シカゴのマイケルリース病院の院長でもある。メンデルゾーン博士は、あらゆる点で著名な医者である。しかし、彼はワクチンを信じていない。彼はまた、子供を持つ親御さんへ、対症療法薬について慎重になるように、注意を与えている。1973年に彼は、あらゆるワクチンは神経に障害を引き起こす原因になることを確信していた。

※ヘッドスタートプログラム:アメリカ合衆国の低所得者層の子供たちとその家族に対する教育、健康などの包括的な支援をするプログラム


私は医学部を卒業した。私は、メンデルソーン博士と働き始めた。私はまた、自分で在宅医療サービスをはじめた。メンデルソーン博士は、まだシカゴのヘッドスタートプログラムの契約下にあった。そして、私もまた、自分の時間を提供し、彼のクリニックで週に1日または2日働いた。その自宅出産の事業は成長しはじめ、私は、1974年にシカゴの北側にオフィスを開設しました。私はすべての家族に、予防接種ワクチンをするかしないかの選択肢を与えました。それは、最初の日から実施しました。そしてそれは私が推し進めたものではありませんでした。

数年後、私はウィスコンシン大学医学部に通い、公衆衛生学(MPH)の修士号を取得して卒業した。そのプログラムは、感染症、生物統計学、疫学、予防接種のコースから構成されていた。開業医として、あなたは、あなたが医学校で得た知識を、個々の患者の望みや、家族の健康をつくるために応用するのです。公衆衛生医として、あなたは人々を見て、健康な人のグループをつくる方法を検討することができます。だから、私は2度目の公衆衛生の学位で、評議会が予防医学の認定をしています。世界保健機構(WHО)は基本的に公衆衛生医で構成されています。それは、あなたが特別な訓練と専門的な知識を持ち、医学が多くの人々の健康を改善するためにどのような対策を実施するのか見ることを意味します。

2010.10.19

私は、この経歴を望んだのは、病気のデータの解釈とワクチン接種の統計情報がなんらかの価値を持っていると考えたからです。赤ちゃんをとりあげる開業医として、私は、私の考え方を広げることが重要であると感じました。1976年、幾人かの医者が私の開業した在宅医療(出産)に参加していた。このうち3人は、20年以上私と一緒です。我々は、毎年何百もの赤ちゃんの出産に関わりました。私たちはまた、医療も提供しました。その当時、私たちのところに来た家族の約半数は、子供たちに予防接種をしませんでした。(今日では、1%未満です)しかしながら、家族はワクチン接種を改良されたスケジュールを選んでいます。我々は、生後6ケ月までワクチン接種を行いません。そして、私たちは誰にもワクチンを与えることはありません。彼らも病気との関係性から離れています。

1990年代には、ワクチンの問題はより顕著になった。私はすでに親の為に、ワクチンに反対し、何千もの医療放棄を表明した。すべての州において、医者は医療を放棄することを表明することができる法律がある。私は。ワクチンが医学的に禁忌であると確信していてので、それを表明しました。

しかしながら、同法は、教育委員会が親に対して他の医師に第2の意見を求めることを伝える権利を持っていると同法は言っている。その第2の意見は常に医学的禁忌はありませんとゴム印でスタンプしてあった。死亡することは、ワクチンの禁忌ではないのです。

私はこれは法的な問題であるということに気づいたので、シカゴのジョンマーシャルロースクールに入学しました。そのとき私は49歳でした。ジョンマーシャルは、銀行、保険、事業の専門家です。彼らの学校は完全に夜間コースでした。だから、私は日中フルタイムで働き、夜のクラスに行くことになるだろうと思いました。これに、私は2000年に法律の学位を授与するまでここに4年間行きました。



法律学校で、私は機密事項についての論文を書いた。我々の政府は、あなたの命を支配する正しさを証明することを持っていない。それは政府の役割ではない。だから、私の論文を見て、あなたは第3者に漏えいされるかどうかについて気にせず機密情報を与えることができます。聖職者(医師)は法のもとに強力に保護されています。あなたは、また、あなたの弁護士と自由に話すことができます。しかしながら、医師は※ヒポクラテスの誓いに違反しています。それは、医師は信頼に基づき、あなたのことを何事も明らかにしない、そう説明しています。

たとえば、親は健康診断に6ケ月の子供を医者につれていくと仮定します。医師は両親に、子供のワクチン接種の履歴について質問します。その親である彼女は、その会話が、特権で機密にされていることを信じて、子供が予防接種をしていないことを認めます。医師は、親に反対して、この情報を法的に倫理的に使用することができますか?いいえ、できないはずです。しかし、一部の医師は、子供が予防接種を受けていないことを聞くと、“育児放棄”だとして、社会福祉サービスに連絡すると脅します。また、生命保険会社と機密医療記録を共有しています。私の課題は、両親が最初から、選択出来る事を尊重することです。それは、医師が家族のために意思決定する権利を持っていないということ認識に基づいている。

我々の義務は選択肢を広げ、家族に最後の言葉を持たせることです。その医療を受けるとき、ワクチンをするかどうかー毎年の健康診断、マンモグラフィ検診、パパニコロウ試験―家族は正しく決めなければならない。私たちの考えはそこにはなく、私たちの信念は崩れ、誰かの喉元につきつけられる。それだからといって、私たちが医師(のような判断)になる理由にはなりません。
※自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。

15年ほど前、私は無料の公開セミナーを始めました。ひとつは、自宅出産のセミナーそして、もうひとつは、ワクチンのセミナーです。その自宅出産セミナーに130人から140人集まりました。ワクチンセミナーには50人から60人集まりました。私たちのセミナーには通常、10から15人の妊娠した女性がいました。多くの彼女らは私たちと自宅で赤ちゃんを待つことになるでしょう。

しかしながら、時がたつにつれて、自宅出産セミナーでの交流は少なくなり、そして多くの人がー100、120,140人―がワクチン(の話)セミナーに参加するようになった。最後の10年では、私たちは、妊娠中の女性と同じ数の人がワクチンセミナーに来たが、数少ない女性が、自宅で赤ちゃんを待つ事を選んでいる。私たちのところ誰か、彼らの子供に予防接種をしないで下さいと何千もの家族がきた。多くの場合、彼らはこう尋ねます。“私はどのようにすれば病院でB型肝炎ワクチン接種を回避できるでしょうか?”私の答えはいつも同じです。“自宅で出産して下さい。”


私は、全国各地で数多くのセミナーを行います。年に2,3回、私はラレッシュリーグ(母乳育児を推進する組織)で時々基調講演を行っています。彼らはいつも私に同じ話題を投げかけた。“ぜん息と母乳の関係”母乳で育ち成長した多くの子供、私はそれを理解できなかったため本当に動揺した。これらには、独占的に子守りをする女性がいました。何故、そのように喘息が流行したのですか?

その時、私はオーストラリアの小規模な研究論文を読んだ。それが何なのかを見てください。赤ちゃんは4つのグループに分けられた。母乳と人工乳、ワクチン接種とワクチン接種なし。研究者たちは呼吸器疾患を見つけました。呼吸器疾患が最も悪かったのは、人工乳とワクチンを接種したグループだった。それは予期していたものでした。呼吸器疾患が次に悪かったグループは人工乳とワクチンを接種していないグループ。予想外のことだった。私は、突然、はっきりと理解しました。私が、ラレッシュリーグ会議で講演しているとき、喘息の子供を持つ母親が全国から来ていました。私は、どのくらいの子供が予防接種を受けていたのか質問した。100%例外なく予防接種を受けていた。

1973年以来、私たちの医療である、家庭在宅サービスは、最小限の予防接種を受けているかまたはすべてのワクチンを接種していない、35000人以上の子供たちのケアをした。数年前、集団接種における自閉症に関する研究を行うために、良く知られている医者が私を訪ねてきた。これははじめてのことだった。

私は実際に容姿をみて、そして驚きました。私たちのワクチンの集団接種では、自閉症のいかなる例も、実際に持っていなかった。私は先入観を持っていたということではありませんでした。

これは実際に何が起こっていたのかを振り返って見たということです。我々が20年前のいくつかワクチンを接種した時の記録を分析しても、―すくなくとも6ケ月まで発症していなかったーそこには自閉症はなかったのだ。また、事実上、私たちのワクチン未接種の子供には、喘息も、アレルギーも、呼吸器疾患も糖尿病も無いことが、国内の発生率と比較してその証拠を明らかにしている。

2010.11.17
クリックすると元のサイズで表示します
0

She was born in this house〜好きな人の家  水彩画

かみさんの実家(長崎)です。

色を考えています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

都城市立美術館  水彩画

都城市立美術館

「セザンヌ、ピカソから現代まで展」国立国際美術館の名作
http://www.geocities.co.jp/mcma2010/index.html

を、先日(土曜日)子供たちの絵画教室で観に行った。都城のこの田舎に、セザンヌ、ピカソなんて信じられないことだが、都城ではあまり盛り上がっていない。ここは文化的には非常に低いところである。仕方が無い。もう2度とこのような展覧会は無いだろうなと思う。

教科書に載っているような名画が展示してある。ピカソの本物は初めて見た。

面白かったのは、マルセル・デュシャンである。この人は何でもありで、芸術の枠をやぶった。この人の作品を見ていると、なんだか、芸術家ぶっている人が滑稽にも見えるし、痛快な感じもする。どんなものでも、名前をかけば、作品になるとして、便器に名前を書いて展覧会に出品して展示したのはちょっと考えられないが、それもありなんだろうね。それを認めた審査員も面白い。芸術とは、作品の優劣だけではなく、その場の”空気”を作り出すことなんだと思った。

有名な画家の絵でも、デッサンを故意に崩して、顔などはものすごくいい加減に描いてるのもある。正直、額に入って(サインが)いなければ、絶対、駄作ではないかと思うが、評価されて美術史に残っている。

”芸術は自由だ”

絵画教室の黒木周http://www.gallery-closet.jp/archives/000327.html画伯(版画家)の解説つきでぜいたくな内容だった。

都城の人、12月5日までしか見れないよ。多分もう2度と。興味があれば是非行ってみてください。
1

日本って  社会

ヤバいな。総理大臣が内向的なのは不幸以外の何ものでもない。そのへんの集まりではいいけど、サミットでこれはないよね。

本当に日本はダメになる。総理大臣になる人は、考えた方がいいよね。

ため息がでるほど情けない。

英語の勉強でもするか・・・。

菅首相の「外交嫌い」 サミットでの恐怖体験が発端との説

http://netateki.blog46.fc2.com/blog-entry-3335.html


僕は、学校で、哲学を教えて議論すべきだと思うよ。”生きるとは何か”とか。

そうしないと、なんとなく仕事して、損得ばかり考える大人になる。不幸な国だね。文部科学省の官僚がダメなんだろう。教育行政をやり直せ。と僕は言いたい。コミュニケーションができる大人を是非育てるべきだ。

もう手遅れ、末期的症状かもしれません。これは、みなさんが選択したこと。僕は選択していない。

日本はB層が支配している。たくさんのB層と少数のエリートを作るのが国の方針だったが、見事なB層を作り上げた。そして、政治家がB層の顔色をうかがいながら衆愚政治をはじめた。愚かだな。
3

国家破産以後の世界  社会


クリックすると元のサイズで表示します

「国家破産以後の世界」  藤井厳喜著 光文社 http://www.gemki-fujii.com/blog/

の本を読んだ。

彼によると、すでに日本国家は破産しているとのこと。あとは、心理ゲーム。いつ国民が本当にそのことを受け入れるか。それだけである。という。

考えてみると、私の地元でも、大手の建設会社が倒産した。倒産の理由は、危ないという風評被害であった。そのため、手形が使えなくなり、現金で取引しなければならなくなり、その一時的な多額のお金が支払えず倒産に追い込まれた。まさに、心理ゲーム。このことを考えると、倒産寸前でも、そのような風評被害が無く、経営者がうまく立ち回っている場合は、破産しているにもかかわらず、破産を認めず、ずるずると負債だけが大きくなり、ある日突然。莫大な負債を抱えて倒産ということになる。

この場合、日本は後者だろうか?

日本国民が、本当に日本が破産すると思ったとき、銀行に金を引き出しに行っても、そこには引き出すべきお金が無いことに気づく。そのとき、破産が明らかになる。実際、銀行にはあなたが預けたお金は無い。どっかの誰かが使っている。あると思っているだけなのだ。


藤井氏にによると、破産は避けられず。破産した後の、シナリオは3つあるという。

@アメリカの「経済植民地」になる。
A中国の「属国」になる。
B海洋アジアの小国として、台湾、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシアとひとつの経済・文化圏を築く。


@は一番可能性が高い。がすでにそうなっているのかもしれない。僕など、いっそのことアメリカ人になり、アメリカの州の一部に入り、選挙でアメリカを乗っ取るのもひとつの手ではと思うが(そうすればアメリカの人口の3分の1は日本人が占めることになる)、そんなバカなことはおこらない。

Aは一番避けたいケースである。共産国に取り込まれ、チベットやウィグルのように迫害されたり、自由を奪われるのはごめんだ。

一番ベストな選択肢は、筆者が言うように、Bだと思う。筆者は、海洋アジアの国々と日本人は親和性が高いと言う。彼は、中国や韓国などの大陸に行くと緊張するが、海洋アジアの国々は緊張しなくてすむと言っている。確かにそうかもしれない。韓国人、中国人は日本人に”似て非なるもの”のように思う。思考が違うのに、見た目が中途半端に似ているので誤解が生じる。


藤井氏は、破産を避けることはできないと断言している。ここ数年で破産する。しかし、破産を避けることができる可能性が2つあると言っている。

@日銀が、政府の発行する国債を無制限に必要なだけ引き取る。

A政府発行通貨を発行して、国債を償還するのみならず、内需を拡大する。

いずれも、可能性があるが、実現性は低い。理屈の上では出来るが実際は、ほとんど不可能。


以前読んだ「餓死迫る日本」小池松次氏の本も絶望的だった。
http://www.youtube.com/watch?v=NR_a8fW3Fjc

火の起こし方、食べられる植物、動物の採取、狩猟の仕方。水の確保。野性的でタフな人間が生き残る。

国家破産。さて、勉強よりサバイバルですな。さいとうたかおの「サバイバル」でも読むか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%AB_(%E6%BC%AB%E7%94%BB)
1

インフルエンザワクチンキャンペーン カクテルパーティが始まる  医学情報

今年も、インフルエンザワクチン接種の時期がやってきた、秋田では高齢の入院患者6人が、インフルエンザの集団感染で亡くなった。いずれも、ワクチン接種は行っていた。

今年のインフルエンザキャンペーンは早めに始まったようだ。みのもんたも恐怖心を煽り、予防接種を呼びかけていた。

今年は、豚インフルエンザ(新型)ワクチンを混ぜた、カクテルワクチンである。豚インフルエンザとは、通常の風邪よりか弱い超弱毒性のウイルスであることは判明しているが、今年のワクチンを接種すれば、自動的に新型も接種されるという仕組みになっている。うまいことやっている。

言うまでもなく、僕は受けないし家族も受けない。任意接種なので自由なのだ。

皆さんも、自由に選択ください。

でも、なんだか受けないといけない(迷惑だ)という、人をいじめる無知な善人がいるので困ったもんですね。

2




AutoPage最新お知らせ