ワクチンを接種するより  口蹄疫

 予防にMMSは使えると思うが、人間と違って、大きいので、コストがかかることが分かった。しかし、治療には使える。おそらく、治せる(絶対とは言わないが)と思う。でも、感染したら殺処分と決まっている。ここにも使えない。

 感染の拡散に防止にはどうだろうか?ワクチンを接種するより、口蹄疫を治せるかもしれないMMSを静脈注射した方が、感染防止につながるのではないだろうか?

 残念ながら治っても殺されるのだが、ウィルスも殺せる。ワクチン接種をしなくてはいけない状況でも、ワクチンは効果がでるのに数週間かかる。ワクチン接種と一緒に、効果の早いMMSを静脈注射すればいい。静脈注射なら、MMSの使用量も少なくて済む。水泡のある部分はスプレーすればよい。ワクチン摂取を行うのは、獣医さんだろうから、獣医さんの協力がいる。となると、行政で行わないと出来ないことになる。大体、獣医さん以外静脈注射は出来ないし、感染牛に近づけない。

となると、結局のところ、無理か・・・。


もちろん、爆発的に感染が広まり、殺処分が間に合わない場合のことであるが・・・。

知識がある人が、いないので困ったものだ。宮崎で、このことを僕しか知らないのだろうか?不思議?

1




AutoPage最新お知らせ