インフルエンザ2010年4月9日の記事  インフルエンザ

誤訳があるかもしれません。

元の記事http://health.msn.com/health-topics/cold-and-flu/articlepage.aspx?cp-documentid=100256716

New Study Finds ‘Regular’ Flu Shots Were Associated With An Almost 70% Increased Risk of Getting H1N1 in 2009

新たな見解:正規のインフルエンザ予防接種が、2009年の新型インフルエンザに罹患する確率を70%増加させる

April 9, 2010 by AshleyJordan235
Filed under Featured Stories, Health
2 Comments
(HealthDay News) The traditional seasonal flu vaccine may have increased the risk of infection with pandemic H1N1 swine flu, according to the results of four new studies by Canadian researchers.

従来の季節性インフルエンザワクチンが、世界的に流行している豚インフルエンザに感染する危険性を増やしているかもしれない。カナダの研究者による4つの研究の結果によると、


In one study, the researchers used an ongoing sentinel monitoring system to assess the frequency of prior vaccination with the seasonal flu vaccine in people diagnosed with H1N1 swine flu in 2009 compared to people without swine flu. The researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 68 percent increased risk of getting swine flu.

ひとつの研究は、研究者は、2009年に発生した豚インフルエンザでないインフルエンザと豚インフルエンザとを、リンパ球監視システムを使用して、予防接種による発生率を評価した。その研究者は、季節性のインフルエンザワクチンは豚インフルエンザに感染する危険性を68%増加させると関連付けた。

The other three studies included additional case-control investigations in Ontario and Quebec, as well as a transmission study in 47 Quebec households that were hit with swine flu. In these studies, the researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 1.4- to 5.0-times greater risk of having swine flu.

他の3つの研究は、オンタリオ州とケベック州の追加の症例対象調査を含み、ケベック州の豚インフルエンザに見舞われたケベック州の47世帯も同じように伝えられた。
これら研究により、研究者は、季節性のインフルエンザワクチンは豚インフルエンザに感染するリスクを1.4〜5倍にすることと関連していることを発見した。

The studies, published April 6 in the online journal PLoS Medicine, don’t show whether there is a true cause-and-effect relationship between seasonal flu vaccination and subsequent swine flu illness, or whether the association was possibly due to a common factor among the people in the study, said principal investigator Danuta Skowronski, of the British Columbia Center for Disease Control in Vancouver, and colleagues.

この研究は、4月6日にオンラインジャーナルPLoS Medicineに公開され、季節性インフルエンザワクチンとその後の豚インフルエンザとの間に因果関係があるかどうか、また、その人々の間に共通の因子があるのか、は明示されていません。と、ブリティッシュコロンビア州疾病管理センターの主任調査官であるDanuta Skowronskiとその同僚は言った。

However, the findings may raise questions about the biological interactions between pre-existing and new pandemic influenza strains.
The researchers noted that the World Health Organization has recommended that protection against pandemic swine flu be included in future seasonal flu vaccines. This will provide direct protection against pandemic swine flu and eliminate any risk that may have been due to the 2009 seasonal vaccine, which did not include protection against swine flu.

しかしながら、この研究の結果は、従来のインフルエンザと世界的流行の新型インフルエンザとの間の生物学的相互作用について問題を提起しました。その研究者は指摘しています。豚インフルエンザに対する防御は、今後の季節性インフルエンザに含まれているので、世界保健機構は推奨していると。流行の豚インフルエンザに対する防御を直接提供しすべて危険を排除できる可能性があるからです。これは、2009年の季節性インフルエンザワクチンには、どの豚インフルエンザに対する防御も含まれていません。

Article Posted Here:
http://health.msn.com/health-topics/cold-and-flu/articlepage.aspx?cp-documentid=100256716

マイクロソフト社のニュース記事から抜粋
Did 'Regular' Flu Shot Up Risks for H1N1 Flu?

従来のインフルエンザワクチンが新型インフルエンザの感染リスクを高める?

Those who got seasonal vaccine were at higher risk, study found, but that shouldn't affect immunization next season
-- Robert Preidt

それらの季節性インフルエンザワクチンの危険性が高いことがわかった。しかし、それは、来年の予防接種には影響するべきではありあません。
以下同文

TUESDAY, April 6 (HealthDay News) The traditional seasonal flu vaccine may have increased the risk of infection with pandemic H1N1 swine flu, according to the results of four new studies by Canadian researchers.
In one study, the researchers used an ongoing sentinel monitoring system to assess the frequency of prior vaccination with the seasonal flu vaccine in people diagnosed with H1N1 swine flu in 2009 compared to people without swine flu. The researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 68 percent increased risk of getting swine flu.
The other three studies included additional case-control investigations in Ontario and Quebec, as well as a transmission study in 47 Quebec households that were hit with swine flu. In these studies, the researchers found that seasonal flu vaccination was associated with a 1.4- to 5.0-times greater risk of having swine flu.
The studies, published April 6 in the online journal PLoS Medicine, don't show whether there is a true cause-and-effect relationship between seasonal flu vaccination and subsequent swine flu illness, or whether the association was possibly due to a common factor among the people in the study, said principal investigator Danuta Skowronski, of the British Columbia Center for Disease Control in Vancouver, and colleagues.
However, the findings may raise questions about the biological interactions between pre-existing and new pandemic influenza strains.
The researchers noted that the World Health Organization has recommended that protection against pandemic swine flu be included in future seasonal flu vaccines. This will provide direct protection against pandemic swine flu and eliminate any risk that may have been due to the 2009 seasonal vaccine, which did not include protection against swine flu.
More information
The U.S. Centers for Disease Control and Prevention has more about the H1N1 flu.
SOURCE: Public Library of Science, news release, April 6, 2010
Copyright @2010 HealthDay. All Rights Reserved.
3

二酸化塩素および次亜塩素酸の安全性について  口蹄疫

二酸化塩素および次亜塩素酸が効果があることは周知の事実です。MMSやMMS2を知らなくても知識があればピンとくるはずです。大学教授も、獣医もみんな知っているはずです。知ってても言わないのがこの社会です。もし、本当にその重要な事実に気づいていないならば、SFみたいですが、洗脳されている人が大勢いるということです。 言わない人は、自分の利益に反するので黙っているのです。

驚くべきことですが、事実です。


二酸化塩素および次亜塩素酸のページです。安全性について記載されています。見てみてください。洗脳されていなければ、この一般的な情報をみて、ピンと来るはずです。一般の企業や、企業にデータを提供している学者は知っているのです。

二酸化塩素について

http://www005.upp.so-net.ne.jp/wanatra/Nw3/25disinfection.htm

二酸化塩素の消毒剤としての特徴は、
(1).塩素消毒に比較し、トリハロメタンが生成しにくいこと。
(2).消毒力や酸化力が塩素より強力であり、したがって水中の鉄やマンガンの酸化、除去にも使用出来ること。
(3).水中のアンモニア性窒素と反応しないこと。
(4).消毒副生成物として、亜塩素酸イオン、塩素酸イオンなどの無機塩素酸化物が生成すること。
などが挙げられます。

タクミナ
http://www.tacmina.co.jp/oyakudati/yougo_hourei/clo2.html

二酸化塩素除菌(ウイルス)の仕組み 大幸薬品
http://www.seirogan.co.jp/products/eisei/mechanism/mechanism.html

セイバー社
http://www.technicon.jp/page025.html

次亜塩素酸

医療法人 メディアブログ
http://mediaweb.blog97.fc2.com/blog-entry-201.html

当院では、診療所の水に次亜塩素酸水を活用しております。 
口腔内の歯周病菌と虫歯菌の破壊対策になる為、次亜塩素酸水を活用しています。
この、殺菌水は本来白血球が白血球自身の中で作り細菌を破壊している水です。人類が誕生した時より生体から作られているものですから安全性が高く、殺菌力はほとんどの菌に効くのです。
すごい。。。
血液中で次亜塩素酸が 発生しているという事は、意外と知られておりません。
活性酸素が体内に侵入した細菌などの異物を分解していると言われていますが、実際は次亜塩素酸に変化した形で働いているのです。
と言うのは、好中球には「ミエロパーオキシターゼ」という酵素が大量に存在し、活性酸素の一種である過酸化水素を塩素イオンと反応させ、次亜塩素酸を作り出すからです。
好中球がこの次亜塩素酸を精製させるのは「安全に除菌するため」なのです。
生命は、数億年にかけて、この次亜塩素酸により除菌を安全に行っていたのです。

次亜塩素酸水の安全性 シバタ
http://www.shibata-corp.co.jp/Disolva/safety.html

次亜塩素水販売 潟uロードリング
 http://www.jiasui.net/

本当に不思議な世の中ですね。http://jimhumble.biz/index.htm
3

口蹄疫についての情報  口蹄疫

東国原知事や行政には、口蹄疫についての情報が多数寄せられているよだ。その中には、口蹄疫は治せる。という情報も多いようだが、きっと僕の情報もその中に埋もれているのだろう。

彼は、ブログhttp://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10560078572.htmlの中でこう言っている。

完璧な防疫措置というのは、県内外の一切の人・モノ・車等の動きを完全にストップさせ、つまり地域住民全体の通常生活・機能を一定期間完全停止させ、地域の虫や小動物、鳥類、野生動物等を全て駆除し、畜舎や農家を完全密閉し、疑似患畜・患畜・ワクチン接種対象家畜全てを一瞬で殺処分し埋却することだろう。或いは、”ウィルスそのものを一瞬にして完璧に撲滅出来る薬(ワクチン)を発明・開発することだろう”。しかし、どれも現実的には不可能である。

、”ウィルスそのものを一瞬にして完璧に撲滅出来る薬(ワクチン)を発明・開発することだろう”。しかし、どれも現実的には不可能である。

是非、取り組んで頂きたい。

僕の情報が、他の情報と違うところは、その確実性の高さの置いて一線を画していると思う。

わかる人がその情報を読めば、瞬時にその重要性に気づくはずだが、そこまで至っても、硬直化した行政や法律の壁に阻まれて、絶対に無理だと思う。今後、是非、研究してください。http://jimhumble.biz/index.htm

それと、なぜ、焼却処分しないのかと疑問に思っていたが、ツイッターで東国原知事が述べていた。移動性制限があるので、焼却炉まで運べないとのことだった。焼却した方が、そのあとはまったく無害になるのでいいのにできないんですね。

それに、その場で燃やせば、燃焼温度が低くて、ダイオキシンが発生してしまうので出来ないとのことです。ダイオキシンはそんなに危ない物質ではないですが、量が多いと危ない。やっぱり無理なんですね。埋めるのは、あとが心配(土壌や、水)ですね。これも仕方が無いのでしょうか?

もう発生しないことを願います。
1

第4期の進行癌の治療法  MMS

まだ、お会いしたことはありませんが、つとむさんの訳文です。英語が出来るのはうらやましい。がんばります。

ADVANCED STAGE IV CANCER PROTOCOL
http://jimhumble.biz/biz-cancer-stage4.htm
第4期の進行癌の治療法


This is an intense program that often works on cancer at any stage, and has worked for Stage IV cancers. It is the best I know at this time for advanced cancers. I have used it quite a few times on people here in Africa and also for two years in Mexico.

この強力なプログラムはどの期の癌にも通常効果がありますし、4期の癌にも効いています。現状で私の知る限り進行癌に対しては最良のやり方です。今私がいるアフリカでも、メキシコでも二年間この方法を使っていました。


Begin with taking one drop of MMS each hour for at least 10 hours a day. The drop, of course, must be activated with 5 drops of lemon juice or 10% citric acid. You wait 3 minutes and then add 1/3 glass of water or juice and drink that. Do this every hour for 10 hours straight each day.

まず最初に一滴のMMSを毎時間、最低一日10時間摂ります。その一滴は、もちろん、5滴のレモンジュースまたは10%のクエン酸で活性化し、3分経過した後、グラスの3分の1の水を加えるか、ジュースを加えて飲みます。これを毎時間、毎日10時間連続で行います。

However, one drop is not enough, that is just to get you started. Once you determine that you can tolerate that one drop, go to two drops each hour Two drops is activated with 10 drops of lemon or citric. The one juice you must not use is orange juice. And forego use of vitamin C
while using this method.

しかしながら、一滴では十分ではありません、これは単純に最初始めるときはそうして下さいという話しです。自分がその一滴に耐えられることがわかったときは、毎時二滴ずつにします。二滴には10滴のレモンまたはクエン酸です。
オレンジジュースだけは使用しないで下さい。またビタミンCは同時には飲まないで下さい。

You can increase up to 8 or even 10 drops of MMS1 each hour, however that is a lot, and most people will become nauseous and not tolerate that much until the cancer is completely gone. Place the activated mix in at least 3/4 glass of water - or more. That way you can not taste the MMS, or very little. Drink it.

毎時8-10滴までMMS1を増やすこともできますが、しかしながら、これはかなりの量になりますので、癌が完全に治癒するまではそのような大量には通常たいていの人は耐えられないでしょう、吐き気もしてくると思います。(訳注:吐き気がしたらMMSはそれ以上飲まないのが基本的ルールなので注意!)活性化させた混合物を最低カップ4分の3以上の水に入れて下さい。そのようにすればMMSは味がしないので、または、味が少ないです。そうして飲んで下さい。

Now the next step is a little hard for some people, but if you want a result it is needed. You must take MMS2 capsules at least 4 times a day at first and then increase to 6 or more times a day. Actually start slowly as with everything. MMS2 is hypochlorous acid, the same acid that the human immune system uses to kill things with. At the time of this writing, you can order it by sending an email to
sales@Mineral-Solutions.net and he will ship 60 capsules per bottle to you.

そして次のステップですが、少し無理だと思う人もいるかもしれませんが、結果を出したい人には必要な方法です。MMS2のカプセルを一日最低4回、そして、一日6回かそれ以上の回数増やしながら摂る必要があります。実際には、すべてのことはゆっくりと始めていって下さい。MMS2とは次亜塩素酸で、同じ酸は、人の免疫システムがいろいろな物を殺すときに使っているものです。この文章を書いている時点では、sales@Mineral-Solutions.net に電子メールを送ると1ボトル60カプセル入りのものを彼に送ってもらえます。

The immune system simply cannot make enough of this chemical to kill a cancer, but you can furnish it with these capsules. It's the very same thing your immune system uses. This acid is generated by the chemical called calcium hypochlorite.

免疫システムは単純に癌を殺しきれるほどのこの化学物質を作り出すことができません、しかし、あなたはこのカプセルでそれを助ける事ができます。これはあなたの免疫システムが使っているものとまさに同じものです。この酸は次亜塩素酸カルシウムと呼ばれる物質から作り出されます。


You could make your own capsules but scooping this chemical into a size zero gel capsule. Cap it and take a capsule 4 times a day with 2 hours separating each capsule, but go slow. This data is explained on my web site jimhumble.biz under the MMS2 menu item.

0サイズのカプセルにこの化学物質を詰めるだけで自分で同じものを作ることもできます。カプセルのふたを閉めて、一日4回、カプセルとカプセルを飲む間は2時間開けながら、でもゆっくりと始めて下さい。これのデータはjimhumble.bizと言う私のサイトのMMS2のメニューの項目をたどると説明されています。


If you doubt my word about this acid being used by the immune system go to Google and search for "hypochlorous acid and the immune system." You will get dozens or hundreds of sites telling you about it being used by the immune system. However, I am the only one who suggests that you take it by mouth. I have been taking it for 4 years, and hundreds of people I have sent it to have been taking it aswell.

もしも、私の免疫系にこの酸が使われている話を疑っているなら、グーグルで "hypochlorous acid and the immune system."(訳注:日本語で検索するなら「次亜塩素酸 白血球」など)と検索して見て下さい。免疫系にそれが利用されているという記述がある何十何百ものサイトが出てくるでしょう。しかしながら、それを口から摂るように助言しているのは私だけです。私自身もこれを4年間摂ってますし、私がそれを送った何百人もの人たちはそれを口から摂ってみたわけですが。

Actually it is perfectly logical to take it; only people who sell drugs would want you to not take it, because it will cure you whereas the drugs will not.

実際、それを摂ってみることは全く論理的なことです。薬を売っている人たちだけが皆さんにそれを摂ったりして欲しくないと思っているだけです、なぜなら、薬でも治せない病気がそれで治ってしまうから。

OK, so now you have the two things that you must take to kill your cancer and this is how you must go about killing the cancer. You must saturate your body with MMS1 and MMS2 to the point of killing the cancer quickly, but not so quickly that it makes you sicker than you already are. Killing the cancer too quickly can kill you, so go slow. You must take as much as you can without getting sick (nausea).

というわけで、今ここにはあなたの癌を殺すためにあなたが摂るべき二つの物があり、その癌を殺すためにはどのようにやっていけばいいかというと。あなたは自分の体をMMS1とMMS2で、癌を素早く殺せるポイントまで飽和させます。
しかし、今現在あなたが病気(気分が悪い)であるポイント以上に病気に(気分が悪く)なるほど急速にではないです。癌を殺すスピードが速すぎるとあなたが死んでしまうことがあります。ですから、ゆっくりやって下さい。吐き気を起こさない限界のところまでの多めの量を摂る必要があります。

It is a balancing act. Increase your doses until you notice nausea, or vomiting, or diarrhea, or all three. Then stop the intake of MMS1 and 2 until the nausea passes, and start again immediately, but reduce the dose of both MMS1 and 2. You should notice the cancer getting better (smaller or less pain) very soon, or maybe just not getting worse).
However, do not remain taking a reduced dosage. After several hours taking a reduced dose that does not make you feel worse, then begin slowly increasing again. Soon you will get the hang of the balancing act.

これはいかにバランスを取っていくかという話になります。摂取量を吐き気、嘔吐、下痢のいずれか、またはそれが同時に起こるかもしれませんが、その限界まで増やしてください。その時点で、吐き気が無くなるまでMMS1、MMS2を飲むのをやめて下さい、それから、再度摂り始めますが、MMS1、2の摂取量は減らして下さい。すぐに、癌が縮小するか痛みが少なくなって来るのに気づくと思います、または、単純にそれ以上悪くはなってこないことに気づくと思います。しかしながら、そのまま減少させた摂取量で続けないでください。数時間、そのより体調をより悪くさせないレベルの減少させた摂取量で続けた後は、ゆっくりと再度増やし始めて下さい。じきにバランスの摂り方のコツがつかめてくると思います。

The minute you feel that nausea is starting, or something else is feeling bad, reduce your dosage or at least do not increase. This goes for both MMS1 and 2. With MMS2 you can reduce the dosage by opening the capsule and dumping part of the powder out. Generally once you are taking a full capsule, you would increase the dose merely by increasing the frequency that you take a capsule. Don't take more than one capsule at one time.

吐き気が始まった瞬間に、または、何か別の症状が出てきてしまったら、直ちに摂取量を減らして下さい、少なくともそれ以上量を増やさないようにして下さい。 MMS1でもMMS2でもこれは同じ事です。MMS2の場合、摂取量を減らすにはカプセルを開いてその中の粉の一部を捨ててしまえば良いだけです。通常一錠をまるまる摂取するようになった後は、カプセルを摂取する回数を増やすしか、摂取量を増やす為の方法がありませんが、一回には決して一錠より多くは摂取しないようにして下さい。

The reason that you would get sick at all is that the MMS is killing cancer and other pathogens faster than your elimination system can clear the blood and make the debris exit. The killed cells dump poison into your system. So called "dirty blood" can cause headaches and nausea. Any other diseases that might be present in your body that are also being killed will be dumping poisons into your body and the body must carrying those poisons off.

そもそも、気分が悪くなるのはMMSが癌やその他の病原体をあなたの血液の浄化システムが血を浄化するスピードや老廃物を排泄するスピードよりも速いスピードで殺してしまうことが理由です。殺された細胞は毒をあなたの体内に捨てます。俗に「汚れた血」と呼ばれているものが頭痛や吐き気を生じさせます。
その他にあなたが持っているかもしれない病気によって死んだものもあなたの体 に毒を出しますが、体はその毒も処理しなくてはいけません。

Everyone differs in the efficiency of their elimination systems, and in the heavy toxic load they have been carrying that may have caused the cancer. Therefore no one can state that nausea will occur on day two or day ten. When overloaded with debris in the blood, you must slow down the doses of both MMS1 and MMS2, allowing the blood to clear. Gradually this nausea-barrier will improve.

個人個人でその浄化システムの効率は違っていますし、それぞれ癌の原因になったかもしれない重金属系の有毒物質を持っている量も違います。
ですから、1日目、2日目、10日目には吐き気が起こって来て、などと予想する事もできません。血液が老廃物であふれている場合は、血液の浄化が進むまで、MMS1、MMS2共に摂取量を減らす必要があります。じきに、この吐き気から来る障害は無くなっていくはずです。

Keep in mind that both MMS1 and MMS2 are chemicals that the human immune system has been using for hundreds of thousands of years. That isn't something I have thought up. There are thousands of research papers that explain that and it has been known data for more than 50 years if not longer than that.

覚えておいて欲しいのは、MMS1とMMS2は何十万年ものあいだ人間の免疫系が使って来た化学物質であると言う事です。何か私が思いついたものではありません。
何千もの論文でそれは説明されているし、最低50年以上前からわかっていたことです。

It's probably pretty hard to understand why medical people haven't been using those two chemicals to enhance the immune system for at least 50 years, but they never have. Amazing. The name of the chemical is calcium hypochlorite. Don't use any other chemical. Of course it would be nice if we had pharmaceutical grade chemicals to put in our gel capsules, but we have swimming pool grade chemicals and the manufacturers of these chemicals must maintain a fairly pure chemical or they would be poisoning swimmers.

医療関係者が過去最低50年間これら二つの免疫系を活性化させる化学物質を使ってこなかったのはなぜかを理解するのはかなり難しいかもしれませんが、実際かれらは使ってきませんでした。驚くべき事です。化学物質の名前は「次亜塩素酸カルシウム」です。その他の物質を使わないで下さい。もちろん、薬品グレードの化学物質をゲルのカプセルに入れることができると良いですが、私たちに手に入るのは、水泳プール用の化学物質ですが、この物質の生産者たちは、物質の純度には、水泳をする人に毒にならない様にするために気を遣っているはずです

The fact is, I have checked the quality of swimming pool chemicals and there is no poisonous chemicals used and the trace chemicals are all at a limit below what is suggested that your system can tolerate from the amount that you will be ingesting in my protocol.

実際、これらの水泳プール用の化学物質の品質をチェックしてみましたが、有毒な物質は全く使われておらず、含まれる微量の不純物の量もすべて、私が飲み方の中で勧めている摂取量では、人間に有毒にならない為に推奨されているレベル以下です。


So read through this protocol about 10 times, go to my web site jimhumble.biz and get the data to make the MMS2 capsules if you are not already proficient in this sort of thing. Do it for yourself or someone else.

ですから、こういうことに慣れてない人は、10回はこの飲み方を読み返して、jimhumble.bizという私のサイトにも行き、MMS2カプセルの作り方の情報を入手してください。自分自身のためまたは誰かのためにそうして下さい。

In my opinion and from the people I have already seen recover or at least get a lot better, you have a better than 90% chance of recovery if you have a stage IV cancer. If you go the medical route, according to The American Cancer Society your have less than a 3% chance of recovery.

私の自身の意見では、または、私が見たすでに回復した人、または、少なくとも かなり良くなった人の例から言って、第4期の癌でもあなたには90%以上の回 復の可能性があります。通常の医療を通じては、米国癌協会によるとあなたには3%以下の回復の見込みしかありません。

If melanoma or skin cancer is involved, please read the pages regarding Skin Care [ Here ]
もしも、メラノーマや皮膚癌に関しては、このページを読んで下さい。

If any of 23,000 skin diseases are involved, refer to the section regarding MMS tub baths. Note the pictures and list of skin diseases -
[ Here ]
二万三千の皮膚病に関してはMMSのお風呂での使用を見て下さい。
写真と皮膚病のページ


Jim humble

ジム・ハンブル
9

あのう・・・  口蹄疫

ひとこといいたんだけど、

口蹄疫は治せないと思っている人が多いけど、

例えば、ウィルスが強いとか弱いとか言うど、強毒性のインフルエンザは強いとか、エイズウィルスは怖いとか、弱毒性のインフルエンザだから大丈夫とか・・・。

もちろんこれは人間から見たときのことですね。

でも、ウイルス自体を比較したとき、どっちが強いとか弱いとかはありません。それは単なるウイルスです。

そして、二酸化塩素や次亜塩素酸から見たときに、こいつは強そうなウィルスだな効かないかもとか、こいつは弱そうなウイルスだなとかは関係ありません。

二酸化塩素や次亜塩素酸は、ウイルスを選びません。ほとんど(もちろん全部ではありませんが)、ほとんどすべてやっつけます。

そして、動物の免疫系はもともと、このシステム(二酸化塩素や次亜塩素酸)を利用しているので、正常な細胞や常在菌は破壊しません。

強いウイルスとか弱いウイルスなんていません。
1
タグ: ウイルス

ワクチンを接種するより  口蹄疫

 予防にMMSは使えると思うが、人間と違って、大きいので、コストがかかることが分かった。しかし、治療には使える。おそらく、治せる(絶対とは言わないが)と思う。でも、感染したら殺処分と決まっている。ここにも使えない。

 感染の拡散に防止にはどうだろうか?ワクチンを接種するより、口蹄疫を治せるかもしれないMMSを静脈注射した方が、感染防止につながるのではないだろうか?

 残念ながら治っても殺されるのだが、ウィルスも殺せる。ワクチン接種をしなくてはいけない状況でも、ワクチンは効果がでるのに数週間かかる。ワクチン接種と一緒に、効果の早いMMSを静脈注射すればいい。静脈注射なら、MMSの使用量も少なくて済む。水泡のある部分はスプレーすればよい。ワクチン摂取を行うのは、獣医さんだろうから、獣医さんの協力がいる。となると、行政で行わないと出来ないことになる。大体、獣医さん以外静脈注射は出来ないし、感染牛に近づけない。

となると、結局のところ、無理か・・・。


もちろん、爆発的に感染が広まり、殺処分が間に合わない場合のことであるが・・・。

知識がある人が、いないので困ったものだ。宮崎で、このことを僕しか知らないのだろうか?不思議?

1

MMS 牛の治療  口蹄疫

このような記述を見つけました。

原文はココ

http://www.mmsanswers.com/?cat=8

英語の勉強中なので、誤訳があるかもしれません。大体は伝わると思いますが・・・

Jun 04 2008
Is it OK to mix a dosage of MMS for my cattle and pour it over two handfuls of grain so that he eats it immediately?

活性化したMMSを2握りの穀物にふりかけると、牛はすぐに食べますか?

Posted by: admin in Animal Treatment, Dosage, Interactions, MMS General, tags: animal infections, cattle, Dosage, infections, spraying MMS
I have a head of cattle that has a bad infection on the back of it’s rear leg. It has swollen up pretty bad. His weight is about 1700-2000 lbs. I have been giving him 150 drops twice a day. The question is… Is it OK to mix up the MMS, wait the 3 minutes and then pour it over two handfuls of grain (feed) so that he eats it immediately? He then generally takes a nice big drink of water (about 5 gallons). Let me know what you think about this “pouring the MMS over a couple of hand fulls of grain”.

私は、牛の後ろ脚に悪い感染症があるので、牛の頭を持ちます。それは腫れてかなり悪いです。彼の体重は1700(765kg)から2000(900kg)ポンドあります。私は1日2回、150滴与えています。私の質問は、活性化したMMSを2握りの穀物にふりかけると、牛はすぐに食べますか?ということです。彼はその後、良質の水を約5ガロン飲みます。MMSを2握りの穀物に注ぐことについてあなたの意見を教えてください。

Dear Martin, I think it is best for you to give it to your cattle in the water. Remember, for animals give 3 drops of MMS for every 25 pounds of body weight. When mixing MMS, let say your cattle weights 1700 pounds, that would be 204 MMS drops with 1020 drops of citric acid, wait 3 minutes and pour that to the animal’s water. The cattle can drink it throughout the day. What you can also do is spray some in its infected area. To do this, take a 2 oz bottle, add 20 drops of MMS, mix it with 100 drops of citric acid, wait 3 minutes and pour it to the 2 oz bottle; add some water to that solution then spray the affected area. Let me know how everything goes. Visit www.miraclemineral.org for the book and DVD and www.jimhumble.com for more info.

こんにちは、マーチン、私は、あなたにとって、水でMMSを与える事がベストだと思います。思い出して下さい。動物には体重25ポンドに3滴でしたね。MMSを混合するとき、あなたは牛の体重は1700ポンドといいました。MMSは204滴でクエン酸(10%)は1020滴です(50%クエン酸の場合は204滴)3分間待って(50%の場合は15秒以上)、動物の水に注ぎます。牛は一日中それを飲むことができます。感染したところにスプレーすることもできます。これを行うには2オンス(56,7g)のボトルを準備します。20滴のMMS、100滴のクエン酸(50%クエン酸なら20滴)を加え、3分待って(50%なら15秒以上)2オンスのボトルに注ぎ入れます。水を加え、その液を感染したところにスプレーします。どのうように行ったか私に教えて下さい。

Keywords: cattle, animal infections, infections, spraying MMS, dosage
Comments Off
0




AutoPage最新お知らせ