正しいとは何か?  メンタル

 今日、ある人に諭された。君が言っていることは正しいと思う。でも世の中にはわからない人が多い。わからない人にいくらいってもわからない。わかる人にだけ言えばいい。

正しいことがすべてではない。

そんなことに捉われていてはいけない。自分で思っていればいい。わかる人にはわかっている。わからない人にはどうやってもわからない。それに捉われている君がおかしい。

もっと大きな視点で物事を考えないといけない。君が発信している情報は、正しいと思うが、みんなが理解できるものではない。でも、理解できる人にはすぐわかる。

わかっていても目の前の現象に捉われないことだ。それは大きなことに思えても、自然と解消する。君が何かをしようとする行為がおこがましいことだ。君がすべきことは、日常を淡々と生きていくことだ。それが一番大事なこと。一時的な感情に捉われてはいけない。

知っていることを知っていると言ってはいけない。知ってても言わないことが大事だ。と。

確かに、誰かが、言わないといけないという錯覚で、間違った道を進む人も多い。かといってそのまま黙っているのもどうかと思うが、一番大事なのは、目の前のことに捉われず、日々のことを淡々とこなすことであるのは間違いないと思う。

僕の間違いは(間違いではないのだが。ややこしい)誰も言う人がいないので、僕が言わなければと思った点である。本当におこがましいと思う。知ってて言わない人は、きっと、そしてもっと精神的に成長しているのだろう。(そんな人のことをなんで知っていて言わないの?と僕は言っていた)

口蹄疫は治せるし予防できる可能性が高い、そして方法までわかっている。という言葉は撤回するつもりもないし、うそではない。ただ、目の前の悲惨な現状を見て、なんとかなるし、何で誰も言わないの?と思い発言した僕が、本当におこがましく、精神的に未成熟だったのかもしれない。

別に誰かに抑えつけられてこのような発言をしているわけではない。たった一人の平凡な人間が世の中を変えようというのはおこがましいことなのだ。世の中は、僕が何かをしなくても自然に変わるのだ。僕は、目の前のことに捉われ、この自然観をすっかり忘れていた。

うすうす気づいてはいたが、誰かが言わなければという錯覚に捉われ、つい発言してしまった。このことで周りに協力してもらい、余計な力を使わせてしまった。ここで、お詫び申し上げたい。これで、僕のことをダメな奴だと思う人もいるかもしれないがそれはそれで仕方がないことだ。

まだまだ、自分の未熟さに恥じ入るばかりです。これは自己反省の文章です。もっと成長したいと思います。

ただ、ひとつ、僕は間違いは言っていません。検討すべきことは提起したとは思います。
ただ、僕が言わなくても良かったことではないかと思います。世の中がそうなっていないのだから・・・。僕はいつも自分の頭で考えて下さいと言っているが、その他大勢に従っている人が実は一番自然なのかもしれません。みなさん考えてみてください。

今回のことが間違っていたのか間違ってなかったのかは僕にもわかりません。ただ、おこがましい行動だったのではと、自分で反省している次第です。今後は、知っていても、言わず自然の摂理に従うだけの精神的度量を持ちたいと思います。


この文章で、言いたいことが伝わるかな???心配。本当に難しい問題だ。

目の前に広がる風景が悲惨でも、
”自然の摂理に従うだけの精神的度量を持ちたい”と思うけど、これって悟りの境地ではないか?悟ってしまえば仏様になるしかない。

ただ、人類が自然に従うという自然観を失ったことにより、いろんな解決不能な問題が、私たちの身の周りにふりかかっているのは間違いない。



○○さんからのメール

正しさは 立場を変えれば 間違いになる

例えば、牛や豚を助けたいと 本当に思う人は ○○さんの言ってる事を試してみたいと思う

しかし助けたくないと思ってる人達もいた場合は ○○さんの言ってる事聞きたくない。でも 「助けたくない」と言えないから 色々理由つけるだけ。

後悔したくないから 動く。しかし 拘る事により 自分に苦しみを作る事はしない。
後は 天にお任せする。
もしかしたら 牛や豚が 命はって 教えたかった事が あるのかもしれない。

僕から○○さんへ

まさにその通りですね。それに僕が宮崎を救ってはいけないことに気がつきました。僕はその立場にない。しかるべきことを経験して、そこから学び(治すことは学びが出来ないことにつながる)

    病気を治すことが必ずしもいいとは限らない。学ぶ機会を失うかもしれない。

そして、しかるべき人が、新たな指針を出す。知っていても安易な解決策を提示すべきではないと思う(時と場合と場所によるが・・・)

何か教えたかったことがあるのかもね。きっと立ち直って、もっと良い宮崎が出来る可能性がある。ピンチはまさに学びのチャンス。自殺率の高いこの宮崎が変わるチャンスかもしれない。

僕も少し学びました。
1

残念ながら  口蹄疫

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000401-yom-soci

予防していれば発症しなかった可能性があるのに本当に残念だ。


武田邦彦教授は孔子の言葉を引用して言っている。

「好直不好学其蔽也絞」

「真面目な人は、学を好まざれば、知識が不足している。とかく他人をいじめる」

つまり、「真面目な人で知識がないと、とかく他人をいじめる」

全くその通りだ。

自分で調べないで、新聞やテレビで言っている情報を真に受けて、批判する。そして自分が正しいことをしていると思っている。

僕は、必ず本当にそうか自分で調べる。場合によっては、自分の身体を実験に使う。真実は、新聞でもなくテレビでもなくインターネット(インターネットは嘘から本当まで書いてある。見分ける力が必要だ)でもなく、活字として印刷されている書籍にある。日本で比較的自由に発言できる媒体は、書籍であると思う。そして僕は、活字中毒者である。

大体、批難する人は調べもしないで批判する人が多い。そして、自分が正しいと思っている。

僕は、必ずしも、自分が正しいとは思っていない。常に、間違っているかもしれないという認識は持っている。でも、少なくともきちんと調べて発言している。

「真面目な人は、学を好まざれば、知識が不足している。とかく他人をいじめる」

もちろん、真面目にもいろいろある。僕も真面目な方だとおもうが・・・。


種牛49頭は、殺処分を免れないようだ。陰性なのにね。法律に特例は認められないということだろうが、本当に残念だ。

口蹄疫は治せるはずだ。法律が間違っているなら、今後のことを考えると、法律を変えないといけないと思う。今回のことで輸入肉が増えるとおもうが、気をつけてください。過去の問題は何ひとつ解決されていません。

”のど元過ぎれば熱さ忘れる”

野島医師が言っていたが、高カロリーの飼料はエネルギーは高いが、ミネラルが決定的に不足している。だから、免疫力が低下して、口蹄疫になる。飼料にミネラルを加えれば今回のようなことは起きないと。これには僕も賛同する。彼は、国に提言すると言っているが、一医師である。多分だめだろう。東大の教授が言わないと、たぶんダメ。

とりあえず、今のところ、法律の壁に遮られ、殺処分以外の選択肢は無いということだ。ただ、予防も有効な手段が出来ないのはなぜだろうか?やっぱり、鍼灸師という立場が軽んじられているのが現実だ。獣医さんぜひ、勉強して下さい。頭がいいのだから、多分すぐに理解できるはず。化学式も論文の掲載していますよ。http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/1.html

今後は、獣医師会、および大学で、口蹄疫のマニュアルを作ってください。今回は、日頃の研究の成果を持って活躍する機会でしたよ。東京の一医師が、治せると言っているのですよ。地方の一鍼灸師が治せると言っているのですよ。あなたたちはどうですか?


今回のことで、僕の通常のブログの記事が飛んでしまった。

城美会展http://happy.ap.teacup.com/applet/yosimaki/msgcate3/archive、ご来場いただいた皆様ありがとうございました。


口蹄疫の関係で、7月27日に予定されていた、都城市民大学での私の講演も10月に延期されました。詳しい日程はまたお知らせします。

がんばります。


○○さんへ

僕は、口蹄疫のない宮崎に必ず出来ると思います。
8

口蹄疫 緊急提言 続きの続き  口蹄疫

5月27日

野島医師は知事に会えなかったようだ。畜産農家と意見交換はしたようだが、法律の壁に阻まれて動けないと言っている。畜産農家の人も、牛や豚を助けたいと思っていても、法律に阻まれて出来ないということのようだ。これなら、どんなに有効な方法があっても、もはや無理だということだ。それがどんなに苦痛でも、その他、大勢に流された方が楽なんだろう。

野島医師はこれから東京に帰って、国に緊急提言するそうだ。流れに逆らうのは相当なエネルギーを必要とする。



5月26日

それにしても超ミネラル水高いなぁ〜。これに比べると、MMSはなんて良心的なんだろう。MMSもジムハンブルが商売を考えたら、今の50倍以上で売れるだろうね。ジムのマラリア撲滅のための考えに僕は賛同する。

野島先生の、超ミネラル水が使用されて、効果が確認できれば、それはそれでミラクルだけど・・・。野島先生は潰されるかもしれないですね。もっとも、僕はミラクルとは思っていない。それが自然の仕組みです。

ミラクルではなく、真実は、欲望の影に隠れている。みなさんは情報操作されていることに気づかないといけないのにね。


今回の件、医師の皆さん、獣医師の皆さんよく勉強して下さい。大学で研究して論文を書いてください。獣医学部もあるのに、活躍が見えません。学生に柔軟な人はいないの???
頭がいいはずなのに。ちょっと見ただけで否定するのではなく、調べて、自分の身体で試して、研究してみて下さい。世界ではレポートがあるけど、日本では多分ない。あなたが研究すれば第一人者になれますよ。それとも、やっぱり思考停止に陥っていますか?


超ミネラル水の成功をお祈りします。


情報5月25日
 
 野島尚武(のじまひさたけ)さんという東京の医師http://www.super-mineral.com/が、宮崎県都城市(私の地元)に向かっているようです。自分の開発した超ミネラル水で、口蹄疫を治せる。と言っています。東国原知事にも会うようです。この野島医師とコンタクトがとれないか模索中です。まぁ彼が、治せれば、それでいいんですけどね。僕の出番はなさそうです。今回ほど、肩書のないことを痛感したことはありません。とくに、男の人、頭固すぎ。僕の話が理解できる人は、ほとんど女性の人でした。だから、僕に尽力して頂いた方も、女性がほとんど。肩書が上の人ほど、僕のことは全く相手にしませんでした。仕方がありませんが・・・。もっと柔軟になってください。

まあ、肩書が欲しいとも思わないし、肩書が無いから自由なんだけどね。

5月24日

もし、都城で口蹄疫が発生した際は、MMSを速やかに使用することを提言する。
感染した牛に、飲ませるか、静脈注射し、まわりに散布して、その牧場主が移動したところの牛に予防的に投与もしくは、静脈注射すれば防げる可能性がある。 ダメでもともと。

口蹄疫にMMSを使用することを提言する。静脈注射に関しては、獣医がいなければ出来ません。

二酸化塩素に勝てる、ウィルス、細菌は滅多にいません。MMSはこの二酸化塩素を、安全に体内に取り込むことができます。

MMSの使用方法については、私のブログを丹念に読んでください。

私は手元に2本。と今注文しているのを2本。保有しています。

私は手元に2本。と今注文しているのを2本。保有しています。そして、まだ必要があれば、私の仲間が、速やかに用意してくれるはずです。


治療して治してしまうことは、国の方針に逆らうことになるのでダメかな。でも予防と感染拡大の防止には使える。それと種牛くらいこれで治療してやればいいのに(治せるかもしれないのに)、種牛は救えるかもしれない。ずっと僕は言っているのに、でももう遅いか・・・。


農協の理事さん。まだ、今なら、種牛を救うことが出来るかもしれませんよ。時間がありません。


拍手コメントの方へ

こんな安価な薬品を知られるのは、製薬会社にとっては困ることでしょうね。多分、動きません。動くとしたら、それとは反対に、ネガティブな情報を流し、使えないように規制する方向でしょう。


続き

ある人の働きで、確信のところまで行くことができました。驚いたことにその重要な立場にある方は、MMSのことを知っていました。でも使えなかったようです。国の方針には逆らえないのですね。でも、国に提言するとかできなかったのでしょうか?もっと言うと国にも知っている人はいるはず。その方たち、言わないことに罪悪感は無いのでしょうか?

ここでまた行き詰まりました。残念です・・・。


ペットのヤギにも感染。http://mainichi.jp/select/science/news/20100524k0000m040099000c.html

悲惨なことだ。人間は本当に野蛮で残酷な生き物だ。


批判ばかりされていたが、こんなコメントをもらいました。

”私もブログ主さんの意見に賛成です。”


確かに、僕は確信的だが、絶対とは言っていない。でも、試してみる価値はある。と言っているのだ。



拍手コメント

○○くんのホームページから来ました。
○○です。
行き詰まりなんだなと思いました。
行き詰まるのを乗り越えるのって難しい事です。


行き詰まりです。昨日、行き詰まってから、他の議員さんにも話をしましたが、難しいでしょうね。重要な立場にあって理解できる人がいるのに使えない。そして、効果のほどがはっきりしないことに力を奪われる。

殺処分の現場は、地獄絵図のようだそうです。その殺戮は、精神をおかしくするのではないだろうか?携わっている人の精神面が心配だ。

僕は2週間以上前から、このことを言っている。知事にも、そして僕の仲間が、某宮崎出身の党首にもメッセージしている。見逃しているか、重要に感じなかったかのどちらかだと思う。

多分これが使えないのは、国の方針と法律に反するからだ(世界的にも感染=殺処分)。それとこのことが判明すると困る人達からの圧力もあると思う。だから、使えない。

○○さん

コメントありがとうございます。種牛でも救えればと思います。ガリレオガリレイです。
22

ミラクルミネラルとIV(静脈注射)  口蹄疫

このページに来たからには、必ず全部読んでください。

文章中、サリン溶液、シュガー溶液、インターベイン溶液とかでてきますが、私はわかりません。専門の人にはわかるのでしょうか?この件は、アメリカに問い合わせています。

saline :塩水
sarin :サリンですが、

サリンは、生理的食塩水です。

静脈注射は、シュガー溶液ではなく、生理的食塩水です。以下文章を読み直してください。

http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/

2010-05-23 04:39:40
ミラクルミネラルとIV(静脈注射)
テーマ:DISCLOSURE

以下は今年4月21日に発売された、ジムハンブルさんの
BREAKTHROUGH The Miracle Mineral Solution of the 21st Century
4th Edition の 14章の全訳です。
原著はアマゾンから購入してください。

この静脈注射は、生命に関わる危険性がございますので、
かならず、医師、ナースの立会いのもとでおこなってください。

それから、なるべく、ここでの情報は、全章を読んでいただきたいので、
こまぎれにして拡散したり、捏造、歪曲したりしないでくださいね。

リンクをはってくださるか、あるいは14章全文をコピペしていただくのがベストだと思います。

では、はじめます。

*************************************************************************************************
14章 MMSを静脈注射に使用する
※注意
saline :塩水
sarin :サリンですが、

サリンは、生理的食塩水です。

静脈注射は、シュガー溶液ではなく、生理的食塩水です。以下文章を読み直してください。




以下のIV(Inter Vein:静脈注射のこと)の話を皆さんがお読みになる前に、
まず、最初にお知らせします。
我々が行なったさまざまなIVの実験から、静脈注射に使用するときには、
酸でMMSを活性化することなしに使用するのが最良であるという結果に至りました。
MMSを直接、IV溶液に投与します。
そして、一時間、あるいは、二時間待ちますと、IV溶液がMMSを活性化させますので、
(クエン酸などの)酸を加える必要はありません。
その理由は、IV溶液はpH7.0です。それだけありますと、MMSが一時間で活性化されます。
二時間も待ちますと、二倍の量が活性化されます。
1滴から15滴、あるいは、22滴までをお使いください。
もちろん、最初は1滴からはじめて、様子をみながら、増量していきます。
IV溶液は、サリンもしくはシュガーの250mlをお使いください。
被験者がグルコースに耐えられない場合には、シュガーを、そして、もし、被験者にエネルギーが必要だと医師が判断したときには、シュガー溶液をお使いください。

この第4版のThe Miracle Mineral Solution of the 21st Century (April 2009)では、MMSのIV使用について、より豊富なデータがレポートされています。
あなたはお気づきかどうかはわかりませんけど、
これまでMMSはシトラス酸や酢など、さまざまな酸で活性化されて使用されつづけてきましたが、
つい数ヶ月前まで、MMSのIVによる使用は誰も行なってみませんでした。
亜塩素酸ナトリウムは、これまで、世界中の病院やクリニックで、100000回の点滴に使用されましたが、それらは、いずれも、活性化されていない亜塩素酸ナトリウム溶液が使用されていました。
それは、誰も、亜塩素酸ナトリウムを活性化させて使用することを考えつかなかったためです。

MMSの口径投与だけではなかなか完治しないおおくのライム病患者、あるいは、IVで投与しても、MMSがまったくきかない数名の患者たちと話をしていて、わたし(ジムハンブル)は、たいへん心配になってきました。 そして、MMS投与であまり効果のでていないモルゲロン病の数名の人たちと話しをしていて、ますます心配になってきました。 もし、他のすべての病気を制圧しても、このライム病とモルゲロン病をも治療しなければ、とても充分であるとはいえないからです。
このふたつの病気の患者は文字通り、何百万人にもおよび、その数は、エピデミック(伝染流行すること)に近づきつつあります。

もちろん、一般市民は知りません。これらの病気は無視されているか、あるいは情報抑圧されているためです。
しかし、何千人という人たちが、わたし(ジムハンブル)にe-mailをよこしたり、電話をかけてきたりしました。
アメリカ中、そして、世界中から連絡がきています。
これらの病気そして何十というおなじような病気群はいずれも世界中に点在する政府の研究所由来のものであり、私たちは、これらの病気を無視することはできません。
もし、わたしたちが無視をしてしまえば、彼らは私たちを殺してしまうからです。
ほとんどの人は、いま、まだ誰も危惧していません。しかし、自分や自分の愛する人たちがこれらの病気にかかっている人は大変に危惧しています。 なかにはダニをかいして伝染してしまったと考えている人たちがいます。
しかし、そうではありません。いろいろな経路でこの病気には感染してしまいます。そして、おおくの人たちがダニにかまれたわけではないとわたし(ジムハンブル)に報告しています。

そこでなにかをしなければいけないという事実にもとづき、ちまたにある食用の酸でMMSをIV投与してみようと考えるようになったのです。 皆さんがすでに学習したように、この方法だと、活性化されていないMMSに比べて、最高1000倍の二酸化塩素が発生します。 もちろんわれわれはMMSを口径投与したときのたいへんな有効性をすでに知っています。しかし、ライム病やモルゲロン病といった、研究所で人工的につくられた病原体は、たんにMMSを口径投与しただけではなおりませんでした。

わたしが考えた理由は、活性化されたMMSは我々の消化システムによって運ばれ、胃から血液に達します。二酸化塩素は胃の内側の赤血球により、体内へと運ばれます。
わたしに繰り返し起こった疑問は、「それは赤血球には大変よいことだ、しかし、血漿(blood plasma)に対してはどうなのであろう。」ということでした。
血漿というのは、赤血球を運ぶ液体であり、胃を介して、はたして二酸化塩素が血漿にも届いているのであろうかということでした。
もし、そうでないとしたら、それがライム病やモルゲロン病にMMSが効かない理由なのではないかということです。

そうです、この疑問の回答をみつけなければいけません、あるいは少なくとも、もしMMSが活性化されればIVでより効果的な成果があがるのではないかということを決定しなければいけません。
研究所のマウスを使うことは財政的には無理でした。そこで私自身(ジムハンブル)がモルモットになることにしました。 私はこのことをロメロ医師(Dr. Romero)に話しました。 彼は私の考えに懐疑的でした。 しかし、わたしが、ともかく実験をしてみるつもりであること、そして、もし必要であれば自分の自宅で行なうつもりであるというと、彼は一連のテストを監視することに同意しました。彼には、私が冗談を口にしているわけではないことがよくわかっていたからです。
わたしはIVを打てるナースを1人雇いました。そして、この実験は、2007年のクリスマスの数日前に始まりました。

疑問は、もし、活性化されたMMSをIVした場合、MMSを口径投与したときと同様の結果が起きるのか、あるいは違う結果が起きるのかということでした。
私は違う結果が起きることを期待していました。なぜなら、もしおなじ結果であったなら、活性化されたMMSは、ライム病やモルゲロン病の治療にはなんの進歩ももたらさないからです。 長い話を短くしますと、私はとうとうMMS一滴を10%のクエン酸2.5滴で活性化させ、それを250mlのサリン溶液にまぜたものを使用したのです。

ええ、最初はなにも起こりませんでした、これはとても奇妙なことです、なぜなら数名の医師たちが、シトラス酸は血液中で鬼のように焼けるであろうと忠告してくれたからです。しかし、燃焼はおこりませんでしたし、センセーションもおきませんでした。 最初に針がチクッとしただけで、なにもおこりませんでした。
私はだんだん失望してしまいました。しかし、わずか1滴のMMSで、いったいなにが期待できるでしょう。しかも、その一滴は完全に活性化されたものではありませんでした。なぜならわたしは普段使う量の5滴ではなく、半分の2.5滴を使用したのですから。 ですから、これはMMSの0.5滴の投与に相当するわけです。 ともかく、一時間がすぎ、私は帰宅することにしました。

しかし、その帰り道、ちょうど投与から1.5時間後、効果があらわれてきました。
私はだんだんと寒くなり、とうとう震え始めました。 私は凍え、そして吐き気もありました。
私は具合が悪かったのですが、大変に得意げでした。
なにか違うことが起きているのでした。これは以前にはおきなかったことでした。
私はすぐにこの本の23章を書いた医師友達のヘッセリンク(Hesselink)に電話をしました。
彼はもう何年も酸素セラピーに取り組んでいて、彼がいうには、
それはハークスハイマー反応(Herxheimer Reaction)だ、
体内の何かが破壊されて毒を発生させるときに特有の症状だということでした。
この症状がおきた唯一の原因は、二酸化塩素が体の細胞のより奥にまで到達したからに違いありません。
わたしは過去に30滴のMMSを口径投与してなんの影響もありませんでしたから、
活性化されたMMSはIVにより、より深部に到達し、マイクロオルガニズムを殲滅させてしまい、それがハークスハイマー反応を引き起こしたに違いありませんでした。

そこで私は続けてみました。 次の日同じ量の活性化されたMMSを試したのですが、まったく反応がありませんでした。 そこでわたしは、1滴のMMSを5滴の食用酸にまぜました。 ふたたびハークスハイマー反応がおき、そして同じ量を繰り返すとこんどは反応がありませんでした。 血管に痛みがこないときもありましたが、血管の痛みが酷くなるときもあり、そのときには実験を中止せざるをえませんでした。
 
とうとうすべての実験をやめるときがきました。MMSを活性化するのに使った10%のシトラス酸溶液は私(ジムハンブル)の血管に大変なトラブルを起こしてしまうからです。 たんに血管に痛みがともなうだけではなく、最後に私の血管は、IVをうけつけなくなってしまったからです。

あなたが知っておくべきもうひとつの事例があります。
ライム病の重病の女性が私(ジムハンブル)の知識もなしに、活性化させたMMSをIVに使用してみたことです。
彼女は15滴のMMSを75滴の食用酸にまぜ、3分間まってから、それを200mlのサリン溶液に混入させました。
彼女の友達のナースが一時間のうちにそれを彼女に全投与しました。
彼女は次の日、大変具合が悪くなりました。
彼女の顔の皮膚、それは大変しわがより、年寄りくさくみえていましたが、全部剥げ落ちてしまったのです。
そして、ふたたび、若々しい顔がもどったのです。
ライムが彼女の皮膚に侵入していたのですけど、MMSがライムを殲滅させてしまい、そのとき同時に皮膚も殲滅してしまったのです。
そうです、彼女はわたしが試した4倍もの量の活性化されたMMSをIVし、生き残ったのです。事実、彼女は以前より気分がよくなりました。しかしライムは完治したわけではありません。
しかし、これは、わずか一回の治療結果です。もし続ければ、どんな成果になるでしょうか。
ところで、これほどの酸の投与も彼女の血管に痛みを起こしませんでした。

この女性はあと2回治療をおこないました。 16滴のMMS、75滴のシトラス酸、そして、200mlのIV溶液です。
彼女は今回も具合が悪くなりました。下痢、吐き気、吐き出し、そして、ほとんどの皮膚が彼女の体から剥がれ落ちてしまいました。とてもおおきな痛みを伴いました。しかしすべてが終了したとき、とても気分がよくなりました。
私(ジムハンブル)は、けっしてこのような行動を勧めません。とても危険であり、また私の考えでは必要ないからです。まず最初は1滴からはじめ、だんだんと投与を増やし、最大16滴にまで増やすべきです。
このように、活性化されたMMSのIV投与に関する私の見解は、私自身の体験と、そして、この女性の体験にもとづくものです。

わたしは資金なしにおこなわれた実験のリポートをしているにすぎません。 しかし、やらなければいけないのです。 これは、ものごとを行うときの適切な方法ではないかもしれません。 しかし、いつでも、通常の方法をこころみているのであれば、われわれはMMS自体も生み出していなかったでしょう。
私は文句をいったり、自慢したりしているのではないことをご理解ください。
ただ、われわれの偉大な政府や私が助けを求めていたすべてのお金持ちや裕福な篤志家達の支援もなしに、どんなことが成し遂げられたのかを皆さんが知っておく必要があると思ったからなのです。

あなたが理解してくれることを望みます。ライム病とモルゲロン病は世界中に蔓延しつつあります。
わたしが発音さえできないような病気そしてまだ名前さえついていない病気がたくさん存在しています。
これらの病気はいずれもアメリカからはじまり、ヨーロッパ、アジアそして、世界中に広がりました。
事態は人々が考えているよりもさらに深刻なのです。 この事態を収拾するための方法が考えられなくてはいけません。 わたしだけがこのことを訴え続けているわけではありません。
すでに多くの人が(警告しつづけて)います。
わたしは本当はいいたくありません。
変人だと思われたくはありません。
ヒーローになりたくもありません。
どちらかといえば、ジャングルの中で金脈を探していたいのです。
それはわたしにほとんどの喜びを与えてくれるからです。
しかし、ことわざにもあるように、誰がが事を成さなければいけないのです。
はてさて、われわれはすぐになにがおこるかを知ることとなるでしょう。
それまでは、この章を終わりまで読んでください。
これまでになにがIVで行なわれたかが記述されています。



20ml PUSH METHOD (20ml プッシュ法)

MMSはすでにIVで投与されており、口径よりもはやく効果が現れています。
あるケースでは、
6滴から18滴のMMSと外国の薬局から購入した20mlの無菌グルコース注射溶液
(sterile glucose injection solution)が使用された。
腕の静脈に注射され、てばやく、20mlを20秒で投与した。
その理由は、ゆっくり注入すると、溶液が血管を焼いて(burn)しまうからである。
もし、この方法を採用するのであれば、溶液を手早く打たなければいけない。
一日に1回から3回の投与を行い、それを三日間続けます。
それ以上続けるのもOKかも知れません。
しかし、我々が行なったのは、これがすべてです。
すべての投与はナースが医師の監督のもとに行ないました。
この方法は医師の監督なしに自分で行なわないでください。
ここにかかれたプッシュ法で、AIDS患者25人を治療しました。
その後5人から電話があり、治療のあと、検査結果が陰性であったとのことです。


250ml Drip METHOD (250ml ドリップ法)

第一回目の治療で、7滴のMMSを250mlのグルコースドリップ溶液のボトルにいれました。
二回目の治療では、22滴のMMSを250mlのグルコースドリップ溶液のボトルにいれ、同じ日に投与しました。
治療は22滴のまま、30日間つづけておこなわれました。

ドリップのスピードは、250mlを2時間で投与します。
結果はすばらしいものでした。

すべての投与は医師の監督のもと、プロセスに詳しいナース達が行ないました。
決して自分で投与しないでください。
血圧測定器を常備し、治療を行なう前にあらゆる試験を済ませておいてください。
もし、被験者の血圧が20%以上下がるようであれば、
すぐに実験を中止し、血圧をあげるためにフルーツジュースを与えてください。
もし、サリン溶液をお使いでしたら、血圧をあげるためにグルコース溶液に換えてください。

血管中の血液とドリップ溶液そのものが、中性溶液として働き、MMSのアルカリ性を下方修正し、
二酸化塩素を発生させます。そして、それが全身に運ばれ、普段到達できないところに届きます。
MMSを溶液に混ぜた後、我々は必ず一時間待ちました。
その理由は、充分な二酸化塩素の発生を待つためです。

IVを使用するときには、被験者が具合が悪くならないように、
MMSの量を最大量の範囲内で調整する必要があります。

健康な人であれば、MMS22滴を250mlのグルコースIV溶液に加えても反応がありません。

しかし、普通は、AIDS患者はこの量で大変、具合が悪くなります。
2滴から5滴からはじめて、回数を増やすごとに数滴ずつ増量していきます。
もし、被験者が治療中あるいは治療直後に吐き気を催した場合には、
次の治療の時に2滴MMSの量を減らします。
そしてまた、数滴づつ、MMSを増量していき、
最大22滴を投与しても吐き気をおこさなくなるまで投与します。
この22滴を続け、そして、この投与を一日2回に増加させます。
そして、AIDSテストが陰性になるまで投与を続けます。
もし、被験者が吐き気を催すようであれば、そのときの治療を直ちに中止してください。
しかし、治療全部をやめないでください。
次回には、数滴減らしてみるのです。
決して250ml以上の溶液を一度に使うべきではないと数名の医師が指摘しています。
なぜなら、もし一回の点滴でそれ以上の溶液を使用すると、肺が水浸しになるからです。

何千回という点滴が、この本に書かれてある量の亜塩素酸ナトリウムで問題なく行なわれています。
これだけは覚えていてください。 これらの点滴では、食用酸は一切使用されていません。
これらの投与を行なうときには、自分がなにを行なっているのかを知らなければいけません。
チューブには必ず空気がはいらないようにしてください。
血管中の空気は人を殺してしまう可能性もあるからです。
吐き気は決して悪い兆候ではありません。
それはMMSが作用している証拠です。しかし、もし被験者がとても気分が悪くなるようでしたら、
1000mgのヴィタミンCを溶かしたコップ一杯の水を与えてあげてください。

亜塩素酸ナトリウムの静脈注射に関するさらなる情報は、
この本の23章を書いた、ヘッセリンク医師 (Dr. Hesselink)がリストしたさまざまな論文、
あるいは、miraclemineral.org のサイトの Important Information に論文がリンクされています。
その論文には、MMSと同じ量を投与する、亜塩素酸ナトリウムでつくられたDioxychlorを使ったIV点滴がレポートされています。

(14章終わり)



種牛49頭だけでも
救えるかもしれません。

僕と同じことを考えている人たちが、海の向こうと日本国内にたくさんいる。無駄かもしれないが、何かが動き出す。もしかしたら、つぶされるかもしれない。



口蹄疫を撲滅して世界の動物を守ろう!

今 獣医の方の協力を必要としています

この情報をコペ・転載して 皆様のご協力を求めます

コレまでの流れ http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53294243&comment_count=2&comm_id=3431769



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○○さん

ご苦労様です。

口蹄疫の件に関しては、既に知人を通してジムのプロトコルを調べましたが
、口蹄疫専用のプロトコルはありません。米国で口蹄疫治療に使ったことがないようです。
私の知人は豚を飼っていますが、病気予防として、時々MMSを飲ませています。
ペットの病気や家畜の病気治療と同じで良いと思います。

MMSの効果は人、動物(家畜)にも基本的には同じですから、プロトコルも同じで
すが、動物に合うように摂取方法を工夫するだけで良いと思います。


1. MMSの適用量  豚または牛の体重11.4kgに対してMMS3滴を適用量にする。


2. MMS活性化には50%クエン酸水の使用する(感染のスピードが早いので、50%クエン酸水を使用する)  MMS1滴に対して50%クエン酸溶液1滴です。15秒待って、水を加えます。


3.MMS混合液に水を加えて 大きめの注水器 ペットボトル等に入れて 飲ませる


4. 豚や牛は二酸化塩素の臭いに大変に敏感で、嫌がります。
  大人2人、3人が豚や牛が動かないように押さえ込んで、口を開けさせ、大きなペットボトルを
  使って(無理に)MMSを飲ませる。1時間から2時間に1回飲ませる。(動物は、体に良いものを
  直感で判断できる能力があるので、以外に好んで飲むかも知れませんね。)


5. その後、MMSを使って豚または牛の全身スプレー消毒をする。

上記の方法で用意したMMS溶液を大きなスプレーボトル(プラスチック)に入れて、全身にスプレーをかける、足や口等の水泡が出ている箇所には入念にかける。

これは、私の意見です。この方法で早急に対応できると思います。実際に口蹄疫の牛や豚を治した実例がないので、効果に関してはあれだこれだと言えませんが、私の予想では患畜の場合は1から2日以内に症状が治まるのではと思います。まだ感染していない家畜はMMSは予防に最適でしょう。

次に、上記の方法でMMSを飲ませた後、集団で風呂に入れる方法です。
豚だとやりやすいでしょう。

1. プールに大量のお湯を満たす。 MMSボトル半分に50%クエン酸溶液ボトル半分を入れて活性化する。 15秒待つ、その活性化した混合液を直接、プールに入れる。

数匹の豚や牛をプールに入れて、たわしで全身を洗ってやる。特にこの場合に気をつけなければならないことは、二酸化塩素ガスの臭いを嫌って、入浴を嫌がる、豚や牛が出てくるでしょう。どのように入浴させるかが、鍵ですね。
同時に、作業される方の全身消毒にもなりますから、一石ニ鳥ですよ。湯の温度が高いほど、二酸化塩素の臭いが消えます。

次に一番、難しい点をお伝えします。
これは人がMMSを使用するケースと同じですね。
MMSを飲んだ後の反応は人と動物でほとんど同じです。

飲んだ後で、患畜の場合は、口蹄疫の症状が悪化しているように見える可能性が十分にあります。(口蹄疫の症状:発熱、元気消失、多量のよだれ、舌、口中、ひづめの皮膚の軟らかい部分に水泡が出る、傷が出る) となると、患畜の場合はMMSを飲んだ後、1時的にこれらの症状が悪化しているのではと見える可能性が十分にあり、または食べたものを吐いたり、吐き気、熱が高くなるとか、水泡が広がるというような可能性も十分にあります。ますます元気がなくなって、横になる
牛や豚が出るかも知れません。人の好転反応と同じですね。

口蹄疫のウイルスが体内に潜入していて、まだ症状が出ていない家畜の場合は、MMSを飲んだ場合に、直後にこれらの症状(反応)が出るかも知れません。これらの反応は1日、2日以内に治まるでしょうが、重症の家畜はもっと時間がかかるかも知れません。

このような時に、獣医や保健所の人に家畜を見てくれと連絡すると、もうアウトですね。

全部殺して埋却処分にしましょうとなります。

MMSにより、家畜が助かる可能性は十分にありますが、それも、人の判断力によってかなり左右されるということになります。

私も、ある人を通して、2週間前に川南町商工会や○○牧場の人にメールしてMMSの試用を勧めましたが、皆さんがパニック状態にあり、返信がありませんでした。個人的にはお呼びがかかり、川南町までMMSを持って行く準備をしておりましたが、明日からまた出稼ぎに他州へ移動しますので、それも不可能となりました。

0000 000000



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



0000さん

ありがとうございます

まずは何らかの方法で飲ませることから始めたいですね

私が思ったのは ジムさん自身の実験とジムさんのお友達の犬の清脈注射の

効果が絶大だった様に感じました 牛や豚は食道から胃腸まで色々な菌が

多い事と 少し構造が違う事などで 血流に吸収される二酸化塩素の電子が

少なくなってしまうと思い 清脈注射は少量で効果があるようなので 同時に

行う方がいいのではないかと思いました この件をジムさんかスタッフの方に

聞いてほしいです お願いいたします


川南町僕が行ってもいいです 前例を作ってMMSを ふっきゅうさせたいです

その場合の費用は出ますでしょうか? 数時間で現地にいけます

            ○○




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○○さん

静脈注射は獣医などの専門家ができればいいのですが、
専門知識と技術が要りますよ。MMSの量も不確定です。
静脈に空気が入れば、危険です。
今、ジムに問い合わせているところです。

川南町はもう無理でしょう。遅すぎますね。
周辺の畜産農家に直接あたるのが可能性が少しはあると
思いますが。宮崎までの費用は何とか供出できると思います。
その場合は、くれぐれも政府関係者や報道関係者に知られないように
動いてください。潰されますので。

0000 000000


・・・・・・・・・・・・・・・・



0000さん

わかりました まず獣医の方の協力者を探してみます

見つかりましたら ご連絡いたします

       ○○○


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







○○さんと○○さんのやりとり


コメント、ありがとうございます。 いま、コメントがのこされているのに気づいちゃいました。
(><;)

処方は、ジムハンブルの最新の処方で検討しています。

人間のマラリア患者には、

3滴のMMS1と、50%クエン酸3滴をまぜると、15秒で茶色の液体になり、これを毎時間服用します。 一日、8−10回繰り返します。

牛さんには、体重が人間の10倍ですから、
口蹄疫の治療には、
30滴のMMS1と50%クエン酸30滴をまぜ、15
秒後に茶色の液体になったところで、服用し、これを一日、一時間ごとに、8−10回繰り返します。

予防には、一日1回とします。(MMS1 30滴)

しかしながら、17滴が2ccに相当するボトルキャップの穴ですので、

30滴を8回だと、240滴(=28cc)、1ボトルは118mlなので、4.2日分です。

000ーさんのところには、牛が40頭いますから、 もし、全頭に与えると、一日に9.5ボトルのMMS1を消費しちゃいます。

今回お送りしたのは、わずか10ボトルです。。。

MMS1は即効性があり、とても強力なのですけど。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この後のコメントにMMS清脈注射の事を書き込みましたが

私が保存していなく コペできませんでした

内容は 飲ませる方法と共に静脈注射か点滴の方法も効果があること

私の実験では動物は大量のMMSを飲まない 何かの方法で

飲ませた場合 牛や豚などには食道から胃腸にあらゆる菌が

多いのでMMSの電子が血流に回る間に少なくなるのではないか

清脈注射だとダイレクトに血流に入れられるのでMMSが少ない量で

効果が大きいのではないか 

ジムさんの英文の本で 病気の犬に清脈注射をしたら元気になった

という記事が出ていたこと ジムさん本人も自身の体で清脈注射を

実験している事から 最上部にあります 0000さんから

ジムさんに直接聞いていただくように お願いを致しました

以  上



知り合いの議員に明日話をしてみようと思います。多分、相手にされないと思うけど、ダメでもともと。僕には、失うプライドなどというものは持ち合わせていない。馬鹿にされて結構です。



東大の教授もこのことを言っていないので、僕のことを信用する人など誰もいないと思います。それが常識でしょう。でもはっきりって、東大の教授が偉いかどうかは僕にはわかりません。東大の教授が知らないことを僕が知っていることもあるし、逆に僕が知らないこともある。自分で確認もせず、どっちが上か下か等と言う考えをする人がこの日本は多いのです。自分の頭で考えることを奪われている。一番大切なのは自分で考えて、自分で判断すること。偉い人が言ったからそれが正しいかどうか疑問を持つこと。それが一番大事なこと。もし、それなりの立場があり、この事実を知っていて、言わない人は、圧力に負けた人です。生活のために、負けているんでしょうけど、この悲惨な状態を見て、黙っていることに罪悪感は無いのでしょうか?

いまの状態を、海の向こうのアメリカから見ていて、僕と同ことを考えている人がいました。その人は、○○町のある牧場に、アメリカからMMS   http://www.vernisaj.com/wordpress/10本を無償で贈りました。5月17日(月)にはもう届いているはずです。僕は、それを知って、その牧場に、使い方をメッセージしました。そのアメリカの彼のメッセージも添えて、結果は、

”お気持ちはありがたいのですが、使うつもりはありません。”

とのことでした。これで、この件は、それ以上の進展はないようです。残念なことでした。

アメリカの○○さんからのメッセージ

今回お送りした、アクティベーターは、パッケージのクエン酸を全部溶かしちゃうと、通常の5倍のクエン酸溶液となります。

したがいまして、MMS 1滴 にたいして、 クエン酸 1滴  となります。

この、従来の5倍のクエン酸を使う方法は、ジムハンブルの推奨する、新しいMMSの調合法です。

300滴というのは、牛さんが人間の体重の10倍であると想定したときのことです。

最初は50滴からはじめて、じょじょに 100滴, 150滴 というふうに、量を増やすといいとおもいます。

IV(Inter Vein) に関しては、僕は、必要な知識も経験もないので、獣医さんあるい畜産学部の学生さんがちかくにいればよいのですが。。。。

まず、ジムハンブルの本を読んで、MMSを理解していただくことも重要だと思います。

日本語版の無料本は、ここからダウンロードできます。

http://bit.ly/cEc9gr

10個ののコップを用意して、

それぞれに新しいジムハンブルの処方である通常の5倍のクエン酸液 30滴  そして、MMSを30滴

をいれて、 蓋をして、 3分間まち (この新しい処方では、3分間もまつ必要はありませんけど。。。)

それを牛さんや豚さんに服用させればいいとおもいます。


あと大事なのは、ビタミンCを一緒にとらないことです。 MMSが効いてくれません。


このメッセージと僕は電話ももらいました。彼もたいそう残念がっていました。僕も残念です。もう宮崎はワクチン接種がはじまりました。とても残念です。

僕の地元は、まだ可能性があります。


詳しいメカニズム。

http://www.vernisaj.com/wordpress/wp-content/chemistry/mms-mechanizm.htm

訳本はここで手に入る。http://www.vernisaj.com/wordpress/freebook

欧州で有名な科学雑誌「NEXUS Magazin」の記事

http://www.nexus-magazin.de/artikel/lesen/mms-ein-wundermittel-fuer-afrika-und-auch-den-rest-der-welt-teil-1

カナダ政府のリスク情報
 http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_2010/2010_74-eng.php

新型インフルエンザへの有効性も注目されている。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E5%A1%A9%E7%B4%A0

二酸化塩素のウィルスへの有効性5−5 http://www.pasteurize.co.jp/cgi-bin/pasteu/siteup.cgi?category=3&page=1

二酸化塩素実験データライブラリー http://www.seirogan.co.jp/medical/eiseidata.html

酸化性物質の毒性比較
http://www.pasteurize.co.jp/file/30/sankabutudokusei.pdf


私は半年間使用(飲んでいる)しているが、生きています。

動物の場合は、飲ませるか、静脈注射または点滴の手段もある。


畜産科、獣医学部の学生さん。大人とか権威を持った人はもう駄目です。国家試験の勉強で頭がいっぱいですか?きっと自由な発想が出来て頭がいい人がいるはず。リスクは何もありませんよ。私は単なる鍼灸師です。誰も信じてくれません。ただ、これが短期的には確実に安全であることは、自分で半年にわたって試しています。相当量摂取したこともあります。大丈夫ですよ。(もうすでに何万人も利用しているし、日本でも相当な人が気づいていますよ)ダメかもしれないけど、ダメでもともとではないですか。大事なことは可能性があるってことなんです。それに、私が相当量摂取しても、元気に生きているので、大きな動物がおかしくなるはずがありません。宮崎はどうなりますか?大人や偉い人は頭が固すぎてダメです。

知識があって、考えが、柔軟な方の目にとまりますように。


一度削除しましたが、大事な文章なので、もう一度載せます。良く読んでください。

                 奴隷的思考

みんな奴隷的発想から抜け出さないといけない。生きていく上でルールはもちろん守らないといけない。でも、そのルールが奴隷的発想を規定している場合がある、ルールが間違っている場合もある。その場合は、十分それを認識し、それに捉われないことが必要だ。

 全てとは言わないが、病気が治らない人の、ひとつの側面は、病気の状態がその人にとって心地が良いからだ(要するに変わりたくないのだ)。これは、もしかしたら、本人は自覚していないかもしれない。そのような人の、ホメオスタシス(恒常性の維持)は、病気の状態にセットしてある。この、恒常性を維持するポイントがずれている。このポイントを正常値にセットし直さなければ、病気は治らない。自分を、縛っているのだ。ここにも、奴隷的発想の側面が表れている。あなたは、自分は奴隷状態では無いと言えるだろうか?

 KY(空気が読めない)という言葉は、日本人独特のものだと思う。この言葉も、KYという一言で、その個人の思考をコントロールしようとしている。みんなKYと言われたくなくて周りばかり気にして、自由な発想ができなくなる。

 どうだろうか。いつの間にか、あなたは自由な発想を奪われていないだろうか?もうすでに決まっていることだと思い込まされて、思考停止に陥っていないだろうか?

 世の中、いろんな問題で、混乱したりしているが、混乱しているのは誰だろうか。それは一般庶民ではないか?争いはどうだろう。一般庶民が争っている。なぜ、争うことになるのか?それは情報からはじまる。あるいは、法律(間違った法律、人を縛る法律)ある特定の考え(宗教など)、このようなものを疑ったことがあるだろうか?あなたは、あなたの考えは、本当にあなたの考えだろうか?そこのところを良く考えないと、いつのまにか、何かに縛られて、自分の考えと、誰かにコントロールされた奴隷的考えがわからなくなる。そして、その狭い範疇でしか発想が浮かばない。これは奴隷と言わずに何といううのだろうか?

 もっと、自由な発想と、自分が奴隷的発想をしていないかよくチェックしないと、頭をやられる。

 世の中が良くならないのは、この奴隷的発想でコントロールされた庶民が庶民を縛っているからだ。生きていくのが苦しくて12年連続、3万人もの自殺者が出るのは、お互いがお互いを縛っているからだ。その責任は私にもあるしあなたにもある。一番怖いのは、情報に踊らされた庶民である。庶民はただ情報に踊らされて、お互いを傷つけあう。きっとあなたたちをコントロールしようとしている人たちは、恐ろしい情報を流して、庶民の思考力を奪い、架空の脅威を信じ込ませんる。そして庶民は、恐怖から思考停止に陥り、お互いをお互いに傷つけ出す。もう、このような社会終わりにしないと、きっと恐ろしいことがはじまる。そこに気づくことがとても大事なことだと思う。そして、みんながこのことに気づき、世の中の恐ろしい情報を無力化できれば、きっと良い世の中になる。庶民はその力を持っている。目先の情報に振り回されてはいけない。情報は、信じなければ無力化できる。

 KYとか言っているあなた。KYと言われたくないと思っているあなた。すでに奴隷的発想にはまっている。KYという言葉がそれを象徴している。完全にやられているよ。

 もし、あなたが、テレビも何もない豊かな大自然に囲まれたところで生活していたら、そこはきっととても平和だろう。どこに脅威があるのでしょうか?地球が今すぐにでも危ないなどという嘘に騙されてはいけない。一番危ないのは、人間の争いであって、世界は人類がその気になれば、一瞬で平和になるはず。一部の人に富が集中して、紙きれで争うような社会が一番危ない。全てを公平にわけることができる食料は地球が用意しています。地球は全く危なくありませんよ。なぜ、気がつかないのですか?
2

ワクチン接種  口蹄疫

僕と同じことを考えている人たちが、海の向こうと日本国内にたくさんいる。無駄かもしれないが、何かが動き出す。もしかしたら、つぶされるかもしれない。



口蹄疫を撲滅して世界の動物を守ろう!

今 獣医の方の協力を必要としています

この情報をコペ・転載して 皆様のご協力を求めます

コレまでの流れ http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=53294243&comment_count=2&comm_id=3431769



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


○○さん

ご苦労様です。

口蹄疫の件に関しては、既に知人を通してジムのプロトコルを調べましたが
、口蹄疫専用のプロトコルはありません。米国で口蹄疫治療に使ったことがないようです。
私の知人は豚を飼っていますが、病気予防として、時々MMSを飲ませています。
ペットの病気や家畜の病気治療と同じで良いと思います。

MMSの効果は人、動物(家畜)にも基本的には同じですから、プロトコルも同じで
すが、動物に合うように摂取方法を工夫するだけで良いと思います。


1. MMSの適用量  豚または牛の体重11.4kgに対してMMS3滴を適用量にする。


2. MMS活性化には50%クエン酸水の使用する(感染のスピードが早いので、50%クエン酸水を使用する)  MMS1滴に対して50%クエン酸溶液1滴です。15秒待って、水を加えます。


3.MMS混合液に水を加えて 大きめの注水器 ペットボトル等に入れて 飲ませる


4. 豚や牛は二酸化塩素の臭いに大変に敏感で、嫌がります。
  大人2人、3人が豚や牛が動かないように押さえ込んで、口を開けさせ、大きなペットボトルを
  使って(無理に)MMSを飲ませる。1時間から2時間に1回飲ませる。(動物は、体に良いものを
  直感で判断できる能力があるので、以外に好んで飲むかも知れませんね。)


5. その後、MMSを使って豚または牛の全身スプレー消毒をする。

上記の方法で用意したMMS溶液を大きなスプレーボトル(プラスチック)に入れて、全身にスプレーをかける、足や口等の水泡が出ている箇所には入念にかける。

これは、私の意見です。この方法で早急に対応できると思います。実際に口蹄疫の牛や豚を治した実例がないので、効果に関してはあれだこれだと言えませんが、私の予想では患畜の場合は1から2日以内に症状が治まるのではと思います。まだ感染していない家畜はMMSは予防に最適でしょう。

次に、上記の方法でMMSを飲ませた後、集団で風呂に入れる方法です。
豚だとやりやすいでしょう。

1. プールに大量のお湯を満たす。 MMSボトル半分に50%クエン酸溶液ボトル半分を入れて活性化する。 15秒待つ、その活性化した混合液を直接、プールに入れる。

数匹の豚や牛をプールに入れて、たわしで全身を洗ってやる。特にこの場合に気をつけなければならないことは、二酸化塩素ガスの臭いを嫌って、入浴を嫌がる、豚や牛が出てくるでしょう。どのように入浴させるかが、鍵ですね。
同時に、作業される方の全身消毒にもなりますから、一石ニ鳥ですよ。湯の温度が高いほど、二酸化塩素の臭いが消えます。

次に一番、難しい点をお伝えします。
これは人がMMSを使用するケースと同じですね。
MMSを飲んだ後の反応は人と動物でほとんど同じです。

飲んだ後で、患畜の場合は、口蹄疫の症状が悪化しているように見える可能性が十分にあります。(口蹄疫の症状:発熱、元気消失、多量のよだれ、舌、口中、ひづめの皮膚の軟らかい部分に水泡が出る、傷が出る) となると、患畜の場合はMMSを飲んだ後、1時的にこれらの症状が悪化しているのではと見える可能性が十分にあり、または食べたものを吐いたり、吐き気、熱が高くなるとか、水泡が広がるというような可能性も十分にあります。ますます元気がなくなって、横になる
牛や豚が出るかも知れません。人の好転反応と同じですね。

口蹄疫のウイルスが体内に潜入していて、まだ症状が出ていない家畜の場合は、MMSを飲んだ場合に、直後にこれらの症状(反応)が出るかも知れません。これらの反応は1日、2日以内に治まるでしょうが、重症の家畜はもっと時間がかかるかも知れません。

このような時に、獣医や保健所の人に家畜を見てくれと連絡すると、もうアウトですね。

全部殺して埋却処分にしましょうとなります。

MMSにより、家畜が助かる可能性は十分にありますが、それも、人の判断力によってかなり左右されるということになります。

私も、ある人を通して、2週間前に川南町商工会や○○牧場の人にメールしてMMSの試用を勧めましたが、皆さんがパニック状態にあり、返信がありませんでした。個人的にはお呼びがかかり、川南町までMMSを持って行く準備をしておりましたが、明日からまた出稼ぎに他州へ移動しますので、それも不可能となりました。

0000 000000



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



0000さん

ありがとうございます

まずは何らかの方法で飲ませることから始めたいですね

私が思ったのは ジムさん自身の実験とジムさんのお友達の犬の清脈注射の

効果が絶大だった様に感じました 牛や豚は食道から胃腸まで色々な菌が

多い事と 少し構造が違う事などで 血流に吸収される二酸化塩素の電子が

少なくなってしまうと思い 清脈注射は少量で効果があるようなので 同時に

行う方がいいのではないかと思いました この件をジムさんかスタッフの方に

聞いてほしいです お願いいたします


川南町僕が行ってもいいです 前例を作ってMMSを ふっきゅうさせたいです

その場合の費用は出ますでしょうか? 数時間で現地にいけます

            ○○




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○○さん

静脈注射は獣医などの専門家ができればいいのですが、
専門知識と技術が要りますよ。MMSの量も不確定です。
静脈に空気が入れば、危険です。
今、ジムに問い合わせているところです。

川南町はもう無理でしょう。遅すぎますね。
周辺の畜産農家に直接あたるのが可能性が少しはあると
思いますが。宮崎までの費用は何とか供出できると思います。
その場合は、くれぐれも政府関係者や報道関係者に知られないように
動いてください。潰されますので。

0000 000000


・・・・・・・・・・・・・・・・



0000さん

わかりました まず獣医の方の協力者を探してみます

見つかりましたら ご連絡いたします

       ○○○


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







○○さんと○○さんのやりとり


コメント、ありがとうございます。 いま、コメントがのこされているのに気づいちゃいました。
(><;)

処方は、ジムハンブルの最新の処方で検討しています。

人間のマラリア患者には、

3滴のMMS1と、50%クエン酸3滴をまぜると、15秒で茶色の液体になり、これを毎時間服用します。 一日、8−10回繰り返します。

牛さんには、体重が人間の10倍ですから、
口蹄疫の治療には、
30滴のMMS1と50%クエン酸30滴をまぜ、15
秒後に茶色の液体になったところで、服用し、これを一日、一時間ごとに、8−10回繰り返します。

予防には、一日1回とします。(MMS1 30滴)

しかしながら、17滴が2ccに相当するボトルキャップの穴ですので、

30滴を8回だと、240滴(=28cc)、1ボトルは118mlなので、4.2日分です。

000ーさんのところには、牛が40頭いますから、 もし、全頭に与えると、一日に9.5ボトルのMMS1を消費しちゃいます。

今回お送りしたのは、わずか10ボトルです。。。

MMS1は即効性があり、とても強力なのですけど。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この後のコメントにMMS清脈注射の事を書き込みましたが

私が保存していなく コペできませんでした

内容は 飲ませる方法と共に静脈注射か点滴の方法も効果があること

私の実験では動物は大量のMMSを飲まない 何かの方法で

飲ませた場合 牛や豚などには食道から胃腸にあらゆる菌が

多いのでMMSの電子が血流に回る間に少なくなるのではないか

清脈注射だとダイレクトに血流に入れられるのでMMSが少ない量で

効果が大きいのではないか 

ジムさんの英文の本で 病気の犬に清脈注射をしたら元気になった

という記事が出ていたこと ジムさん本人も自身の体で清脈注射を

実験している事から 最上部にあります 0000さんから

ジムさんに直接聞いていただくように お願いを致しました

以  上



知り合いの議員に明日話をしてみようと思います。多分、相手にされないと思うけど、ダメでもともと。僕には、失うプライドなどというものは持ち合わせていない。馬鹿にされて結構です。



東大の教授もこのことを言っていないので、僕のことを信用する人など誰もいないと思います。それが常識でしょう。でもはっきりって、東大の教授が偉いかどうかは僕にはわかりません。東大の教授が知らないことを僕が知っていることもあるし、逆に僕が知らないこともある。自分で確認もせず、どっちが上か下か等と言う考えをする人がこの日本は多いのです。自分の頭で考えることを奪われている。一番大切なのは自分で考えて、自分で判断すること。偉い人が言ったからそれが正しいかどうか疑問を持つこと。それが一番大事なこと。もし、それなりの立場があり、この事実を知っていて、言わない人は、圧力に負けた人です。生活のために、負けているんでしょうけど、この悲惨な状態を見て、黙っていることに罪悪感は無いのでしょうか?

いまの状態を、海の向こうのアメリカから見ていて、僕と同ことを考えている人がいました。その人は、○○町のある牧場に、アメリカからMMS   http://www.vernisaj.com/wordpress/10本を無償で贈りました。5月17日(月)にはもう届いているはずです。僕は、それを知って、その牧場に、使い方をメッセージしました。そのアメリカの彼のメッセージも添えて、結果は、

”お気持ちはありがたいのですが、使うつもりはありません。”

とのことでした。これで、この件は、それ以上の進展はないようです。残念なことでした。

アメリカの○○さんからのメッセージ

今回お送りした、アクティベーターは、パッケージのクエン酸を全部溶かしちゃうと、通常の5倍のクエン酸溶液となります。

したがいまして、MMS 1滴 にたいして、 クエン酸 1滴  となります。

この、従来の5倍のクエン酸を使う方法は、ジムハンブルの推奨する、新しいMMSの調合法です。

300滴というのは、牛さんが人間の体重の10倍であると想定したときのことです。

最初は50滴からはじめて、じょじょに 100滴, 150滴 というふうに、量を増やすといいとおもいます。

IV(Inter Vein) に関しては、僕は、必要な知識も経験もないので、獣医さんあるい畜産学部の学生さんがちかくにいればよいのですが。。。。

まず、ジムハンブルの本を読んで、MMSを理解していただくことも重要だと思います。

日本語版の無料本は、ここからダウンロードできます。

http://bit.ly/cEc9gr

10個ののコップを用意して、

それぞれに新しいジムハンブルの処方である通常の5倍のクエン酸液 30滴  そして、MMSを30滴

をいれて、 蓋をして、 3分間まち (この新しい処方では、3分間もまつ必要はありませんけど。。。)

それを牛さんや豚さんに服用させればいいとおもいます。


あと大事なのは、ビタミンCを一緒にとらないことです。 MMSが効いてくれません。


このメッセージと僕は電話ももらいました。彼もたいそう残念がっていました。僕も残念です。もう宮崎はワクチン接種がはじまりました。とても残念です。

僕の地元は、まだ可能性があります。


詳しいメカニズム。

http://www.vernisaj.com/wordpress/wp-content/chemistry/mms-mechanizm.htm

訳本はここで手に入る。http://www.vernisaj.com/wordpress/freebook

欧州で有名な科学雑誌「NEXUS Magazin」の記事

http://www.nexus-magazin.de/artikel/lesen/mms-ein-wundermittel-fuer-afrika-und-auch-den-rest-der-welt-teil-1

カナダ政府のリスク情報
 http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_2010/2010_74-eng.php

新型インフルエンザへの有効性も注目されている。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E5%A1%A9%E7%B4%A0

二酸化塩素のウィルスへの有効性5−5 http://www.pasteurize.co.jp/cgi-bin/pasteu/siteup.cgi?category=3&page=1

二酸化塩素実験データライブラリー http://www.seirogan.co.jp/medical/eiseidata.html

酸化性物質の毒性比較
http://www.pasteurize.co.jp/file/30/sankabutudokusei.pdf


私は半年間使用(飲んでいる)しているが、生きています。

動物の場合は、飲ませるか、静脈注射または点滴の手段もある。


畜産科、獣医学部の学生さん。大人とか権威を持った人はもう駄目です。国家試験の勉強で頭がいっぱいですか?きっと自由な発想が出来て頭がいい人がいるはず。リスクは何もありませんよ。私は単なる鍼灸師です。誰も信じてくれません。ただ、これが短期的には確実に安全であることは、自分で半年にわたって試しています。相当量摂取したこともあります。大丈夫ですよ。(もうすでに何万人も利用しているし、日本でも相当な人が気づいていますよ)ダメかもしれないけど、ダメでもともとではないですか。大事なことは可能性があるってことなんです。それに、私が相当量摂取しても、元気に生きているので、大きな動物がおかしくなるはずがありません。宮崎はどうなりますか?大人や偉い人は頭が固すぎてダメです。

知識があって、考えが、柔軟な方の目にとまりますように。


一度削除しましたが、大事な文章なので、もう一度載せます。良く読んでください。

                 奴隷的思考

みんな奴隷的発想から抜け出さないといけない。生きていく上でルールはもちろん守らないといけない。でも、そのルールが奴隷的発想を規定している場合がある、ルールが間違っている場合もある。その場合は、十分それを認識し、それに捉われないことが必要だ。

 全てとは言わないが、病気が治らない人の、ひとつの側面は、病気の状態がその人にとって心地が良いからだ(要するに変わりたくないのだ)。これは、もしかしたら、本人は自覚していないかもしれない。そのような人の、ホメオスタシス(恒常性の維持)は、病気の状態にセットしてある。この、恒常性を維持するポイントがずれている。このポイントを正常値にセットし直さなければ、病気は治らない。自分を、縛っているのだ。ここにも、奴隷的発想の側面が表れている。あなたは、自分は奴隷状態では無いと言えるだろうか?

 KY(空気が読めない)という言葉は、日本人独特のものだと思う。この言葉も、KYという一言で、その個人の思考をコントロールしようとしている。みんなKYと言われたくなくて周りばかり気にして、自由な発想ができなくなる。

 どうだろうか。いつの間にか、あなたは自由な発想を奪われていないだろうか?もうすでに決まっていることだと思い込まされて、思考停止に陥っていないだろうか?

 世の中、いろんな問題で、混乱したりしているが、混乱しているのは誰だろうか。それは一般庶民ではないか?争いはどうだろう。一般庶民が争っている。なぜ、争うことになるのか?それは情報からはじまる。あるいは、法律(間違った法律、人を縛る法律)ある特定の考え(宗教など)、このようなものを疑ったことがあるだろうか?あなたは、あなたの考えは、本当にあなたの考えだろうか?そこのところを良く考えないと、いつのまにか、何かに縛られて、自分の考えと、誰かにコントロールされた奴隷的考えがわからなくなる。そして、その狭い範疇でしか発想が浮かばない。これは奴隷と言わずに何といううのだろうか?

 もっと、自由な発想と、自分が奴隷的発想をしていないかよくチェックしないと、頭をやられる。

 世の中が良くならないのは、この奴隷的発想でコントロールされた庶民が庶民を縛っているからだ。生きていくのが苦しくて12年連続、3万人もの自殺者が出るのは、お互いがお互いを縛っているからだ。その責任は私にもあるしあなたにもある。一番怖いのは、情報に踊らされた庶民である。庶民はただ情報に踊らされて、お互いを傷つけあう。きっとあなたたちをコントロールしようとしている人たちは、恐ろしい情報を流して、庶民の思考力を奪い、架空の脅威を信じ込ませんる。そして庶民は、恐怖から思考停止に陥り、お互いをお互いに傷つけ出す。もう、このような社会終わりにしないと、きっと恐ろしいことがはじまる。そこに気づくことがとても大事なことだと思う。そして、みんながこのことに気づき、世の中の恐ろしい情報を無力化できれば、きっと良い世の中になる。庶民はその力を持っている。目先の情報に振り回されてはいけない。情報は、信じなければ無力化できる。

 KYとか言っているあなた。KYと言われたくないと思っているあなた。すでに奴隷的発想にはまっている。KYという言葉がそれを象徴している。完全にやられているよ。

 もし、あなたが、テレビも何もない豊かな大自然に囲まれたところで生活していたら、そこはきっととても平和だろう。どこに脅威があるのでしょうか?地球が今すぐにでも危ないなどという嘘に騙されてはいけない。一番危ないのは、人間の争いであって、世界は人類がその気になれば、一瞬で平和になるはず。一部の人に富が集中して、紙きれで争うような社会が一番危ない。全てを公平にわけることができる食料は地球が用意しています。地球は全く危なくありませんよ。なぜ、気がつかないのですか?
9

二酸化塩素酸化作用のメカニズム概説(トーマス・ヘッセリンク医師)  口蹄疫

いまの状態を、海の向こうのアメリカから見ていて、僕と同ことを考えている人がいました。その人は、○○町のある牧場に、アメリカからMMS   http://www.vernisaj.com/wordpress/10本を無償で贈りました。5月17日(月)にはもう届いているはずです。僕は、それを知って、その牧場に、使い方をメッセージしました。そのアメリカの彼のメッセージも添えて、結果は、

”お気持ちはありがたいのですが、使うつもりはありません。”

とのことでした。これで、この件は、それ以上の進展はないようです。残念なことでした。

アメリカの○○さんからのメッセージ

今回お送りした、アクティベーターは、パッケージのクエン酸を全部溶かしちゃうと、通常の5倍のクエン酸溶液となります。

したがいまして、MMS 1滴 にたいして、 クエン酸 1滴  となります。

この、従来の5倍のクエン酸を使う方法は、ジムハンブルの推奨する、新しいMMSの調合法です。

300滴というのは、牛さんが人間の体重の10倍であると想定したときのことです。

最初は50滴からはじめて、じょじょに 100滴, 150滴 というふうに、量を増やすといいとおもいます。

IV(Inter Vein) に関しては、僕は、必要な知識も経験もないので、獣医さんあるい畜産学部の学生さんがちかくにいればよいのですが。。。。

まず、ジムハンブルの本を読んで、MMSを理解していただくことも重要だと思います。

日本語版の無料本は、ここからダウンロードできます。

http://bit.ly/cEc9gr

10個ののコップを用意して、

それぞれに新しいジムハンブルの処方である通常の5倍のクエン酸液 30滴  そして、MMSを30滴

をいれて、 蓋をして、 3分間まち (この新しい処方では、3分間もまつ必要はありませんけど。。。)

それを牛さんや豚さんに服用させればいいとおもいます。


あと大事なのは、ビタミンCを一緒にとらないことです。 MMSが効いてくれません。


このメッセージと僕は電話ももらいました。彼もたいそう残念がっていました。僕も残念です。もう宮崎はワクチン接種がはじまりました。とても残念です。

僕の地元は、まだ可能性があります。



詳しいメカニズム。

http://www.vernisaj.com/wordpress/wp-content/chemistry/mms-mechanizm.htm

訳本はここで手に入る。http://www.vernisaj.com/wordpress/freebook

欧州で有名な科学雑誌「NEXUS Magazin」の記事

http://www.nexus-magazin.de/artikel/lesen/mms-ein-wundermittel-fuer-afrika-und-auch-den-rest-der-welt-teil-1

カナダ政府のリスク情報
 http://www.hc-sc.gc.ca/ahc-asc/media/advisories-avis/_2010/2010_74-eng.php

私は半年間使用(飲んでいる)しているが、生きています

動物の場合は、飲ませるか、静脈注射または点滴の手段もある。

新型インフルエンザへの有効性も注目されている。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E5%A1%A9%E7%B4%A0

二酸化塩素のウィルスへの有効性5−5 http://www.pasteurize.co.jp/cgi-bin/pasteu/siteup.cgi?category=3&page=1

二酸化塩素実験データライブラリー http://www.seirogan.co.jp/medical/eiseidata.html

酸化性物質の毒性比較
http://www.pasteurize.co.jp/file/30/sankabutudokusei.pdf

使用方法については、http://www.vernisaj.com/wordpress/に問い合わせてください。

これについては、当方では、ノーコメントだし責任の範疇にありません。当方が出すのは情報だけです。

畜産科、獣医学部の学生さん。大人とか権威を持った人はもう駄目です。国家試験の勉強で頭がいっぱいですか?きっと自由な発想が出来て頭がいい人がいるはず。リスクは何もありませんよ。私は単なる鍼灸師です。誰も信じてくれません。ただ、これが短期的には確実に安全であることは、自分で半年にわたって試しています。相当量摂取したこともあります。大丈夫ですよ。(もうすでに何万人も利用しているし、日本でも相当な人が気づいていますよ)ダメかもしれないけど、ダメでもともとではないですか。大事なことは可能性があるってことなんです。それに、私が相当量摂取しても、元気に生きているので、大きな動物がおかしくなるはずがありません。宮崎はどうなりますか?大人や偉い人は頭が固すぎてダメです。

知識があって、考えが、柔軟な方の目にとまりますように。


一度削除しましたが、大事な文章なので、もう一度載せます。良く読んでください。

                 奴隷的思考

みんな奴隷的発想から抜け出さないといけない。生きていく上でルールはもちろん守らないといけない。でも、そのルールが奴隷的発想を規定している場合がある、ルールが間違っている場合もある。その場合は、十分それを認識し、それに捉われないことが必要だ。

 全てとは言わないが、病気が治らない人の、ひとつの側面は、病気の状態がその人にとって心地が良いからだ(要するに変わりたくないのだ)。これは、もしかしたら、本人は自覚していないかもしれない。そのような人の、ホメオスタシス(恒常性の維持)は、病気の状態にセットしてある。この、恒常性を維持するポイントがずれている。このポイントを正常値にセットし直さなければ、病気は治らない。自分を、縛っているのだ。ここにも、奴隷的発想の側面が表れている。あなたは、自分は奴隷状態では無いと言えるだろうか?

 KY(空気が読めない)という言葉は、日本人独特のものだと思う。この言葉も、KYという一言で、その個人の思考をコントロールしようとしている。みんなKYと言われたくなくて周りばかり気にして、自由な発想ができなくなる。

 どうだろうか。いつの間にか、あなたは自由な発想を奪われていないだろうか?もうすでに決まっていることだと思い込まされて、思考停止に陥っていないだろうか?

 世の中、いろんな問題で、混乱したりしているが、混乱しているのは誰だろうか。それは一般庶民ではないか?争いはどうだろう。一般庶民が争っている。なぜ、争うことになるのか?それは情報からはじまる。あるいは、法律(間違った法律、人を縛る法律)ある特定の考え(宗教など)、このようなものを疑ったことがあるだろうか?あなたは、あなたの考えは、本当にあなたの考えだろうか?そこのところを良く考えないと、いつのまにか、何かに縛られて、自分の考えと、誰かにコントロールされた奴隷的考えがわからなくなる。そして、その狭い範疇でしか発想が浮かばない。これは奴隷と言わずに何といううのだろうか?

 もっと、自由な発想と、自分が奴隷的発想をしていないかよくチェックしないと、頭をやられる。

 世の中が良くならないのは、この奴隷的発想でコントロールされた庶民が庶民を縛っているからだ。生きていくのが苦しくて12年連続、3万人もの自殺者が出るのは、お互いがお互いを縛っているからだ。その責任は私にもあるしあなたにもある。一番怖いのは、情報に踊らされた庶民である。庶民はただ情報に踊らされて、お互いを傷つけあう。きっとあなたたちをコントロールしようとしている人たちは、恐ろしい情報を流して、庶民の思考力を奪い、架空の脅威を信じ込ませんる。そして庶民は、恐怖から思考停止に陥り、お互いをお互いに傷つけ出す。もう、このような社会終わりにしないと、きっと恐ろしいことがはじまる。そこに気づくことがとても大事なことだと思う。そして、みんながこのことに気づき、世の中の恐ろしい情報を無力化できれば、きっと良い世の中になる。庶民はその力を持っている。目先の情報に振り回されてはいけない。情報は、信じなければ無力化できる。

 KYとか言っているあなた。KYと言われたくないと思っているあなた。すでに奴隷的発想にはまっている。KYという言葉がそれを象徴している。完全にやられているよ。

 もし、あなたが、テレビも何もない豊かな大自然に囲まれたところで生活していたら、そこはきっととても平和だろう。どこに脅威があるのでしょうか?地球が今すぐにでも危ないなどという嘘に騙されてはいけない。一番危ないのは、人間の争いであって、世界は人類がその気になれば、一瞬で平和になるはず。一部の人に富が集中して、紙きれで争うような社会が一番危ない。全てを公平にわけることができる食料は地球が用意しています。地球は全く危なくありませんよ。なぜ、気がつかないのですか?
15

城美会展  水彩画

明日から始まります。23日(日)までです。都城市立美術館です。
お近くの方は、是非、見にいらしてください。

クリックすると元のサイズで表示します

僕の大好きな、みやこのジョーさんの絵もあります。

クリックすると元のサイズで表示します


宮崎銀行都城営業部(上町)への展示風景 9点展示してあります。
クリックすると元のサイズで表示します

なかなか行ける人は少ないと思うので、出品作品を掲載します。

ななとこ

クリックすると元のサイズで表示します

パイレーツの冒険ビーチ

クリックすると元のサイズで表示します

アフリカの草原ゾーン〜平川動物公園

クリックすると元のサイズで表示します

ハローゲーリー

クリックすると元のサイズで表示します

夢の中へ

クリックすると元のサイズで表示します

以上です。透明水彩は発色が綺麗です。できれば、是非、原画を見てください。
1

西洋菊  社会

今朝、治療院の玄関に飾ってある。西洋菊をみたら、綺麗なままに、一部が倒れている。持ってみると、茎が切れていた。良く見てみると葉の裏に虫がびっしり。

綺麗なままに倒れていく。

なんだか悲しい気持ちになった。

ここ2、3日のことを考えて、僕は深くため息をついた。

 僕の言うことを絶対だとか、いうことを聞きなさいと言っている訳ではなく、知識のある人がその情報をみて、きちんと調べればその意味はおのずとわかるはずである。その知識のある人たちが、きちんと調べもせず、否定してしまう。それを期待していたのだが・・・。僕が甘かった。まあ、僕が相手にされないのは考えてみると当たり前のことだけど(笑)
今回の件、どこかで誰かが調べてもらうことに期待したい。僕は所詮、たかが鍼灸師なのだ。誰かそれなりの立場の方に期待したい。

僕はもうすることはありません。この件はもうこれでおしまいです。


微妙な問題なので、コメントはいりません。
1




AutoPage最新お知らせ