みやこんじょ2010福祉まつり 実施報告  親子スキンタッチ教室



                        平成22年3月16日
みやこんじょ福祉まつり2010
実行委員長 ○○様
担当:○○様
   ○○様
   ○○様
                  都城北諸はり・きゅう・あんま師会
               理事 吉田 純久(吉田鍼灸指圧治療院)
 
     みやこんじょ福祉まつり2010 体験コーナー
       親子スキンタッチ教室の実施についての報告

 標記の件、今般は、みやこんじょ福祉まつり2010に参加させていただきまして誠にありがとうございました。当日は天候に恵まれ、大勢の人出で賑わいました。とても良い祭りだったと思います。従来の社会福祉センターから、国道10号線を挟んで、交流プラザ周辺に会場を移し、ご関係 者のご苦労はいかばかりのものだったのか、ご推察致します。                 
 さて、当方、交流プラザ茶霧茶霧ギャラリーにて“親子スキンタッチ”教室を開催させて頂きましたので下記の通りご報告申し上げます。

                  記

1. 実施日時:3月15日(日) 10:00〜12:30

2.場  所:ウェルネス交流プラザ茶霧茶霧ギャラリー

3.実施内容:ふうせん遊び(バルーンアート)
       親子スキンタッチ教室(お父さんお母さんと幼児から未就学児対象)

4.参加人数:ふうせん遊び 子供と親 多数。
       親子スキンタッチ教室 2組 (大人3人 子供3人)

5.実施してみて:ふうせん遊びがとても人気があった。親子スキンタッチ教室ではなく、ふうせん遊びのコーナーと思っている人が多かったのではないか。親子スキンタッチは参加人数は少なかったが、満足できる内容だったと思います。


6.反省点:多くの子供たちと触れ合いながら、親子スキンタッチを知ってもらうという意味でも、もっと遊びを多くしてもいいのではないかと思いました。来年、もし参加させて頂けるなら、もっと工夫をしたいと思います。それと、早く終わってしまったので、最後まで15:00まで参加せずに、帰宅していまいました。もちろん片づけて、事務局に連絡してから帰りましたが。来年は、最後まで参加できるような工夫をしたいと思います。ありがとうございました。

                             以   上クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ