「ビジネスマン」の精神科  メンタル

岩波明著 講談社文庫を読んだ。

 科学的根拠に基づいた、非常に現代学的な書物である。精神科における治療には薬物療法が第一選択で、認知行動療法やカウンセリングなどは、ほとんど役に立たないか、かえって悪化させるだけだと言っている。この人の考えによると医療に臨床心理士もカウンセラーもいらないということだろうか?
 精神医療の専門家で、薬物を第一選択にしていない人は、とんでもない専門家だと言っている。そして、代替療法などは詐欺だと言っている。僕など彼からみれば詐欺師だろう。もちろん明らかにとんでも理論の人もいるが、自由な発想をする人にはどちらかというと着眼点がすばらしくユニークな人が多いと思う。

 この著者の書籍は常識的な意見だと思うが、創造力と個別性が欠落しているようだ。世の中にはいろんなことを言う人がいるのが当たり前で、自分が正しくて相手が間違ってるなどということは全くない。僕は個別性を無視した科学的根拠を信じない。むしろ科学的根拠ほどいい加減なものはないと思う。研究室や試験管の中のある一定の条件下で再現できても、実際の多様な条件が存在する研究室や試験管の外では役に立たない。

 きちんと目の前で起こっている出来事とその前後のつながりを観察することにより答えが見えてくる。実践におけるたゆまぬ観察から導き出される。

 この著者は非常に頭のいい人であることはわかる。悪い人でも無いと思うが、今の精神医療が、非常にあやふやでそして第一選択の薬物により患者が生みだされている現状を認識しているのだろうか?そして、今、世界の動きは、薬物一辺倒かの反省から、行動療法やカウンセリングに向かいつつある。

 薬物治療についても、たとえば抗うつ薬SSRIなどの副作用で、自殺衝動や、焦燥感や暴力的になることがあると言われていることについても、それはあっても微々たるもので、第一薬の副作用かどうかはわからないとしている。

 僕ははっきり言うが、SSRIには衝動性や焦燥感や、感情の鈍磨がある。そして非常にクールな状態になる。僕は危険だと思う。精神科のお医者様はそんなに安全だと言うなら、まず薬を自分で試したから処方してほしいと思う。

 それに、パニック障害はコーヒーでなることはない。ストレスでなる。コーヒーが身体に悪いことは言うまでもないが・・・。

 ただ、納得できたのは、人生の悩みは精神科では解決できないということと、カウンセリングの傾聴は役に立たないという言葉。

 僕も傾聴は必要だと思うが、傾聴だけではダメだと思う。患者はどうすればいいのかというアドバイスと自分の苦しさの理解を切実に求めている。

 これだけ、精神的な病が増えたのは、日本の社会的な問題に負うところが大きい。日本は経済的、物質的豊かさを求めるあまり、心を失った。強いものはただ強くなりやさしさをなくした。弱い人は、ダメなやつ、暗い奴、役に立たない奴、能力の低い奴として精神的に追い込まれる。さらにずるくて強い奴がそれに拍車をかける。

 本当に強い人はやさしさを備えた人だと僕は思うが、あまりみかけない。
暗い人や、無口な人、勉強ができない人は、それは悪いことではない。それを悪いことのように考える世間に問題がある。まだまだ良い世の中は来ない。

ポジティブシンキング〜前向きな思考について

は一休み。

クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ