松山町ののらねこ  水彩画

松山町の公園ののらねこ。松山町は、綾小路きみまろさんの故郷です。関係ないけど・・・。


クリックすると元のサイズで表示します

 そうだ、来年の干支。牛描かなきゃ 
 
 絵文字に牛いない
1

公園の寂しいゾウ  水彩画

 松山町 道の駅近くの総合運動公園にあるゾウのすべり台。誰もいなくて寂しそうだった。ここの道の駅には、ダチョウ牧場なるものがある。オーストリッチの高価な革製品をオーダーメイド制作するそうだ。でも、革製品は僕は何となく抵抗を覚えるね。

クリックすると元のサイズで表示します


 全く別件だが、狭心症は、頑張りやさんがなる。狭心症の薬は、ニトロをはじめとして何種類かある。カルシウム拮抗薬や、β遮断薬など。
 作用は冠状動脈の血管を広げる。身体全体の血管を拡張させる。血管の痙攣を予防する。交感神経を遮断(β遮断薬)し、心臓の興奮を抑えるなど。
 
 全て自律神経の働きを乱すので、副作用は、めまい、ふらつき、頭痛、だるさなどがある。もっとあるけど・・・。これらは服用を続けると馴れるそうだ。(馴れるとは恐ろしい限りだ)

 
 狭心症の治療目標は、第一に狭心症発作や狭心痛を抑える。第二に、重い心筋梗塞
を防ぎ、予後改善する(寿命を伸ばす???)ことです。

 さて、狭心症は、何故起こるか、この原因に触れないと治療は出来ません。
まず、心臓は生きている間中、絶え間なく働いています。実は解剖学上、心臓の血管、冠状動脈には血流が行きにくい構造になっています。心臓から血液が送り出される直前に分岐があります。

 その心臓に負担をかけることにより、具体的には交感神経が働き過ぎるような生活を(がんばりやさんな生活、又はストレスが多い生活)をしていると、持続的に、血管が収縮し、血圧が上がり、心臓に負担がかかります。血管の収縮は、冠状動脈も同じく収縮します。又、心臓に負担がかかると、同房結節(ペースメーカー細胞)への血流不全も生じ、不整脈が現れます。この不整脈から、心臓への虚血状態がはじまります。つまり狭心症です。

 狭心症の原因は、働き過ぎ、動きすぎ、悩み事などのストレスです。ですから、第一の治療目標は、薬ではなく、生活の改善です。頑張ってばかりだといずれ疲弊し、虚血状態から、心筋梗塞に陥ります。心筋梗塞は、頑張りすぎて虚血状態に陥り、心臓の細胞のミトコンドリア(エネルギーを作っています)が、疲弊し、エネルギー供給が間に合わない状態か、そこから快復しきれない(頑張りすぎた結果は、間に合わないのです)。又は、血管が完全に閉塞してしまい、血液が途絶えた状態から心筋の細胞が壊死していくのです。それが心筋梗塞。

 こういうと恐いですが、生活の見直しを図れば、全く問題ありません。性格も絡んでくるので、そこの見直しも必要かもしれません。(自分の性格をよく考えてみて下さい)

 だから、簡単にいえば、血行を良く(運動したり、リラックスしたり、自分を裏切らないようにしたり)していれば大丈夫ということです。

これで説明になっているでしょうか?わかりにくいかな?ちょっと説明が足りないかも。とりあえず。
2

パン屋 描き直し  水彩画

 手前の樹木が気に入らなかったので、昨日描き直した。にじみの溜りができてしまった。失敗かな。自然のにじみで、失敗も成功にしよう。

クリックすると元のサイズで表示します

描き直し 樹木は葉っぱが描けず。裸の木にした。

クリックすると元のサイズで表示します
1

慢性痛  

というのを、「ためしてがってん」でやっていた。慢性痛は意味のない痛みで、神経が混線し、脳が痛みを間違って記憶した結果だ、痛みはがまんしてはいけない。結論は、痛みはがまんしてはいけない、放置すると慢性痛になりますよ。治療法は、神経ブロックや痛み止めなどの薬を使用するペインクリニックで治療して下さいとのこと。

 アホかと何回も突っ込みを入れた。何の異常もないのに痛みが出るはずがない。検査を全てしたが何も異常がないと言われた。痛みに苦しんだ。何やってるのだ。白血球分画は調べたのか?絶対に顆粒球が多く、リンパ球が少ない。極度の交感神経緊張状態になっているはずだ。そこのバランスをとれば自ずと痛みは改善する。

 原因がない???。原因はストレスによる交感神経緊張状態が長年続いた事による。

痛みは放置すると慢性痛に移行する。すぐに病院で適切な治療を受けて下さい。確かに、放置したり、痛み止めや、シップ。注射などでごまかしていたり、冷えを(血流不全を)放置していると、慢性痛に陥る。この、痛み止め、湿布、注射、根本的な原因にアプローチしないペインクリニックの治療は、慢性痛を一時的に抑えるかもしれないが、全て交感神経を極度に緊張させるので、交感神経緊張状態→血流不全→顆粒球が増え、新たな病を生み出す危険性が高い。何故、それを言わない?

 僕は痛みを我慢しなさい、放置していいと言っている訳ではない。温めて、痛み止めなどを使用せず、血行を良くすれば、どんな慢性痛も治癒の可能性があると言っているのだ。

 ペインクリニックの専門医が、10数年痛みを抱えている人は、神経ブロックや痛み止めを使用すれば数年で改善すると言っていた。

 僕は、温めれば、3ヶ月で改善すると思う。身体は滅多に間違いを犯さない。不快な症状は治癒反応である。

 あれを見た人は、僕をうそつきだと思うかもしれない。全く、「ためすとバッテン」だ。一方的な、治療法の紹介は誤解を生む。多様な治療法や考えがあることを放映して欲しい。あれでは、ペインクリニックに、患者を誘導しているように見える。なんか意図的な番組だ。ね。
3

パン屋さん  水彩画

高城 石山観音池近くのパン屋さん(ローカルな地名ですみません)

おいしかった。綺麗な建物だったので描いてみた。


ガンと宣告された方、末期ガンの方、余命を告知された方、絶望せずに当治療院(吉田鍼灸指圧治療院
http://www.btvm.ne.jp/~himawari/index.html)をたずねて下さい。

日本ウェラー・ザン・ウェル学会 http://www.wtw-gakkai.jp/#

クリックすると元のサイズで表示します
1

餓死迫る日本  社会

「餓死迫る日本」小池松次著 学習研究社 

という本を読んだ。とてもテンションが下がる本だ。でも事実だろう。目を離してはいけないのかもしれないが、小池氏が言うような個人での防衛策はちょっと難しい。国家レベルで、政府は生き残りをかけて取り組んで貰いたい。それには今の政府では情報が少なすぎる。もっと真剣に国民に訴えないといけないのではないだろうか?

 本を読んでからテンション下がりっぱなしだ。読まない方(知らない)がいいいのかもね。子供達の顔がよぎる。僕らは一体何が出来るのだろうか? 
1

みやこばるの飛行船  水彩画

 「2007年4月9日都原(みやこばる)上空の飛行船」ローカルな地名ですが、うちに来られる方が、撮影した写真を持ってこられたので、描いてみました。

 飛行船が何でこの田舎を飛んでいるのでしょうか?ヤフージャパン、関空から世界へというロゴが見えます。どっから飛んできたのかな?

 飛行船はゆっくりと空を飛び、音も静かだそうです。どんな人が乗っているのでしょうか?一度乗ってみたいですね。空の散歩。

ガンと宣告された方、末期ガンの方、余命を告知された方、絶望せずに当治療院(吉田鍼灸指圧治療院
http://www.btvm.ne.jp/~himawari/index.html)をたずねて下さい。

日本ウェラー・ザン・ウェル学会 http://www.wtw-gakkai.jp/#


クリックすると元のサイズで表示します
1

ブライトウインド  水彩画

近所に開業した美容院です。明るくて結構素敵な美容院。腕もいいですよ。看板が綺麗でかわゆかったので描いてみました。店内も癒し系のブタさんグッズが置いてあります。髪を切ってもらったが楽しくさっぱりしたよ。


クリックすると元のサイズで表示します
1




AutoPage最新お知らせ