格差社会とは何だ?  メンタル

 格差社会と言われている。何が格差なのか?昔から格差などあった。一部のお金持ちとそうでない人。昔の方が格差は大きかっただろう。海外旅行に行けないことが格差なのか?ブランド物を買えないことが格差なのか?高級レストランに行けないことが格差なのか?負け組勝ち組み?誰が負けて誰が勝っているのか?自分は負けた。これは社会が悪いと思っている人が本当にいるのか?
 一体誰が格差社会と言っているのか?政治家がこの言葉を利用しているだけではないのか?確かに格差はあるだろう。資本主義社会なのでこれは当然の事。問題はどこにあるのか?
 問題は私たちの心にあるのではないか?貧乏でも生きていける社会を放棄したのは自分たちではないのか?全ての物事をお金で解決しようとした結果が現代だと思う。そしてやはりこれからも物事をお金で解決しようとしている結果が、”格差社会”という言葉を生んだのだと思う。こう考えるとこの言葉は結構恐い言葉だ。
 金がなくても生きていく。だって、毎日がんばって仕事をしているではないか?労働の対価がお金持ちの人と比べると低いだけなのだから。これで生きていけないとしたら、自分の生活や心が悪いか、または日本の社会的構造が悪いのだ。日本の社会的構造は私たち作っていることから考えるとやはり、私たちの”豊かな心”が失われた結果であろう。と私は考える。これは必ず取り戻さなければならない。
4




AutoPage最新お知らせ