自律神経の働きH  医学情報

今までに記載したように、自律神経、特に交感神経の緊張状態が病気を生み出します。

交感神経の過度の緊張
アドレナリンの過剰作用

@顆粒球の増加・活性酸素の増加
A血管が収縮し血流障害・虚血状態

一方、副交感神経は機能が低下し

Bリンパ球の減少
C排泄・分泌能力の低下

を招きます。

結果、ガン、感染症、様々な病気になりやすく治りにくいという状態になります。

鍼灸はこの自律神経機能を調節します。


以上、長い記事でしたがお付き合いありがとうございます。
13



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ