自律神経の働きG−A  医学情報

自律神経の働きG−A


ストレスにより病気になる仕組み

過度のストレス(働きすぎ・悩みすぎ・薬の飲みすぎ)
  ↓
交感神経の一方的な緊張
  ↓
アドレナリンの過剰作用 → 緊張・興奮
   ↓               ↓
               イライラ 
心拍数の増加        怒りっぽい
  ↓            不眠
               のどの狭窄感
知覚が鈍る         食欲減退(やつれ)
味覚異常          やけ食い(肥満)
視力低下          全身倦怠感
難聴            恐怖感
聴覚の低下


交感神経の極度の緊張は、闘争か逃走かの状態を作り出します。

※交感神経の緊張によるアドレナリンの作用は、毛細血管の収縮、心拍数の増加、心拍動を強くする、呼吸数の増加、血液をドロドロにする、血圧を上げる、血糖値を上げる、顆粒球を増やすです。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ