自律神経の働きD−@ 高気圧 身体能力の向上  医学情報

自律神経の働きD−@ 高気圧 身体能力の向上


晴天の高気圧には交感神経が働きます。これは狩猟や農耕を野外で行うのに適しているので、そうなっています。原始的な本能です。

交感神経が働くことにより

@身体能力が向上する

・心臓の拍動が強まる。
・呼吸が早くなる
・末梢血管(毛細血管)が閉じる
・血液をドロドロにする

以上により

血圧が上昇します。勢いよく押し出された血液は脳と筋肉に行きます。

これは、脳が良く働き、身体を動かしやすくするためです。何しろ活動しないといけないのです。

末梢血管が閉じるのは、血圧を上げる為だけではなく、もし何らかの原因より怪我を負った時に出血を最小限に抑える為です。

血液をドロドロにするのも、同じ理由です。

ですから、血液ドロドロが悪いわけでは無く、そういう時間帯も必要と言うことです。

いつも血液サラサラではいけないのです。同様にいつも血液ドロドロでもいけないのです。


つづく
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ