白血球の自律神経支配@  医学情報

白血球の自律神経支配@

細菌を処理して化膿性の炎症を起こし治癒に導く顆粒球と、ウイルスやタンパク質などの小さな異物を抗体で凝集させて無毒化するリンパ球がマクロファージから進化したのです。

顆粒球は膜上にアドレナリンレセプターを持ち、交感神経刺激で働きが高まり、骨髄での産生が高まります。

一方、リンパ球は膜上にアセチルコリンレセプターを持っており、副交感刺激で働きが高まり、数が増えることを、安保徹らは発見しました。

福田ー安保理論です。
5



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ