原因不明の皮膚病の原因  医学情報

ストレスが続くと慢性症状が現れます。体温が低下し代謝障害に陥ります。

一時的にストレスに対して戦うための状態ですが、長く体温低下が続くと、ミトコンドリアのエネルギー産生低下、タンパク合成の低下、疲れやすいなどのやつれ症状が出てきます。

皮膚はケラチンタンパクを作りますが、慢性のストレス状態ではタンパク合成が低下しているため、皮膚が弱くなり、障害され皮膚の病気が現れます。

皮膚の病気は原因不明と言われますが、原因ははっきりしており、慢性的なストレス→体温低下→代謝障害→エネルギー産生の低下→タンパク合成の低下です。

これにより原因不明の尋常性感染や乾皮症などの病気になります。

原因ははっきりしているのです。

この原因にアプローチせず、薬物等で治そうとするから治らないのです。むしろ悪化していきます。

鍼灸はストレスを軽減させ代謝を改善させます。
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ