末期の肝臓がんの症例  医学情報

末期の肝臓がんの症例

今年の初めからから診ている患者さん。

病院でもうダメだと言われていた。

そして肝臓を切り取る手術と抗がん剤を繰り返しどんどん弱っていた。

私の治療とアドバイスで、それを家族で実行してもらい、ほぼ腫瘍マーカーなど数値は改善し、医者から問題ありません。身体はとても綺麗ですと言われた。

そして、明日から海外の長期旅行に行く。楽しんで来て下さい。




それから、6月21日(金)自律神経の話しがあります。

午前10時からです。

参加費は3500円です。

当院に申し込んで下さい。

   0986−23−8531
   yoshiyoshiharuya@yahoo.co.jp

情報を見つけられないという問い合わせがあり、確かに発信不足です。すみません。

お会いできるのを楽しみにしています。


じっくり治療院に来られてください。良くなる為の情報が多すぎて短期間では伝えきれないのです。あきらめないで心配しないで下さい。大丈夫。大丈夫

5
タグ: 自律神経 鍼灸



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ