餓死迫る日本  社会

「餓死迫る日本」小池松次著 学習研究社 

という本を読んだ。とてもテンションが下がる本だ。でも事実だろう。目を離してはいけないのかもしれないが、小池氏が言うような個人での防衛策はちょっと難しい。国家レベルで、政府は生き残りをかけて取り組んで貰いたい。それには今の政府では情報が少なすぎる。もっと真剣に国民に訴えないといけないのではないだろうか?

 本を読んでからテンション下がりっぱなしだ。読まない方(知らない)がいいいのかもね。子供達の顔がよぎる。僕らは一体何が出来るのだろうか? 
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ