内海聡医師批判 へのコメント  医学情報

私のブログへの投稿コメントへの返信は制限されている(出来ない)ため、記事にてコメント致します。

内海聡医師批判 http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/950.html

に次のようなコメントを頂いた。本名だろうか、あなたは勇気があり素晴らしい。

私はもうこの問題から離れようと思っていたのだがこの問題は終わりが無い。被害者は相当いるようだ。

病名が「ワクチン後遺症」とは、驚いた。なんていい加減な診断名?彼の言う、精神科医は99%誤診に匹敵するいい加減な診断。

ワクチンの害については私もブログにて警告しているが、このような診断名は確信が無くつけられない。

家族が崩壊していく。これが医者の仕事だろうか?


安藤 純二郎

2014/9/21 12:32

私は最近この医師から、4歳になる息子の診断書を頂いた父親です。病名は『ワクチン後遺症』内容は日本脳炎のワクチンを打った後に体調が悪化し、ワクチンの後遺症との事。現在栄養療法と心理療法的にて治療しているが、ワクチンの毒性物資の問題と父親の問題が混在しているため、双方の観点から治療していく事が必要であろうう。(一部省略)と・・・いつの間にか私の問題にされています。面識もない医師にこんな診断書を作って頂き驚愕し、困惑しています。私の妻はこの医師を崇拝している様で、本を何冊も購入し、無農薬や有機農法の食事をこどもに食べさせている様です。それ自体は良いこととは思うのですが、家計は逼迫し、子供に牛乳や砂糖は毒と教え込み一切口にさせないようになりました。そのことによる口論が絶えませんでした。私は医学は無知ですが、薬が全て悪とも思っていませんし、逆に全て善とも思っていません。子供は確かに日本脳炎の予防接種を受けた後に高熱をだしましたが、普段は元気に走り回ったりして、私の目には異常を感じなかったです。それでも妻はおかしいと主張し、色々な大学病院を転々とし、門前払いを受けここに行き着いたようです。妻とは現在離婚調停中で会話をかわす事もなく、裁判に提出する書類としてこの様な診断書を妻が作らせたと思いますが、何せ肩書き医者なのでとても困っております。マルチ商法やマインドコントロールを感じるのですが、内海という医者はどういう人物なのでしょうか?


>奥様はうつみん教という宗教につかまってしまったのです。私のアドバイスは、普通に生活し、内海氏からは離れなさいということです。

奥さんとの関係はもう修復不可能でしょうか?できれば修復してください。子供の為にも。

そのためには、奥様のマインドコントロールを解かないといけません。難しいですか?

私のブログの内海医師批判のコメント欄を読ませて、被害者がどう言っているのか認識させて下さい。

本当に不幸なことです。

もう一度言います。この男は虚無主義者で超悲観論者で、人間を人間と思っていません。彼自身が精神異常者です。

すぐに離れて下さい。彼の本を崇拝しないで下さい。

本物は、安保徹教授です。彼の本を読ませて下さい。最新刊は素晴らしい出来です。「病気にならない常識」


クリックすると元のサイズで表示します




彼のせいで幸せを失わないで下さい。


11
タグ: 本物の医師



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ