喘息は治せる  医学情報

喘息で苦しんでいる人は、吉田鍼灸指圧治療院へ

喘息は私の自律神経免疫療法と病気治療プログラムで治せる。

過去記事より

病気(喘息)克服6ヶ月プログラム

2014.1.20
吉田鍼灸指圧治療院

1. はじめに
 
 まず、最初にこのプログラムは、11年間の私の経験(私は難治性の慢性喘息を持っている)から導き出したものであり、これが成功すれば世界的快挙である。私はこのプログラムは、喘息だけではなくあらゆる病気に有効だと確信している。

 喘息は、現代医学では全く治せない疾患である。治せないがコントロールはできる。しかし、薬物治療はステロイドによってなされる為、その長期摂取による副作用と言う代償は大きい。しかし、現代医学はこの点は無視している。

 子供のアレルギー、喘息、アトピーは思春期に自然治癒するので心配の必要は無い。ただし、これも、薬物を多量に使用していると大人にまで持ち越し、一生薬物が離せなくなる。大人の喘息は非常に難治である。従って、これを治せるとすれば世界的快挙だと言っているのである。

 これから、その治療法を記載して行きたいと思うが、理論(理屈)を書いていると、長くなり、読んで理解するのに大変なのでシンプルに方法だけ記載して行きたいと思う。理論的なことを知りたい人は、問合せ願いたい。大切な事は理屈ではなく、良くなればいいのだ。

2. 病気(喘息)克服プログラム

(1)まず最初にすることは、食事を減らすことである。1日3食を2食にする。朝食を抜くこれを一ケ月続ける。
 
(2)1日2食に馴れてきたら、次に、炭水化物の摂取を制限する。白ご飯、めん類を食事から抜く。もちろん甘いもの、砂糖、お菓子の摂取を止める。これを1ヶ月続ける。
 
(3)3ケ月目、1日1食、夕食だけにする。果物と野菜をメインにする。多少、副食、みそ汁などは食べても良い。

 (1)(2)(3)を通して、ずっと自家製豆乳ヨーグルトを作り、常に食べる。
 作り方は別添。豆乳ヨーグルトはマクロファージ(免疫の司令塔)を活性化させる。
 良質のアミノ酸を摂取できる。

  出来れば、日の出、日の入りの太陽を最低でも20分浴びて欲しい。太陽光を浴びることで、脳内に豊富にあるミトコンドリアがエネルギーを作りだすので、食欲が減る。さらに、脳内でメラトニン、セロトニンを産生し、身体のリズムを整え、睡眠の質を良くしたりポジティブな幸福感を得られる。ビタミンDが合成され免疫力が向上し、骨も強くなる。

 (4)3ケ月目。ノニジュースと豆乳ヨーグルト断食を3日間行う。ノニジュースを2本購入し、3日間の間に、水とノニジュースと豆乳ヨーグルトだけで過ごす。ノニジュースは、一番安いハンズノニ(1本1980円)、モリンダ社のノニジュース(6000円くらい)を使用しても良いが、ハンズノニの3倍の値段はする。ちなみに、ノニジュースは私のところでは販売していない。自分で手に入れるか、私が代わりに手に入れても良い。手数料はいらない。

私が手に入れるのはハンズノニ。モリンダでも手に入れることは出来るが、私は商売をする気は無いので、私の収入にはならない。

 断食することにより、身体のデトックスができる。断食の効用は多々あり、これは万病に効果があることは既に証明されている。断食することにより、消化吸収のエネルギーを病気治癒のエネルギーに転化できる。白血球が治癒に専念できる。治る可能性が高まる。

 ノニジュースには、「サイトカインのバランスを取る」すなわち、「Th1/Th2バランスを取る」可能性がある。つまり、免疫バランスを調整する可能性があると言われている。実際、飲んでみるとまるで薬の様な感じがする。効果を体感できる。それがノニジュースだと思います。


(5)3日間の断食が終わったら、また1日1食、果物、野菜、豆乳ヨーグルト、メインの生活に戻す。これを3ケ月間続ける。

 あまり食べないことにより、消化吸収にエネルギーを使用する必要が無くなり(血糖値の乱高下がなくなることにより)、疲れにくくなる。病気の治療に白血球(免疫)が専念できる。

(6)6ヶ月目そして、また3日間のノニと豆乳ヨーグルト断食。

 これで、プログラムは終了です。この時点で、あなたはどうなっているでしょうか?

 その後は、1日1食を続けるもよし、2食にしてもよしだと思いますが、炭水化物制限、糖質制限、自家製豆乳ヨーグルトの摂取、ノニジュースの摂取(安いハンズノニで良い。1ケ月1本、1980円)は続けた方が良いと思います。

●最後に、まとめると

1. 3食を2食にする。いずれ夕食のみの1日1食。豆乳ヨーグルトは食べる。

2. 常に自家製豆乳ヨーグルトを食べる。

3. 1日1食は野菜、果物をメインの食事にする。

4. ノニジュース、豆乳ヨーグルト断食を3ケ月に1回行う。

5. 毎日、太陽を浴びる。最低でも20分。日向ぼっこ。

6.もうひとつあった、20分以上の毎日のウォーキング(運動)も忘れないようにして下さい。

 そして、これに、私の顔鍼、自律神経免疫療法、光療法、アロマテラピー、てい鍼療法(1週間に1回か10日に1回)を続けると血行が良くなり自律神経が整います。

この治療法のポイントは、小食にすることで、消化吸収にかかわる余計なエネルギーを消費しなくてよくなる。それにより、病気の治療に、酵素や免疫を集中できる。

小食により、余計な添加物の摂取を減らせる。

豆乳ヨーグルトにより、胃腸の調子を整え、マクロファージを活性化することにより免疫力が向上する。

断食により、デトックスし、身体を初期化できる。ノニジュースが免疫バランスを整える。日光浴により、あまり食べなくてもエネルギーを作り出せる。ミトコンドリアが活性化し、松果体も活性化する(セロトニン、メラトニンの作用もある)ので睡眠も良くなりポジティブになれる。そして、病気が治る。

このプログラムのポイントは、@小食 A豆乳ヨーグルト B太陽光 Cノニ断食 D運動 E鍼灸 にあります。

皆さんが、良くなることを祈ります。

書き忘れていたことがあります。Fとして瞑想です。瞑想を毎日30分。瞑想は、自律神経、精神を安定させます。                 

玄米乳酸菌と豆乳ヨーグルトの作り方

用意するもの

玄米(無農薬)1合
2リットルのペットボトル
粗塩  20g
黒砂糖(粉黒糖) 60g

【玄米乳酸菌の作り方】

作り方
・玄米一合を2リットルのペットボトルに入れる。500ccに水を入れて1日置く。
・次の日に、20gの粗塩と1500ccの水を加え一日置く。
・次の日に、60グラムの粉黒糖を入れる。良く混ぜる。
・3日〜5日で完成。ときどき、ペットボトルの蓋を開け、ガスを逃す。
※一日置くようになっていますが、全部一緒に入れても出来ます。

【豆乳ヨーグルトの作り方】
用意するもの

無調整豆乳

作り方

容器に、玄米乳酸菌を20ccくらいに、無調整豆乳を200cc混ぜる。容器にはラップをして下さい。これはご自分で調整してみてください。
マイルドでクリーミーなヨーグルトが出来たら成功です。水っぽいのは酸っぱいヨーグルトになります。原因は玄米乳酸菌の量が多い時に水っぽいのが出来るようです。

1日〜1日半で固まったら出来上がり。温度で完成する時間が変わる。

注)玄米乳酸菌も豆乳ヨーグルトも冷蔵庫には入れないで下さい。常温で発酵します。
  暖かい場所の方が速く出来ます。



超簡単 豆乳ヨーグルトの作り方  医学情報
 

過去記事 豆乳ヨーグルトの作り方 http://p.tl/fKRi

のようにしなくても、超簡単な作り方があります。

カップ(コップなど適当な容器)に、玄米をそのまま適当に入れ、そこに無調整豆乳をこれも適当に200ccほどいれて、一日半くらい置くと(30℃で温めれば6時間で出来るそうです)豆乳ヨーグルトが出来上がります。

出来上がったら、おおさじ1杯くらい別のコップに入れ豆乳を注げばまたヨーグルトが出来上がります。そして残りを食べて下さい。

これを4回〜5回繰り返し、最後には、玄米まで食べるのです。

せた よしかず医学博士によると、

豆乳ヨーグルトは、マクロファージ(免疫力の司令塔)を増やし免疫力をUPさせ、ガンや老化予防、アレルギーの改善が期待できる。

また、乳酸菌による整腸作用や、豆乳に含まれるイソフラボンの作用で、シミ、シワ、肌荒れの改善にも有効であり、発酵させることによりビタミン類や必須アミノ酸といった重要な栄養素が増え、分子が小さくなって体内に吸収されやすくなるそうです。

豆乳ヨーグルトは上手くできると美味しいです。私の様なめんどくさがり屋には、この簡単な作り方は最高です。

皆さんも試してみてください。

以 上

7
タグ: 喘息は治る



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ