すぎな  

○スギナ

今日は午後から現場の手伝い。

今日は職人さん4人入ってお庭のスギナ退治と耕し。

土を入れ替えるのが一番簡単ですが、スギナは20センチより深いところまで根をはっ
ています。

もしそれだけ、土を処分して、新しい土を入れたら、実は相当かかります。昔と違っ
て今残土をそこらへんに捨てることはできません。

またたった10センチでもダンプ何台分も土がでます。

以前お見積もりをお出したら、お施主様もびっくりされていました。

今回は土を入れ替えるのでなく、
クリックすると元のサイズで表示します

固い土を重機で掘り起こし、後は鋤を持って一本一本手作業で抜いていきます。

これをやっておかないと、上の方の土を入れ替えても、そこを突きやぶって出てきます。

「除草剤まけばなんとかなりますよ」と説明する会社もあるでしょう。

「まあ上から砕石をかぶせておけば、なんとかなりますよ」と説得する会社もあるでしょう。

でも、かぶせても、翌年まで持つかどうか? 除草剤は子供に恐いし・・。

農家や郊外の人はスギナがどれだけしつこいかご存じ。

土から上より放射状に広がる根っこがびっちり伸びてます。
クリックすると元のサイズで表示します

私もよく事務所で草むしりしますが、根っこはゴムの様に伸びて、切れてしまいます。

かと言って、沈黙の春ではなないですが、除草剤もあまり使いたくないですよね。

田舎だと犬を散歩に連れて行って、具合が悪くなる話をよく聞きますから。

新築した場合、とくにこれからの季節は、なるべく早く、芝生にするか、コンクリートか防草シートプラス砂利のどれかに決めた方がいいですよ。とアドバイスしています。

普通、家を建てる時、土の良し悪しまで考える余裕はないからしょうがないと思います。

建築屋さんも、そこまで話はしないし。

今日は別の仕事があり、途中抜けてきましたが、職人さんと一緒に仕事していると、知っているだけでなく、体験から話ができるのが有り難いです。何事も体験。


○彫刻家の話

今大ブームのドラッカーさんの本にこんなことが書かれていました。

紀元前440年ギリシャの有名な彫刻家が、パンテオンの屋根の彫像群をつくり役所に請求したところ。

会計官が「彫像の背中は見えない。見えない部分まで彫って請求してくるとは何事か」と言われたので、

彫刻家は「そんなことはない。神々が見えている。」と答えたそうです。

「完璧な仕事とは何か」ドラッカーはこの例え話で語りかけます。

未熟な自分に反省。
0

花は香り  

事務所の西側にある花壇。ノースポールが咲き誇っています。
クリックすると元のサイズで表示します
事務所前を通られた方、是非ご覧ください。

花は女性にたとえられますが、
清廉な白と元気の象徴の黄色は、かわいいアイドル歌手、AKB48の様。

一方こちらは菖蒲。
クリックすると元のサイズで表示します
すっと伸びて、咲く青い花は、着物が似合う女優さん、鈴木京香さんでしょうか。

ノースポールと菖蒲イメージが全く違っても、同じ花だし、見る人を心から引き付けてくれます。

「花は香り、人は人柄。」と言われます。

それは、「他の人を引き付ける魅力は、外見ではなく、誠実さですよ。」と言いたいのでしょう。

スーツを着こなし、上品に見えて、お話してみると、数字のことしかなく、がっかりすることもあれば、

普段着で、何気なく話をしたら、もう涙がでるような、すばらしい話を頂くこともあります。

「君 看よ、双眼の色,語らざれば 憂い無きに似たり」

よくこの日記で書かせて頂く詩です。

「その人の眼を見てください。何も言わなければ憂いが無いように見えるでしょう。」

「だって、どんな時でも、笑顔で、元気いっぱい、皆に勇気を与えてくれます。」

「でもね。それは語らないのではなく語れないそれほどに深い憂い・悲しみがあるからです。」

「それまで、ほんとうに絶望するほど苦しみにこらえ、黙っていると眼が澄んでいくるのです。だから、もしあなたが、すばらしい人柄の人に会った時、双眼の色を確かめてください。」

私はそう解釈しています。

元気は人は、他の人にも元気と勇気を分け与えてくれます。

落ち込んだ時、電話したくなるような人。

それは、決して外見や能力ではなく、その人がそれまでの人生を通して得た、大切な心の持ち方からにじみ出る、人柄だと思うのです。

そのような人に気づく人は、やはり魅力的な人です。

そして幸せになって欲しいと思います。
2

4つの復活  

復活その1

クリックすると元のサイズで表示します

劇的に変わると言えば、玄関ドアのリフォーム。

塗装という手もありますが、2回目はステイン塗料で木目を出すのではなく、油性ペンキのべた塗りになってしまい、どちらかというと、見た目が落ちる感じです。

その点、玄関ドアの丸ごと交換は、劇的に変化するので楽しみです。
クリックすると元のサイズで表示します

かつては、壊したタイルの補修などで無理に直した感があったのですが、今は何事もなかったかのように、すっきりです。

復活その2

昨年のクリスマス、ガーデンデザイナーの石原和幸さんから頂いたシクラメン。

もう半年近くになるのに、がんばって咲いてくれています。

でも忙しくて水やりをするのを忘れると、
クリックすると元のサイズで表示します

すぐに水をあげると翌日には、
クリックすると元のサイズで表示します

花って本当に正直で、強いですね。

暑い時、パンジー、ビオラも、水をあげるとすぐに元気になります。諦めずに水やりしてあげてくださいね。

復活その3

クリックすると元のサイズで表示します
木りん、僕が2年愛用しているIPOD SHUFFLE。

先週間違って洗濯してしまいました。

二日前、やっと充電できるようになり、昨日はパソコンにつながるようにまで復活しました。

まだitunesには接続できません。がんばれ〜。復活は近い。


復活その4

日常、落ち着く間もない毎日。

当たり前と思っていることの中に、実は本当は感謝しないといけない事があることに、ふと気付く機会たあります。

「ありがたい。」とパソコンで変換すると「有り難い」。

本当は、宝くじに当たるとか、何か特別なことで使う言葉ではなく、身の回りの当たり前のことの中に気づいた時に使う大切な言葉。

「そうですね。」と思って頂ける人は、本当に今まで苦労して、がんばって来た人。

絶対幸せになろうね。
2

ショウブ・菖蒲・勝負  

朝散歩していると、私の大好きなショウブの花が満開です。

クリックすると元のサイズで表示します
水辺の岩もとに群生して咲く姿は本当に日本の懐かしい風景です。

お客様から、「昔は大晃ドライブインのあやめ池に、家族で見に行ったのよ。今はどうだったかしら?」と話しを聞いたことがあります。

かつては、桜だけでなく、いろんなお花見に家族で行く、風景がたくさんあったのでしょう。

それと、日本人の繊細さ、美的感覚に、昨日ため息を漏らす思だったのが、生け花。

昨晩はお稽古で菖蒲を活けました。

そのシンプルな美しさに「続けていて本当に良かった。」と改めて感動。
クリックすると元のサイズで表示します
菖蒲は、流派の中で、伝花といわれ、決った生け方をします。

何気なく、活けているようで、2本の花と7組の葉で構成されています。

今まで何度か教えて頂いたことがあったのですが、その時はただ言われたまま活けていました。

5年目になり、基本が身についてくると、結局菖蒲もその応用で活けられると気付いた時、ぐっと菖蒲の生け方、美しさを深く理解できるようになっていました。

華道・茶道・柔道と道のつくものは、本を読んで理解するのでなく、何度も繰り返すうちに、身につくことを実感しました。

手先の器用さもあるのでしょうが、目を養っていくことも重要なんですね。


この技術をお庭に絶対生かしていきたいと思います。

木りん倶楽部の花壇もいろんな花が咲きだしました。

建物の壁を黄色に染めようと今年植えた、もっこう薔薇も満開です。 
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは苗が小さいので、壁いっぱいにするには4・5年かかるかもしれませんが、楽しみです。

こちらの写真は、北側に植えた「おおでまり」。
クリックすると元のサイズで表示します
日陰に植えても大丈夫か、北と南両側で植えたのですが、なんと北側のほうが満開です。


最後にお見せするのが、事務所の玄関脇のカキツバタ。
クリックすると元のサイズで表示します

ショウブとカキツバタとアヤメ。同じアイリス系で。私もはっきり見分けがつきません。

でも、生け花では、たんごの節句に活けるショウブは男らしく競い合わせて活ける。カキツは葉をしならせて女性らしく活けるんですよ。と、昨晩80歳の先生に教わりました。


大きくなったら、活けるのが楽しみです。

ショウブとカキツどちらが上手く活けられるか、「勝負。勝負〜。」

0

クロス選びのポイント  

○クロス選びのちょっとしたポイント

最近お客様にクロスの張り替えのお仕事を頂き、カタログから柄を選んで頂く場合、一言だけアドバイスをさせて頂きます。

「思い切ってガラリと雰囲気の違う柄を選んでみてください。」

特に、脱衣場やトイレなど、小さな空間はチャンスです。
クリックすると元のサイズで表示します
(薔薇入りのクロスです。)

花やペットなど自分の趣味にあう柄をお薦めします。

仕上がると皆さん本当に喜んで頂きます。

「やっぱり良かったわ」

無地のものは無難ですが、確かに綺麗になるものの、せっかくお支払い頂いて、「リフォームした〜」感があまりありません。

柄が入ったものや、大柄のデザインが入ったものは、ガラリと部屋の雰囲気が変わるのでびっくりします。

色の好みはできるだけ同じで、自分の好きな柄を選んでみると、とても楽しいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
大きな葉の柄が目立たない様に入っています。

当たり前の様ですが、実は大きなポイントです。


○施工だって大切。

今まで本当にたくさんのクロスの張り替えのお仕事を頂きました。

クロスはホームセンターで材料を買ってだれでも張り替えられる。

そんなイメージがありますが、実際は職人さんの腕で相当違います。

下地づくり、コーナーの処理など見えない部分をいかに丁寧にしているかです。

「最初から木りんさんに頼めばよかった」と言って頂く場合、

「2から3年目位から、張り合わせや角の部分からめくれてきた」とおっしゃられます。

「それは上手い下手ではなく、職人さんがきちんと下地を手を抜かずにやる人かどうか、その職人さんの性格の方が大きいのです。」とお話しています。

左官工事で門柱を模様をつけて塗り壁仕上げすることがあります。


そんな時、若い職人さんだと、あまりにも大雑把なのと、下地がす〜と籠手でひっかき傷で残して行った現場がありました。

もちろん治させて頂きましたが、どうして最後のひと塗りができないのだろう。と思ってしまいます。

もちろん「自分の仕事の仕方も同じことしていないだろうか?」と反省します。

私どもお客様で、40年近く自動車メーカーで板金の仕事をされて、マイスターの資格まで持っていらしゃる方がこうおっしゃいました。

「ていねいに最後まで仕事ができるかどうか、その職人の性格を含めて、その人の技術です。決して別ではないんですよ。」

ひとつの仕事を通じて人格は人格は磨かれるのですね。いつまでも逃げているといつまでたっても、いい仕事はできないものなんですね。


日光街道では大でまりの木が満開です。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ