踊る大捜査線三兄弟編  

お父さん、もっとボリューム大きくして、

車のスピーカから流れる音は踊る大捜査線で室井管理官が登場する時
に流れる、エレキギターが流れる中、橋本家族5人は現場に向かった。

現場は市内の県立博物館。3兄弟はいつもなら、後ろの座席で、無駄話を
しながら、大声で騒いでいるが、今日は車が右折でできず、待っている
時間も惜しむかのように、身を乗り出し、すぐ降りる準備をしている。
つくと同時に、ドアが一斉に開き、3兄弟は博物館の入り口の向けて走り出した。

このようにして、我が家の一大イベントは始まりました。
冬は寒い。遠くに行きたくない。費用も掛けたくない。でも博物館は
普段映画鑑賞で行くし、あまり施設の変化がない。

そこで今回は証拠探し、被疑者逮捕。をプラスしてゲームにしました。
ルールは簡単。各兄弟に博物館に展示してあるものを3つメモにして
渡します。
(今回は 蛍、シダ、かわせみ、火成岩、のうさぎ、那須国造の碑のなど)

3年生は3つ 5年生は4つ 中一は5つ それらの提示してある場所を探し、それぞれの詳しい、名前を調べてきます。
(たとえば、蛍なら源氏蛍、)

そしてすべて調べ終わったら、逃げ回っている私を探し出し、握手した人が勝ち。そんなゲームです。

結構盛り上がり、通常30分で飽きるところが2時間もかかり、みんな
走り回っていました。悔し涙あり、小中学生は入場無料でコストもかからず、勉強にもなり、めちゃくちゃいけるゲームです。
ぜひお試しください。

昨日も次男から、お父さん「紫式部」って花あるんだね?
と聞かれて、どうして知ってるの?と聞いたら、博物館で見た。と
答えていました。家族も楽しむ。費用もかからない。勉強にもなる。
知恵もつく。探し方も覚える。

親の思惑どおりの結果でした。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ