見えない部分  

○見ちゃ嫌〜。

男の子が三人いると、トイレと脱衣場がすごいことになります。

もう言うまでもなくトイレはたいへん。以前お客様からもトイレたいへんでしょ。と言われたことがありますが、その通り。

男性の場合座ってすればいいのに、登校前は皆忙しく、登校した後は水浸しです。

また脱衣場も、夜だけでなく、朝も入る子がいるので、こちらも水浸し。

さあヒゲを剃ろうと入ったら、子供が「きゃ〜えっち」と思春期らしく、カーテンをしめます。

男同士なんだからいいだろう。と思うのですが、遠慮して入るのですが、

家内いわく、「私なんか、堂々と入るわ」とさすが家事のプロ。そんなことにかまっておりません。

○見えない大切な部分。

先日生花で立花を習った話をさせて頂きました。


クリックすると元のサイズで表示します

池坊の立花は、武家や宮中の大きな広間に飾り、自然の景観を表現する池坊の最も古い代表的な洋式です。

この写真はスイセンの立花ですが、以前先生が教室のショウウインドウに飾っておいたところ、「背の高いスイセンってあるんですね。」と言われたそうです。

確かにそうみえますが、実際は途中に受け筒が入っていて高低を出しています。

実は、たくさんある葉すべてに針金を通してあり、葉の形を作っています。

など、初めてみた人にはとても自然に見えます。

しかし、実は自然見せるために、そうとう手間をかけて作ってあります。

反比例しているのですね。

現実の社会の中でも、気がつかないだけで、このようなことは沢山あるのではないでしょうか。

時々、時間があると、いろんな人に会って仕事の勉強をさせて頂いています。

その人の作品を見るだけや、本を読むだけではつかめない、その人が作品を生み出すまでの秘訣が、立花のように実は隠されていることに気づきます。

もちろんその人がなかなか公にしないものがほとんどです。

ですから、やはりその人とただ会うだけでなく、できたら長時間一緒に仕事をしたり、何度もあっているうちに、信頼関係ができて、やっとポツリと話してくれたり、こちらから「ああ成る程な」と気づくことがやっとできます。

立花もそうですが、やはりやってみて初めてわかるように、人も実際に会ってみて作り手の隠れた信条や物の見方、好みなどやっと理解できるわけです。

そう言う意味では、ここ数年各分野のトップクラスの人から直接話を聞く機会が増えています。

さあ後は仕事に生かすだけですね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ